人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオアオイトトンボ ( 25 ) タグの人気記事


2019年 06月 09日

雨の中の羽化 オオアオイトトンボ・オオシオカラトンボ

■マルタンヤンマ観察後、そのまま移動し都下の里山探索
関東も梅雨入り。4月の気温に戻った雨の中、いつもの里山の湿地を探索。

●定位ヤゴ
6:00過ぎには多数定位。見ているうちにも更に登ってくるヤゴを確認。
どうやらオオアオイトトンボのヤゴ。

千葉での観察場所では田んぼに水が入ってからヤゴが成長するためもっと遅い時期での羽化だが、もともと水があるここでは早いようだ。

羽化の様子撮影と思っていたが、気温が低すぎで30分待っても裂開せず撮影は諦め。

●定位(Photohitoリンク
f0324026_18214348.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●既に羽化していたオオアオイトトンボ(♀)(Photohitoリンク
f0324026_18262054.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●オオシオカラトンボ
こちらも雨で羽化が遅れていた個体。
f0324026_18274087.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今回の結果
●オオアオイトトンボ羽化を確認
ここでの羽化時期は知らなかったのですがちょうど今が羽化時期のよう。

また撮影はしていないのですが、もっと小ぶりのイトトンボ系の羽化殻も確認。ひょっとするとキイトトンボのものだったかもしれない。


by Nature_Oyaji | 2019-06-09 19:31 | トンボ | Comments(0)
2018年 11月 11日

オオアオイトトンボ連結とカトリヤンマ産卵(最終)

■いつものカトリヤンマ多産地へ昨日に続き訪問
クリーニング行動撮影が未達な事と、11/11もまだ産卵に来るのか見届けの意味もあり訪問。
今日も昨日に引き続き晴天。
気温は訪問した13:00過ぎで20度前後。

●オオアオイトトンボたち
13:30頃確認した所、既に連結状態。
交尾態は見かけなかったので既に交尾態は終了し、連結状態になっていたものと想像。

▼オス
やや逆光気味で翅の反射が美しかった。
f0324026_20463940.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM(トリミング済)

▼連結ペア
上のオスはグリーン系だが、このペアのオスは金色系が強い。
もともとの金属光沢の反射でそう見えるのかもしれない。
f0324026_20482270.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

細流上を覆うように生えている木々には、見た限り連結した5~6ペアと10頭未満のあぶれたオスたち。
カトリヤンマ撮影後、産卵の様子を撮影予定で、産卵場所等を確認。

●ホソミオツネントンボ(♀)
いつもの場所で今季も発見。
ホソミイトトンボは見つからず。別の多産地では今は午前中で捕食後、昼近くには木の上部の葉に止まってしまう。ここで見つからないのは同様の行動の結果かもしれない。
f0324026_23250093.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

●カトリヤンマ産卵
今日も15時過ぎきっかりに1頭が産卵開始。
ただ昨日同様かなり敏感で、少しでも近づこうものならすぐ飛び立ってしまう状態。
下に降りたかと思うとすぐ飛び立ち、新たに伸びた稲の間を移動しながら産卵。
f0324026_20575768.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▼土手で産卵開始 暫く放置してから近づいて撮影
f0324026_20584761.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

産卵自体は15:10~15:40程。
ただ最後は上の場面で少し近づきすぎた所を飛ばれてしまい終了。

●オオアオイトトンボ産卵確認
カトリヤンマ撮影後、16:00過ぎに再度ペアがいた場所へ行ってみたものの、何故か何処にもいない。既に太陽は遠くの木々に遮られて少し暗めな状態。
この時期、日が陰ると急速に気温が下がるので、産卵はカトリヤンマ撮影中に終わったのかもしれない。

■今日の結果
●産卵観察は11/11で終了
流石に来週末では終わっていると思われるので、今季は今日が最終日。
最終観察日も11/11まで伸びた。
改めて最後に心の中で感謝して今季は終了。

