オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チョウ( 35 )


2018年 04月 30日

GW-3日目 近場のフィールドでの変化

■GW恒例のアオヤンマ羽化探し
GW3日目。夜の探索は羽化後の姿を捉えられていますが、朝方昇るものではないと羽化の自然の色での姿が残せません。
その早朝観察ですが過去2度出会えていますが、一度目は2015年での初訪問時のビギナーズラックで2頭同時羽化。その後はなかなか出会えず、2度目は2017年にやっと出会えました。

●今季初の探索でしたが・・

毎年GWになると早朝訪問で通っているわけですが、夜に比べて圧倒的に昇る個体数が少ないので、難敵中の難敵。
そんな今季初の訪問でしたが、今日は出てくれる日ではなかったようで、また次回。

●シオカラトンボ羽化
代わりという訳ではありませんが、一緒に探してくれていた方がシオカラトンボ(♀)の羽化個体を発見。こうしてみるとやはりこの状態はいつも美しい。

Photohitoリンク
f0324026_19114315.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

●別な場所へ移動
東京昆虫記の小島さんが先に撮影中。
ヨツボシトンボの飛翔撮影会となりました。が相変わらずの腕のため、ボケ写真のみ。
f0324026_19140911.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

飛翔撮影もただ闇雲に追ってもそこはトンボなのでやはり困難。
ただトンボの生態を知るとその中には撮影できるチャンスがある・・ということを教えて頂いた。

●アオモンイトトンボ 雄型雌での交尾態
昨年も撮影していますが、割りと個体数が多いのか今日も撮影。

Photohitoリンク
f0324026_22343307.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

その他、クロイトトンボは羽化真っ最中。時間的には訪問時は羽化は終了間際の時間帯で、知らずに寄るとまだ乾ききっていない翅で飛び上がる状況。ただゆっくりその付近を探しても目が出来ていないため、羽化殻すら見つけられない。
また驚いたことにベニイトトンボ(♀)が羽化していたとの話。4月は初という。

いろいろトンボ情報交換後、解散。お疲れ様でした。

●ホソミオツネントンボ産卵観察へ
ホソミオツネントンボは交尾態撮影なら午前中から。
ただ産卵自体は午後からで間に合うため、前回水が入り始めた多産地の田んぼへ2度めの訪問。

一昨年などはGW中に田んぼは出来上がっていて、産卵は多数見られましたが、今期は農家の方の都合なのでしょう、今日代かき中なので、あぜ道などはまだ産卵に適した植物がない。
これでは予定していた広角での産卵撮影はもう少し先。

近場にいるであろう個体を探すと休耕田の中に1頭のみ発見。
f0324026_19314922.jpg
f0324026_19315036.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

Photohitoリンク
f0324026_22382950.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

GW終わりに再訪問予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-04-30 19:37 | チョウ | Comments(0)
2018年 04月 29日

GW-2日目 ギフチョウ イエローバンド探し

■GW-2日目 昨年撮影出来なかったギフチョウのイエローバンド。1年経ちようやくリベンジの時期
イエローバンドは白馬で確認されている翅の変異種。後翅の外縁部全体が黄色に縁取られているかの様な状態になっているもの。

●訪問時期について
昨年は春先低温が続き、結局訪問した5/4では中綱湖の桜は満開で、ギフチョウ自体未発生。ただヒメギフチョウはギフチョウより早く発生するため、昨年も撮影。
今期は同じ桜はとっくに終わっていて葉桜状態。チョウたちの今日の様子からはギフチョウはかなり擦れた個体もいれば、羽化したばかりの新鮮な個体もいて、少し前から発生していたものと推測。
ただ観察には適した頃と思われます。

●待ち伏せ
9時過ぎから林の中に空いた、太陽のよく当たるエリアで待ち伏せ。足元にはスミレの花が多数。
気温は20℃近くで、時間が過ぎるに従い訪花の個体も徐々に多くなってきた。
目的のイエローバンドかどうかは吸蜜で静止した場面を撮影してチェックするのが一番ですが、なにしろ止まってくれない。よって撮影も出来ないのでイエローバンドかどうかも確認出来ない・・。(一度でもきちんと見たことがあれば、飛翔中の色合いなどでもある程度判断出来るかもしれないのですが・・)。

▼ヒメギフチョウ
f0324026_21595680.jpg
▼ギフチョウ
f0324026_04362792.jpg
f0324026_22063546.jpg

Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●交尾態
一緒に待ち伏せしていた方が見つけてくださった。翅の裏の紋様からヒメギフチョウと推測。
初撮影。
f0324026_22021069.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●産卵
ギフチョウがフタバアオイに産卵に来ていた。こちらも近くで見ていた方から教えて頂き撮影。
産卵中の尾部先端が残せなかったのが残念。
f0324026_22033337.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_22033310.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●最後に一周して
12時を回り、飛び回る個体数もぐっと少なくなった。
朝方10時半頃までは訪花と同時に止まってくれましたが、昼近くでは恐らく探メスのオスだと思われる個体が飛来。
探メスなので花には止まることはなく飛び続ける。そうなら止まらない理由が理解出来ます。

さて最後もう一度1周してみましたが、今回も残念ながらイエローバンドには出会えず終了。

●来年に向けて
今回は出会えなかったが、実はネットでは数日前に撮影されていた方のブログがあった。
それもあって期待していたのですが、ひょっとしたら今日こちらが探していた場所とは違うのかもしれない。そうなら来年までにGoogleMapで付近の怪しい場所を探しておくのも一つの対策。

訪問する日を決定するには、そのエリア近くの桜の花の様子をチェックして決めれば良さそう。

兎にも角にも情報収集が大事で、来年訪問までには行き当たりばったりではなく、しっかり準備が必要。
そして自分の計画での探索を実施し、見つかった時の喜びを感じたい。



by Nature_Oyaji | 2018-04-29 22:36 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 24日

春本番 桜満開の日

東京のソメイヨシノが満開になった日
ニュースでは東京での満開は1953年の統計開始以来、3位の早さ。

早朝からご近所の探索としてみましたが、ホソ
ミオツネントンボはやはり枝からは移動済み。このエリアにいて、産卵場所(まだ未特定)移動までの栄養補給中でしょう。
シオヤトンボも流石にまだ羽化はせず(朝は8℃程度)。

●モンキチョウたち
太陽が当たり始めた川の土手にはちらほらモンキチョウたちの姿。
10頭程メスを探して飛翔。歩きながら追ってみると、1頭だけメスの姿が。

ではと、久しぶりに飛翔撮影としてみましたが、以前やったように飛翔するチョウを走りながら撮影なんてもう出来もせず、止まった所に近づき連射しながらカメラで追い立てるといった撮影がやっと。
f0324026_17522659.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

歩留まり悪すぎで、何とか見られるのは青空をバックのこの1ショットのみ。
近くには1頭だけベニシジミの姿も。

ようやく春となりました。


by Nature_Oyaji | 2018-03-24 17:54 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 11日

春の変化 ミドリシジミ 孵化開始

■ミドリシジミの卵の様子を昨年と同じハンノキで撮影。昨年の孵化開始は3/18に確認。

●3/10 14:30頃 既に中央部に穴の開いた卵が2個(上側左、下側一番左)。
f0324026_18545525.jpg
●3/11 15:00頃 上側左のものは穴が大きくなり、孵化済 
⇒【訂正】孵化済と記載しましたが、昨年のものを見るともっと穴が大きく、孵化開始には違いありませんが、幼虫が出て来るのはこれからの間違いでした。
f0324026_18555352.jpg
共にOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

同じハンノキの北側面での観察ですが、昨年より1週間ほど早い状況。
そう言えば今年は桜の開花日が1週間ほど早いと数日前のニュースで放送していました。
春先の昆虫たちの活動開始の目安となる桜の開花日が早まっているので、このミドリシジミの孵化も気温上昇で早まっているのかもしれません。

●近所のホソミオツネントンボ探しは見つからず
越冬終了間近で色が変化してくる頃ですが、近所の越冬場所2ヶ所とも例の大雪の後の気温が15℃を越えた後は移動してしまい、今日現在まだ未確認。
まだ産卵場所には移動していないはずで、過去の経験では3月末近くでもまだそれぞれの越冬場所で見ているので、どこかこの越冬場所エリアに潜んでいて、色の変化が見られ始めても移動前の餌採りをするはずです。

そんなホソミオツネントンボ探しの途中で見つけたルリタテハ。
既に右の翅がなくなっている状況。それでも飛ぶには支障なく、近付くとあっという間にどこかに行ってしまうほど元気。
f0324026_19124897.jpg
f0324026_19131030.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

また後日、ホソミオツネントンボは探索予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-03-11 19:05 | チョウ | Comments(0)
2017年 12月 10日

オオムラサキ 越冬幼虫探し

■昨年訪問した北関東の自然公園へまたオオムラサキの越冬幼虫探し
一番の目的はオツネントンボの様子チェックですが、気温が上がるまでこちらで探索。

●探索開始
早朝、この辺りは-3℃まで冷え込み、オオムラサキが潜むエノキ周りの葉にも霜。
幼虫は越冬のため、木を伝って下に降り、エノキ根回りの葉の裏へ。
なので根元から約1m程度の範囲には幼虫がいる可能性があるので、木の根の上を渡って近づき、慎重に探索。
f0324026_16183006.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●霜と氷に囲まれて
程なく1頭発見。一緒にひっくり返した葉にも霜。
尾部付近も凍っており、越冬はやはり過酷。
f0324026_16221485.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽魚眼で環境と幼虫を入れて
f0324026_16243274.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

