人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 28日

ゲンジボタル 幼虫上陸の頃

■今日のもう一つの目的 ゲンジボタル幼虫上陸観察
ゲンジボタルの幼虫の上陸の時期となった。今日はFさんと待ち合わせで久しぶりに合流観察。
ゲンジボタルの幼虫は千葉では3月末頃上陸し、川の岸辺を登り地面に潜り込んで繭となる。そのため地面が柔らかくなる雨が必須。
今日は温かい晴れが1週間続いたあとの初めてのまとまった雨なので、幼虫も観察側も待っていた時。

雨自体は金曜の夜中から土曜朝方まで降り、正午前後では一時曇りとなり、また16:00過ぎから雨の予報・・でしたが、夕方からの雨が降ってくれない。

18:00過ぎでも霧雨程度で本降りの気配がなく、大分待ってみたものの解散・・。

解散はしたものの上陸観察は過去何度も辛酸をなめているので諦めがつかず、以前上陸観察した2ヶ所を訪問。

●1ヶ所目 先日もヤゴ探しをした場所
移動中、雨は本降りになっていた。
20:00過ぎ到着。細流を探して歩き回った所、今季初の上陸幼虫を数頭程確認。ただ集団で上陸というわけではなく、台風で流された影響があるのかもしれない。上陸が確認出来たので、気持ちは集団での上陸の様子観察へ。

●2ヶ所目 1ヶ所目から更に南下した場所
1ヶ所目で上陸が確認出来たので、過去Fさんが集団での上陸観察している別な場所を訪問。
到着した21:30頃は更に風雨は強くなっていた。気温は11℃だったが、こちらは1頭も見当たらない。
どうもここは相性が悪く、未だ上陸中の幼虫は観察出来ていない。早々に撤収。

●また1ヶ所目に立ち寄り
22:30過ぎ。改めて細流を歩き回った結果、先程の個体と合わせて約10頭程上陸を確認。
到着した時点で水際からさほど移動していない個体も多く、強い雨が遅れたためか上陸自体も遅れた模様。

●そして最後に本日始めの訪問場所立ち寄り
既に23:00を回っていた。撤収する際は斜面もU字溝も乾燥気味だったが、今はしっかり湿った状態。
U字溝を覗いてみると、今回は計10頭ほど上陸中の幼虫を確認。やはり先程は雨が足りておらず、上陸出来る条件を満たしていなかったようだ。

U字溝は約50~60cm程だが既にそこを登りきり、土が出ている所に移動している幼虫や、まだ水際から出たばかりの幼虫と上陸状況はさまざま。

▼写真は23:20~23:30の10分間の移動の様子
ゲンジボタル 幼虫上陸の頃_f0324026_14533265.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼動画はこちら(Youtube
10分間の撮影をStarStaxのCometModeで処理し、MovieMakerで作成。水面近くにいた個体もいたが、気温が7℃と下がったためか、上陸しなかった様。

■今回の結果
●やはり上陸にはまとまった雨が必要
上陸の時期に暖かい日が続いたあとの雨の日。少量の雨では上陸のためのスイッチは入らないようで、雨音がする位の量で潜り込む場所をしっかり湿らせる位に振らないと上陸しない。それを水中の幼虫がどの様に察知するのか?はまた疑問が残るが、地面に簡単に潜り込めるほど柔らかく湿った状態になるようなら、夜遅くになってからも上陸することは間違いないようだ。


※お疲れさまでした。
まだもう一ヶ所の上陸観察が残っています。またよろしくお願い致します。


by Nature_Oyaji | 2020-03-28 23:16 | ホタル | Comments(0)


<< 春の公園 アジアイトトンボ      羽化シーズン開幕 シオヤトンボ >>