人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:機材( 25 )


2020年 09月 17日

YONGNUO製 RF603CII-C3 着  そして最終形は・・

■手配していたYONGNUO製 RF603CII-C3 着
手配してからまたまた気付いたのですが、ソニー用ストロボの接点とキヤノン用のRF603CII-C3の接点は物理的に2mm程ずれていて、そのままでは使えないことが判明。

ソニーの場合、ホットシューの形状がやや複雑で、カメラ本体とストロボの情報のやり取りをするための基盤部分が出っ張っているので、その分サイズが大きく
ズレの原因となっているよう。

ネットで見つけたRF603CII-C3の改造はそのズレ分2mm程をヤスリで削るというもの。手間と少々の時間はかかるものの改造すれば問題ないことが判明。

ただ削るのも少々面倒なので代案を考えてみた。
要は2mmズレの部分が通電すれば良いことなので、「導電性銀接着剤」などを使えば良いのでは?ということでヨドバシで予約。あとで写真の赤い部分に塗ってテスト予定。
YONGNUO製 RF603CII-C3 着  そして最終形は・・_f0324026_21501689.jpg

RF603CII-C3テスト
ソニーのストロボは上記の様に今は使えないので、以前購入していた同じメーカーのYONGNUO製ストロボ「YN560III」でテスト。

RF603CII-C3は全く同じものが2個セットになっているもの。
本体横にはOFF/TX/TRXのスライド設定があり、設定はカメラに取り付けた側を「TX」、ストロボを取り付けた側を「TRX」にするだけ。
YONGNUO製 RF603CII-C3 着  そして最終形は・・_f0324026_22060464.jpg
YONGNUO製 RF603CII-C3 着  そして最終形は・・_f0324026_22060554.jpg
カメラのシャッタを押してみると見事にワイヤレス状態でストロボが光り、使えることが確認出来た(嬉しい!)。

連写にも対応
この状態で10コマ/秒の連写にもしっかり光り、非発光になる事もなかった。

ワイヤレスでの撮影も可
更にソニーのワイヤレスリモートコマンダー「RMT-P1BT」を使えばそのままでワイヤレスでシャッタを切ることも可能。

最終形はi40で使える様対応
「YN560III」はやや大きいため出来れば「i40」を使えるようにしておきたい。今晩テスト予定


■結局は改造へ
AgICの「回路マーカー」を購入したが、やや目的がちがうもので塗ってはみたもののうまく行かず・・。
結局は削っての改造を行い完成。

出来上がった改造RF603CII-C3にHVL-F60RM を取り付けてテストしてみた所、光ることを確認。
ただi40ではなぜかうまく光らない。どうやらi40自体が故障していた様。
取り敢えずは「YN560III」でも「HVL-F60RM」でも使えるようになったので良いことにした。


またカメラにRF603CII-C3を取り付け、そのRF603CII-C3には「YN560III」をセットし、「改造RF603CII-C3&HVL-F60RM」も用意。
そのままシャッタを切ると、カメラ上の「YN560III」と「改造RF603CII-C3&HVL-F60RM」も同時に光ることを確認。
ここまで確認出来ればよいでしょう。
YONGNUO製 RF603CII-C3 着  そして最終形は・・_f0324026_09001211.jpg
■さらにさらに・・
ソニーフラッシュにはもともとワイヤレスフラッシュ機能があったんですね・・調べが足りなかった。
コントローラーとして「SONY HVL-F20M」(オンカメラ用は被写体に近づける意味からも小型が欲しい)を買えば、「HVL-F60RM」はワイヤレス通信で光るし、「i40」は光通信で光る。
時にオンカメラからの光もあった方が良いこともあるので、カメラに「HVL-F20M」を取り付けて光らせつつもう一台も同時に光らせる事が出来る・・。

