オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 24日

GW間近 今季も昨年同様出会っておきたい面々

■GW間近 今季も昨年同様出会っておきたい面々です。

■こちはセットで
早朝、サラサヤンマ羽化からですが、時間的にキイロサナエの羽化も開始してしまうので、どこを押さえるか。
ホンサナエは昨年はGW後半でしたが、今季は早そう。卵塊撮影と、一瞬だけの交尾態撮影狙い(すぐ連れて行かれてしまうので)
●キイロサナエ羽化
●サラサヤンマ羽化
●ホンサナエ産卵
f0324026_22362110.jpg
f0324026_22392118.jpg
●ホソミオツネントンボ産卵

田んぼに水が入り、青空が写り込んだその田んぼを背景にした広角撮影。
昨年も狙っていたのですが、残念ながら叶わず。
f0324026_22332672.jpg
●ホソミイトトンボ産卵
もう産卵は始まっていますが、改めて定点観察場所で暖かい田んぼに浸りながらの撮影。

■こちらもセットで
●ヤマサナエ羽化
●コサナエ羽化
●その他トンボ羽化

■Fさんと遠征
昨年は発生が遅れて出会えませんでしたが、今季は逆。行ってみてのお楽しみです。
●ギフチョウイエローバンド
●ヒメギフチョウ他

●ムカシトンボ産卵・飛翔
相変わらず飛翔撮影は進歩なし。今季はもう少しなんとかしたい。

by Nature_Oyaji | 2018-04-24 13:00 | 自然 | Comments(1)
2018年 04月 24日

アオヤンマ 羽化探索-2

■羽化開始の確認が出来た前回を第1回目として、今期2回目の訪問
「羽化開始間もない時期の羽化時間帯は不安定」と伺ったと書きましたが、その件の確認も含め探索。
気温は昨日は20℃を越えましたが、今日は平均的な4月の気温で現在約17℃位。

●23時着 探索開始

23:40過ぎ、池の縁から30cm程度離れた浅瀬の葦で羽化中の個体を発見。
まだ尾部も湾曲していて形として一番美しいと思える姿。
以前観察した朝方羽化開始した時の推移からすると、羽化開始から約2時間位と予想。とすると開始は21:30頃となりますが、その時間帯であれば昨年の観察からの時間帯とほぼ同じ。
土曜日は早めでしたが、今回は通常の時間帯の羽化。

●0:06撮影 Photohitoリンク
f0324026_05464289.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
●0:50撮影Photohitoリンク

翅がだいぶ伸びた頃。その透明感を残したく、ストロボを2灯セットし、トンボの向こう側からシンクロ撮影。
f0324026_05464352.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
●1:06撮影Photohitoリンク
f0324026_05464281.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●羽化殻
土曜の確認では南側で羽化個体とその他羽化殻1個。
今回新たにこの羽化していた東側エリアで羽化個体+2個。南側で1個。
いよいよ本格的に羽化開始。




by Nature_Oyaji | 2018-04-24 06:05 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 22日

トラフトンボ 羽化探索でしたが・・

■車中泊のあと、早朝からトラフトンボ羽化探し
昨夜のアオヤンマ探索後トラフトンボポイントに移動し、少しアオヤンマ探索。
その後数時間仮眠して、5時より活動開始。

●トラフトンボ羽化探し
今日は神奈川のIさん、Kさんと探索。
結果的には羽化殻もなく、終了。お疲れ様でした。

羽化自体はムカシトンボと同じ頃で良いとの連絡も頂き、やはり今期は既に終了していた模様。
実際に探索中何度かテリ張りの♂や、交尾態も確認。
来年は4月第2週辺りでの訪問としたい。

●クロイトトンボ
唯一集中して撮影出来たクロイトトンボ。こちらも時期的に早めの産卵
丁度♂型♀(奥)のペアと普通の♀が同時に産卵中。

Photohitoリンク
f0324026_16465053.jpg
Olympus E-M1II M5II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

