人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 28日

カトリヤンマ(♂)ホバリングとぶら下がり撮影

■今季の目標の一つだったカトリヤンマ(♂)のホバリング撮影
カトリヤンマのオスは場所によっては長くホバリングする・・とは聞いていたものの、いつも羽化や産卵撮影している谷戸では、探メスするオスは見かけるものの、ホバリングするオスは皆無。
ひょっとしたら何処かで行っているのかもしれないのですが、3年探しても見つけられず。

カトリヤンマ撮影自体は今季ようやく交尾態も撮影出来、残るはオスのホバリング撮影を残す事ができれば、自分としては一連の生態撮影(羽化、交尾態、産卵、飛翔)が一応完了(出来はさておき)。

そのホバリングする場所については自分では探す事が出来ず、今回は虫友Iさんにご案内頂いた。
その場所には今季3度程通ったものの、今まで一度も見ることが出来ず(虫友Iさんはしっかり撮影済)。

そんな状況の中、今日は10月最後の日曜日。
あと数日で11月となり、今後急激に気温が下がるとの予報も出ている中、トンボシーズンも間もなく終了。
遅くまで見られるカトリヤンマですが、流石に今期最後かと思いつつ4度目の訪問。

●ようやくホバリングするオスとの対面の時
生息場所には虫友Iさんを始め、数名のトンボ界の重鎮の方々。トンボ談義しながらの待ち。
そして13:00を回り、ようやく2頭のオスが交互に飛来。

Photohitoリンク
●暫くホバリング後、一時休息(30分程) Photohitoリンク
複眼のブルーが美しい。
f0324026_01273364.jpg
●そしてまたホバリング Photohitoリンク
f0324026_01301589.jpg
ここまで全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●16:00過ぎまた休息 Photohitoリンク
もう太陽は湿地向こうの木々に隠れ始め、夕刻の頃。
16:20を過ぎても飛ぶ気配はなく、今回楽しませてくれた事に感謝しつつ、ひょっとしたら今期最後のショットかとも思いつつ、広角で撮影。
f0324026_01330773.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

3年越しのオスのホバリング撮影、ようやく達成。
ご一緒頂いた皆様、楽しい撮影でした。また新しい知識も頂き、ありがとうございました。
今後もよろしくお願い致します。

■今日の結果
●ホバリングは13時過ぎ頃から
多くのカトリヤンマのオスは通常午前中から探メスしながら、木の影や草地、産卵場所を定期的に飛翔する。メスが見つかれば交尾態となって産卵準備に移る。
そんなオスの中にはメスが産卵に来そうな場所で待機(ホバリング)する個体がいる。
時間帯はだいたい決まっていて13時過ぎ頃から開始。

あちらこちら飛びながらメスを探す場合と、あるエリアでメスを待つ場合があるのですが、どちらも何らかのメリットがあるはず。
トンボになった気持ちであれこれ出会いのパターンを考えるのも面白い。

●雨上がりの午後はホバリング個体が多い
土曜日は朝方まで雨で、昼近くに急に回復。
午後にはある程度の間隔で数ヶ所でホバリングが見られたという。
雨上がりは一般的に産卵するケースが多いので、それを狙ってオスたちがホバリングしていたのかもしれない。
逆にホバリング撮影狙いなら、そんな気象状況も考えて訪問すると良い結果になるかもしれない。

●ホバリングしなかった日々
3回ほど通ったものの、ホバリングが見られなかった理由をあれこれ想像。
基本的にホバリングはメスを待つこと。1日は曇りで気温が上がらず、メスが来ない状況だった日はあったものの、前日と同様好天気なのに前日は出て、翌日は現れなかった日もあった。
これもメスが産卵しやすい状況なのかを基準に考えると何か理由が見つかるかもしれない。

●翅の痛みが少ない個体
飛来したオスは翅の欠損もほとんど無く、きれいな状態。
この場所の羽化時期は知らないのですが、既知の多産地の羽化自体は7月末頃までには完了するので、同じ頃と考えると約3ヶ月以上にもなる。
それなのに翅がきれいな状態とは・・。これも探メスを行わない個体だからか?
あちらこちら探メスすると、木や草、竹などに翅が当たり、痛みやすい。
この時期でも翅の欠損がないのは、もともとそのような行動をしない個体ということで、綺麗なままなのかもしれない。