ということで紆余曲折、「SONY HVL-F20M」を手配・・


タグ:

by Nature_Oyaji | 2020-09-17 22:26 | 機材 | Comments(0)
2020年 09月 16日

オフカメラでのストロボ撮影用機材導入

■オフカメラでのストロボ撮影のために
オリンパスからソニーに全て切り替えた時、オフカメラでのストロボ撮影用の機材導入をすっかり忘れていた。

先日のミルンヤンマの広角撮影では、オンカメラでのストロボ撮影の為、どうしても上方向からの光になるのではっきりとした影が出てしまった。
もっとも影取りも使っていなかったのも問題だった。
オフカメラでのストロボ撮影用機材導入_f0324026_06055393.jpg


以前のオリンパスのシステムの時は同様の問題解決のため、JJCのホットシューケーブルを使用していた。
まだ手元にあったのでマニュアル発光でも出来ればと思い、SONY α7RIIIで試してみたもののやはりマイクロフォーサーズ用なので発光しない。

オフカメラでのストロボ撮影用機材導入_f0324026_05580696.jpg

この際なので週末の連休での撮影に間に合うよう、急遽調べて調達。
価格的なこともあり、ケーブル接続でのものを探した所、下記が見つかった。

TOKISTAR V860 シリーズ用アクセサリー TTL調光コード(ソニー用) TS-963-CL ¥2,082
オフカメラでのストロボ撮影用機材導入_f0324026_05384869.jpg
ソニー シューアダプター ADP-MAA ¥1,873

オフカメラでのストロボ撮影用機材導入_f0324026_05440683.jpg


発注した所で、ケーブル使用時のそもそもの問題点(煩わしさとケーブルの動きによる影響)を思い出し、急所ワイヤレスを探した。ただソニー純正は高額である事とそこまでの機能は不要なので、Amazonで流用出来る物を探した所、下記が見つかった。

YONGNUO製 RF603CII-C3 第二世代 ワイヤレス・ラジオスレーブ 無線レリーズ キヤノン用セット ¥4,500
オフカメラでのストロボ撮影用機材導入_f0324026_12493307.jpg
評価を読むと他のメーカーでも使える事がわかったものの、当然ながらマニュアル発光のみ。ただ中には嬉しい事にソニーα7IIIでの使用例もあるため、こちらを購入。

先に発注した2品はまだ受け取り前という事で、追加料金もなく無事返品となった。

●もう一つの違う方法 光学ワイヤレス式
先般新たにソニーのストロボ(ソニーのHPではフラッシュと記載)HVL-F60RMを購入したのですが、ソニーにマウント替えした際、先ずはオリンパスでも使っていたニッシンのストロボ i40を購入していた。

i40は光学ワイヤレス対応なので、ソニーのストロボを購入した後、その機能を使って、2台同時発光などを試していた。

やり方は簡単で、カメラのホットシューにはソニーのストロボを取り付け、i40は手で持ち場所を変えながらシャッターを切ると、ソニーストロボの発光に反応してi40 も発光。いろいろな光の当て方の試し撮りでは思わぬ結果が得られたりと、光の変化がとても楽しい。

難点としては全体の重量がかさむ事。右手にストロボ&レンズ&カメラセット、左手にはi40。その状態でバランスを取りながらゆっくり近づくのは体勢的にも苦しく、体幹の強さが要求される…。

更に考えてみるとオンカメラ用の軽い小型のストロボを買う(i40など)のもありで、その辺りも考えてみたい。

そんなシステム状況ですが、ワイヤレスは週末には間に合いそうなので、改めてミルンヤンマでテスト撮影を予定。天気もまずまずで、前回現れなかったタカネトンボも合わせて撮影出来たら嬉しい。



by Nature_Oyaji | 2020-09-16 12:55 | 機材 | Comments(0)
2019年 10月 22日

望遠比較

■機材変更
小型軽量で昆虫撮影には適したオリンパスでしたが、今季は画質優先で導入したSONY α7RIIIでの撮影がほとんど。
数えたらオリンパスで撮影したのは数回で、プロキャプチャーモードでの処女飛翔撮影とホタルでのタイムラプス撮影などでの使用程度だった。
望遠側はSONY α7RIII+BORG FL71(400mm)でも撮影出来るのですがやはりAFは必要で、色々悩んだ末オリンパス一式を手放すことに決定しFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSと交換とした。

