人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チョウ( 41 )


2019年 05月 26日

オオルリシジミ(初)

■国営アルプスあづみの公園での第一の目的のオオルリシジミ
看板の説明によると生息場所としては「安曇野市、東御市・飯田市、九州の大分県や阿蘇地方」と日本では4ヶ所しかなく、絶滅危惧種I類に指定されている。
ここではマメ科の食草のクララを植え、ここに産み付けられた卵を蝶まで育て放蝶して大切に保護している。

名前に「オオ」が付くがその名の通り、かなり大きめな姿。
f0324026_20061285.jpg
f0324026_20063228.jpg
f0324026_20075347.jpg
▼交尾 残念ながら一部植物の影に
f0324026_20081188.jpg
▼産卵
f0324026_20091934.jpg
全てSONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS



by Nature_Oyaji | 2019-05-26 20:48 | チョウ | Comments(4)
2019年 05月 26日

クモマツマキチョウ(初)

■数年来、一度会ってみたいと思っていたクモマツマキチョウ
ツマキチョウ自体は家の近所でも、また会社近くの都心の公園でも見ることが出来、春先の楽しみの一つ。
そんな中、ネットで見つけた2014年開催の『田淵行男作品展「自然と向き合う」』の「高山蝶誕生 クモマツマキチョウ」(1950-58 年)の美しさに心を奪われてしまった。

ネットで撮影出来る場所を確認すると、高山蝶なので八ヶ岳など生息地ははるか遠く険しい場所で、いつかは撮影したいと思うようになっていた。

そんな中、いつもお世話になってるFさんに相談してみると、今年撮影に行く予定があるというので、また懇願して同行させて頂いた。

今回の場所は登山せずとも撮影出来る場所と伺った。また既にメスも発生済ということで(昆虫は大方オスが先に発生)運が良ければオスメス両方の撮影も出来るかもしれない。

ただ問題は蝶についてはツキの無さが続いており、割と普通種と言われるキベリタテハですら3年間しっかり撮影出来ず
また昨年からのギフチョウのイエローバンドも今季同行させて頂いたが、2度とも失敗と連敗続き(Fさんは昨年しっかり撮影され、また今季同行事も撮影)。
なのでこちらが行くと出会えないのではと心配になりながら現場へ。

●前日移動し早朝から探索開始
6時より探索開始。蝶が動き出すのはまだ早すぎるが、スミレを探してそこで待つというのが今回の選択。
山道を歩きながら所々にあるスミレ群生地を探し、その中から良さそうな場所で待機。

日がさし始め気温が上がり、キチョウやその他の蝶が飛び始めたが、肝心のクモマツマキチョウは現れてくれない。
暫くしてその場を離れて別の場所を探していたFさんが遠くから手招き。メスが通過したので追ってみたが途中で見失ったという。

それからまた30分程度経った頃、また別な所で探していたFさんが今度はオスがまとわりついてきたという。
どうやら今日のシャツの色が良く、それが蝶に気に入られた様。

●そしてようやく・・
それまでは別々に探して出会えたら声を掛ける・・その方が広い場所を効率的に探せそうと思えたが、ここまでの出会いの神様の微笑み方からすると引きの強いFさんの近くにいるのが最善策と思い、近くで一緒に探していた所、案の定どこからともなく1頭のクモマツマキチョウが現れてくれた。

低く直線的に飛び続け、暫く追った所でようやく白い花に止まった所を初撮影。
f0324026_00255832.jpg
ただ敏感でゆっくり吸蜜してくれず、すぐ飛び立ってしまった。
そこを偶然連射で撮影出来たが、皆ピンぼけ。
f0324026_00295805.jpg
f0324026_00300716.jpg
全てSONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今日の結果
●蝶道の確認と服装
どうやら蝶が通る道があるようでその道の見極めと、蝶が好む色の服装を着て呼び寄せる・・というのが撮影には効果的の様。

●ようやく叶った撮影
ようやく目的を持って訪問した先での撮影が叶った。連敗脱出ではあるが、そもそも連敗した背景には撮影対象の生態をよく理解していなかったためということが大きく、今後の撮影に際しても興味を持って望みたい。