●産卵メスは2頭のみ
気づいた範囲では、産卵は2頭のみ。
1頭はホバリングで飛来したオスに目の前で交尾態になり、上部へ連れて行かれた。
2週間前位は虫友Iさんの観察では相当数産卵に来たということなので、時期的に終わりと思われる。


by Nature_Oyaji | 2018-10-28 23:04 | トンボ | Comments(2)
2018年 10月 28日

カトリヤンマの1年

■カトリヤンマの1年
先日交尾態が撮影出来、また3年越しのオスのホバリング撮影が完了。
改めて過去撮影したカトリヤンマ写真からその1年間の様子を振り返ります。

ただ欲を言えば1年を通じて同じ定点観察場所での写真が理想ではありますが、撮影し難い場面がありますので、今後撮影出来たらと思っています。

●羽化 6月下旬
f0324026_05570647.jpg
f0324026_06121824.jpg
f0324026_21271926.jpg
f0324026_05580577.jpg
●処女飛行
f0324026_05580935.jpg
●夏の頃 8月中旬
f0324026_05584850.jpg
●交尾態 9月中旬
f0324026_07133764.jpg
●産卵 9月中旬~
f0324026_05592727.jpg
●産卵 (青眼型メス)
f0324026_10144044.jpg
●産卵後のクリーニング
今季は是非複眼の色が見える姿での撮影としたい。
f0324026_06012391.jpg
f0324026_06031239.jpg
●飛翔・ホバリング
▼オスのホバリング
f0324026_01301589.jpg
f0324026_01250775.jpg
f0324026_22172170.jpg
▼メスのホバリング
f0324026_05584158.jpg
f0324026_06231903.jpg

残り今季は飛翔とクリーニング行動の様子、青眼型メスを更新したい。
→ 今季はほぼ終了。また来年の目標。





by Nature_Oyaji | 2018-10-28 06:37 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 27日

ホソミイトトンボ 10月末の様子

■ホソミイトトンボの10月末の様子の確認
昨年は10月は未訪問だったため、現状確認で訪問。

天候は早朝から強めの雨でしたが、8:30頃には止んで部分的には青空へ。気温は15度前後。

前回9月末訪問した際、多数の個体がいた枯れ木をチェックすると、数頭発見。
どうやらここを夜過ごす場所として決めている様子。
気温はまだ15度前後ですが非常に敏感で、近づくと以外なスピードで移動。
前日の雨で気温が低下したため、枝にいる時は越冬状態のように尾部が折れ曲がった状態かと思われたが、まだしっかり伸びていて、越冬姿になるにはまだ先。

●少し青色が残っているオスの個体 
f0324026_19161573.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8
●こちらは完全に越冬色のオスの個体
f0324026_19180425.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

●9:30頃
虫友Tさん合流。太陽も徐々に出始め、気温は17度付近。
その頃には木の上から舞い降りる個体を確認。

●10:00頃
太陽が出て気温上昇。地面近くには多数の個体を確認。皆盛んに捕食。

●青色が残っているオスの個体 Photohitoリンク
f0324026_19244944.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8
f0324026_19255884.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●こちらはすっかり越冬色になったオスの個体 Photohitoリンク
f0324026_19272741.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
Photohitoリンク
f0324026_19303762.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●越冬色になったメスの個体 Photohitoリンク
f0324026_19322678.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

12:30過ぎには一部は木の上部へ移動する個体が見られた。

■今日の結果
●17度前後で活発化
15~17度を超えると木の上にいた個体が下に降りてきて捕食開始。

●オスの割合が高い
昨年もそうでしたが、このエリアにいる個体はオスの割合が高い。
真冬、越冬姿を初めて見つけた一昨年から確認出来ている事ですが、越冬開始後もこのエリアではオスの割合が高い。やはりメスはオスとは違う場所に集まっているのかもしれない。

また今日はメスについては青色が残る個体は見つからなかった。

●12:30過ぎから徐々に木の上に移動
撮影中追ってみると午前中は水平移動で逃げていたが、午後からは垂直移動で木の上に移動。
先週訪問したのは14:30頃で、その時は全くトンボの姿は無かったが、午前中は虫友Tさんは今日のように大量の個体を確認済。
このエリアは木に囲まれているため、14:00頃から日が差さなくなり急に冷え込むが、その頃には木の上に移動してしまうと聞いた。
現在はその様な生活パターンで過ごしている事を確認。



by Nature_Oyaji | 2018-10-27 19:49 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 24日

ヤゴの呼吸について

■今回確認した陸で生きているヤゴの呼吸について

今までヤゴは水中での生活に適応していて、水中でしか生きられない・・との先入観があったのですが、今回見た事は全く違い水のない場所でも生きていけるというもの。

ここで疑問。では水陸でも生きられるヤゴの呼吸はどうなっているのか?

