人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオイトトンボ ( 10 ) タグの人気記事


2019年 05月 19日

久しぶりのご近所散策

■きちんと定点観察が出来ていないのですが、久しぶりにご近所散策
●ホソミオツネントンボ
今季は産卵自体、しっかり撮影出来ておらずいつものトンボ多産地訪問。
しかしながらここ数年、この場所でのホソミオツネントンボ自体の個体数は激減し、ペアになっている個体も全くいない。
唯一、オスが1頭だけ畦道でメス待ち。

●諦めていつもカトリヤンマの羽化撮影で訪問している谷戸へ
ここは越冬姿を撮影している場所から直線で200m~300m程でこの谷戸と越冬場所を行き来しているのかもしれない。
畦道には一定間隔で数頭のオスの姿。
撮影しようと近づき、飛んだと思ったら妙なことに・・
f0324026_18020493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_18024739.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

慌てていて飛んだ際、近くにいたオスと連結になってしまった。
捕まってしまったオスはそれまで敏感に動いていたもの、連結後はほぼ無抵抗状態。

●アオイトトンボも発生
別の調節池を訪問。この池にはイトトンボ系はアジアイトトンボ、アオモンイトトンボ、アオイトトンボが生息。
昨年は5/13に羽化を撮影していたが、今季は今回が初訪問。

池に近づくと、アジアイトトンボ、アオモンイトトンボはすぐに確認出来、少し探すとアオイトトンボも確認。
昨年は単に5/13にたまたま訪問し羽化個体を見つけたが、例年はいつ頃なのか定点観察が出来ていないので不明。
f0324026_18124873.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●ホソミオツネントンボのオス同士の連結
連結後、ほとんど無抵抗状態に変貌したのが不思議でならない。
何度か抵抗した様子も見られたが、上のオスが放さず、飛んで逃げられる力もなくなり様子が妙。
この連結状態には普通はメスが捕まるわけだが、捕まえられた側の動きをコントロール出来る何か仕組みがあるのかもしれない。
オスが外敵に気付いて一緒に飛ぶ際も、息もピッタリに飛び去る。それもこの連結での見えないやり取りがあるためかもしれない。

●オスの拒否行動について
通常、他のオスが探メスなどで近付いて来ると、止まっているオスは少し翅を開き、尾部を上側に曲げるなどして拒否行動をする。
今回は撮影で近寄った際、慌てて飛んだオスがそのまま近くにいたオスに仕掛けた結果で、仕掛けられたオスは拒否行動する時間もないまま連結されていた。

●アオイトトンボも無事発生
定点観察が出来ていないので、今季どの位平年とのズレが発生しているのかは不明。
ただ今日の結果も今後の定点観察時のデータとなるので、訪問して見つけた事は重要。


by Nature_Oyaji | 2019-05-19 18:20 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 30日

アオイトトンボ

■アオイトトンボ 9月末の様子
9月最終日。
カトリヤンマのいる谷戸近くの池で生息しているアオイトトンボ。
毎年カトリヤンマ撮影時に一緒に観察。

昨年は個体数が少なかったものの、今季は昨年より多め。
既にオスは池で待機しているが、メスはまだ未着。

そのメスたちは、産卵場所になっている池から直線で約100〜200m程離れ離れたカトリヤンマのいる田んぼ周りで確認(少し前はオスも確認)。
羽化後は田んぼ周りで過ごし、産卵時に池に集まると想像ですが、今季集まるのが遅れているのは不思議。

●アオイトトンボ(♂)
複眼はすっかり美しい青色に変化済。
f0324026_18214225.jpg
f0324026_18221488.jpg
f0324026_18224751.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS




by Nature_Oyaji | 2018-09-30 18:23 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 27日

アオイトトンボ 羽化-2

■前回訪問時間帯が遅かったので改めて訪問。
6時前には水から上がり始め。既に驚くほどの個体数が回りに飛んでおり、羽化に関してはもう今季は終盤。
いろいろ撮影したのですが、このカットが一番かと思い掲載。
もう少しヤゴの姿があればよかったのですが、今季はここまでです。

f0324026_19340312.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS


by Nature_Oyaji | 2018-05-27 19:39 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 20日

アオイトトンボ 多産地確認

■アオイトトンボ 3ヶ所目の観察場所
知らなかっただけなのですが、本日サラサヤンマ観察場所訪問時に多数のアオイトトンボの群れを確認。翅の様子から今朝羽化したものも多数。
近場でのアオイトトンボの観察場所としては3ヶ所目。来年はこの場所で羽化撮影としたい。

