人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウチワヤンマ ( 43 ) タグの人気記事


2020年 06月 08日

ウチワヤンマ 羽化-3 満月の翌日

■3度めのウチワヤンマ羽化撮影
昨夜が満月だったのですが、土日の活動後だったため見送っていた。
今日は某所でアオヤンマ羽化狙いでしたが、羽化殻はたくさんあるものの何故か1頭も羽化せず。
天候的に問題があるわけではなく、考えられるとすると20:30頃から探索したのですが、それが早すぎで影響したためか。
過去のアオヤンマの羽化観察では20:00頃から定位個体がみられたのだが、ここでは早すぎたのかもしれない。
次回は21:00頃から確認。

何も撮らずに帰るのも心残りなので、昨夜出来なかった月とウチワヤンマの撮影へ。
満月自体、次は7月下旬なので、このコラボは今季最後。

●いつもの都市公園 22:30過ぎ着
時間的には飛び去っている個体もいる頃。護岸を順に見ていくとすっかり羽化が終わり、最後の翅が固まるのを待つ個体が2頭。
定位している個体が3頭程。ただ個体数は少ない。またコフキトンボは1頭だけ羽化で、どうにもこちらも気になる。

●朽ちた杭に定位していた個体
羽化するまで見ながら撮影してみたものの、羽化した体の向きと月の方向が残念ながら良くなかったので、その後の羽化自体の撮影は断念。定位していた時の様子を掲載。
ウチワヤンマ 羽化-3 満月の翌日_f0324026_06273240.jpg
ウチワヤンマ 羽化-3 満月の翌日_f0324026_06273233.jpg
ウチワヤンマ 羽化-3 満月の翌日_f0324026_00365604.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN

●羽化中の個体 0:38
諦めて車に戻る途中で、丁度羽化開始直後の個体に出会えた。
ウチワヤンマ 羽化-3 満月の翌日_f0324026_06350317.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN

■今日の結果
●ウチワヤンマ、コフキトンボともに羽化数少
もう少し羽化数は多くても良いはずだが、どうにも少ない感じがする。
これから増えるのかもしれないので、今後も観察。


by Nature_Oyaji | 2020-06-08 23:11 | トンボ | Comments(0)
2020年 05月 27日

ウチワヤンマ 羽化-2

■久しぶりのウチワヤンマ羽化観察
18時頃、積乱雲の中で何度も稲妻が走るのが見えた。
21時に家を出た際は全く雨には無縁だったが、観察場所の都市公園に近づくにつれ、道路にはかなりの雨の跡。
先程の積乱雲の雨がここにも降っていたようだった。

羽化中に大雨になると、翅がやられる可能性がある。
現地で探してみると21:20頃で3頭、すっかり殻から出て翅も体も伸び切っていた個体を確認。
翅はしっかりしているので、雨の影響はなかった様子。

他の個体を探すと、いつもの岸辺には登ったばかりのヤゴが2頭いたが、これから定位して羽化開始となるため時間的に無理があるので放置。

そのまま広い池の縁を探していくと、以前撮影した朽ちた杭で羽化している2頭を確認。
1頭は場所的に撮りづらいため、もう1頭を撮影。

●対岸の明かりが点灯中
全体が赤いライトで染まっているがこれも都市公園ならではの一枚。

Photohitoリンク
ウチワヤンマ 羽化-2_f0324026_02223933.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN
●23時過ぎ 対岸の明かりが消えるのを待っての撮影
撮影方向や画角を変えて撮影。
Photohitoリンク
ウチワヤンマ 羽化-2_f0324026_02302844.jpg
Photohitoリンク
ウチワヤンマ 羽化-2_f0324026_02411823.jpg
Photohitoリンク
ウチワヤンマ 羽化-2_f0324026_02302850.jpg
Photohitoリンク
LEDライトでの撮影。
ウチワヤンマ 羽化-2_f0324026_03273723.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN

■今日の結果
●羽化個体は6頭
21:20には3頭、既に体、翅が伸び切っていた。やや羽化自体は早く、雨が降ったことも影響したのかもしれない。
コフキトンボの羽化は1頭確認。




by Nature_Oyaji | 2020-05-27 22:36 | トンボ | Comments(0)
2020年 05月 15日

ウチワヤンマ 羽化

■今季もようやく始まったウチワヤンマ羽化
いつもの近所の都市公園でウチワヤンマの羽化が始まった。
2018年は5/13、2019年は5/17の開始だった。

今季は5/11より訪問していたが、5/11~13は羽化せず。
そして5/14は未訪問。そして今日、いつも観察している岸辺を歩いてみたが、他に羽化殻もないので、正に本日開始の様。