基礎知識がないので、ネットで検索した事を知ったかのようにコピペ。

●トンボの鰓

イトトンボ類やカワトンボ類の属する均翅亜目は尾部に3枚の外鰓(がいさい、そとえら)を発達させている。その他のムカシトンボ亜目や不均翅亜目のトンボは目立ったえらを持たないが、直腸の内壁の構造が複雑化して気管鰓となっており、尾部から水を吸いこみ、直腸内で気管との間でガス交換を行っている。

●気管鰓(きかんえら)

水生昆虫の幼虫や蛹(さなぎ)にみられる呼吸器官。表皮が糸状ないし葉状、嚢(のう)状に突出し、内部には気管小枝が分布し、その末端から表皮を通じて水中の酸素を取り込む。気管えらをもつ昆虫には気門はない。

トンボ類のなかでは、イトトンボ科の幼虫の気管えらは尾端の肛上板(こうじょうばん)および肛側板よりなり、とくに尾鰓(びさい)とよばれる。また、トンボ科の幼虫(ヤゴ)では直腸内面が気管鰓となっており、直腸鰓とよばれる。

●直腸鰓(ちょくちょうえら、ちょくちょうさい)

昆虫類の水生幼虫には,主として腹部から突出した羽状,総状のえらがあり,血管のかわりに気管小枝が入り込んでいるのが特徴的である。トンボ類幼虫の直腸鰓は,直腸壁に形成された微細なひだで,内部には気管小枝が密に分布しており,肛門を通して換水される。

用語についてはここまで。


では実際のヤゴでの呼吸はどうかというと、それについての記述は見つからなかったが、他の陸生適応した生き物についての記載は見つかった。

●陸生適応しているオカヤドカリやヤシガニなどの呼吸

鰓の周りに水を蓄えて、その水に酸素を溶かして呼吸に使っている。つまりは体に蓄えた水で鰓を湿らせて、その水で鰓呼吸をしている。

●ではヤゴの呼吸は?

今回見つかったヤゴは朽木の裏の腐葉土との間の湿った場所に潜んでいた。

ここは高湿度であるので、尾部から吸い込んだ空気の水蒸気を鰓に付着させると同時に呼吸(溶存酸素を取り込み、二酸化炭素を水に戻す)していると理解すると腹落ちする。

効率的に取り込むためには鰓の表面積を広くする必要があり、上記の「気管小枝が密に分布している」のはそのための進化の結果と思われる。

取り敢えずはヤゴの直腸部には直腸鰓があり、ここで呼吸していることは理解。



by Nature_Oyaji | 2018-10-24 06:08 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 22日

越冬直前のネアカヨシヤンマとアオヤンマのヤゴ

■初の越冬直前のヤゴ観察
オツネントンボ撮影後、カトリヤンマのホバリング撮影で移動。
ただ残念ながらホバリング個体は現れず。

到着前に、虫友Iさんが地元の方に越冬直前のヤゴを見つけてもらっていた。
それを改めて見せてもらい、驚きを持って確認。

このエリアにはネアカヨシヤンマ、アオヤンマ、マルタンヤンマ、ヤブヤンマ、カトリヤンマ、サラサヤンマが生息。

上記のヤンマのうち、カトリヤンマは卵で越冬、ネアカヨシヤンマ、アオヤンマ、マルタンヤンマ、ヤブヤンマ、サラサヤンマはヤゴで越冬。

この湿地には4月頃水が入り、9月頃には無くなる。そのため、越冬中乾燥に強いネアカヨシヤンマとアオヤンマがヤゴで生き残っているという。
サラサヤンマは生息環境が異なるので、もともと今日観察した湿地には居ない。

●生息場所
ネアカヨシヤンマもアオヤンマも湿った朽木の裏側(地面と接している面)にしがみついていた。朽木は水が満たされた場合、岸に近いエリアにあったもの。
朽木は適度に水分を含んでおり、時には雨もあるので定期的に水分が補給され、好都合。
また朽木は腐葉土状の枯れ葉の上に乗っているので、その隙間に居るヤゴにとっては適度な湿気の中で過ごせる。

●ネアカヨシヤンマ ヤゴ
朽木にいたものを撮影のため枯れ葉に移したもの。この後、まだ同様の場所に移した。
f0324026_23553865.jpg
f0324026_23553866.jpg
f0324026_23553875.jpg