●別のエノキで見つけた個体の顔(Photohitoリンク)

別のエノキ周りでもすぐ見つかり、昨年なかなか見つけられなかった素人がすぐ発見できるとは、より幼虫の個体数が多い感じがします。今日はこの個体で3頭目。
幼虫には申し訳ないですが、少し葉を曲げ越冬中は葉に付けている顔を出してもらい撮影。
f0324026_16311396.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

続けてこのエリアでホソミオツネントンボ探索。



by Nature_Oyaji | 2017-12-10 16:36 | チョウ | Comments(0)
2017年 11月 19日

ルーミスシジミ探索

■ルーミスシジミ 今期冬場初訪問
昨年の10/10,ルーミスシジミ探しで訪問していました。

晩秋となり越冬前のルーミスシジミに会いに房総方面へ。

●しし座流星群
11/18はしし座流星群のピークの日でもありました。
九十九谷は霧で有名な場所。霧が出た日には水墨画のような風景となります。
いずれその撮影に来たいと思っていたのでロケハン(夜なので場所の確認のみ)を兼ねて、ここでまずは流れ星撮影。

結果的には肉眼では2つ見ることが出来ましたが、残念ながら写真には残せず。
この後、雲が多くなったためルーミスシジミ観察場所へ移動。
f0324026_16423465.jpg
Olympus E-M5II+Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

そのまま車中泊。

■早朝から日の当たる林でいつもの面々探索
●オオキンカメムシ
昨年の12/18は車中泊後、日当たりのよい林の脇付近を探索した所、越冬中のオオキンカメムシを偶然発見
今日は昨年より1ヶ月早い訪問ですが、越冬場所にいるかどうか気になる所。
同じ場所で探してみると、まとまってはいませんが、バラバラに5頭程同じエリアに集まっていました。
過去しっかり観察はしていないのですが、今回、11月中旬で既に越冬場所にいることを確認。(Photohitoリンク)
f0324026_16533681.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▽背中に水滴が着いていたので、それを強調したく逆光気味にしてシルエットで。(Photohitoリンク)
f0324026_16543744.jpg

Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

昨年もそうでしたが、越冬場所としては朝から日が直接当たる場所ではなく、大きな樹木の下の少し日影気味で雨風が和らぐ場所。
低温で動けなくなる為、雨風など外部要因がなるべく影響が出ない場所を選んでいる様。それはホソミイトトンボでも同様。
そんな経験を活かすとどこにいそうか見えてきます。

●ホソミオツネントンボ(♀)
9時過ぎで、10℃にもなっていないのですが、日当り良好な場所なので飛び方も活発。
1枚、証拠写真後、少し別なカットを・・と思って近付いた所で、意外なほどの速さで移動しそのまま痛恨のロスト。
f0324026_17045233.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(トリミング済)

■ルーミスシジミポイントへ
9時半も回り、10℃を越えてきたのでルーミスシジミのポイントへ移動。
すると10/10にお会いしたNさんと再開。

既に何処に何頭いるかチェックは終えられていて、降りてくるのを待っている最中でした。
暫く待ったものの、今日は晴れ間が少なく曇り気味なので、飛ぶ気配なし。
致し方なくちょっと可愛そうですがタタキ棒で飛ばして、舞い降りてきた所を撮影。

●横から(Photohitoリンク)
観察が足りないので知らないだけなのかもしれませんが、複眼がこんなにグリーンが強いものは記憶になく、こちらも美しい。
※あとで教えて頂きましたが、真横からやストロボが当たるなどするとはっきりグリーンに見えるそうです。ありがとうございます!

f0324026_17123170.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_17172421.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
●深度合成で
(Photohitoリンク)
ストロボを使用しての深度合成。こちらも複眼がきれいなグリーンとなっていました。
f0324026_17142443.jpg
f0324026_17145716.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●別のグループを飛ばした際、1頭が服に。
こういうのは何か嬉しい。慌ててiPhoneを出して撮影。
f0324026_17374110.jpg
iPhone6S
1年ぶりのルーミスブルーは改めて美しいです。
Nさん、本日もいろいろお世話になりました。





by Nature_Oyaji | 2017-11-19 17:32 | チョウ | Comments(0)
2017年 09月 17日

ウラナミシジミ 羽化時期

台風で予定していた茨城遠征が中止。
朝方はまだ小雨だったので、近場のポイントを一回り。
そろそろウラナミシジミが見られる頃。いつも見られるクズの草原へ。

■ウラナミシジミたち
●羽化後間もない個体(8:50頃)
ざっと見て近付いても飛ばない個体が5~6頭。どうやら雨の前に羽化したものの様で、小雨だったので葉の上にでてきた模様。
尾状突起はまだまだ柔らかく、翅を乾かしている様子。
f0324026_11383316.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_11583789.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●既に交尾態のペアも
f0324026_11593860.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●翅も乾き飛ぶ寸前
f0324026_12001493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


