オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウラナミシジミ ( 3 ) タグの人気記事


2017年 09月 17日

ウラナミシジミ 羽化時期

台風で予定していた茨城遠征が中止。
朝方はまだ小雨だったので、近場のポイントを一回り。
そろそろウラナミシジミが見られる頃。いつも見られるクズの草原へ。

■ウラナミシジミたち
●羽化後間もない個体(8:50頃)
ざっと見て近付いても飛ばない個体が5~6頭。どうやら雨の前に羽化したものの様で、小雨だったので葉の上にでてきた模様。
尾状突起はまだまだ柔らかく、翅を乾かしている様子。
f0324026_11383316.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_11583789.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●既に交尾態のペアも
f0324026_11593860.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●翅も乾き飛ぶ寸前
f0324026_12001493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


●ヒガンバナ
水滴がまたちょっとしたアクセント。雨の日に訪問したご褒美・・。
f0324026_12144243.jpg
f0324026_12032601.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro







by Nature_Oyaji | 2017-09-17 12:06 | チョウ | Comments(2)
2016年 09月 25日

ようやく晴れの日 ご近所にて

4連休もお終い。
昨日は1日雨でとうとう何も撮影に出ること無く終了。
最後の日は山梨方面へキベリタテハやクジャクチョウ、ヤマキチョウ撮影を計画していましたが、昨日まで晴れマークだったものが夕方の予報では雨に変わり、残念ながら急遽取り止め。

急な家の用事も片付け、ご近所の様子撮影。

●アキアカネも産卵の頃 時々水面で産卵
f0324026_18083714.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ナツアカネ ここでの昨年の撮影 産卵時の落ちる卵が写ったもの BORGで遠目のものを撮影したものの、自分でもあまり良くなくて、この更新をと思っていましたが、遠くにいるばかりで近付けず。また次回。
f0324026_19123186.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

●モンキチョウ
川に近い防波堤の斜面。
いつもここで飛翔を狙うわけですが、いつも何故か天気が悪くなり条件はよろしくありません。
無理して魚眼のみで近付いたのでどうもボケボケの下手なものばかり。12-40mmでも狙えばよかったと反省。
f0324026_17320209.jpg
f0324026_17321152.jpg
f0324026_17321592.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●キタテハ
f0324026_17350216.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●ウラナミシジミ
この時期の出会いを楽しみにしているチョウ。飛翔時の翅の表の色は青系で美しい。
f0324026_17453803.jpg
▽♀
f0324026_17464918.jpg
▽♂
f0324026_17465929.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ネコハエトリグモ
同じ植物回りに妙に沢山の姿。しかも♀ばかり。
f0324026_17550535.jpg
拡大すると一番大きな単眼には秋空。
f0324026_17565789.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro




by Nature_Oyaji | 2016-09-25 17:58 | 自然 | Comments(0)
2014年 11月 03日

連休最終日 八王子方面訪問 オオセイボウとの出会い

連休最終日。ある記事でヒナカマキリを知り、今日はそれを探しに行くことに決定。
ヒナカマキリ自体は約2cm以下の大きさで、1円玉にも乗る大きさ。

まずは以前ミヤマアカネを撮影した場所を訪問。
すっかりススキも伸びて秋の様相。

●未だ元気なオオカマキリ
f0324026_17512229.jpg
●ウラナミシジミ
f0324026_1758173.jpg
●ミヤマアカネ 流石にペアはなく、オスメス単独を確認
f0324026_1759158.jpg
f0324026_18182141.jpg
●クビキリギス
f0324026_17593796.jpg
●キタテハ
f0324026_1801515.jpg
●ヒメハラナガツチバチ
f0324026_1814770.jpg
ここで目を疑うハチに遭遇。
なんとオオセイボウが吸蜜中。昨年夏、一度だけ葉に留まっているものを見ていて、この夏には会いたいと思っていた昆虫の一つ。
今年はもう出会うこともないとすっかり頭から消えかかっていた。
これは嬉しい出会い。
f0324026_18263980.jpg
f0324026_1862224.jpg
f0324026_1863159.jpg
f0324026_1864171.jpg
f0324026_1865328.jpg
f0324026_187956.jpg
f0324026_187268.jpg
f0324026_1832434.jpg
f0324026_1916420.jpg

興奮冷めやらぬまま、ヒナカマキリのポイントへ移動。
ヒナカマキリは落ち葉の裏などに隠れているとのことで、ゆっくり落ち葉を動かしたりして何度も探したものの、結局は見つけることが出来ず。
場所はあっている。見つけた記事は10/25の観察会とあり、それから1週間。死滅してしまったとは思えないが今日は諦めて帰宅。11月中旬まで見られるらしいので来週末もう一度訪問して探してみたい。それが今年ラストチャンスかも知れない。それでもだめならまた来年のお楽しみ。

それでもオオセイボウにも出会え大満足の日。

by Nature_Oyaji | 2014-11-03 18:26 | 自然 | Comments(6)