●2頭羽化
今季も見つかったのは少し狭く囲まれたエリア。
どの位違うのか計測したことはないのですが、狭いエリアなので水温が他の広大な場所より水温が高めで羽化が早めなのかと想像している。
昨年と全く同じ場所での羽化。訪問時間が21:45過ぎだったのでもうすっかり翅も伸び切っていた。

▼22:02
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_05152588.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_04534568.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN
▼22:14
撮影されている事で焦ってのフライト準備。
翅も十分乾いていない状態で飛翔を試みたが、風が強めだったこともあり1mも飛べずに落下。
暫く放置後、無事飛翔。
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_04534643.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN

もう一頭は珍しく垂直のコンクリート壁で羽化していた。こちらは撮影出来る場所ではなかったので未撮影。

●コフキトンボの羽化はまだ
羽化殻もなく、まだ開始前だった。

■今日の結果
●今季は5/15より羽化開始
都内の桜開花は昨年より10日早かったが、羽化開始は2日早い程度。
桜の開花日が早いといってもあくまでも3月の開花までに桜が受けた自然からの影響であって、同時期に羽化する種類には関連がありそうだが、2ヶ月も経てば関係ないという結論。


by Nature_Oyaji | 2020-05-15 23:37 | トンボ | Comments(0)
2019年 08月 13日

ウチワヤンマ 産卵-2

■2度目のウチワヤンマの産卵
前回、初の交尾態飛翔と産卵を撮影したが、その際どういう所での産卵なのか、少し観察出来た。
今回はまた家内の通院のため、その間またウチワヤンマの産卵観察&撮影。

朝方は少し雨があったが、11:00過ぎから雲の多い夏空の元、交尾態やその後の産卵まで3度ほど確認。

ウチワヤンマ 産卵
気付いたら産卵していた個体。
今回もカメラは水面ギリギリの位置からの撮影。
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_05413438.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●オベリスク倒立と飛翔(別個体)
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_16533594.jpg
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_23304733.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●別の個体の産卵
交尾態は産卵場所を求めて飛び回るが、大方産卵場所近くにいるオスに追い立てられ(時にメスを求めて襲われたりも)、何度か岸辺から離れてはまた岸辺の産卵場所を目指して戻ってくる事が多かった。

なので岸辺近くの産卵しやすい浮草の塊が浮いている場所などは予めチェックしておくと、いざ交尾態になった際、何処に行くか予想が出来るので慌てることが少なくてすむ。
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_05275552.jpg
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_05472257.jpg
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_05275500.jpg
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_05313194.jpg
ウチワヤンマ 産卵-2_f0324026_05275527.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今回の結果
●ようやく見えてきた産卵状況
岸辺にある産卵場所となりうる水草の塊や、浮遊物の塊を撮影前に予め確認しておくと、交尾態を見ても慌てることもなく、余裕を持って交尾態を待つことが出来る。

産卵場所は数えたらそう多くはないので、何処かには戻ってくるはずなのでしっかり目で追ってみる。

また産卵場所近くにいるオスは交尾態がやってくると必ず絡み、場合によっては産卵させずに追い払ってしまうことがあるので、不要なオスは追い払っておくのが良さそう(だがすぐ戻ってくるのだが・・)。
もちろん、中には近寄ってきたオスを撃退する交尾態のオスもいるが。

その絡んでくるオスをかいくぐって産卵場所にたどり着くと、交尾態を解いて産卵開始となる。



by Nature_Oyaji | 2019-08-13 17:10 | トンボ | Comments(0)
2019年 08月 09日

ウチワヤンマ 産卵(初)

■ウチワヤンマの産卵
家内の診察が終わるまで、近くのいつものウチワヤンマ観察池で撮影。
始めは広角で狙ったものの、すっかり近づくコツを忘れてしまっていて失敗ばかり。

11:00も回り、時々交尾態も飛ぶようになったものの、どうもウチワヤンマの交尾態撮影は相性が悪く、まだあの産卵時の糸を引く様子は未撮影。
もちろん交尾態もまだで、この暑さもあり交尾態を見つけても体がトンボを追いかける気力が湧かない・・。

●交尾態を追って
そしてまた一組が近づいて来たので、物は試しで少し追ってみた。
いつもはすぐ岸から離れてしまう様な記憶だったが、この一組は岸に沿って移動。
浮遊物の上でホバリングしていたので、初の交尾態撮影。
ウチワヤンマ 産卵(初)_f0324026_17231672.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