背中の背棘
f0324026_00091193.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

サイズは約2cmほど。小さいながら特徴である背中の背棘を確認。

●アオヤンマ ヤゴ
f0324026_00123259.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ネアカヨシヤンマよりもう少し大きめ。約3cm以下位。
アオヤンマについてはヤゴで越冬することは知っていたものの、こんな場所でも生きていけることは初耳だったので驚き。

■今日の結果
まさに初物なので新知見に驚くことばかり。
改めて「日本のトンボ」などからの情報と他の産地での羽化・産卵時期を同じ頃としてここでの1年を想像すると・・(産卵時期など同じかどうかは知らないので時期がずれているかもしれません)

4月:水が入り、水中生活へ。
5月:アオヤンマ羽化。
6月:ネアカヨシヤンマ羽化。アオヤンマ産卵。
7月:引き続きアオヤンマ産卵。ネアカヨシヤンマ産卵。アオヤンマの一部孵化。
8月:引き続きネアカヨシヤンマ産卵。ネアカヨシヤンマの一部孵化。
9月:水が無くなる時期
10月~3月:9月も含めると約6~7ヶ月間、この朽木下での生活。

孵化
卵での期間は共に2~3週間。

・アオヤンマ
産卵は羽化が早い分、ネアカヨシより早めに産卵開始となり、早めに産み付けられた卵は7月孵化し、9月の水が無くなる時期まで水中生活。
今のヤゴのサイズがネアカヨシヤンマのヤゴサイズより大きいのは、孵化時期がネアカヨシより早いためと想像。

・ネアカヨシヤンマ
産卵は別の多産地では7月中旬頃から。
ここでも同じとすると、7月中旬に産み付けられた卵は8月上旬に孵化し、1ヶ月以上水中生活となる。
産卵は遅い場合は8月中旬までとなるが、そうなると孵化する2~3週間後には水が無くなる時期となるが、すぐには乾燥するわけではなさそうなので、遅く産卵となったものもセーフなのかもしれない。

●水が無くなってからの生活
▼捕食
共に9月以降から3月までは完全に空気中での生活。
その際の生活(捕食等)はどうなっているのか??
朽木の下にはいろいろな昆虫が入り込むし、地面にはミミズもいる。
そんな獲物が目の前に来たら、ムカシヤンマの様に襲うのか。
また雨が降って一時的に湿地が復活する場合もあるはずで、そんな時は活発に活動しているのではないか。

▼呼吸について
トンボは成虫では気門で呼吸。ヤゴには気門がないので、鰓呼吸しかない。
となると、空気中で鰓でも呼吸しているとすると一番腹落ちする。
湿度の高い空気を吸い込み、鰓でその湿気から酸素を取っているのか??

この辺り引き続き調査が必要。


by Nature_Oyaji | 2018-10-22 01:02 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 21日

10月のオツネントンボ

■ミヤマアカネがいるエリアで毎年確認しているオツネントンボ
昨年も10/9にミヤマアカネ産卵で訪問時に確認。
近くの川のワンドで羽化し、このエリアで過ごしていると思われますが、急に気温が低くなる頃には暖かい場所(自分の中では日当たりの良い場所で生育するノイバラがある場所が一つの探すポイント)に集まると思われ、毎年そんな場所を探索。

今日もそのような場所を探して歩いていると、待っていてくれたかのように舞い降りて目の前の草に静止。

オツネントンボ(♀)
f0324026_22333762.jpg
f0324026_22360077.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM
f0324026_22410070.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_22420573.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

■今日の結果
●毎年同じ場所での出会い
-自分が越冬前に過ごしている場所と思っている良く日光が当たるエリアでの探索ですが、今季も同様にオツネントンボを発見出来、やはりこんな場所が好みであることを確認。
いずれどこか越冬場所を探して越冬開始となるのでしょうが、流石にここでは見つけることは不可能。



by Nature_Oyaji | 2018-10-21 22:48 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 21日

ミヤマアカネ産卵時期 終盤

■ここでは遅めの時期かと思われますがミヤマアカネ産卵撮影で訪問
結果的には数組産卵でしたが、妙に敏感過ぎで全く近づけず。
唯一交尾態&連結のみ撮影で、今季のミヤマアカネ撮影は終了(か?)
f0324026_22232542.jpg
f0324026_22232590.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2018-10-21 22:25 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 21日

ヒナカマキリ

■前回9/17日以来の確認で訪問
ヒナカマキリについては産卵時期は未確認。
ひょっとして産卵しているかと思っていましたが、竹にはまだ卵鞘は見られず。
改めてヒナカマキリ探し。