Photohitoリンク
f0324026_15163267.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●今日のその他の活動
本日は急激な冷え込みのため、どうにも結果が悪い。それでもこの気候での観察結果。
▼ホンサナエ産卵
オスゼロ、メス2頭でした。メスは単に止まっているだけで、卵塊を作るわけでもない。
弱っているかと思い近付くとそれなりのスピードで逃避するので、単に今日の気候によるものかと。
f0324026_15433571.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▼ホソミオツネントンボ産卵
2ヶ所訪問してみたものの、姿を見たのはオス1頭のみ。このままではホソミオツネントンボのみ産卵を撮れずに終わってしまいそう。

▼サラサヤンマ産卵
この場所では今期4/21に羽化確認。それから丁度1ヶ月。
ただ時期的にまだ早いと思ったものの訪問。湿地内の産卵に適したサラサドーム(低めの木などで覆われた傘の下にいるような空間の事を勝手に呼んでいます)を午前中から探索。

時間的には正午頃が良いのですが、午前中でも産卵に入ることがあるので確認。
しかしこの気候と時期のためか、1頭も姿を見せない。
12時過ぎまで待ったものの、気配もないので撤収。


by Nature_Oyaji | 2018-05-20 15:18 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 13日

アオイトトンボ 羽化(初)

■アオイトトンボ 羽化(初)
アオイトトンボがいる近場の既知のフィールドは2ヶ所のみ。知り合いの方から羽化開始とお知らせ頂き、初撮影で訪問。

●健忘録として
アオイトトンボは、アオイト
トンボ科アオイトトンボ属のトンボ
-年一回発生。
-秋口(9月)に産卵し、卵で越冬(6~8ヶ月間)。
-春孵化、2~4ヶ月程度のヤゴ期間を過ごし羽化。とすると、現在羽化という事で最短で3月上旬に孵化することになる。
-9時過ぎの観察では、羽化した成虫は完全には色がついてはいませんが、
弱々しく飛べる状態。
オオアオイトトンボと推移が同じとすると、7:00頃からヤゴから出る状況と推測。
ただ残念ながらこの場所は9:00オープンなので、ヤゴから出る場面の撮影は別なポイントで探すしかない。

●羽化(ヤゴから出て約2時間後位と推測)

Photohitoリンク
f0324026_13104549.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●次の目標

出来ればもう一ヶ所のポイントでもっと早い時間帯からの羽化狙い。
そこは24時間オープンな場所なので、6時位から探せば可能だが、個体数が激減している場所なので行ってみるしかない。



by Nature_Oyaji | 2018-05-13 13:32 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 01日

アオイトトンボ 産卵

■2年ぶりのアオイトトンボ
カトリヤンマがいる田んぼ近くの池にはアオイトトンボがいるのですが、昨年は時期が合わなかったのか、他の理由からかとうとう出会えず終了。
カトリヤンマ産卵時間帯にはまだ早かったので、念のため池をチェックすると2年ぶりに再会。

●アオイトトンボ産卵
訪問した11:50頃には産卵中。
f0324026_19445827.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

f0324026_19452337.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

産卵ペアは5組ほど。あぶれたオスが数頭。また無事に来年ここで再会出来ますよう。



by Nature_Oyaji | 2017-10-01 19:49 | トンボ | Comments(0)
2016年 10月 01日

アオイトトンボ

昨年見られなかったというアオイトトンボの確認で、別な場所へ移動。
一昨年は多数見られたものの、どういう訳か昨年は見られずだったという。

生息エリアにはいると草には目的のアオイトトンボを発見。
こちらも昨年千葉や栃木で見た以来で久しぶりにブルーの複眼を堪能です。
f0324026_05544658.jpg
f0324026_17225761.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_05565729.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ここには雄型雌がいるようですが、本日は観察出来ず。普通の雌を確認。
f0324026_05562546.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その他
●ムラサキシジミ
f0324026_05590884.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ネコハエトリグモ(♀)やはり可愛い
f0324026_05595101.jpg
f0324026_06000080.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

f0324026_06022796.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

色々成果があり楽しい1日でした。お疲れ様でした。



by Nature_Oyaji | 2016-10-01 23:59 | トンボ | Comments(0)
2016年 08月 10日

アオイトトンボ 産卵

同日、同じ場所にいたアオイトトンボ。
朝方はバラバラでしたが、11:30頃から一斉に連結・産卵となりました。
かなり敏感でなかなか近寄れませんでしたが、最後の写真は広角にて近寄っての撮影。
その一つ上の写真とは、レンズ違いでの比較です。