他のお二人はトラフトンボ飛翔撮影でしたが、こちらはタイミングを逸してしまい、何も撮れず。
今回はクロイトトンボ産卵にて終了。


by Nature_Oyaji | 2018-04-22 16:49 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 22日

アオヤンマ羽化 今期探索開始

■アオヤンマ 今期探索開始

今期は春先、早期に季節が変化中です。
サラサヤンマは昨日撮影で、約1週間ほど早め。

●アオヤンマ発生時期確認へ

アオヤンマは昨年、初の夜の探索で羽化時間帯を確認しましたが、いつ発生するかは未確認。今期はいつ頃から発生するか確認したく、既に4/18(水)から夜な夜な訪問開始。

結果的には4/18(水)~4/20(金)夜は発生せずでしたが、4/21(土)は朝、昇る個体がいたとお知らせを頂いた。数時間前は夜中に探していて出ていませんでしたので、正に今期この場所は4/21(土)頃発生(見落としの可能性もあるので)という事で良いかと思います。

そして同日夜、探索4日目でようやく22:30過ぎに今季初発見。ただ羽化自体は早めに推移中。過去の観察からはその時間は定位から少し経った頃のハズですが、既に翅を乾かしている状態。春の羽化開始の頃の個体は羽化時間が不安定だと聞いたことがあります。そんな個体だったのかもしれません。

Photohitoリンク(ブログの写真は若干露光量を変更)

f0324026_05124900.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

●次のポイントで真夜中のアオヤンマ探索
撮影後、そのままトラフトンボ羽化探索場所へ移動。

到着してからどうするか迷ったのですが、ウェーダーを履き、ヘッドライトを付け、予備にもう一つライトを持ち、アオヤンマ探索実施。真っ暗な池に入り1時間ほど探したものの、ここでは発見に至らず。



by Nature_Oyaji | 2018-04-22 16:04 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 21日

サラサヤンマ 羽化

■今期サラサヤンマ初訪問
例年通りならGWでの訪問撮影ですが、今期は何かと早めに推移しており、サラサヤンマにも影響があるのか確認の意味もあり今季初訪問。

●5時過ぎより探索
今期池周りは昨年よりかなり乾燥気味。
5時過ぎには12℃を越え、昨年まで良く羽化が見られたエリアは地面も固く、潜んでいると思われる落ち葉などの湿度は低め。
一時間程度定位個体を探索するも羽化殻もなく、まだ始まっていない可能性もあり。

●6時過ぎ 少し離れたエリアを探索
一昨年、羽化不全を撮影した湿地の端部分。直射日光は当たらない樹木の木陰のエリア。
そこで幸いすぐ定位個体を発見。

Photohitoリンク
f0324026_17212593.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

しかし、まだしっかり定位状態ではなかったようで、ストロボこそ焚かなかったものの、こちらの撮影姿に反応してか、この場所から降りてしまった。
またまた初心者故の失敗(以前、ムカシヤンマ撮影でも同様の失敗をしていたのに、進歩なし)

●7時半過ぎ、別個体をようやく発見。
すでに倒垂状態。Sさんも合流し、撮影開始。

Photohitoリンク
f0324026_17262808.jpg
Photohitoリンク
f0324026_17262847.jpg
Photohitoリンク
f0324026_17404245.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

Photohitoリンク
f0324026_17415784.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Photohitoリンク
f0324026_17431408.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

明日はやや撮影難のトラフトンボ羽化探し。
採取圧もあってか、個体数も少ない状況ですが、青空とのコラボを残したい。

●アオヤンマ羽化開始・・
また撮影中、Oさんからアオヤンマとヨツボシトンボが朝から定位しているとの連絡を頂いた(いつもありがとうございます)。
思わずえっ!としてしまいましたが、実は水、木、金の夜、今期のアオヤンマ羽化探しを開始していました。
今期はサラサヤンマと同様、早めの羽化開始を目論んでいたのですが、残念ならが3日間はお預け。
そんな観察していた場所からの連絡でしたが、いよいよアオヤンマも開幕。
今晩もアオヤンマ探索ののち、トラフトンボ撮影へ移動予定です。




by Nature_Oyaji | 2018-04-21 17:47 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 18日