●メスの個体確認
腹部は1ヶ月前の状態よりはるかに膨れていて産卵間近の気がする。

▼9/17での様子
f0324026_21574118.jpg
▼以下より10/21 同じ個体ではないと思われますが、今の姿として。
f0324026_22011472.jpg
▼木に乗ってもらっての撮影
f0324026_22013270.jpg
f0324026_22020632.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■今日の結果
●産卵間近か
-今日の姿はまさに産卵直前の姿のように思える。
昨年の卵鞘確認は11/13だった。
その年の気温変動に影響はあるかと思われますが、本日以降~11/13前後までの産卵かと想像。




by Nature_Oyaji | 2018-10-21 22:16 | カマキリ | Comments(0)
2018年 10月 14日

ミルンヤンマ 産卵

■改めてミルンヤンマ生態観察 産卵撮影
今季、羽化から産卵まで定点観察としたかったミルンヤンマですが、6月の羽化観察もままならず、既に10月。

●土曜
14:30過ぎからムカシトンボ撮影した場所近くの場所で暫く観察。
何度か探メスで来てくれたものの、産卵個体は確認出来ず終了。

以前観察した際の産卵はいずれも午前中だったので、これは明日も引き続き観察することに決定。
ただこのまま帰宅してまた出直すのも時間もエネルギーも無駄なので車中泊へ。

夜は近くにある温泉に浸かって疲れを癒やし、早々に就寝。
夜中気温が急に下がり、また土砂降りにもなったので久しぶりに寝袋を出し7時までぐっすり。

●日曜
朝は明け方からの雨続きで気温は12度。
7:30過ぎから活動開始。
9:30過ぎには少し小ぶりになり、それから12:00時近くまで待ってみたものの一頭も現れず。
12:00時近くまでほぼ同じ気温で、気温が低すぎのためかと思い場所を移動。

●別の場所へ移動 13:00時過ぎから探索
羽化殻を見つけた場所に改めて今季初の産卵撮影で訪問。
沢を歩くと幸い産卵中の個体を発見。

一度はこちらに驚き飛び上がって頭上の木に止まったものの、暫く何もせず見ていると数分でまた下に降りてきて産卵開始。
f0324026_21112184.jpg
f0324026_21112193.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_22241697.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

●最後に広角撮影
今期目標の一つだった広角撮影でしたが何とか達成。
翅にレンズ先が触れる位まで近寄っての場面。
f0324026_21171230.jpg
▼こちらは産卵針がしっかり写った場面Photohitoリンク
f0324026_19023699.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●今日の結果
-産卵は過去、午前中だったがいずれも9月のまだ気温が高かった頃。
今日は既に10月中旬。午前中の場所はムカシトンボが住む近くで、もともと気温が低めなのと、雨が降り気温が上がらなかった事が要因の様。
午後の訪問場所は平地の公園にある細流。体感温度は午前中より5度は高かったので、産卵となったと思われる。

‐一旦飛ばしてもまた戻ることを確認。
産卵していた事に気づかず不用意に飛ばしてしまい、トンボは残念な思いで見上げた上の木に静止。
ただ暫く見ていると少しクリーニングを行い、数分後、翅を震わせ始めたかと思ったら、また同じ場所に舞い降り産卵開始してくれ無事撮影終了。
次に見つけた個体も同様。
驚いて避難はするが、上で暫く待ち、脅威となるものなどをやり過ごした後、また開始の様。
ゆっくり刺激が少ない形で追い立てた場合はリカバリー可能。

‐ここでは14:30頃から探メス開始
午後のみの観察ですが、今日はメスは昼過ぎから産卵。
オスは産卵時間帯後、少し経てから探メス。
ただ以前の観察では探メスは朝から行っており、時期や気温などが関係しているのかもしれない。

-メスへのアタック
最後の広角撮影は15:30過ぎでしたが、撮影中オスが来ていきなりメスにアタックを確認。


by Nature_Oyaji | 2018-10-14 21:43 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 09日

星峠の朝

■新潟遠征の際、移動中立ち寄った星峠
いつもFさんに連れて行って頂いていたのみで、一人での訪問は初。
立ち寄る直前にネットに掲載されていた数日前の星峠の棚田には、先日の台風24号での水が満ちていたため、朝日の映り込みなど期待。
ただ残念ながら水はすぐに無くなったようで、大きめの田んぼに残るのみで、水面への映り込みはまた次回。
f0324026_06020410.jpg
f0324026_06044277.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_06034562.jpg
f0324026_06032266.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM



by Nature_Oyaji | 2018-10-09 05:46 | 風景 | Comments(0)