●産卵開始
その浮遊物が産卵場所になっていた様で、暫くして交尾態を解いて産卵開始。
よく見ると浮遊物はメスの粘着性の糸がだいぶ絡まっている状況。
カメラを水面ギリギリまで下げ、あとはカメラ任せのAF撮影でピン甘。
ウチワヤンマ 産卵(初)_f0324026_04574447.jpg
ウチワヤンマ 産卵(初)_f0324026_04574400.jpg
ウチワヤンマ 産卵(初)_f0324026_04590844.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今回の結果
●初の交尾態&産卵撮影
相性が悪くずっと産卵撮影は未達だった・・は言い訳で、産卵撮影の機会はあったが、産卵時の観察が足りなかったのが真の理由。
その為どのタイミングで撮影が出来そうかがわかっていなかったため、結果的に撮影出来ていなかった
今回ようやく産卵の様子を観察出来、撮影機会となった。

行動がわかればどの様に撮影した良いか考えるヒントがあるので、次回はもう少し広角での産卵撮影としたい。


by Nature_Oyaji | 2019-08-09 17:34 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 24日

ウチワヤンマ 羽化-3 飛翔撮影

■今季3度めのウチワヤンマ羽化観察
今夜は昨年も行った飛翔撮影と考えて数頭の飛翔撮影を試みたものの、夜ゆえ飛び立つ瞬間のトンボの動きがよく見えず、ことごとく失敗。

この個体はこちらが暫く撮影していた影響からか、翅が不十分での飛翔で一度水に落ちてしまったもの。
すぐ拾い上げて岸辺に置いてやった後、今度は翅についた水滴を飛ばしながらしっかり飛び立った瞬間の姿。
この撮影はLED照明を当てながら飛び立つ瞬間を連射した中の1枚。
ウチワヤンマ 羽化-3 飛翔撮影_f0324026_20495122.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25


by Nature_Oyaji | 2019-05-24 20:46 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 19日

ウチワヤンマ 羽化-2

■満月の下で
今日のウチワヤンマ羽化は5頭。ようやくコフキトンボの羽化も開始。

SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25


by Nature_Oyaji | 2019-05-19 21:10 | トンボ | Comments(2)
2019年 05月 17日

ウチワヤンマ 羽化

■ようやくウチワヤンマの羽化開始
●昨年は5/13開始、今季は4日遅れ

ウチワヤンマ 羽化_f0324026_01233941.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_01261404.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_05065523.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_01291134.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼飛び立つ寸前 Photohitoリンク
ウチワヤンマ 羽化_f0324026_03025613.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●4日遅れでの羽化
3日前から羽化観察で訪問していた。
ヤゴは岸近くに数頭泳いでいるのを確認済だったが、羽化する個体は無かった。

今日は3頭羽化。
羽化していた場所は狭く仕切られた池の一画で、広い池の岸では羽化は見られず。
狭い場所のため、水温が高めだったのかもしれない。



by Nature_Oyaji | 2019-05-17 23:14 | トンボ | Comments(0)
2018年 11月 11日

ウチワヤンマ・カトリヤンマ・ネアカヨシヤンマの処女飛翔撮影

■今年トライした処女飛翔の連続写真
それぞれ手法は異なるものの、処女飛行の様子を1枚にしたもの。
こうしてみると飛翔の様子が見て取れて面白い。

●ウチワヤンマ
▼普通のストロボで3枚連写したものをPhotoshopで合成
ウチワヤンマ・カトリヤンマ・ネアカヨシヤンマの処女飛翔撮影_f0324026_05261766.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

▼その後マルチ発光ストロボ購入しての撮影
こちらはもともと1枚での撮影。
設定のためか、体が透けてしまった。どうしたらよいか未解決。
⇒ ネットで他のマルチ発光の写真を見ると同様に透けていますね。結果的にそうなるようです。
ウチワヤンマ・カトリヤンマ・ネアカヨシヤンマの処女飛翔撮影_f0324026_05265881.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●カトリヤンマ
E-M1 MarkIIのプロキャプチャーモードで撮影したものをPhotoshopで合成。
ウチワヤンマ・カトリヤンマ・ネアカヨシヤンマの処女飛翔撮影_f0324026_05281257.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●ネアカヨシヤンマ
こちらもE-M1 MarkIIのプロキャプチャーモードで撮影したものをPhotoshopで合成。
ウチワヤンマ・カトリヤンマ・ネアカヨシヤンマの処女飛翔撮影_f0324026_23532199.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2018-11-11 05:30 | トンボ | Comments(0)
2018年 08月 25日

真夏が戻った日

■先週若干涼しかったものの、今日は真夏日
ウチワヤンマの交尾態と産卵狙いで訪問。
8時過ぎには交尾態も見られたものの、なかなか岸辺に寄ってくれず。
近くにいたフレンドリーなウチワヤンマを光芒とともに撮影。
真夏が戻った日_f0324026_21093567.jpg
真夏が戻った日_f0324026_22431034.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

真夏に戻った暑さで、2時間撮影してダウン・・。


by Nature_Oyaji | 2018-08-25 21:12 | トンボ | Comments(0)