●アオイトトンボ
f0324026_02124555.jpg
f0324026_02130308.jpg
f0324026_02134306.jpg
f0324026_02135540.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_02143823.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO




by Nature_Oyaji | 2016-08-10 22:09 | トンボ | Comments(0)
2015年 09月 20日

シルバーウィーク 2日目 栃木のマダラヤンマ

シルバーウィーク 2日目。
栃木のマダラヤンマ観察に訪問。いつもの前日移動の車中泊。

マダラヤンマ、前回の長野での観察で6時過ぎから飛んでいたので、今回も同じ頃から観察開始。
でも点在する池を回りましたが、マダラヤンマは飛びません。

8時頃、昨年はこの頃活動が始まりましたが、今年もほぼ同様に姿を見せ始めました。
いきなり留まって、暫くそのまま。日なたぼっこ状態です。

●マダラヤンマ
f0324026_2262336.jpg
f0324026_2264549.jpg
BORG FL71(400mm)

9時頃までに3頭程現れましたが、9時半頃で一旦活動低下なのか姿が見えなくなりました。
11時近く、別の池に2頭出ていましたが、ガマの林のすぐ上で撮影には遠く諦めました。
どうも昨年より数が少ない感じで、撮影し辛い。やはりマダラヤンマは長野での撮影が良さそうです。
撮影ご一緒になった皆さん、お疲れ様でした。

他のトンボたち
●アキアカネ
f0324026_2219529.jpg
f0324026_22414455.jpg
同行のSさんを入れて
f0324026_232249100.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●アオイトトンボ 集団産卵に期待したものの空振り。葉には沢山の産卵痕。
f0324026_22262515.jpg
BORG FL71(400mm)

by Nature_Oyaji | 2015-09-20 22:32 | トンボ | Comments(0)
2015年 05月 17日

ホソミオツネントンボの産卵場所でホソミイトトンボ探し

昨日の疲れですが、一晩寝て朝日を浴びたら疲れは何処かへ・・。また撮影に行く元気が出てきました。

以前訪れたホソミオツネントンボの産卵場所で、同じようにホソミイトトンボを探してみました。結果的には見つけることが出来ませんでしたが、定点観察場所として今後も訪れたい場所なので今を観察。

田んぼは田植えが終わり、水(地下水)も十分行き渡っています。実家も稲作をしていますがここまで綺麗な水の田んぼは見たことがありません。いろいろな生物が息づいていて素晴らしい環境です。

さて今まで産卵場所として観察した場所ですが、前回から更に減ってもう数えるほどしかホソミオツネントンボは見つけることは出来ません。

一旦車道に戻り、車道脇の水草の多い休耕地のような場所に降りると、なんとここにはまだまだたくさんのホソミオツネントンボたち。先ほど見ていた産卵場所から直線で300mは距離がありそうな車道脇の場所ですが、こんな所まで移動してくるようです。少し動いただけで、ペアが3組、オスのみが5頭、田圃の中には複数のペアが飛翔。

●ホソミオツネントンボ
f0324026_178656.jpg
f0324026_1782726.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▽以前産卵していた場所から横に200m程離れた水田での産卵。こちらにもまだまだたくさんのホソミオツネントンボたち
f0324026_17124815.jpg
▽違うペア
f0324026_1713110.jpg
▽オス
f0324026_17131277.jpg
f0324026_17344476.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_17345266.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●アマガエル ガガンボを狙っているのか、覗きこんでいる得体の知れない一つ目を警戒しているのか・・
f0324026_21553679.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●コフキトンボ
昨日の桶ヶ谷沼ではコフキトンボのメスの帯型も見ていたのですが、撮影に失敗してしまったので、ご近所の2箇所の池(調節池と公園の池)を訪問。この2つの池は元々コフキトンボは多い所で、公園の池は何故かメスは高確率で帯型の場所。今日見た限りでは両方の池ともコフキトンボの羽化が始まったばかりの頃でした。次回の訪問時にメスの帯型を撮影したいと思います。
f0324026_17422962.jpg
f0324026_17424057.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●アオイトトンボ 調節池にて。ここで見るのは初。
f0324026_1746511.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2015-05-17 22:34 | 自然 | Comments(0)