人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 19日

ウチワヤンマ 羽化-2

■満月の下で
今日のウチワヤンマ羽化は5頭。ようやくコフキトンボの羽化も開始。
f0324026_02365034.jpg
f0324026_02365025.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25


# by Nature_Oyaji | 2019-05-19 21:10 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 19日

久しぶりのご近所散策

■きちんと定点観察が出来ていないのですが、久しぶりにご近所散策
●ホソミオツネントンボ
今季は産卵自体、しっかり撮影出来ておらずいつものトンボ多産地訪問。
しかしながらここ数年、この場所でのホソミオツネントンボ自体の個体数は激減し、ペアになっている個体も全くいない。
唯一、オスが1頭だけ畦道でメス待ち。

●諦めていつもカトリヤンマの羽化撮影で訪問している谷戸へ
ここは越冬姿を撮影している場所から直線で200m~300m程でこの谷戸と越冬場所を行き来しているのかもしれない。
畦道には一定間隔で数頭のオスの姿。
撮影しようと近づき、飛んだと思ったら妙なことに・・
f0324026_18020493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_18024739.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

慌てていて飛んだ際、近くにいたオスと連結になってしまった。
捕まってしまったオスはそれまで敏感に動いていたもの、連結後はほぼ無抵抗状態。

●アオイトトンボも発生
別の調節池を訪問。この池にはイトトンボ系はアジアイトトンボ、アオモンイトトンボ、アオイトトンボが生息。
昨年は5/13に羽化を撮影していたが、今季は今回が初訪問。

池に近づくと、アジアイトトンボ、アオモンイトトンボはすぐに確認出来、少し探すとアオイトトンボも確認。
昨年は単に5/13にたまたま訪問し羽化個体を見つけたが、例年はいつ頃なのか定点観察が出来ていないので不明。
f0324026_18124873.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●ホソミオツネントンボのオス同士の連結
連結後、ほとんど無抵抗状態に変貌したのが不思議でならない。
何度か抵抗した様子も見られたが、上のオスが放さず、飛んで逃げられる力もなくなり様子が妙。
この連結状態には普通はメスが捕まるわけだが、捕まえられた側の動きをコントロール出来る何か仕組みがあるのかもしれない。
オスが外敵に気付いて一緒に飛ぶ際も、息もピッタリに飛び去る。それもこの連結での見えないやり取りがあるためかもしれない。

●オスの拒否行動について
通常、他のオスが探メスなどで近付いて来ると、止まっているオスは少し翅を開き、尾部を上側に曲げるなどして拒否行動をする。
今回は撮影で近寄った際、慌てて飛んだオスがそのまま近くにいたオスに仕掛けた結果で、仕掛けられたオスは拒否行動する時間もないまま連結されていた。

●アオイトトンボも無事発生
定点観察が出来ていないので、今季どの位平年とのズレが発生しているのかは不明。
ただ今日の結果も今後の定点観察時のデータとなるので、訪問して見つけた事は重要。


# by Nature_Oyaji | 2019-05-19 18:20 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 18日

房総の里山

■房総の里山訪問
トンボ観察場所の確認もあり房総訪問。
その後、ついでに以前一度訪れた事がある里山へ。
前回は夏場での訪問で、キイトトンボも確認。
今日は撮影はしていないものの、クロスジギンヤンマも確認。その他今日はシオヤトンボは多数。
山側にはトンボ池として山水をためている池もあり、夏場にはまた別のトンボに出会えそう。

●今季初のモートンイトトンボ
テネラル個体もいて羽化開始の頃か。今日の個体数はざっと10頭程。
f0324026_22275379.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
f0324026_22280672.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
f0324026_22324239.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

●オオイトトンボ 産卵
数は少なかった。ただ運良くオス型メスの産卵を確認。
f0324026_22335953.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼オス型メスとノーマルメスのペア
産卵はこの2組しかいなかったが、偶然にものノーマルメスのペアで近くで一緒に産卵。
f0324026_22341785.jpg
f0324026_00070082.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●カワトンボsp.
ここでも同定が出来ず、とりあえず名称はカワトンボsp.
f0324026_22551956.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

山と田んぼの境には山からの水が流れている細流があり、ミルンヤンマなど期待できそう。


# by Nature_Oyaji | 2019-05-18 23:05 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 17日

ウチワヤンマ 羽化

■ようやくウチワヤンマの羽化開始
●昨年は5/13開始、今季は4日遅れ

f0324026_01233941.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
f0324026_01261404.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_05065523.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_01291134.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼飛び立つ寸前 Photohitoリンク
f0324026_03025613.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●4日遅れでの羽化
3日前から羽化観察で訪問していた。
ヤゴは岸近くに数頭泳いでいるのを確認済だったが、羽化する個体は無かった。