●非常に敏感な個体
たまたま来た個体の特性なのかもしれませんが非常に敏感。
過去9~10月での産卵ではここまで敏感ではなかった。
翅は稲の中を飛び回っている割には傷みも少なく、綺麗な状態。

●オオアオイトトンボたちは??
見ていなかった間に産卵したのか、それとも産卵せず夕方になったので移動してしまったのか。見ていなかったのは14:00~16:00、来年はその時間帯も確認したい。


by Nature_Oyaji | 2018-11-11 21:20 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 28日

秋の日 いつもの谷戸のトンボたち

毎年、体育の日を境に頭痛と肩痛が悪化。どうもこの所良くありません。今日もまだダメな日でしたが、落ち着いて来たので少し散策。

いつもの谷戸を訪問。

谷戸の上部に向かう田んぼ脇の道を観察しながら移動。
一番上側の谷戸が始まる場所の林縁部の陽だまりでは、以前ホソミオツネントンボを撮影していたので、またそこもチェック。

やはりそこにまたいました。
●ホソミオツネントンボ
f0324026_07134405.jpg
近くにもう1頭。もう越冬している姿の様。
f0324026_08420270.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

さらにホソミオツネントンボを探している途中で、ホソミイトトンボを発見。
●ホソミイトトンボ(♀)
f0324026_08052394.jpg
f0324026_07134483.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ここでは昨年の7月、カトリヤンマ羽化を探していた時、全く偶然に見つけていましたが、その後はその個体以外出会うことがないまま。
生息しているという話は聞いてはいたものの、絶対数が少ない状況なので定点観察も出来ませんが、恐らくこの竹林が越冬場所なのでしょう。
今回越冬型を確認出来たので、ここではしっかり定着していることが自分の目で確認出来たのは嬉しい。

活動としてはまだまだ盛んに餌取り中。小さな蜘蛛の巣を襲う姿を確認。

ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボ共に、この冬はこの場所での越冬姿を探してみたい。

●オオアオイトトンボ
撮影はしたものの、日影あり、高所ありであまり結果は良くありません。また次回です。
f0324026_07593121.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
▽オオアオイトトンボ同士の三連結
f0324026_09084274.jpg
▽交尾態 2ペア
f0324026_07134507.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▽まとまっての産卵姿を魚眼で狙ってみましたが、思うような写真にならず・・。
あとで深度合成で撮影してみたら良かったかなと。
f0324026_08272693.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

ナツアカネ、アキアカネはとうとう産卵確認できず。またカトリヤンマも何度も探してみましたが、3頭ほど。

今期も終わりなのかもしれません。


by Nature_Oyaji | 2017-10-28 07:51 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 19日

オオアオイトトンボ 産卵

■改めてオオアオイトトンボ 産卵撮影
前回、早朝に枯れ木に止まったオオアオイトトンボが産卵行動をしましたが、今回はじっくり産卵する所をSさんと撮影。

●オオアオイトトンボ 移精(初)14:30頃 (Photohitoリンク)
f0324026_20272615.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▽移精中、メスが産卵開始(オスにとっては「これから交尾態を経て産卵のはずが・・」と思っていたに違いない??)
f0324026_20281742.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

※後日、別の投稿サイトで専門家の方から「これはオスが産卵中のメスを捕まえて交尾しようとしたものの、メスはまだそのまま産卵を続けたくてこうなったのだと思います。 このパターンでも、オスが何度か仕切り直しているうちに、交尾に至ることが多いです。」とのコメントを頂きました。
ありがとうございます!