●テストでミルンヤンマ探索
明るいうちにSONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSでの撮影をと思い、ミルンヤンマ探索としてみたが・・
先日の台風19号はここの細流も濁流と化した様で、川底はえぐれている状態。これではここで大切にしていたゲンジボタルも来季はどうなるのだろう。
ミルンヤンマにも少なからず影響が出そうで心配。
撮影は出来なかったがまだ探雌しているオスを見ることが出来たが、その後はとうとう見つけられず撤収。

●SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS初撮影
夜になってしまったが何か撮影しておきたくスカイツリーを試し撮り。
撮影場所からスカイツリーまでは約3kmの距離。

▼400mmでの撮って出し(1/40、ISO1000、F7.1)
望遠比較_f0324026_02523508.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

▼上の展望台付近をトリミング+Nik Collectionでノイズ処理
望遠比較_f0324026_02535006.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

▼SONY α7RIII+BORG FL71(400mm)での撮影結果を同じ部分をトリミング+Nik Collectionでノイズ処理(1/40、ISO1000、F5.6:BORGは絞りなしで変更出来ず)
望遠比較_f0324026_02571920.jpg
SONY α7RIII+BORG FL71(400mm)

今まで望遠側は天体望遠鏡でもあるBORG 71FLが手持ちの機材中では一番であったが、これを見る限りは同等でこれだけ解像するなら十分過ぎで、窓際にいる人のシルエットもしっかり確認出来る位。
(昨日、スナアカネ撮影だったが遠過ぎで200mmでは足りず残念な結果。1日早ければ良かったなと後悔)

テレコン1.4を装着すればF値は開放で8.0にはなるが560mm、SONY α7RIIIでクロップ(APS-C)とすると約800mmまで。
またまだ試してはいないがソニーの全画素超解像ズームではJPEGのみとなるが、ここから更に2倍まで撮影可能(ただ光学での撮影結果をデジタルで補完するシステムなので描写が元々甘い(うまく写っていない)ものはそれなりになるが、非常時には有効かと思われる)。
また最大撮影倍率は0.35 倍なので、昆虫撮影にも適したレンズと思われる。
次は天気の良い日にトンボでテストしてみたい。




by Nature_Oyaji | 2019-10-22 03:35 | 機材 | Comments(0)
2016年 12月 11日

ホソミイトトンボ探しで心が折れたので・・

早朝7時。ホソミイトトンボの定点観察場所も流石に気温は1℃。
この状態で見つかれば正に越冬状態撮影完結ですが・・。

10時過ぎまで前回探せなかった場所も見てみましたが、とうとう見つけられず。

せっかく来たのでDIGITAL ED 30mm F3.5 MacroとDIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROで30mmでの比較を。

撮影はMモード、1/800、F4.0、ISO200、カメラを三脚固定で、そのままレンズを交換して撮影。

●上 30mm 下 12-40mm
ホソミイトトンボ探しで心が折れたので・・_f0324026_15473889.jpg
ホソミイトトンボ探しで心が折れたので・・_f0324026_15481351.jpg

同じ30mmでも若干12-40mmが少し大きめ。左下の葉のボケ方は12-40mmの方が多い。

●解像度 花の中央部分を拡大 上 30mm 下 12-40mm 
風があるので若干ピント位置のズレがあるので同じ部分の解像度は異なります。
ホソミイトトンボ探しで心が折れたので・・_f0324026_15575463.jpg
ホソミイトトンボ探しで心が折れたので・・_f0324026_15582141.jpg
同等のような気がします。
どんな評価で良いのか、う~ん。


by Nature_Oyaji | 2016-12-11 16:05 | 機材 | Comments(2)
2016年 11月 22日

M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

先日入手したM.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro。
昼休みに会社近くの公園でテスト撮影です。
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro_f0324026_20361879.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro_f0324026_20362758.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro_f0324026_20364337.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro_f0324026_20365204.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro_f0324026_20370272.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro_f0324026_20372396.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro ISO200 F3.5