ゲンジボタル、幼虫上陸-3

4/7に訪問した場所へ再訪問
前回訪問後10日目。初の雨の日でしたのでその後の状況が気になり訪問。
雨は21時過ぎに小雨程度、22時からは強くはないものの一晩中降る予報。気温は13℃程度。

●23過ぎ頃着
雨は小雨程度。前回観察できた斜面や橋の裏側にも幼虫の光る姿は見えない。

暫く後、急に雨が強くなりそれを待っていたかのように、川の中の岩に数頭光る個体を発見。

同時に川から1.5m程上の場所で数頭発光開始。
到着が遅かったので21時過ぎの小雨の際に上陸開始していたものかどうか不明ですが、高さ的には1時間以上かかると思われる場所。
早くに登ったものの、到着した地面の水分が不足で活動停止していたものが、急な雨で開始したのかもしれません。

前回撮影した橋の壁にも川から少し登った所に数頭。でも動き少なく、やがて発光停止。

橋の上にも一頭確認。雨は小雨のままで橋や地面には十分な水はあるのですが、こちらも発光したり止めたりの繰り返しで、活性は低い。

10日前は活発に活動し、それぞれの個体の発光も強く、移動速度も速かったのですが、今回は全てにおいて低調。

●前回との違い
気温などは大差なく、大きな違いは雨の量と強さか。
前回は0時前後まで降りませんでしたが、降り始めてからは豪雨に近い状況で一気に活動しやすい環境に変化。
今回は雨は降ったものの、十分活動しやすいレベルではなかったのかもしれません。
雨音も重要と伺っているので、その点からも幼虫たちを活性化させるには足りなかったのかもしれません。

●南下してもう1か所のポイントを確認
0時過ぎ着。雨は十分な量と強さでしたがこちらでは1頭も見つかりません。
こちらについてはもっと早い時期に終了していた可能性があります。

●今季の上陸観察は終了
昨年は一度も見ることの出来なかった上陸ですが、今季はようやく達成。
人知れず活動する姿は必見と感じた次第。

今回確認出来たこと
・移動速度は約6m/h程度。案外速い。
・条件が揃えば深夜でも上陸する。
・水中では発光せず、水から出てから発光する。
これは自ら情報発信源となり、これから上陸する仲間へのシグナルではないか。
・途中条件が悪いと陸上でそのまま活動停止。雨など環境が良くなれば活動開始。逆に雨が降らず、環境悪化の場合はどうなるのか?

まだまだ観察自体や考えが及びませんが、疑問点をまた来年の観察時に確認していきたいと思っています。
f0324026_07360158.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2018-04-18 13:04 | ホタル | Comments(0)
2018年 04月 15日

ヨツボシトンボ 羽化

■昨年、4/23に撮影したヨツボシトンボ。今期の状況確認で訪問。
このエリアの羽化ピークは4/20頃。1週間早いのですが、今年の状況を鑑み、念の為訪問。

●数頭確認
池に着くなり、すぐ数頭のヨツボシトンボを確認。
やはり羽化していました。

●昨年撮影した場所で羽化個体発見。
南側のこの場所は昨年も好んで羽化していた場所。

●今回はレンズの比較も実施
▼Kowa PROMINAR 25mm F1.8
Photohitoリンク
f0324026_20095768.jpg

▼M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
Photohitoリンク
f0324026_20095786.jpg

寄れて、カリカリのKowa PROMINAR 25mm F1.8、ボケが綺麗で少し柔らかめのM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8、どちらも好きな描写ですので、今後も平行して使用していく予定です。

アオヤンマもひょっとしたら羽化が早まるかもしれません。
来週末辺りから、また夜な夜なアオヤンマ羽化探しも検討です。



by Nature_Oyaji | 2018-04-15 20:08 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 15日