●産卵(初) もっと暗くなってから産卵と思っていましたが、この時は15:31
Sさんが見つけてくれたものを撮影させて頂いた。生木に産卵している様子はこちらも初。
f0324026_20305650.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この後、解散。お疲れ様でした。

■別の多産地へ
帰り道、念の為もう一ヶ所のオオアオイトトンボ産卵場所をチェック。
過去まだここでは産卵は観察出来ていなかったのですが、今日は時間帯が良かったのか、暗い中一組だけ産卵中でした。

●産卵ペア 16:40
過去この場所では多数産卵されており、木の表面はボコボコ状態。産み付け中の枝先も過去の産卵跡多数で決して柔らかそうに見えませんが、それでも懸命に産み付け。
f0324026_20335437.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●申し訳ないハプニング
この日、この時間帯ですっかり冷え切っており、この後ハプニングが・・。撮影中、誤って産卵していた枝に少し振動を与えてしまった所、オスがそのまま落下・・。
f0324026_20365294.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

残ったメスは産卵の姿のまま全く動かず。オスメスともこの寒さで限界だったのかもしれません。




by Nature_Oyaji | 2017-10-19 20:41 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 30日

オオアオイトトンボ 早朝産卵

■オオアオイトトンボ観察
先週と同じ場所に早朝訪問。
前回はまだ単独で散らばっていましたが、今日はペアになり産卵間近の様子。
ただペアの数はまだまだ少なく3組程。

※午後再訪問時は連結多数。本格的な時期だったようです。

●オオアオイトトンボ連結
f0324026_19560483.jpg
●飛んだと思ったら・・
f0324026_11591581.jpg
f0324026_11512597.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

次の到着場所で産卵。ただ見るからに適した木ではないので、少し止まった後飛び去り。
過去得た知識では夕方遅めに産卵すると覚えていたものの、このペアは6:30過ぎの行動。
オオアオイトトンボの産卵は実は過去撮影したことがなかったのですが、初の撮影がこんな珍しい時間に。

ただ飛んだあとはまた続けて産卵することもなく移動したので、ちょっとした気まぐれだったのかもしれません。

●ホソミオツネントンボ
同じエリアで久しぶりの撮影。
f0324026_11531851.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

昨年ここでホソミイトトンボを撮影しているので、少し探索したものの見つけられず。

またカトリヤンマが何処かに止まっているはずですが、田んぼから見える範囲では確認できず。
林の中にも何度か入り込んでみましたが見つけられない。今後もまた探索。


by Nature_Oyaji | 2017-09-30 11:56 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 23日

カトリヤンマ 産卵

■カトリヤンマも産卵の頃
トンボの産卵撮影も終盤。今季の目標の一つのカトリヤンマの広角撮影ですが、いよいよ時期となりました。
今日は昨日からの雨が10時過ぎまで続き、その後は回復傾向で、午後は曇り~晴れ。
カトリヤンマの産卵時間帯は時期にもよりますが、まだ日が長い今は15時前後が活動時間帯。

●オオアオイトトンボ
カトリヤンマの活動時間まで今暫く。近くにいたオオアオイトトンボ。
まだ連結にはなっておらず、産卵はまだ少し先の様。
▼♂
f0324026_20370945.jpg
▼♀
f0324026_20375110.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●カトリヤンマ産卵
目的のカトリヤンマ、田んぼを眺めていると14時過ぎから何頭か産卵に飛来。
14時半過ぎから田んぼの土手斜面の一角で産卵開始。この場所は何故か人気で、もう1頭も来て産卵。
結局、16時半頃まで2頭が産卵。
f0324026_20494796.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_20505076.jpg
f0324026_20513133.jpg
(Photohitoリンク)
f0324026_20515122.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

●広角比較 オリンパス12-40mmとツァイス2/25比較
▼オリンパス12-40mm(12mmで撮影)(Photohitoリンク)
f0324026_21023111.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ツァイス2/25(Photohitoリンク)
f0324026_22261835.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

オリはもっと寄れますが、2/25は目一杯(0.2m)での撮影です。
慣れと液晶の拡大率の違い、液晶の見易さからオリンパスの方がピークは掴みやすい。12-40mmの絞りは、F2.8(開放)、2/25は前回のナツアカネで被写界深度が薄すぎた事もあり、F6.3に絞っています(絞りすぎの感)。その分カトリヤンマ全体のピントは2/25の方がしっかり捉えられています。