今日は3頭羽化。
羽化していた場所は狭く仕切られた池の一画で、広い池の岸では羽化は見られず。
狭い場所のため、水温が高めだったのかもしれない。



# by Nature_Oyaji | 2019-05-17 23:14 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 14日

5月中旬~6月末の計画

■5月中旬~6月の計画
長かった初の10連休も終了し、計画していた中では一部未達に終わったものの、それでもいろいろ出会いのあった休みとなった。

これからは寒の戻りでの遅れもだんだん毎年の平均時期に追いついて(いわゆる季節的制御)6月には過去観察出来ていた時期には問題なく観察できるもの・・として6月末までに出会っておきたい、また訪問・確認しておきたい場所などを列記。

これらをこなすにはウィークデーの夜間観察も行う必要がある(体が持つか・・といつもの締め言葉)
■5月
●アオヤンマ羽化(都内と近県計2ヶ所)
●サラサヤンマ羽化・産卵(千葉、都内計3ヶ所)
●ムカシヤンマ産卵・生息場所観察(茨城、都内(初) 計2ヶ所)
●ウチワヤンマ羽化(ひょっとしてタイワンウチワヤンマも?)(都内)

■6月
●アオヤンマ産卵(引き続き都内と近県計2ヶ所
●オオトラフトンボ羽化(群馬)
●グンバイトンボ羽化(栃木)オスの羽化の際、軍配部分の様子を今期は是非確認したい。
●ネアカヨシヤンマ羽化(千葉他 計3ヶ所)
●ヒヌマイトトンボ羽化(千葉)
●ハネビロエゾトンボ羽化・初(栃木)
●オツネントンボ羽化(栃木)
●ヤブヤンマ羽化(千葉、都内 計3ヶ所)
●カトリヤンマ羽化(千葉他 計2ヶ所)
●クモマツマキチョウ撮影・初(長野)
●ヘイケボタル・ゲンジボタル飛翔撮影(千葉、都内)


# by Nature_Oyaji | 2019-05-14 13:01 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 05月 12日

サラサヤンマ 羽化

■今季2度めの羽化観察
前回は千葉での観察でしたが前日の居残り撮影のみで、今回は都下での撮影。

この場所にはこちらに来るついでの際は毎回羽化を確認。何度も通ったご褒美なのか、いつもの羽化場所に到着した7:00過ぎに定位個体を確認し、久しぶりに定位から飛翔まで全ての状態を撮影。

春の女神にはフラれてしまったが、トンボの神さまからは嬉しい出会いのプレゼント。

▼7:00 定位個体

f0324026_23290905.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼倒垂 8:26 Photohitoリンク
f0324026_06241129.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
f0324026_19420477.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art


▼8:32
f0324026_23321840.jpg
f0324026_19300500.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼9:22 F値比較 F1.4での撮影 Photohitoリンク
f0324026_23340862.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼F2.8での撮影 Photohitoリンク
f0324026_23445561.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼11:32 望遠での撮影
f0324026_00114121.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS(100mm)

▼12:41 処女飛翔 Photohitoリンク
f0324026_23354395.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●ここでの羽化はいつもの約10日遅れ
いつもならGW開始直前からの羽化開始のはずが、もう一個羽化殻もあることからここ数日での羽化開始だった模様。
例年からすると約10日も遅れてしまっている。

また今回の個体はオスなので、その点からも羽化開始間もない時期ということなのだろうか。

●処女飛翔撮影
今回はオリンパスのプロキャプチャーモードに頼らず、自力での撮影。
撮影時、もう一度原点に立ち返り、トンボの様子を良く見て飛び立つタイミングをじっと確認。
この個体の飛翔までの行動は
1. 頭を揺する
2. 頭部を前脚で撫でる
3. 羽化水滴化
4. 翅を震わせ始める
5. 震わせながら脚を曲げ体を引き上げる
6. そして飛びやすい風を待ち(その様に見えた)、飛翔
今回はここぞと思った所で飛翔してくれ、正にトンボとシンクロ出来た結果での撮影となった。



