人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2021年 08月 21日

オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態

8月も終わりに近づき、そろそろ本格的に交尾態が見られそうな時期になった。
この多産地では毎年交尾態を撮影しており、昨年は8/30に訪問だった。
年が変わり、全く同じ気候というわけではないのですが、昨年より1週間ほど早い時期での交尾態の様子はどうだろう。

ねぐら変更
前回の訪問時と同様、複眼撮影を考えて3時着。
前回は至る所にぶら下がっていたのですが、今回は数頭見かけるのみで、近くの林も同様。
理由はわかりませんが、今日は一斉にねぐらを変更した様。

天気は前日は夏らしい天気で1日暑い日だったが、今日の予報は曇りで雨は降らず、最高気温は30度の予報。
何がそうさせたのか気になる。

早朝のアジアイトトンボ
5時半頃に池周りではすでに活動中。
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_07252590.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
オツネントンボ確認
明るくなり、2018年冬にオツネントンボ越冬場所を確認していたエリアを探索。
近くにはワンドがあり、この付近で繁殖したものが越冬したのでは?と思っていたのですが、発生時期には未訪問だった。
改めて付近を探索してみると、ようやくオツネントンボを複数確認。やはりここで繁殖している様。
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_05580172.jpg
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_05580175.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

カトリヤンマ交尾態探索
10時過ぎから探索。この時間では前回と同様、付近を歩くと一斉にカトリヤンマたちが驚いて飛び回る状態。
明け方見た際はいなかった(はず)なのに、見たはずの場所から飛び出してくる。
3時から10時の間に移動するとは思えず、そうなるとこちらの見落としだったのだろうか?

昼前後には目撃できる交尾態も多くなり、撤収する13時頃までには12組の交尾態を確認。そのうち撮影出来たのは4組ほど。

▼1組目(Photohitoリンク
10時45分頃までに3組見つかったのですが皆高い所に移動してしまい、このペアでようやく撮影。
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06060029.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

▼2組目(Photohitoリンク
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06102203.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06102339.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

▼3組目
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06124839.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

▼4組目
やや角度を変えながらの撮影。
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06131398.jpg
α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06311413.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

▼メスの尾毛(Photohitoリンク
メスの尾毛は折れやすく産卵時には簡単に折れてしまうということで、交尾態での尾毛付き写真は貴重とのお話を頂いた。
産卵が進む時期には折れてしまっているので交尾態開始の初期の頃のみの場面で、偶然の撮影でしたが気付きもしなかった事を教えて頂くと嬉しいもの。
ありがとうございました。

偶然3組目の撮影でもメスの尾毛が残っていて、見える角度から撮れていた。
次回撮影時にも尾毛に注意しながらの撮影としたい。
オツネントンボ確認とカトリヤンマ 交尾態_f0324026_06182064.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

■今回のまとめ
●オツネントンボ
越冬場所を確認したエリアで、今季羽化した個体を確認。
このワンドのある付近で繁殖していたことを確認。

●カトリヤンマ
成熟した個体が多くなり、本格的な交尾態の時期となった様。
このエリアではまだ産卵は未撮影なので、環境的には草などが多く撮りづらい所ではあるものの、この個体数が一斉に産卵する場面は残してみたい。
また交尾態後は産卵も開始と思われるが、今日見られたメスたちは8月から産卵するのだろうか?こちらも確認しておきたい。


by Nature_Oyaji | 2021-08-21 14:00 | トンボ | Comments(0)


<< コシボソヤンマ 産卵時期      タカネトンボ 産卵と連結場面 >>