山梨へゲンジボタル幼虫上陸観察

■山梨多産地へゲンジボタル幼虫上陸観察へ
Fさんのお誘いで訪問。
土曜日は天気予報で17時頃から雨風が強まり一晩中続く予報。先週の天気と極似。
この地については時期的に今頃が条件が揃えば上陸の頃。雨も長期に降っていないため、降り始めれば上陸開始の可能性大。

●18時過ぎ着。日が伸びたためまだ明るくロケハンし車中待機
カジカガエルの声を聞きながらロケハン。
雨が少なかった為、川自体は浅め。過去撮影した場所をご案内頂き、準備。

●雨来ず・・
結局22:00過ぎに雨らしい雨となり、22:30頃から本降り。
すぐに上陸開始とはならないため、暫くは様子見しながら時期を待つ。

●0:30過ぎ撮影開始
川沿いをチェック。ようやく上陸開始で、割りと集まって上陸している場所を選んで撮影。
f0324026_19234648.jpg
f0324026_19234305.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

●今日は残念ながら大量の上陸とはならず
今回大量上陸にならなかったのは、雨の降り始めが遅かった事と、このエリアの繭化の時期が今頃からでまだ本格な時期と重ならなかった為ではないかとの話を伺った。

またゲンジボタルの幼虫は上陸前は光らず、水から上がると光り始めるとの事。
そういえば前回上陸撮影をした場所も、訪問時全く光っていませんでしたが、1頭のみ光っている個体を発見。
ライトを照らしてみると水面から出ている岩の上を移動中の個体。
理由はホタルに聞かないとわかりませんが、上陸には少なからず危険もあり、また仲間が上陸しているのか、夜のため分からない。
なので上陸開始で光ることにより、水中にいる仲間に何らかのメッセージを送っているに違いありません。

今回も色々ありがとうございました。





by Nature_Oyaji | 2018-04-15 19:34 | ホタル | Comments(0)
2018年 04月 15日

今期最後のムカシトンボ羽化探し

■土曜朝 3時過ぎから活動開始 今期最後のムカシトンボ羽化探し
3時過ぎに自宅を出て活動開始。

●まずは標高の高いポイントへ
ここは他のエリアより2℃ほど低く、結果1週間遅く羽化なので、時期的には(植物の成長具合からも)今が時期。
先週見つかった上陸ヤゴは石の下から移動済。
周りを探してみたものの羽化殻もなく、まだ羽化していない様子。居残りもいない。

●いつもの低地の羽化場所を虫友Tさんとチェック

▼上流部 
先週居残りがいた場所ですが流石に終わったようで、居残り・羽化個体見つからず。
先週は一人で6個羽化殻を見つけていましたが、新たに6個見つかり計12個程。
先週の見落としもありますが、新鮮な羽化殻も見つかり、先週末からの1週間で何頭かは羽化した模様。

▼下流部
先週虫友Tさんが羽化を見つけていた場所。
川の向こう岸側は新たな羽化殻なし。
川の手前側では岸から約9m離れた場所で、新たな羽化殻を2個確認。この場所の最長距離更新。

この探索までで解散。お疲れ様でした。

▼もう一度念の為標高の高いポイントへ
羽化はしておらず。
ここから上流部は探索したことがなかったので、来年のためにチェック。

同じ様な環境の場所があり、探すとようやく1頭発見。
11時過ぎでしたので、すっかり羽化自体は終了で、あとは飛び立てるのを待っている状況。(羽化殻は写っていませんが枝の左側)

Photohitoリンク
f0324026_18513471.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

f0324026_02594455.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

まだ上流へ続いているのですが、今日の探索はここまで。


by Nature_Oyaji | 2018-04-15 18:49 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 08日

ムカシトンボ  4月2度めの羽化探し

■先週に引き続きムカシトンボの羽化探しへ
先週は夏を思わせる日もあり、一気にムカシトンボの羽化スイッチは入ったのではと予想(先週末もそう思ったのですが外れ・・)。
土曜日は虫友Tさんが一ヶ所、羽化場所をチェックしてくれていて、羽化1頭と羽化殻1個を確認してくれていました。(虫友Tさんブログはこちら
また別の方からも今期は終盤の可能性大とのご連絡も頂き、少々焦り。