また初の場所でもFさんの経験知(これも生態の知識をお持ちであること)があった事が大きく、感謝しかありません。



by Nature_Oyaji | 2019-05-26 16:00 | チョウ | Comments(0)
2019年 05月 12日

ギフチョウ 1年越しのイエローバンドに会いに・・

■昨年、時間を間違えて行けなかったギフチョウ イエローバンド撮影へ
Fさんと訪問。朝方はその姿もなかったが、10:00過ぎにようやくギフチョウが飛び始め。

あとはイエローバンドに出会えるかどうか…でしたが結果的には、撮影しようとファインダー越しにイエローバンドを目撃したのみで終了。

今回、春の女神は微笑んではくれなかった。

●出会えたギフチョウたち
f0324026_20201164.jpg
f0324026_20201113.jpg
f0324026_20224703.jpg
f0324026_20201115.jpg
●まだ咲いている桜や梅
f0324026_20201183.jpg
●カラマツの新緑は初めて見たが独特の美しい色合い
f0324026_20224864.jpg
全てSONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今日の結果
●イエローバンドは目撃のみ
ギフチョウも寒の戻りの影響で発生が遅れていた。今回は約10頭程のギフチョウに出会えたが、1頭だけイエローバンドと思える個体に出会えた(ファインダー越し)。
イエローバンドではないが撮影出来た個体は本当にきれいで、正に羽化したばかりと思えるものばかり。

イエローバンドはこれも出会いなのでまた来年に持ち越し。




by Nature_Oyaji | 2019-05-12 20:15 | チョウ | Comments(0)
2018年 11月 25日

晩秋のルーミスシジミ

■毎年11月頃訪問しているルーミスシジミ撮影で房総へ
出来たら9月の暑い日に訪問し、吸水中のルーミスシジミ撮影も考えていたものの、トンボ優先となり今季も未確認で終了。

9時過ぎ、現場には前回の夏にもお世話になったNさんと、神奈川方面から遠征されて来た方々がすでに撮影中。
いつもながら見つけて頂いていたルーミスシジミを撮影させて頂いた。

●ルーミスシジミ 5頭の集団
やや高めの場所にいた集団。
日光が当たり始め暖かくなるにつれて向きを変えたり、また1頭は翅を広げた後、飛翔。
f0324026_20410138.jpg
f0324026_20432662.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●珍しいルーミスシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメの3頭が1枚の葉の上に
葉の一部が変色しており、その付近に保護色となるルーミスシジミが静止し、奥側の緑の葉の部分にはムラサキシジミとムラサキツバメが仲良く静止。偶然とはいえ珍しい場面。
f0324026_20471002.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

その後、暖かい場所にルーミスシジミが2頭降りてきたものの撮影しそこない、暫く待機していたものの下に降りてくれる個体もなく、先に撤収。

現場でご一緒させて頂き、お世話になりました。
ありがとうございました。





by Nature_Oyaji | 2018-11-25 20:56 | チョウ | Comments(4)
2018年 07月 29日

夏のルーミスシジミ

■夏場のルーミスシジミの様子確認
無事に越冬を終えたルーミスシジミの春先の様子を確認。
今回はその春先に産卵したものが羽化する時期。

訪問時、以前お会いしたNさんが今季のルーミスシジミが羽化開始の頃ということで、観察に来られていた。
先程観察のため一通り叩いてみて5~6頭確認したが、そのまま皆上に上がってしまったとの事。あと1週間ほどで羽化は終了の頃らしい。
幸いNさんが観察した中で唯一、下の木の葉にまだ止まっていたものを紹介頂き無事確認。

●今季生まれの新鮮な個体。何処かふっくらした様な印象。
f0324026_21484482.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

今日はこの1枚のみ。
9月の暑い日には下に降りて吸水する様子がみられるという。
その頃また訪問したい。

大量発生の時、舞い降りてくるルーミスシジミが真夏の雪の様に見えたと誰かから聞いたのを思い出しました。
そんな光景にも出会えたらと思っています。


by Nature_Oyaji | 2018-07-29 21:53 | チョウ | Comments(0)
2018年 07月 16日

岩手遠征-2 ゼフィルス

■今回岩手の遠征で出会えたゼフィルスたち

今回の目的の二つ目はゼフィルス撮影。
日本には25種のゼフィルスが生息しているのですが、改めて過去出会えた種類を思い出してみると、恐らく10種に満たない位かと。

デジタルカメラを持った2012年頃は、昆虫なら何でも撮影していて、美しいゼフィルスも機会を見ては行ける範囲で撮影。

ただ次第にトンボ中心になってしまい、今ではご近所のミドリシジミ位(でも今季は冬の卵の様子などは観察しましたが、蝶になってからは撮影してません…)。

チョウ全般は到底踏み出せませんが、可能な範囲で美しくまた季節限定のゼフィルスやその他気になるチョウは撮影してみたい。

●ウラキンシジミ(初)
同行のベテランFさんでもまだ過去1度しか撮影出来ていなかったというチョウでしたが、あるエリアで多数発見。今回の遠征での収穫の一つ。
食樹はブナ類ではなくトネリコ。見つかった付近で探したもののとうとうわからず。
3枚目の個体のようにだいぶスレてしまったものもいる中、まだまだ新鮮な個体もいて、今が時期と思われます。

