オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 25日

春の房総-2 ルーミスシジミとゲンジボタル幼虫探索

■明るくなってからは春本番の昆虫探索へ
Fさんは今季初の昆虫探索で開幕戦。

●ルーミスシジミ探索
無事越冬を終えたルーミスシジミの春先の様子を確認。
8時過ぎから枝たたきで探索。8:30過ぎに1頭確認。
気温は10℃以下でまだ吐く息は白い状態。

撤収する10時近くまでには全部で約10頭程の個体を確認。

殆どの個体は翅の一部に痛みがあり、越冬の厳しさを感じますが、そんな姿も美しい。
そして間もなく生命を繋いでその役目を終えます。
産み付けられた卵は成長して6~7月に成虫発生となりますが、今期は何度か訪問して幼虫や夏場の様子を確認してみたい。
f0324026_18045605.jpg
f0324026_18102190.jpg
f0324026_18103247.jpg
f0324026_18103296.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●もう一つの目的のゲンジボタル幼虫探索
幼虫たちは夜間~朝方まで捕食との事で、訪問した10時過ぎではすでに終了して幼虫の姿はどこかへ。
別の機会に上陸前の幼虫観察をする事にして、水槽を使っての水中の様子をコオニヤンマヤゴでテスト撮影。

水槽にカメラを入れて浅めの川に沈めながら手で上下し、レンズを水槽に出来た水中と空中の境目の真ん中付近に合わせながら対象を撮影する。
そうすると上は空気中の様子、下は水中の様子を同時に撮影出来、水中の昆虫の様子が上手く撮影出来ることを教えて頂いた。

▼コオニヤンマヤゴとカワニナの様子
f0324026_18285877.jpg
f0324026_18285876.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

さて肝心のゲンジボタルの上陸ですが、残り3月末までの長期予報では昼間は19℃を越える日が続き、雨はなし。
4月に入ってからの天気については、先に天候が変化する西日本の天候を見てもすぐまとまった雨がなさそう。

時期的には上陸の頃なので、次回まとまった雨が降ったあとは上陸したくても出来なかった幼虫たちがまとまって上陸する可能性大です。
今期はなんとか上陸の様子を観察したい。

今回も夜間~明け方での風景撮影、明るくなってからは昆虫撮影とお世話になりました。

by Nature_Oyaji | 2018-03-25 18:38 | 昆虫 | Comments(0)
2018年 03月 25日

春の房総-1 鴨川 大山千枚田 天の川と明け方撮影

■いつもお世話になっているFさんと春の房総へ
今期から始めた天の川と棚田のコラボ撮影、明け方には初めての棚田と朝日の様子の撮影で訪問。

●棚田と天の川撮影
大山千枚田は雨水のみを唯一の水源とした水田。
先週もまとまった雨が降っており、各棚田にはある程度水が貯まり、冬眠から目覚めたカエルたちの大合唱中。
今夜は天の川は1:30過ぎに東の空に昇るのですが、月は半月。
ただ幸いにも0時過ぎには西へ沈むため、天の川が昇る頃には月明かりはなし。

しかしここでソニーαでの設定ミス(帰宅後発覚)。
棚田には街灯からの光が当たる為、テストでは全体が明るめだったのでISO感度を1000、F2.8、20秒撮影としたのですが、この設定では肝心の星が暗過ぎ。
現像したものの天の川の色が出ず。

念の為、Olympus E-M1IIでも撮影(ISO1600、Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFTで20秒、M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROで15秒、それぞれ開放設定で撮影)していたのが救いですが、相変わらず現像や撮影方法の問題でノイズ大でまだまだ学習不足です。

▼Photohitoリンク
f0324026_17254583.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT
▼Photohitoリンク
f0324026_17260776.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

棚田での明け方
初めて棚田での明け方の撮影でした。
▼Photohitoリンク
f0324026_17375764.jpg
f0324026_17380901.jpg
f0324026_17381957.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●光芒
移動直前、暖かな日光のため遠くの山々に光芒発生。
f0324026_17571889.jpg
f0324026_17584076.jpg
f0324026_17585945.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2018-03-25 17:53 | | Comments(0)
2018年 03月 24日

春本番 桜満開の日

東京のソメイヨシノが満開になった日
ニュースでは東京での満開は1953年の統計開始以来、3位の早さ。

早朝からご近所の探索としてみましたが、ホソ
ミオツネントンボはやはり枝からは移動済み。このエリアにいて、産卵場所(まだ未特定)移動までの栄養補給中でしょう。
シオヤトンボも流石にまだ羽化はせず(朝は8℃程度)。

