人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオイトトンボ ( 13 ) タグの人気記事


2019年 09月 28日

地元のアオイトトンボ

■栃木、新潟に続き地元のアオイトトンボのメスの観察
先日投稿したアオイトトンボの雄型雌ですが、地元では3ヶ所程生息場所があるので、改めてそこのメスの確認。

●1ヶ所目
以前羽化撮影で訪問した場所だが、オスが数頭見つかっただけで、メスの姿なし。
7:00過ぎの訪問だっがので早すぎた可能性もあり、その後4時間後に再訪問してみたが結果は同じ。
昨年はかなり群れていたのにこの個体数の違いはなぜだろう。

●2ヶ所目
こちらは過去産卵撮影した場所。
昨年はまだ池ではなく、カトリヤンマがいる谷戸の田んぼ脇にいた。
10:00過ぎに同じ谷戸を確認してみたが、その姿を確認出来なかった。

●3ヶ所目
14:00過ぎ訪問。
結果的にはここも個体数は少なかった。普段よく見る池を探したがオスは5頭ほど、メスは4頭ほど確認。
このエリアのメスは全て雄型雌だった。

▼オス
地元のアオイトトンボ_f0324026_04281635.jpg
地元のアオイトトンボ_f0324026_04264348.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS
▼メス(雄型雌)別個体

・メス-1 こちらは複眼は青く、体の粉も多い。体色はグリーン系のメタリック色。
地元のアオイトトンボ_f0324026_04273028.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS
・メス-2 こちらのメスは赤銅色のような体色。
成熟度の違いによるものかも知れず、確認のため真横からの写真で粉の状況を見ようとしたが、風が強くどこかに飛ばされてしまった。
横から見た時もこの色で、明らかに1枚目の個体の色とは異なるもの。
地元のアオイトトンボ_f0324026_04285753.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今回の結果
●2ヶ所の個体数減
明らかに減少している。その要因は不明だが、個体数が少ないのは生息自体終盤だから・・とも考えられる。
これらの場所は今後は定点観察の場所として、来年以降も観察していきたい。

●オスの色の違い
1枚目と2枚目、色の雰囲気がまるで違う。
どうやら前回栃木で撮影した成熟と老熟の違いのようだ。
1枚目が成熟、2枚目が老熟。

●メスの色の違い
明らかに1頭は色が異なる。
成熟の問題かもしれないので、次回真横から粉の様子も確認したい。



by Nature_Oyaji | 2019-09-28 22:06 | トンボ | Comments(0)
2019年 09月 25日

アオイトトンボ 雄型雌

■アオイトトンボ 栃木での雄型雌とオオルリボシヤンマの池にいた雄型雌比較
●栃木での撮影個体
前回栃木で撮影したアオイトトンボは雄型雌だったが、複眼は緑色だった。
他のメスを丹念に探して比較出来たわけではないが、このエリアの個体は撮影したものは全てこの緑の複眼の個体ばかりだった。
アオイトトンボ 雄型雌_f0324026_20103807.jpg
▼別の雄型雌
ただこちらは複眼が上の個体より青系に見える。
アオイトトンボ 雄型雌_f0324026_20222498.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●新潟の撮影個体
撮影中、前回の栃木はと何か違うと思っていたが複眼が青色タイプの個体だった。
何頭か撮影していたが、ここのは皆このタイプだった。
体色も新潟のものは赤銅色のような色合いだが角度により緑色にも変化。
アオイトトンボ 雄型雌_f0324026_20274058.jpg
アオイトトンボ 雄型雌_f0324026_20275292.jpg
アオイトトンボ 雄型雌_f0324026_20280447.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今回の結果
●地域差
こうして比較すると地域性があるようで、その地域での色合いや比率が違うのでこの様な観察もまた楽しい。
これはルリボシヤンマ系の青色型の出現と同じで、今後も遠征の際はなるべくアオイトトンボについては確認していきたい。

●成熟度の違いによる差
また成熟度の違いでも色合いが変化するようだ。
こちらについては過去観察した事がないので、今後撮影を続けていくと色々な成熟度の違う個体に出会える事が多くなり、いずれ成熟度の違いによる色合いの比較が出来るようになりそう。


by Nature_Oyaji | 2019-09-25 20:34 | トンボ | Comments(0)
2019年 09月 21日

アオイトトンボ 産卵

■池の周りに群れていたアオイトトンボたち
台風17号が近づく中、天候は朝方まで少し雨が降ったが明るくなってからは雨は上がったものの、曇の1日。
多数のアオイトトンボが池の回りに集結。