軽くて小さくてAFも速く、ボケ方の綺麗です。
花でも小さな昆虫でも寄れるものは良い感じで残せそうです。


by Nature_Oyaji | 2016-11-22 20:41 | 機材
2016年 06月 24日

NOKTON10.5mm + ストロボ

NOKTON10.5mmは開放では0.95のため、今まで夜の撮影でも街灯などの光があれば撮影出来てしまいました。
前回投稿のコフキトンボ撮影がそうです。

それでももう少し暗い場所などではやはりストロボが欲しくなりますが、これまた設定が全く分からずで、自分で思いつく弱い設定で光らせてみても開放では真昼の様に結果が白くなるばかり・・。

その為今晩もまた虫友Tさんにアドバイスを頂きました。

設定としては
●カメラ マニュアルモード
●ストロボ マニュアルモード 1/256
●ISO200(それでも明るかったら LOW設定)
●シャッター 1/4
●レンズ NOKTON0.95 開放(の予定でしたが、家でF値見たら5.6。しっかり確認してなかったのでこのまま撮影してたかもしれません)

ストロボは光らせ方に一工夫。
ストロボの発光部分には布製カバー式のディフューザーを取り付け拡散させる。
さらにもう一つハクバのディフューザーを取り付け、ストロボを真上に向け、簡易バウンズ的に使うというもの。
う~ん、思いつきません。
NOKTON10.5mm + ストロボ_f0324026_0553914.jpg
まずはこれを基準として、撮影結果から設定を調整。

撮影結果です。月も調度良い角度であがってきた22時頃。
●ウチワヤンマ
NOKTON10.5mm + ストロボ_f0324026_6441252.jpg
NOKTON10.5mm + ストロボ_f0324026_6545023.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

明るすぎてストロボの光量をどうしたら良いのかわからなかったNOKTON。
工夫次第ということですね。
またまたありがとうございました。

結局のこの撮影の後1時間ほど見ていましたが、時折尾部を動かしたりでまだまだ羽化する様子もなく、23時過ぎに撤収。


by Nature_Oyaji | 2016-06-24 01:13 | 機材 | Comments(0)
2016年 04月 24日

フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界

使わないレンズや処分出来るものをかき集め、何とか手に入れました。
今日はほぼ一日、近寄っては撮影し、昆虫と一緒の楽しい時間を過ごしました。
以前計画していた300mmは諸事情により取りやめましたが、撮影したい方向性からすると今は望遠で狙うより、もっと昆虫たちに近づいて撮影するスタイル・このレンズが正解です。

●ニッポンヒゲナガハナバチ 早朝の雨の中。
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2051585.jpg
●シオカラトンボ
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_205593.jpg
●同シオカラトンボ
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2065888.jpg
ここまではOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ヤマトセンブリ 絶滅危惧種
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2074443.jpg
●クロスジギンヤンマ 雨で羽化が遅れた個体
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2081360.jpg
●クロハネシロヒゲナガ
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2093586.jpg
●ベニシジミ
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_209581.jpg
●シオカラトンボ 羽化
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_20103899.jpg
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2012175.jpg
●ヒメギス
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_20114884.jpg
●セイヨウミツバチ
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_21445677.jpg
●サラサヤンマ(♀) 今季初 と言うより早すぎの感
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_20172766.jpg
●ベニカミキリ 今季初
フォクトレンダー NOKTON10.5mmの世界_f0324026_2013150.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

今回は写真盛りだくさん。閲覧頂きありがとうございました。

また埼玉の田んぼでご案内頂いたWさん、ありがとうございました。


by Nature_Oyaji | 2016-04-24 20:19 | 機材 | Comments(4)
2016年 04月 12日

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇

昼休み。
これからも頻繁に使う予定のM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での画像チェックを含め、楽しんでみました。