●モンキチョウたち
太陽が当たり始めた川の土手にはちらほらモンキチョウたちの姿。
10頭程メスを探して飛翔。歩きながら追ってみると、1頭だけメスの姿が。

ではと、久しぶりに飛翔撮影としてみましたが、以前やったように飛翔するチョウを走りながら撮影なんてもう出来もせず、止まった所に近づき連射しながらカメラで追い立てるといった撮影がやっと。
f0324026_17522659.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

歩留まり悪すぎで、何とか見られるのは青空をバックのこの1ショットのみ。
近くには1頭だけベニシジミの姿も。

ようやく春となりました。


by Nature_Oyaji | 2018-03-24 17:54 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 21日

三寒四温の寒の日 ご近所のホソミオツネントンボ ようやく再発見

■大雪以来、見失っていたホソミオツネントンボ 再発見
急に冬に戻った日。
春の婚姻色への変化を追うため何度か探索していたホソミオツネントンボでしたが、ようやく再発見。
ヒコバエではなく、以前と同様落下していた枯枝で発見。同じ枯枝にもう1頭。

●ホソミオツネントンボ(♂)
f0324026_13114711.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ(♂)別個体
f0324026_13133803.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

両方ともまだ色の変化は見られず。
明日また18℃まで回復、その後も暖かい日が続く予報なので次回訪問時はこの枝からは移動していると予想です。

■ミドリシジミ 孵化チェック
前回3/11訪問で孵化開始を確認。それからもう10日過ぎての訪問。

●卵

やはり既に全て孵化済(雨の中、高感度にしたものの手ブレ大)。 
f0324026_13262662.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

●ハンノキ
もう硬い芽から芽吹き済。ここには既に幼虫がいるものと思われます。
f0324026_13300362.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

雨の中、自然公園内を一周りしてみましたが、特に目新しい変化はなく撤収。



by Nature_Oyaji | 2018-03-21 13:56 | トンボ | Comments(0)
2018年 03月 21日

ゲンジボタル、幼虫の上陸間近

■ゲンジホタルの観察開始へ、そろそろ上陸間近
以前も書きましたが、昆虫の楽しみ方は人それぞれ。でも共通なのは皆さん、一期一会の出会いに感謝し、その一番の姿を残しておきたいと思っているはず(と思っています)。
自分としては気になる昆虫については、観察出来る範囲で生態写真として生き様を残していきたい。

ホタル撮影については一昨年開始。俄然生態についても興味が湧き、ゲンジボタルの幼虫の上陸については昨年4月中旬位に何度か房総を訪問してみましたが、ついに一度も上陸場面には出会えず終了。
今期はまずは上陸前の今の幼虫の姿と上陸中の様子の撮影が一番の目標。

■飛翔時期から逆算した上陸時期
長きにわたる過去観察された方々の結果を引用させて頂き、幼虫の上陸から羽化までの期間をまとめると(自分の健忘録として)
●上陸後、地中に潜り土繭作成:数日
●土繭の中で蛹へ:約30日
●蛹から羽化:約14日
●羽化後、地中から外へ:約3日後
●成虫期間:約2週間
上陸~成虫出現まで約50日前後。

房総で撮影出来た時期(6/7 千葉県中央部、6/11 千葉外房付近)から逆算すると4月中旬頃が上陸観察には良い頃。

■上陸期間
上陸自体は1ヶ月間程続く様です。
上陸するための条件(雨必須、気温・水温が高い事など)が全て重なることが必須ですので、それらがそろうまでの猶予が1ヶ月間位という事なのかもしれません。

以前のブログでまとめた条件を改めて記載
●時期的にはその場所で桜が満開の頃
●雨が1日中降り続いたその夜(雨音も上陸には必要の様)
●長時間雨が必要なのは、地中に潜るには地面に柔らかさと湿気が必要な為
●気温・水温共に14度前後(気温については10~15℃位でも上陸)
●条件が全て揃うと大体18~19時前後から上陸開始