●成熟個体
複眼の色は美しいブルーとなり成熟している。胸部も複雑なメタリック色で、こちらも美しい。
アオイトトンボ 産卵_f0324026_21023617.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●7:30頃から交尾態増加
メスはオス型メス。
アオイトトンボ 産卵_f0324026_21041121.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●中にはあわてもののオスが・・
仕掛けたのは成熟個体、おそわれたのは老熟個体。
老熟側は腹部を曲げたり伸ばしたりして抵抗したものの、そのまま何処かへ連れて行かれてしまった。
アオイトトンボ 産卵_f0324026_21110893.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●9:30頃から産卵開始
ここでの前回の産卵観察は2015/9/20だった。
集団産卵の可能性もあったがカトリヤンマ観察のため移動してしまい、結果未確認。
アオイトトンボ 産卵_f0324026_21153880.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今回の結果
●アオイトトンボは産卵の頃
過去ここでのアオイトトンボの産卵観察は4年前のだったが同じ頃撮影。
ここでの産卵は9月下旬の様。


by Nature_Oyaji | 2019-09-21 21:33 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 19日

久しぶりのご近所散策

■きちんと定点観察が出来ていないのですが、久しぶりにご近所散策
●ホソミオツネントンボ
今季は産卵自体、しっかり撮影出来ておらずいつものトンボ多産地訪問。
しかしながらここ数年、この場所でのホソミオツネントンボ自体の個体数は激減し、ペアになっている個体も全くいない。
唯一、オスが1頭だけ畦道でメス待ち。

●諦めていつもカトリヤンマの羽化撮影で訪問している谷戸へ
ここは越冬姿を撮影している場所から直線で200m~300m程でこの谷戸と越冬場所を行き来しているのかもしれない。
畦道には一定間隔で数頭のオスの姿。
撮影しようと近づき、飛んだと思ったら妙なことに・・
久しぶりのご近所散策_f0324026_18020493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
久しぶりのご近所散策_f0324026_18024739.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

慌てていて飛んだ際、近くにいたオスと連結になってしまった。
捕まってしまったオスはそれまで敏感に動いていたもの、連結後はほぼ無抵抗状態。

●アオイトトンボも発生
別の調節池を訪問。この池にはイトトンボ系はアジアイトトンボ、アオモンイトトンボ、アオイトトンボが生息。
昨年は5/13に羽化を撮影していたが、今季は今回が初訪問。

池に近づくと、アジアイトトンボ、アオモンイトトンボはすぐに確認出来、少し探すとアオイトトンボも確認。
昨年は単に5/13にたまたま訪問し羽化個体を見つけたが、例年はいつ頃なのか定点観察が出来ていないので不明。
久しぶりのご近所散策_f0324026_18124873.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●ホソミオツネントンボのオス同士の連結
連結後、ほとんど無抵抗状態に変貌したのが不思議でならない。
何度か抵抗した様子も見られたが、上のオスが放さず、飛んで逃げられる力もなくなり様子が妙。
この連結状態には普通はメスが捕まるわけだが、捕まえられた側の動きをコントロール出来る何か仕組みがあるのかもしれない。
オスが外敵に気付いて一緒に飛ぶ際も、息もピッタリに飛び去る。それもこの連結での見えないやり取りがあるためかもしれない。

●オスの拒否行動について
通常、他のオスが探雌などで近付いて来ると、止まっているオスは少し翅を開き、尾部を上側に曲げるなどして拒否行動をする。
今回は撮影で近寄った際、慌てて飛んだオスがそのまま近くにいたオスに仕掛けた結果で、仕掛けられたオスは拒否行動する時間もないまま連結されていた。

●アオイトトンボも無事発生
定点観察が出来ていないので、今季どの位平年とのズレが発生しているのかは不明。
ただ今日の結果も今後の定点観察時のデータとなるので、訪問して見つけた事は重要。


by Nature_Oyaji | 2019-05-19 18:20 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 30日

アオイトトンボ

■アオイトトンボ 9月末の様子
9月最終日。
カトリヤンマのいる谷戸近くの池で生息しているアオイトトンボ。
毎年カトリヤンマ撮影時に一緒に観察。

昨年は個体数が少なかったものの、今季は昨年より多め。
既にオスは池で待機しているが、メスはまだ未着。

そのメスたちは、産卵場所になっている池から直線で約100〜200m程離れ離れたカトリヤンマのいる田んぼ周りで確認(少し前はオスも確認)。
羽化後は田んぼ周りで過ごし、産卵時に池に集まると想像ですが、今季集まるのが遅れているのは不思議。

●アオイトトンボ(♂)
複眼はすっかり美しい青色に変化済。
アオイトトンボ_f0324026_18214225.jpg
アオイトトンボ_f0324026_18221488.jpg
アオイトトンボ_f0324026_18224751.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS




by Nature_Oyaji | 2018-09-30 18:23 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 27日

アオイトトンボ 羽化-2

■前回訪問時間帯が遅かったので改めて訪問。
6時前には水から上がり始め。既に驚くほどの個体数が回りに飛んでおり、羽化に関してはもう今季は終盤。
いろいろ撮影したのですが、このカットが一番かと思い掲載。
もう少しヤゴの姿があればよかったのですが、今季はここまでです。

アオイトトンボ 羽化-2_f0324026_19340312.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS


by Nature_Oyaji | 2018-05-27 19:39 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 20日

