人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

2019年 07月 18日 ( 1 )


2019年 07月 18日

コシボソヤンマ 羽化-2

■梅雨寒の中、久しぶりに太陽が出た日の夜 4度目の訪問
羽化に出会えそうな気がして再訪問。
向かっている途中で虫友Iさんからも同じ場所に向かっているとの連絡。
こちらは以前産卵を撮影した近くもう一ヶ所の下見後、合流へ。

●1ヶ所目
産卵が良く見られる場所付近やその少し下流部と、更にもっと下流部の両岸を探索したが何も発見出来ず。
遅れている可能性と羽化場所が違うかもしれないので、引き続き確認したい。

●前回訪問した場所へ
21:40過ぎに合流。
まず前回羽化撮影した場所を確認。こちらは見つけることが出来なかったが、虫友Iさんが22:00過ぎに前回羽化した場所から1m隣の同じ植物で倒垂しているメスの個体を見つけてくれた。枝先の葉の部分ががちょうど川に接していて、そこから登って羽化したようだ。

ありがたい事に先に撮影させて頂いた(申し訳ない)。
ただ撮影準備中、起き上がって尾部を抜き始めてしまい倒垂は撮影出来ず。

▼22:16
f0324026_07341761.jpg
f0324026_07341743.jpg
f0324026_07341714.jpg
f0324026_07341779.jpg
▼22:21
f0324026_07341876.jpg
▼22:24
f0324026_07341880.jpg
▼22:37
f0324026_07341850.jpg
                               SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼23:57
f0324026_07341828.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●名前の由来のコシボソの出現 0:24撮影
羽化直後は縮んでいることもあり、全くクビレなし。
写真は一番最後に撮影したもの。この頃見るとクビレがはっきりしてきている。
見つめていても少しだけ変化していく部分だけに目視では分かりにくく、時間を置いての比較しかない。
f0324026_19431445.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今回の結果
●同じ場所で羽化2頭目
同じ所での羽化ということは、この辺りにヤゴがまだいる可能性大で暫くはここを中心に羽化観察予定。

手分けして上流部から撮影した場所(ほぼ最下流部分)から更に下流部まで探してみたが、他の羽化殻・羽化個体は見つからず。
今日は急激に暑くなったが、まだ一斉に羽化する所まで行っていない状況。余りに今季の異常気象の影響大の感。この台風が通り過ぎた来週に活発になりそう。

●定位時間帯
22:00過ぎで倒垂中(脚も折り畳んだ姿)だったので、恐らくは21:00辺りからか。

●ヤゴの大きさ
意外と大きいコシボソヤンマのヤゴ。
ネットで調べたヤゴの大きさを列記すると

・アオヤンマ 42.6mm
・ヤブヤンマ 45.7mm
・ネアカヨシヤンマ 47.5mm
・コシボソヤンマ 47.8mm
・オオルリボシヤンマ 51.6mm

サイズには幅があるのでしょうが、ヤブヤンマやネアカヨシヤンマより大きかったとは驚き。

●次回の計画
定位からの撮影としたい。
聞いた話ではコシボソヤンマはかなり神経質というので、定位時間帯の21:00頃(と想像)までは沢にも入らず放置とした方が良さそう。
そして21:00から運を天にまかせてしっかり探索。

ただ虫友Iさんは撮影日は20:00前後には一度この付近も探索しており、それなりにヤゴには何かしら危機感は与えていたはずですが、羽化はしていた。
そんな個体もいるということは一つの観察記録。


by Nature_Oyaji | 2019-07-18 12:52 | トンボ | Comments(0)