昨年出会えなかったのは、雨は十分でしたが恐らく気温水温が低めだった為かと想像。

発生時期はその年の気温の状況によるため、訪問できた際の観察結果は何かの一つのデータとなるので、出来るだけ残していきたい。

■飛翔撮影
もちろん、オスメスたちの淡い光での呼応する恋の様子も。

ゲンジボタルは、同じ房総内でも場所により若干発光パターンが異なるので、その違いも改めて残したい。
また星とのコラボ撮影にも挑戦したい。
6/9(土)~10(日)は月齢24.6~25.6で三日月なので星との撮影には良い頃。
翌週はそろそろ終盤ですが6/14(木)が新月。6/16(土)~17(日)も三日月なので、あとは天候次第。
f0324026_05515253.jpg
f0324026_05505362.jpg
ヒメボタルについては、昨年7月豪雨後、奇跡的に天候が回復したのに何故か撮影出来ていなかった悔しさもあり、今期は折爪岳で百万匹と言われる様子を是非残したい。
f0324026_05584298.jpg


by Nature_Oyaji | 2018-03-21 06:09 | ホタル | Comments(0)
2018年 03月 18日

ムカシトンボ 上陸ヤゴ探し-2

■ムカシトンボ 上陸ヤゴ探し-2
3/4の茨城方面での探索に続き、今回は昨年羽化を撮影した都下のポイントで改めて探索。

■今回の目的
●都下エリアでの上陸ヤゴの確認。この時期では未確認。
●昨年4/12に見つかった羽化直前個体にあった不可思議な膨らみの確認。
個人的には羽化時、背中が割れやすくなり、羽化しやすくするための変化ではないかと想像。

このエリアの羽化は4月上旬~中旬。
今見つかれば羽化まであと約3週間程。まだ羽化は先なので、例の膨らみは発生していないのではないか。
ただ個体差の可能性や、素人ゆえ全くの思い違いの可能性もあるので、まずは自分で観察です。

■3ヶ所探索
昨年4/23に羽化を観察したエリア
上陸ヤゴは見つからず。
このエリアは元々他の場所より少し高地で平均気温が低いため、羽化時期は他のエリアより約1週間遅い。
上陸はまだなのかもしれない。

昨年4/16に羽化を観察したエリア
上陸ヤゴは見つからず。
既に時期的に上陸していても良い場所。
ただ隠れる石が多数あるような河原ではなく、枯れ葉が積もっており、面積も極狭い場所。
ひょっとしたら石の下ではなく、葉の下や木の根元などで過ごしているのかもしれない。
こちらの経験不足から見つけられないだけかもしれない。

4/16に羽化を観察したエリアから近い場所 ようやく発見
何度か羽化は撮影している場所。
昨年4/23に細流近くの石で羽化不全の個体を撮影した場所で、その細流からはここからしか上陸の場所はなさそう・・と思える所の石をいくつか退けてみた所、ようやく1頭だけ発見。

▼細流から40~50cm
f0324026_18073450.jpg
▼大人のこぶし大
f0324026_18075526.jpg
▼地面は平らで本流水面から約30~40cm上 微妙にしっとり感
f0324026_18080594.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●目的の不可思議な膨らみの確認
▼昨年見つけた個体の膨らみ(赤丸部分)
白丸部分のものは、「中胸気門」。
f0324026_05274687.jpg
▼今回の個体
膨らみは見られない。
f0324026_18164935.jpg
▼昨年3/25茨城での個体 このエリアの羽化は4/上旬~中旬
「中胸気門」が良く見えるが、それ以外は明確な膨らみは見られない。
翅の裂け目になる部分が白くはっきり見えないのは、この3つの写真の中では上陸後の日数が一番少ない個体のためかもしれない。または体が乾き気味のためかもしれない。
f0324026_18175622.jpg
●今後の確認について
今回見つけた個体を羽化まで定期的に観察。同様の膨らみが発生し伸びていくのが観察できれば、個体差ではない事が言えそう。

ただ上陸ヤゴはまだ移動することが知られていて、移動してしまう可能性有り。
また何度も観察で覗かれると嫌がり、それがまた移動のきっかけになるかもしれない。

経過観察で確認出来れば良いし、または羽化直前の定位個体を見つけてチェックするのも有りなので、観察を続けたい。


●ついでに・・
昨年、頻繁に産卵場所を探して飛来していた細流ですが、良い産卵場所がなく通り過ぎるばかりでしたので、ワサビを移植していた所、見事に産卵を確認。
f0324026_18380599.jpg
ただ現在は、上から流れてきた砂利等で産卵場所だったワサビは全く無くなっている状態。
そこでせっかくなので近場の別エリアからワサビの若い株をまた移植。
産卵の頃にはしっかり大きくなり、またここで産卵写真が撮影出来ると思われます。
f0324026_18323827.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今後のヤゴの変化、羽化の時期、また産卵の時期の訪問が楽しみです。