●ウラキンシジミの変異体について
Fさんからここのは通常のウラキンシジミではなく、「裏面亜外縁部の黒紋が消失したodai型」との連絡を頂いた。
改めて今回このエリアで撮影した4個体の写真を見ると、羽に黒紋がついている個体は撮影したものでは1頭のみで、残りの3頭はすべてodai型の個体だった。

ウラキンシジミを調べてみると、比較的変異体が多い種の様で、その変異体を求めて飛び回っている採集者もいるらしい。

▼通常タイプ それでも黒紋は薄め
f0324026_05064555.jpg
▼完全に黒紋が消えているodai型の個体
f0324026_05014120.jpg
▼こちらの個体もodai型
f0324026_03351406.jpg
f0324026_03351497.jpg
f0324026_03351474.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ウスイロオナガシジミ(初)
過去ミズイロオナガシジミは見ていましたが、ウスイロは初。
f0324026_03425109.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●翌日撮影した個体
前日のものより黒の紋の大きさが異なるが、個体差と思われる。
f0324026_04114114.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

こちらは以前撮影したミズイロオナガシジミ
f0324026_03462571.jpg
NikonD7100
●ジョウザンミドリシジミ(初)
薄青系の光沢のある輝く姿が美しい。角度によりその輝き方が変化するので、その適切な角度が難しく初心者にはもっと撮影経験が必要。
またF値 も絞らないと頭から尾部突起まで写らないので、シャッター速度はどうか、ISO感度は適切かなどあれこれその場での対応が必要なのも難しい。
f0324026_04252412.jpg
f0324026_04214314.jpg
f0324026_04214308.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


by Nature_Oyaji | 2018-07-16 12:39 | チョウ | Comments(0)
2018年 05月 27日

ミヤマカラスアゲハ 春型

■ミヤマカラスアゲハ春型の美しさを求めて
今日は久しぶりにチョウ目的でFさんと同行。
過去何度かミヤマカラスアゲハ春型の姿は捉えていますが、改めて今日は給水に来た所を狙って訪問。
春型は夏型より、色が鮮やかで美しい。

●3年前に撮影した個体。
f0324026_20203191.jpg

●肝心のミヤマカラスアゲハが給水に来ましたが・・
f0324026_20283741.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

何度か給水に来たものの、落ち着きがなく短時間で飛び去ってしまうので、今日の所は証拠写真程度。
また訪問したい。

●ヒオドシチョウ
こちらは今季羽化した個体。
後翅の縁内にあるブルー部分が美しい。
f0324026_03473489.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミスジチョウ
ミヤマカラスアゲハを待つ間にミスジチョウ撮影。
とても人懐っこく、ミネラルを求めてか、指にのったりしばらくマッタリ状態。
最後のFさんとのショットが今日一番の写真。
f0324026_20260029.jpg
f0324026_04245227.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_20271282.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

今日もありがとうございました。
次お会いする時はいよいよヒメボタル撮影での遠征の時、またお世話になります。




by Nature_Oyaji | 2018-05-27 20:32 | チョウ | Comments(0)
2018年 04月 29日

GW-2日目 ギフチョウ イエローバンド探し

■GW-2日目 昨年撮影出来なかったギフチョウのイエローバンド。1年経ちようやくリベンジの時期
イエローバンドは白馬で確認されている翅の変異種。後翅の外縁部全体が黄色に縁取られているかの様な状態になっているもの。

●訪問時期について
昨年は春先低温が続き、結局訪問した5/4では中綱湖の桜は満開で、ギフチョウ自体未発生。ただヒメギフチョウはギフチョウより早く発生するため、昨年も撮影。
今期は同じ桜はとっくに終わっていて葉桜状態。チョウたちの今日の様子からはギフチョウはかなり擦れた個体もいれば、羽化したばかりの新鮮な個体もいて、少し前から発生していたものと推測。
ただ観察には適した頃と思われます。

●待ち伏せ
9時過ぎから林の中に空いた、太陽のよく当たるエリアで待ち伏せ。足元にはスミレの花が多数。
気温は20℃近くで、時間が過ぎるに従い訪花の個体も徐々に多くなってきた。
目的のイエローバンドかどうかは吸蜜で静止した場面を撮影してチェックするのが一番ですが、なにしろ止まってくれない。よって撮影も出来ないのでイエローバンドかどうかも確認出来ない・・。(一度でもきちんと見たことがあれば、飛翔中の色合いなどでもある程度判断出来るかもしれないのですが・・)。