# by Nature_Oyaji | 2019-05-12 23:55 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 12日

ギフチョウ 1年越しのイエローバンドに会いに・・

■昨年、時間を間違えて行けなかったギフチョウ イエローバンド撮影へ
Fさんと訪問。朝方はその姿もなかったが、10:00過ぎにようやくギフチョウが飛び始め。

あとはイエローバンドに出会えるかどうか…でしたが結果的には、撮影しようとファインダー越しにイエローバンドを目撃したのみで終了。

今回、春の女神は微笑んではくれなかった。

●出会えたギフチョウたち
f0324026_20201164.jpg
f0324026_20201113.jpg
f0324026_20224703.jpg
f0324026_20201115.jpg
●まだ咲いている桜や梅
f0324026_20201183.jpg
●カラマツの新緑は初めて見たが独特の美しい色合い
f0324026_20224864.jpg
全てSONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今日の結果
●イエローバンドは目撃のみ
ギフチョウも寒の戻りの影響で発生が遅れていた。今回は約10頭程のギフチョウに出会えたが、1頭だけイエローバンドと思える個体に出会えた(ファインダー越し)。
イエローバンドではないが撮影出来た個体は本当にきれいで、正に羽化したばかりと思えるものばかり。

イエローバンドはこれも出会いなのでまた来年に持ち越し。




# by Nature_Oyaji | 2019-05-12 20:15 | チョウ | Comments(0)
2019年 05月 12日

ムカシトンボ オス同士のバトルと産卵撮影

■今季遅れていた産もようやく開始となり、それに伴いオス同士のバトル開始
●探メス中にオス同士が出会うとバトル開始
今回は同じエリアを回るオスたちは3〜4頭程で、時間差で同じ産場所を回るわけですが、時にその産場所に複数のオスが出会ってしまうと、バトル開始。
昨年撮影して初めて知ったのですが、後ろから抱え込む様にして相手を追い出す。
写真としてはピントも合っておらず酷いものですが、生態の一場面の記録としては有りかと思う。

f0324026_00190863.jpg
いずれもSONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

こちらも遅れていたもの。今回は1頭のみ産
f0324026_00174304.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
●いつもよりだいぶ遅れての産
他のトンボや昆虫たちと同様遅延発生に加え、個体数自体が少ない。

それに加えて再訪問した際は採取者の集団(約20〜30名程)が来ていて、見ている眼の前でやってきた個体を根こそぎという感じで捕獲。
7年後はまた今季のように個体数が少ない年となるのかもしれない。

●バトル
たまたま産場所でオス同士が出会ってしまうと、一方のオスがもう一頭のオスの背中側から押さえつけ追い払う。
目では空中で絡み合っているとしか見えないが、撮影してみると生態の一旦が見えてくる。
今後もトンボたちの様子をよく観察して、変わった行動が見られたら何とか残してみたい。


# by Nature_Oyaji | 2019-05-12 00:43 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 06日

GW-10日目 アオヤンマとヨツボシトンボ

■連休最終日 アオヤンマ羽化が気になり再訪問
羽化は10時過ぎまで待ったものの、重役出勤個体は残念ながら確認出来ず。
また出会えたのはこちらも残念な羽化不全個体のオスのみ。
羽化殻は4個ほど見つかり、その点からは羽化自体は順調の様。
f0324026_16270687.jpg
f0324026_16270708.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●ヨツボシトンボ飛翔
f0324026_16270712.jpg
f0324026_16270772.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

●午後はロケハン
今季冬の越冬ヤゴ観察していた近くにある池のロケハン。

■今日の結果
●ロケハン
アオヤンマが生息していると伺った場所。
水深は1~2m程の池で、水生植物が葉を伸ばしている場所があった。
その部分に入ってみると、岸辺からはもともと浅く、また更に枯れた植物が層になっていて、普通の長靴でも歩ける状況。
アオヤンマ自体は岸辺の浅い部分での羽化が多いので、この池の一角は羽化するには良さそう。

アオヤンマの夜間の観察は毎年観察していた場所の状況が思わしくなく、一度こちらで夜の羽化探しも考えたい。


# by Nature_Oyaji | 2019-05-06 16:35 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 05日

GW-9日目 天の川

■Fさんと遠出し天の川撮影へ
以前冬に星撮影で訪問した場所で天の川の撮影。
またみずがめ座η流星群が間もなく極大ですが、数日前からも見られるので少し撮影した所、運良く1個だけ写っていた。

Photohitoリンク
f0324026_00352095.jpg
SONY α7RIII+SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
f0324026_03534158.jpg
SONY α7RIII+SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC



# by Nature_Oyaji | 2019-05-05 23:33 | | Comments(0)