人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 11日

オオルリボシヤンマ 羽化

■夏の計画の一つのオオルリボシヤンマ羽化撮影
以前、茨城で2016にオオルリボシヤンマの羽化を撮影して以来、羽化撮影は出来ずにいた。
タカネトンボ、ミルンヤンマ羽化場所のチェック後、近くに以前飛翔撮影した場所があったのを思い出しダメ元で訪問。

●オオルリボシヤンマ羽化 1:54
既に翅が伸び切っていたもの。
f0324026_10452192.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●当日夜再訪問
20:30頃から再訪問し、30分毎に22:00まで見て回ったが新たな羽化個体はなく撤収。

■今回の結果
●羽化 定位と時期について
オオルリボシヤンマの定位は21:00~22:00位の様で、アオヤンマなどと同じ。
昨日羽化したエリアには見える範囲で7つほど羽化殻があり、中には乾燥して壊れている羽化殻もあるので、ここでの羽化は2週間前位からか。そうすると7月最終週辺りなので、来年はこの時期に訪問し時期を特定したい。

なお茨城での羽化撮影は明るくなってからで、それでも多くの個体が羽化していた。
重役出勤での羽化は少数だが、ここでは個体数が多いため多数観察出来た事と想像。



by Nature_Oyaji | 2019-08-11 01:50 | トンボ | Comments(2)
Commented by toritoruclub at 2019-08-14 09:23
羽化のお写真感動です。時間をかけて何度も足を運んでらっしゃるのですね。すごいなあ〜
Commented by Nature_Oyaji at 2019-08-15 07:33
toritoruclubさん
コメントありがとうございます。羽化は時期、時間、場所、天気などの条件が全て合わないと撮影出来ませんので、出会えなかった時はまた違う条件で探しますので、どうしても何度も足を運ぶことになります。大変なのですが、出会えた時の感動が忘れられず楽しんでいます。


<< マルタンヤンマ 産卵      タカネトンボとミルンヤンマ そ... >>