今回の不可思議な膨らみについて、ひょっとしたら素人ゆえ知らない事かもしれません。
ご存知の方、教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。


虫友Tさんから回答を一つ頂きました。
ヤゴ首付近の左右にあるものは「中胸気門」だそうで、成虫にある気門になる部分。
ヤゴの間は閉じていている。
羽化の際(ヤゴから抜けでる際)、ヤゴ殻に紐状のものが残りますが、それは成虫の気門の穴を塞いでいた紐で、羽化と同時に紐が抜け気門として開放・働き始める。ヤゴのもう少し後ろに残る紐は「後胸気門」だそうで、成虫の胸部には左右2ヶ所、計4ヶ所だそうです。
ありがとうございます。


by Nature_Oyaji | 2018-03-18 18:59 | トンボ | Comments(0)
2018年 03月 18日

ホソミイトトンボ 春の観察

■ホソミイトトンボ 春の観察
午前中、虫友Tさんが訪問してくれていて(虫友Tさんブログはこちら)、3頭いるのを確認済。
午後、こちらの訪問は15時過ぎで気温は約12℃程度。

取り敢えず越冬場所観察は終了で、今後の観察は
1. 越冬場所エリアからの移動はいつ頃からか
2. 婚姻色への変化はいつ頃からか(以前、越冬色への変化は観察済)

●現在、越冬エリアにいる個体たち(皆、虫友Tさん、虫友Iさんが見つけてくれていた個体を今回確認させて頂きました)

今日の午前中も暖かかったため飛びそうな雰囲気だったようですが、昼過ぎには日影になったため、トンボ自体の温度はそれ以上上がらなくなりそのまま居残りの状態へ。

▼以前、柑橘系に単に枝がぶら下がっていた場所の個体(同じ個体かどうかは不明)
f0324026_17312267.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

▼その個体の色の変化を確認したものの、今の時点ではまだ色の変化は見られない
f0324026_17320322.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

▼頭上付近にいた個体-1
f0324026_17322679.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

▼頭上付近にいた個体-2
珍しく若干緑が残る枝で静止中
それにしても見つけにくい所の個体で、こちらも見つけてくれた虫友Tさんに感謝。
f0324026_17330658.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

越冬開始時期にはメスも同じエリアにいましたが、いつの間にか全て飛んで移動済。
今現在どの様に過ごしているのか、どこにいるのか不明のまま。

産卵時にはオスメスとも田んぼ付近に集まりますが、春先のこの時期はメスはオスとは違う行動パターンなのかもしれません。
それも新たな疑問として今後も観察です。


by Nature_Oyaji | 2018-03-18 17:43 | トンボ | Comments(0)
2018年 03月 11日

小田代ヶ原 霧氷撮影へ

■昨年11月に霧氷撮影で訪問した小田代ヶ原。残念ながらその時は全く見られずに撤収。
今回はリベンジで再訪問。

霧氷が出来るには色々な気象条件が上手く重なった時のみ、形成されます。
それらに加え、サラリーマンの休日が重なる事が要求され、正に何が欠けても見ることが出来ません。

今回は以前ご案内頂いたFさんが思い描いていた形成条件が全て重なり、且つそれが週末とも重なり、訪問決行でした。

●戦場ヶ原での星撮影。
夕方移動し、夜は星撮影。
光害もなく、オリオン座と冬の大三角形、スバルもここでははっきり確認。
2枚目、3枚目にはうっすら冬の天の川。
f0324026_20460677.jpg
f0324026_20460549.jpg
SONY α7II+SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

f0324026_20460534.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

3時には半月が上がってくるので、その前に東の空に昇る天の川撮影も考えていたのですが、そちらはタイミングを逸してしまい断念。

●小田代ヶ原の霧氷撮影
4時起きして移動。移動当初の気温は-10℃位でしたが徐々に明け方にかけて冷え込み最終的には-14℃まで降下。
Fさんから週の中間に大量の雨が降り、湿度は十分。加えて週末は高気圧に覆われ、放射冷却で気温が下がることが予想され、また無風でもあるので霧氷が出来る条件は全てそろっているという言葉を胸に湿原へ。

そして空がしらじら明るくなる中、周りの木々を従えるように立つ貴婦人の枝という枝には見事に霧氷が付きうっすら白化粧、また周りを取り巻くカラマツにも霧氷が付き素晴らしい世界が広がりました。

Photohitoリンク
f0324026_20574922.jpg
Photohitoリンク
f0324026_20575042.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_20575025.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_20575017.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
●初見のゴジュウカラ
f0324026_05182367.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

