人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アカスジキンカメムシ ( 3 ) タグの人気記事


2018年 12月 09日

オオムラサキ幼虫とホソミオツネントンボ

■栃木へオツネントンボ探しでしたが・・先週に続きまた見つけられず

●オツネントンボ越冬個体探し
先週の続きでオツネントンボ越冬個体探しで訪問。気温は先週と同様2℃。
今回は木に残っているクズなどの枯れ葉が重なった間や、地面の落ち葉の間の可能性を考え探索したものの、ここも見つけられず今日は断念。

折れた心でまた前回とは違う公園を訪問。

●オオムラサキ幼虫観察
昨年はもっと冬が進んでいて、葉の状態ももっと湿って重なった状態だったが、今年は今まさに落ちたばかりの様な乾燥した葉の状態。強い風が吹けばそのまま飛ばされてもおかしくない。

昨年は初探索な事もあったが、幼虫は積み重なった葉の下の方にいたものをなんとか数頭見つけたが、今回は乾燥している葉を退けるとすぐ見つかるほど個体数が多かった。
思うに昨年はもっと早くに風で飛ばされていて、それでも残った幼虫を探していたためかもしれない。

今季はこれから飛ばされやすい所にいる幼虫たちが、自然淘汰という形で残念なことになると思うと少々切なくなる(そうではない可能性もあるが・・)。

▼エノキの落ち葉
まだまだ乾燥していて不安定。
f0324026_21422401.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▼オオムラサキ幼虫
f0324026_21440819.jpg
f0324026_21440938.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
▼正面顔
f0324026_21440969.jpg
f0324026_21440878.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▼ゴマダラチョウ幼虫
昨年は見つけられなかったもの。
f0324026_21472386.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●アカスジキンカメムシ幼虫
f0324026_22134063.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ホソミオツネントンボ(Photohitoリンク
今回は改めて深度合成でマクロ撮影。
枝になりきるため体をなるべく枝に対し真っ直ぐになるようにしがみついている。
体を支える脚は後ろのものほど長くなっていて、まっすぐ伸ばした状態で1本の枝になってしまう。素晴らしい自然の造形美。
f0324026_21501524.jpg
f0324026_21542547.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

f0324026_21544099.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

f0324026_21550845.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
●オツネントンボ越冬探しは作戦練り直し
どんな所に潜んでいるか、今探しているエリアでは見たという話は聞いた事はあるものの、以前いた場所は変わってしまい別な場所の様。やはり以前思いついた、「ねぐら待ち伏せ」や「這い出してくる個体探し」はまだ完結していないので、改めて実施。

●オオムラサキ(エノキ)
昨年と数日しか違わないのに、落ち葉の様子の違いがこれほどあるとは思いもしなかった。
また個体数が多かったのは、このあと葉ごと飛ばされてしまう幼虫もいれば、鳥に捕食される個体数も多いとも考えられ、いろいろなリスクを織り込んでの個体数なのかもしれない(年の変動もあるかもしれませんが)。
同時期の落ち葉の様子など、今まで観察したこともなかったので今回は全く違う自然の変化を知ることが出来たのも一つの結果。



by Nature_Oyaji | 2018-12-09 22:09 | 越冬 | Comments(0)
2016年 01月 23日

千葉の公園で越冬昆虫探し ムラサキツバメとアカスジキンカメムシ

家の用事の前に早朝から公園で越冬している昆虫の観察。

以前、雨の中ムラサキツバメの越冬の状態を見に行った公園ですが、今日見つかったのは以前とは別の場所で5頭の集団と、3頭+近くの葉に1頭の集団(以前見つけた場所のは移動)。

●ムラサキツバメ 5頭の集団
f0324026_1232168.jpg
f0324026_1233817.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●同3頭+1頭(右上に頭だけ)
f0324026_1261255.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ずっと南向きの暖かい葉にいるものと思っていたのですが、向きに関係なく集団は潜んでいるとの情報を頂いていたので、一通り南向きの葉を見た後は木の裏側に回って移動しながら探すと・・

今度は思わぬ所でアカスジキンカメムシの越冬中の集団が見つかりました。

●アカスジキンカメムシ
暖かい時期には幼虫も成虫も見ていたのですが、越冬中のものは初。これは嬉しい越冬姿が観察できました。生態的には5齢幼虫で越冬で、過去の知識では落ち葉などの裏で越冬すると記憶していたのですが、ここのは常緑樹の葉の裏にいました。

葉の様子を見ると蜘蛛が巣を作っていたようで、うまい具合に2枚の葉の先端付近が糸でくっついていて、そこに出来た隙間に入り込んでいました。

場所的には地面から約1m、木の北側でここでは日は当たりませんが、これが彼らが好む場所なのでしょう。

▽可愛い笑顔の10匹兄弟姉妹
f0324026_12233682.jpg
f0324026_12235624.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

さて家の用事が終わったら午後はトンボ界の重鎮の皆様の集まりに参加させて頂けることになっています。どんな写真や観察報告が見聞き出来るのか楽しみです。

明日は横浜方面にまたタテジマカミキリ探しです。


by Nature_Oyaji | 2016-01-23 12:33 | チョウ | Comments(2)
2014年 08月 17日

市川市内公園と練馬区公園訪問

天気予報は晴れ。
日中は33度にもなるということで、昼過ぎにはもう一度トンボのぶら下がり撮影を予定。
午前中は朝露の中の昆虫たちの撮影とゴイシシジミの続き。

市川市内のO自然公園
●アオハナムグリ(?) 少し小型のハナムグリ
f0324026_20163275.jpg
●アジアイトトンボ
f0324026_20115059.jpg
f0324026_20122403.jpg
●イナゴ 「アイアイサー?」
f0324026_20130162.jpg
●ヤマトシジミ かなり傷んでいるがこの姿も美しい
f0324026_20222017.jpg
●スギナに水滴
f0324026_20142050.jpg
f0324026_20142995.jpg
●アカスジキンカメムシ この公園では3度目 赤い部分がややくすんでいるので成虫になってから暫く経ているもののよう
撮影しやすいよう葉っぱを引っ張った途端、俊敏に飛び立ち(これは今後撮影時に注意)
f0324026_20155397.jpg
●クワカミキリ
f0324026_20384155.jpg
●アリグモ 擬態の典型
f0324026_20184932.jpg
ゴイシシジミ撮影のため別の公園に移動
●ゴイシシジミたち
f0324026_20264967.jpg
産卵中
f0324026_20265778.jpg
f0324026_20270996.jpg
f0324026_20371356.jpg
f0324026_20271724.jpg
練馬区公園に移動
気温も高くなりぶら下がりに期待して暫く探しまわるものの、とうとう見つからず。(atsushiさん、ありがとうございました)
●リスアカネ いつもの公園には少なく、撮影出来て嬉しい
f0324026_20310431.jpg
f0324026_20350951.jpg
●オオアオイトトンボ 
f0324026_20355740.jpg






by Nature_Oyaji | 2014-08-17 20:40 | 自然 | Comments(0)