元々は飛翔する秋のアカトンボたち撮影などの目的で購入したものです。

まずはAモードでISO200は共通。初めがF1.8、次がF3.2での違い(でも1枚目はピン甘の影響も)。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇_f0324026_2025513.jpg
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇_f0324026_203748.jpg
だいぶこれだけで手前や奥の花のボケ方が変わります。

あとは目についたチョウたちをすべてISO200、F1.8で撮影。
▽モンシロチョウ
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇_f0324026_2054138.jpg
▽ツマキチョウ
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇_f0324026_2055520.jpg
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇_f0324026_2061121.jpg
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8での花壇_f0324026_207743.jpg
すべてOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

持っていながらレンズについて知識がないのであれこれコメント出来ません^^;
ただトンボやチョウ撮影などでもマクロには及びませんが、十分な描写が出来るレンズです。

by Nature_Oyaji | 2016-04-12 20:00 | 機材 | Comments(0)
2016年 02月 06日

36ED テスト その2

前日、36EDのレンズを無水エタノールで綺麗にし、テスト撮影してみました。

●足元のホトケノザ
36ED テスト その2_f0324026_19291340.jpg
●畑脇に咲いている水仙
36ED テスト その2_f0324026_19295226.jpg
●ハクセキレイ
36ED テスト その2_f0324026_1931273.jpg
36ED テスト その2_f0324026_19324513.jpg

36ED テスト その2_f0324026_1933950.jpg
36ED テスト その2_f0324026_193344100.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

まだ71FLレベルの解像度とは行かないものの、無水エタノールでレンズクリーニングを行ったためか昨日より良くなっています。もう一息と思えるポイントはピントの追い込みと手ブレの問題+撮影者の腕の問題なのかもしれません。

当面はこのレンズをテストしながら、トンボの季節まで様子見です。トンボの複眼がうまく解像して写せるようであれば合格なんですが。

by Nature_Oyaji | 2016-02-06 19:52 | 機材 | Comments(0)
2016年 02月 05日

36ED テスト

昼休みに36EDのテスト。メーカーさんからはキレキレレンズと伺っているが・・。
おあつらえ向きに公園にツグミが一羽。

シャッター優先 1/250、ISO200。
▽オリジナル
36ED テスト_f0324026_2225732.jpg
▽一部トリミング 比較的解像したほうなのですが、羽一本一本が見えずよくありません。
36ED テスト_f0324026_22254316.jpg
36ED テスト_f0324026_22332635.jpg
あれこれ設定を変えたりして試し撮りをしてみるものの、どうにも解像してくれません。
先日のホソミオツネントンボ撮影時、曇だったためのコントラスト低だったのかと思っていましたがそうではないのか?
でも腕が悪く手ぶれしているのかもしれません。

▽以前71FLで撮影したカワセミ 実は短距離での撮影でこのクオリティを求めて36ED選択です。
36ED テスト_f0324026_22491626.jpg

36ED テスト_f0324026_22334027.jpg
36ED テスト_f0324026_22334979.jpg
今回の撮影前、自宅でレンズを液体クリーナーで拭いてきたものの、拭き残しもありいささかクリーニングが甘い感じなので、自宅に戻ったら無水エタノールで再度クリーニングして様子を見る必要があります。

それから拭いている際気付いたのは、レンズがそれを固定している外側の金属にきちんと固定されていない事が少々気になる点。

指で挟むようにしてペーパーで拭いている際にレンズは回るし、更に隙間があるため少しカタカタ音がする。

メーカーさんに上手く解像してくれず、またレンズを振ると音がするなどの状態である事を伺った所、一度オーバーホールをしてはどうでしょうとの回答を頂きました。

明日、綺麗にしたレンズでテストしてどうするか考えます。

この距離で解像度が良ければ使って行きたいサイズなので、とても期待しているレンズです。


by Nature_Oyaji | 2016-02-05 22:55 | 機材 | Comments(0)