▼ヒメギフチョウ
f0324026_21595680.jpg
▼ギフチョウ
f0324026_04362792.jpg
f0324026_22063546.jpg

Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●交尾態
一緒に待ち伏せしていた方が見つけてくださった。翅の裏の紋様からヒメギフチョウと推測。
初撮影。
f0324026_22021069.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●産卵
ギフチョウがフタバアオイに産卵に来ていた。こちらも近くで見ていた方から教えて頂き撮影。
産卵中の尾部先端が残せなかったのが残念。
f0324026_22033337.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_22033310.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●最後に一周して
12時を回り、飛び回る個体数もぐっと少なくなった。
朝方10時半頃までは訪花と同時に止まってくれましたが、昼近くでは恐らく探メスのオスだと思われる個体が飛来。
探メスなので花には止まることはなく飛び続ける。そうなら止まらない理由が理解出来ます。

さて最後もう一度1周してみましたが、今回も残念ながらイエローバンドには出会えず終了。

●来年に向けて
今回は出会えなかったが、実はネットでは数日前に撮影されていた方のブログがあった。
それもあって期待していたのですが、ひょっとしたら今日こちらが探していた場所とは違うのかもしれない。そうなら来年までにGoogleMapで付近の怪しい場所を探しておくのも一つの対策。

訪問する日を決定するには、そのエリア近くの桜の花の様子をチェックして決めれば良さそう。

兎にも角にも情報収集が大事で、来年訪問までには行き当たりばったりではなく、しっかり準備が必要。
そして自分の計画での探索を実施し、見つかった時の喜びを感じたい。



by Nature_Oyaji | 2018-04-29 22:36 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 24日

春本番 桜満開の日

東京のソメイヨシノが満開になった日
ニュースでは東京での満開は1953年の統計開始以来、3位の早さ。

早朝からご近所の探索としてみましたが、ホソ
ミオツネントンボはやはり枝からは移動済み。このエリアにいて、産卵場所(まだ未特定)移動までの栄養補給中でしょう。
シオヤトンボも流石にまだ羽化はせず(朝は8℃程度)。

●モンキチョウたち
太陽が当たり始めた川の土手にはちらほらモンキチョウたちの姿。
10頭程メスを探して飛翔。歩きながら追ってみると、1頭だけメスの姿が。

ではと、久しぶりに飛翔撮影としてみましたが、以前やったように飛翔するチョウを走りながら撮影なんてもう出来もせず、止まった所に近づき連射しながらカメラで追い立てるといった撮影がやっと。
f0324026_17522659.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

歩留まり悪すぎで、何とか見られるのは青空をバックのこの1ショットのみ。
近くには1頭だけベニシジミの姿も。

ようやく春となりました。


by Nature_Oyaji | 2018-03-24 17:54 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 11日

春の変化 ミドリシジミ 孵化開始

■ミドリシジミの卵の様子を昨年と同じハンノキで撮影。昨年の孵化開始は3/18に確認。

●3/10 14:30頃 既に中央部に穴の開いた卵が2個(上側左、下側一番左)。
f0324026_18545525.jpg
●3/11 15:00頃 上側左のものは穴が大きくなり、孵化済 
⇒【訂正】孵化済と記載しましたが、昨年のものを見るともっと穴が大きく、孵化開始には違いありませんが、幼虫が出て来るのはこれからの間違いでした。
f0324026_18555352.jpg
共にOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

同じハンノキの北側面での観察ですが、昨年より1週間ほど早い状況。
そう言えば今年は桜の開花日が1週間ほど早いと数日前のニュースで放送していました。
春先の昆虫たちの活動開始の目安となる桜の開花日が早まっているので、このミドリシジミの孵化も気温上昇で早まっているのかもしれません。

●近所のホソミオツネントンボ探しは見つからず
越冬終了間近で色が変化してくる頃ですが、近所の越冬場所2ヶ所とも例の大雪の後の気温が15℃を越えた後は移動してしまい、今日現在まだ未確認。
まだ産卵場所には移動していないはずで、過去の経験では3月末近くでもまだそれぞれの越冬場所で見ているので、どこかこの越冬場所エリアに潜んでいて、色の変化が見られ始めても移動前の餌採りをするはずです。

そんなホソミオツネントンボ探しの途中で見つけたルリタテハ。
既に右の翅がなくなっている状況。それでも飛ぶには支障なく、近付くとあっという間にどこかに行ってしまうほど元気。
f0324026_19124897.jpg
f0324026_19131030.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

また後日、ホソミオツネントンボは探索予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-03-11 19:05 | チョウ | Comments(0)