人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 11日

ルリボシヤンマ 飛翔

■マルタンヤンマの産卵メスを待っている間、ルリボシヤンマ飛翔撮影
17:00頃から湿地を縄張り飛翔するルリボシヤンマ。
2頭いて時々出会うと牽制。

虫友Iさんがここでのルリボシヤンマ羽化撮影のため、何度か通っていたが羽化殻も見つからずにいたが、今回飛翔していた個体は恐らくはここで羽化したもの。

●ルリボシヤンマ(♂)
光量が少なすぎて現像で上げたため、残念ながらノイズ感大。背景の暗い部分も妙な色になり良くない。

撮影はお試しでAFエリアとして「ゾーン」設定してのAF撮影。
取説には『ゾーンは9個のフォーカスエリアに分かれており、その中でピントを合わせるエリアが自動的に決定される。[ワイド]を縮小し、枠を動かせるようにしたようなもの』とあるもの。

初めからAFでは抜けて後ろにAFが合ってしまうので、フォーカスは「DMF」(AF後MFでの調整が出来る)にして一度半押ししAFを作動(抜けてしまうが)させ、その後MFで追い込み、もう一度半押しし直してAFで撮影の流れ。
これだと割とAFで撮影が出来た。また次回に検証予定。
f0324026_10064287.jpg
f0324026_10065400.jpg
f0324026_11120026.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今回の結果
●羽化時期
ルリボシヤンマの成熟期間は知識がないのですが、ヤンマ系では3週間位と聞いたことがある。
それが当てはまるとして、この個体がいつから縄張り飛翔をしているか不明だが、今日から逆算すると7/20位になる。
羽化時期としては7月中旬位からか。
まだ関東のヤンマ13種のうち、ルリボシヤンマの羽化は未達なので、来年はこの頃訪問としてみたい。

●AF撮影
「ゾーン」+「DMF」設定してのAF撮影は「半押し」⇒「MF」⇒「半押しでAF後撮影」の流れのお試し。
これだと少し微妙に動くホバリングでもカメラに助けてもらえそうな気がする。


by Nature_Oyaji | 2019-08-11 17:01 | トンボ | Comments(2)
Commented by toritoruclub at 2019-08-14 09:20
昆虫のことだけでなく カメラの使い方もとても勉強になります わたしもDMFはとても重宝しています。「AF撮影」こんど試してみます。
Commented by Nature_Oyaji at 2019-08-15 07:22
toritoruclubさん
訪問ありがとうございます。昆虫もカメラもまだまだ知識がなく、試行錯誤での撮影です。苦手な飛翔撮影ですので、何とかカメラに助けてもらえないか、お試し中です。


<< ネアカヨシヤンマ 交尾態探索-...      マルタンヤンマ 産卵 >>