オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウェーダー ( 4 ) タグの人気記事


2015年 07月 08日

ウェーダー交換と週末の計画

昨日の気泡発生と縫い目の写真をお送りし、無事交換の運びとなりました。
せっかくの交換の機会なので、靴底はフェルト(ピン付き)としました。
差額が数百円プラスと作ったわらじ(+材料費)が無駄になってしまいますが、安全に越したことはありません。
修理など含めいろいろ勉強になった一週間でした。大阪のショップ、リバースさんには最後のフェルトのピン付き製品の交換まで親身に対応頂きました。

で交換品は「透湿防水 プロックス ブリザテックチェストフェルトウェダー (ピン付)PX5854」(靴底が違うだけ)

f0324026_12382188.jpg

さてもう(というかいつも)週末が気になっています。週末は栃木方面へ遠征予定です。
台風接近ですが、土日は何とか持ちそうです。
交換品も間に合います。

さてせっかくの遠出ですので2日間フル活用です。
■金曜
 ●会社が終わったら夜のうちに栃木の北の方面まで移動し車中泊。
■土曜
 ●朝から栃木の沼でハッチョウトンボやその他トンボや昆虫たち
 ●グンバイトンボ探し、鬼怒川のトンボ・昆虫散策
(車泊)
■日曜
 ●またグンバイトンボ探し

今回はハッチョウトンボとグンバイトンボに集中です。今では大変お世話になっている方々との出会いや、今まで出会ったことのないトンボとの出会いなど気持ち悪いほど運を使いすぎているので、底をつきかけの感がありますが、出会いを楽しみに過ごしたいと思います。








by Nature_Oyaji | 2015-07-08 12:40 | 機材 | Comments(0)
2015年 07月 04日

ウェーダー修理

ウェーダーですが、確認して頂いた穴の開いた場所にセロテープを貼り、その上からマジックで丸印を付けて戻ってきました。

靴下が濡れてしまったのは、向こうずね辺りに左右各2~3個穴が開いていたためでした。その穴については近くのホームセンターで購入したセメダインスーパーXで補修。

でも困ったことに初めに点検を依頼した尻から太もも裏部分については、修理すべき場所が特定されていません。送り状には水を入れて漏れを点検している様子が写真付きで送られてきていて、問題の尻部分にもしっかり水を入れて点検している様子が写っていますが、点検中には漏れがなかったことなのか・・。

改めて短パンの濡れ具合を見ると、どうやら股に穴があり、それがじわじわ短パンを伝わっていっているよう、短パンなので一番下側で流れが止まって太もも付近にたまっているように思えてきました。
色々やって頂いたと思うものの残念な結果。これはもう一度お願いするしかなさそう。

by Nature_Oyaji | 2015-07-04 20:06 | 機材 | Comments(0)
2015年 06月 23日

ウェーダー修理(追記)

少し外れを引いてしまった感のあるウェーダー。
メーカーでのチェックが必要との事で、一旦ショップに送り、それをメーカーに更に転送する手順(直にメーカー送付は受けつけていないらしい)。

点検後初期不良と判明した場合、在庫があるなら交換、製造終了品なら後継製品か返金だそうだ。
週末の予定もあるので、それが終わった日曜に返送予定。

さてさて不思議なものですっかりウエーダーでの撮影が気に入ってしまって、履いていないと撮影にならないんじゃないかと思えてしまうようになっています(ほんの数回だけなのに)。

追記
Sさんに週末訪問予定のカトリヤンマ羽化場所の様子を伺うとウェーダー不要というご連絡を頂いたので、早いほうが良いので6/24朝、ショップへ送付しました。

7月上旬の週末までに戻れば御の字です。




by Nature_Oyaji | 2015-06-23 20:19 | 機材 | Comments(0)
2015年 06月 02日

ウェーダー購入

先日の川の撮影で冷たい尻を触りながら、これはウェーダーが必要・・と感じていました。
それよりなにより川での撮影の楽しかったこと!これで膝をついて、水面ギリギリからトンボを狙ったら面白いに違いありません。

ネットで色々探した結果、価格と透湿生地であることが条件でプロックスのものに決めました。
帰宅途中で上州屋にも寄ってみたのですが、店舗規模のためか置いている種類が少なく、またネットでHPを見てもなんにも製品紹介がなくがっかりで、上州屋での購入はやめました。

価格は特価で7990円でこのショップでは最後の一着。amazonなどより2000円も安く(送料も無料)手に入れることが出来ました。
f0324026_2285098.jpg


どんどん身も心もトンボ沼の深みにハマってきています。

by Nature_Oyaji | 2015-06-02 22:18 | 機材 | Comments(0)