●まずは羽化殻と居残り探索
7時頃からこのエリア3ヶ所の現状確認。
ただあまり羽化場所となる付近に立ち入るのは良くないので、川から眺めてみたり、大きな石の上を歩いたりして場を荒らさぬ様チェック。
今日は7時過ぎ到着時3℃と低め。天気予報でも昨日より上がることはなく、その点が気になる点。

●植物の状態

先週から一変。
スミレは先週は蕾もなかったのに今日はしっかり花が咲き、イタドリも5cm程度だったものが大きいものは膝くらいまで成長。ヤマブキも美しい花が満開。

植物の成長具合は、昨年以前に羽化を見た時の状況。既に虫友Tさんが羽化確認済なので、正に羽化時期。
f0324026_19551028.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●上流部のポイント探索
羽化殻は昨年以前の観察結果ではあと1週間後でも数個程度でしたが、今日は既に6個。
羽化場所はさまざま。川近くの大きな石の斜面や、川から少し上にある道への斜面の植物など。
この羽化場所は来年探索時の参考になるもの。

●下流部のポイント探索
昨日虫友Tさんが探索済。1頭の羽化と1個の羽化殻でしたが、追加の羽化殻はなし。
羽化個体がいた場所は川岸から約8~9m離れており、このエリアでの移動距離としては最長。

●ようやく居残り発見
以降、一周りしては上流部と下流部を数回往復したものの、11時過ぎでも羽化個体は見つからず。
今期は羽化については収穫なし…と途中から諦めかけていましたが、待ってくれていたかのような居残りのメスの個体を発見。今日はこの個体のみ。

Photohitoリンク
f0324026_19545688.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■来年の訪問に向けて

桜開花時期は特に春先の昆虫活動が早まるか遅くなるか一つの情報になりますが、最終的には羽化場所付近のスミレやイタドリなどの成長具合から判断するのが良いと思われます。
年も同様の成長具合の時に羽化が見られるか、要確認です。

■少し標高の高い場所で上陸ヤゴ探し 昨年4月中旬に羽化を確認した場所

先週も探して見つからなかった上陸ヤゴでしたが、今日は1頭発見。
f0324026_20045677.jpg
f0324026_20050362.jpg
f0324026_20050967.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

イタドリの成長具合はまだ5cm程度で、先程の場所の1週間前位の成長。
とすると、このヤゴの羽化は1週間以内くらいか。

●首付近の膨らみ
▼昨年から気になっている首付近の膨らみ。
f0324026_20244411.jpg
▼この個体の様子
はっきりした膨らみはありません。ただ同じ部分は少し半透明気味に見えます。
f0324026_20160171.jpg
▼3/18発見の個体
f0324026_20323501.jpg
▼3/25発見の個体
f0324026_20283443.jpg
●ここまででの見解
どうやらこの膨らみは個体差の様。
ただ同じ部分は羽化が近いと少し半透明気味になる様に思えます(今回の個体など)。
また一番目の個体の複眼の色は湿気のためもあるかもしれませんが、より羽化直後の成虫の複眼の色に近い様に思えます。
そこから羽化が近いと判断出来るのかもしれません。今後も要観察です。


■SONY α7II センサークリーニング
前回、SONY α7IIでの撮影はセンサーゴミ多数で、お見苦しい写真となってしまいました。
普段からの手入れ不足と、注意力不足の為で大いに反省です。

ソニーに持ち込むと約8日間3,000円でクリーニングを行ってくれます。
ただ今回は次の撮影に間に合わないこともあり、自己責任ですがネットで調べた「無水アルコールとシルボン紙でのクリーニング」を実施。
無事ゴミを取り切ることが出来ました。



by Nature_Oyaji | 2018-04-08 20:38 | トンボ | Comments(2)