●ヒガンバナ
水滴がまたちょっとしたアクセント。雨の日に訪問したご褒美・・。
f0324026_12144243.jpg
f0324026_12032601.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro







by Nature_Oyaji | 2017-09-17 12:06 | チョウ | Comments(2)
2017年 08月 20日

カラスアゲハ 集団吸水

今年残りの目標の一つのミルンヤンマ、何度も書いていますがどうにも縁が薄い。
昨年は千葉や都下など何ヶ所か自分で開拓したり、場所を伺ったりして訪問したものの、生態写真(羽化、交尾態、産卵など)は全く撮影出来ずに終了。
数は多いとは聞いてはいるものの、手詰まり感大。

そんな時にFさんから都下の川で探されると言うので、お供させて頂く事に。
自分でもどんな所か見ておきたいので、待ち合わせ時間より早めに訪問。
久しぶりにウェダーを履いて川のアチラコチラを探索。

●カラスアゲハ
川から上がった近くでたまたまカラスアゲハが4頭吸水中。
少し撮影し、Fさん合流後改めて撮影。その頃には6頭集まっていました。
過去の記憶ではカラスアゲハの吸水撮影はなく考えてみたら初物。
f0324026_03092702.jpg
f0324026_03102270.jpg
f0324026_03102862.jpg
f0324026_06305644.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付

地面にいるチョウの撮影、これもなかなか難しい。
チョウの目線にすると意外とバックがうるさく、それをぼかすようにすると集団のチョウたちの一部しかピントが合わず、今回の撮影結果からまた次回どうしたらよいか課題が出てきました。

しかしながら何とか撮影出来た結果を見ると、なんとも美しい。
春型はもっと色が鮮やかと伺い、来年5月にはまた集団での吸水場面を撮影したい。

●サカハチチョウ
f0324026_03272457.jpg
f0324026_03272872.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミヤマカワトンボ
ミルンヤンマを待つ間に。
f0324026_03332609.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


さて肝心のミルンヤンマ、川で待っていると幾つか飛んでいるのは見え、そうしているうちに近くで1頭が産卵する所を目撃。
ここでの産卵は開始していた事が確認出来たのが今日の収穫です。




by Nature_Oyaji | 2017-08-20 18:45 | チョウ | Comments(0)
2017年 08月 13日

房総遠征-2 ムラサキシジミ

夏場のルーミスシジミの様子はどうか、気になっていました。
暑い時には樹上から下に降りて、沢で水分補給をするらしい。
夏場の現地の様子確認とひょっとしたら何かしらのトンボもいるかもしれないので、冬にルーミスシジミ撮影で訪問した場所へ。

入り口には「ヤマビルに注意」の看板。

●ムラサキシジミ
ルーミスシジミがいた場所で迎えてくれたのは多数のムラサキシジミ。
こんなに沢山集まっているのは見たことがなく、これもちょっとした嬉しい発見。
f0324026_06465896.jpg
f0324026_06480789.jpg
f0324026_06483745.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

少し沢に沿って山道を進んでみたもののトンボの姿はなし。
またムラサキシジミの所まで戻った所で、沢で体を冷やすように飛びながら何度か水面に飛び込むトンボを目撃。
そのまま飛び去り、その後は出会えず。

目的だったルーミスシジミも時間的には一番気温の上がる頃でしたが成果なし。

気付くと長靴には看板通りのヤマビル。食卓塩を振って撃退しこの場を撤収。

帰りがけにルリモンハナバチを撮影した場所へ立ち寄り。花がなく、まだ姿なし。

●オオイトトンボ
同じエリアにある池でオオイトトンボ産卵を撮影。
f0324026_07060251.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2017-08-13 21:08 | チョウ | Comments(0)
2017年 07月 10日

ギンイチモンジセセリ

オツネントンボ撮影の途中で見つけたギンイチモンジセセリの夏型。
春型特有のはっきりした銀色部分は少ないものの、ちょっと可愛い感じがよし。
f0324026_20251984.jpg
f0324026_20253336.jpg
f0324026_20254124.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-07-10 20:26 | チョウ | Comments(2)