アオイトトンボ 多産地確認

■アオイトトンボ 3ヶ所目の観察場所
知らなかっただけなのですが、本日サラサヤンマ観察場所訪問時に多数のアオイトトンボの群れを確認。翅の様子から今朝羽化したものも多数。
近場でのアオイトトンボの観察場所としては3ヶ所目。来年はこの場所で羽化撮影としたい。

Photohitoリンク
アオイトトンボ 多産地確認_f0324026_15163267.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●今日のその他の活動
本日は急激な冷え込みのため、どうにも結果が悪い。それでもこの気候での観察結果。
▼ホンサナエ産卵
オスゼロ、メス2頭でした。メスは単に止まっているだけで、卵塊を作るわけでもない。
弱っているかと思い近付くとそれなりのスピードで逃避するので、単に今日の気候によるものかと。
アオイトトンボ 多産地確認_f0324026_15433571.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▼ホソミオツネントンボ産卵
2ヶ所訪問してみたものの、姿を見たのはオス1頭のみ。このままではホソミオツネントンボのみ産卵を撮れずに終わってしまいそう。

▼サラサヤンマ産卵
この場所では今期4/21に羽化確認。それから丁度1ヶ月。
ただ時期的にまだ早いと思ったものの訪問。湿地内の産卵に適したサラサドーム(低めの木などで覆われた傘の下にいるような空間の事を勝手に呼んでいます)を午前中から探索。

時間的には正午頃が良いのですが、午前中でも産卵に入ることがあるので確認。
しかしこの気候と時期のためか、1頭も姿を見せない。
12時過ぎまで待ったものの、気配もないので撤収。


by Nature_Oyaji | 2018-05-20 15:18 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 13日

アオイトトンボ 羽化(初)

■アオイトトンボ 羽化(初)
アオイトトンボがいる近場の既知のフィールドは2ヶ所のみ。知り合いの方から羽化開始とお知らせ頂き、初撮影で訪問。

●健忘録として
アオイトトンボは、アオイト
トンボ科アオイトトンボ属のトンボ
-年一回発生。
-秋口(9月)に産卵し、卵で越冬(6~8ヶ月間)。
-春孵化、2~4ヶ月程度のヤゴ期間を過ごし羽化。とすると、現在羽化という事で最短で3月上旬に孵化することになる。
-9時過ぎの観察では、羽化した成虫は完全には色がついてはいませんが、
弱々しく飛べる状態。
オオアオイトトンボと推移が同じとすると、7:00頃からヤゴから出る状況と推測。
ただ残念ながらこの場所は9:00オープンなので、ヤゴから出る場面の撮影は別なポイントで探すしかない。

●羽化(ヤゴから出て約2時間後位と推測)

Photohitoリンク
アオイトトンボ 羽化(初)_f0324026_13104549.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●次の目標

出来ればもう一ヶ所のポイントでもっと早い時間帯からの羽化狙い。
そこは24時間オープンな場所なので、6時位から探せば可能だが、個体数が激減している場所なので行ってみるしかない。



by Nature_Oyaji | 2018-05-13 13:32 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 01日

アオイトトンボ 産卵

■2年ぶりのアオイトトンボ
カトリヤンマがいる田んぼ近くの池にはアオイトトンボがいるのですが、昨年は時期が合わなかったのか、他の理由からかとうとう出会えず終了。
カトリヤンマ産卵時間帯にはまだ早かったので、念のため池をチェックすると2年ぶりに再会。

●アオイトトンボ産卵
訪問した11:50頃には産卵中。
アオイトトンボ 産卵_f0324026_19445827.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

アオイトトンボ 産卵_f0324026_19452337.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

産卵ペアは5組ほど。あぶれたオスが数頭。また無事に来年ここで再会出来ますよう。



by Nature_Oyaji | 2017-10-01 19:49 | トンボ | Comments(0)
2016年 10月 01日

アオイトトンボ

昨年見られなかったというアオイトトンボの確認で、別な場所へ移動。
一昨年は多数見られたものの、どういう訳か昨年は見られずだったという。

生息エリアにはいると草には目的のアオイトトンボを発見。
こちらも昨年千葉や栃木で見た以来で久しぶりにブルーの複眼を堪能です。
アオイトトンボ_f0324026_05544658.jpg
アオイトトンボ_f0324026_17225761.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
アオイトトンボ_f0324026_05565729.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ここには雄型雌がいるようですが、本日は観察出来ず。普通の雌を確認。
アオイトトンボ_f0324026_05562546.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その他
●ムラサキシジミ
アオイトトンボ_f0324026_05590884.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ネコハエトリグモ(♀)やはり可愛い
アオイトトンボ_f0324026_05595101.jpg
アオイトトンボ_f0324026_06000080.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

アオイトトンボ_f0324026_06022796.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

色々成果があり楽しい1日でした。お疲れ様でした。



by Nature_Oyaji | 2016-10-01 23:59 | トンボ | Comments(0)