念願だった小田代ヶ原での霧氷撮影も無事終了。
今回の撮影で取り敢えずこの冬の風景撮影は終了です。

これからはいよいよ本格的な昆虫撮影シーズンなのですが、まだまだ風景撮影と星の撮影は続きますので、しっかり目的を定めて用意周到で撮影に臨みます。



by Nature_Oyaji | 2018-03-11 21:06 | 風景 | Comments(0)
2018年 03月 11日

春の変化 ミドリシジミ 孵化開始

■ミドリシジミの卵の様子を昨年と同じハンノキで撮影。昨年の孵化開始は3/18に確認。

●3/10 14:30頃 既に中央部に穴の開いた卵が2個(上側左、下側一番左)。
f0324026_18545525.jpg
●3/11 15:00頃 上側左のものは穴が大きくなり、孵化済 
⇒【訂正】孵化済と記載しましたが、昨年のものを見るともっと穴が大きく、孵化開始には違いありませんが、幼虫が出て来るのはこれからの間違いでした。
f0324026_18555352.jpg
共にOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

同じハンノキの北側面での観察ですが、昨年より1週間ほど早い状況。
そう言えば今年は桜の開花日が1週間ほど早いと数日前のニュースで放送していました。
春先の昆虫たちの活動開始の目安となる桜の開花日が早まっているので、このミドリシジミの孵化も気温上昇で早まっているのかもしれません。

●近所のホソミオツネントンボ探しは見つからず
越冬終了間近で色が変化してくる頃ですが、近所の越冬場所2ヶ所とも例の大雪の後の気温が15℃を越えた後は移動してしまい、今日現在まだ未確認。
まだ産卵場所には移動していないはずで、過去の経験では3月末近くでもまだそれぞれの越冬場所で見ているので、どこかこの越冬場所エリアに潜んでいて、色の変化が見られ始めても移動前の餌採りをするはずです。

そんなホソミオツネントンボ探しの途中で見つけたルリタテハ。
既に右の翅がなくなっている状況。それでも飛ぶには支障なく、近付くとあっという間にどこかに行ってしまうほど元気。
f0324026_19124897.jpg
f0324026_19131030.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

また後日、ホソミオツネントンボは探索予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-03-11 19:05 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 04日

春先のトンボ探索

■前回同様鎌倉山訪問後、ムカシヤンマとムカシトンボのヤゴ探しへ

●ムカシヤンマヤゴ探索
以前12月にご案内頂いた場所訪問。
8時過ぎで気温は9℃程度。急に気温も上がり期待大。

▼道を造成した際出来た斜面
f0324026_20032423.jpg
▼斜面正面。ヤゴの穴多数。ここは苔は少なく、斜面の土に直接穴開き状態。
崩れないのは植物の根が張りめくらされているための様。
f0324026_20015970.jpg
▼ライトで一つ一つ探すと1頭だけ近くにいる個体を確認。
f0324026_20015939.jpg
f0324026_20015913.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

動くかどうか、枯れ草で突いてみましたが微動だにしない。
この所温かい日もあったので、奥から出て来たものの、水はまだまだ冷たく、本格的な活動はまだ先のようです。

●ムカシトンボヤゴ探し
前回がさ入れした場所へ。
上陸している可能性もあり、川に近い石から順にひっくり返しながら探していったものの、また1頭も見つけられない。
上陸はまだ先の結果なら良いのですが、前回がさ入れしても1頭も見つからなかったので、個体数が少ない可能性も頭をよぎり少々心配。

●オツネントンボ探し
まずは基準となる建屋周りを12時過ぎからチェック。
気温は既に18℃前後で活動しているものと思っていましたが、何故か1頭も飛んでいない。
探索範囲を広げて建屋から遠い場所でようやく1頭目撃。
念のため池周りもチェックしてみましたが、全く飛ばない。産卵は昨年は3/21に撮影していますので、あと3週間弱。

だんだん池周りの枯れたツル植物の中に移動してくるはずですが、今の時点で何処にいるのかまた疑問です。

●オツネントンボ、新たな越冬場所と思われる場所を再チェック
基準の場所がそんな状態なので、まだ確定も出来ていない場所はどうなのか。
探索するも前回見られた場所では見られず、その周りのエリア、道を隔てた藪の中もチェックしたものの全く見つからない。
またここに来て暗雲の中、来年の越冬場所探し決定です。

次回訪問は産卵の頃の予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-03-04 20:30 | トンボ | Comments(0)