●撮影後記
何とか広角撮影(フルサイズ、m4/3共に)が出来、取り敢えずは今期の目標の一つ達成です。

産卵開始直後は望遠で先ずは抑えました。産卵場所周りはまだまだ柔らかい泥状態で入るのを躊躇していましたが、広角に変えてからは、気が付いたら泥の中に座り込んでの撮影。

終わった時にはウェダーは泥だらけ、カメラも底部やレンズ下側は地面すれすれからの撮影でしたので、一部泥付き。

広角撮影は相手に近付かなければならないので、その分産卵中の翅音、目の前でのホバリングやその時の翅からの風、どろや草などの匂いなどなど、トンボの環境に身を置く事で、トンボが生きている世界に浸ることが出来ます。
楽しみ方は人それぞれですが、泥まみれになっても自分にとっては至福の時です。

また普通ならかなり敏感なカトリヤンマたちですが、今回はある程度産卵に夢中になると広角で20cmまで近付いても全く逃げないことを体験。レンズ交換での移動の際、驚かさないようになるべく水平に移動して離れるのですが、今回は敏感な上下運動(しゃがんでいた状態から中腰)でも全く逃げることもなく、産卵を続けていました。

またこの経験は来年のネアカヨシヤンマの産卵撮影にいかせるものと思っています。




by Nature_Oyaji | 2017-09-23 21:12 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 25日

カトリヤンマ羽化の頃

昨年秋、カトリヤンマの産卵を撮影した田んぼもそろそろ羽化の頃。
田んぼ周りを一回り、一番日当たりの良い田んぼで3頭の個体がいるのを確認。
それ以外の田んぼではまだ先のようで、全く確認出来ませんでした。

本格的な羽化は来週後半辺りからになりそうです。

●カトリヤンマ 羽化開始?
▽8:30、稲を登って静かにしている個体。
ただ結局11:30を過ぎても羽化せず。
f0324026_18375259.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽体半分出ていた個体。この個体も結局はこの状態で羽化せず。
f0324026_18395615.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ
こちらはもうだいぶ羽化が進んでいて、あちらこちらに羽化殻と羽化中の個体など散見。
f0324026_18422740.jpg
f0324026_18423348.jpg
f0324026_18432523.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●アキアカネ
▽こちらは到着した8時過ぎではすっかり翅が伸びてしまっていて、一斉に飛び立つ状況。
半端ない数。
f0324026_18451560.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽中にはゆっくり羽化している個体も。
f0324026_18450387.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ
少し離れた場所に越冬場所があるのですが、ひょっとしたらそこから産卵に来ている群なのかもしれません。ホソミオツネントンボ等、越冬トンボたちの行動範囲は案外広そうです。
f0324026_18472649.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)




by Nature_Oyaji | 2017-06-25 18:50 | トンボ | Comments(0)
2016年 11月 19日

11月の冷たい雨が降った日

まずはいつも観察しているホソミオツネントンボの越冬場所。
先週は見つけられずでしたが、今回もまだ見当たりません。
ひょっとしたら既にここには移動しているのかもしれないので、念のため木に近づく時は足元を見ながら、そしてひこばえ観察。

また以前虫友Tさんから、今の時期木の上部にいる事があると教えてもらっていたので見上げて探しましたがダメでした。

越冬場所にはまだ水滴のみ
f0324026_19433094.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

続いて隣の区の自然公園訪問。
息もうっすら白く見える日。昆虫たちも動けず潜んでいる感じで、出会えたものたちも寒そう。
●イナゴ
f0324026_19493016.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ツユムシ
f0324026_20531987.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●コカマキリ 最後の大仕事の産卵を終えて間もない感じ。尾部先端には卵鞘の様な白い物が見えました。
f0324026_19510096.jpg
f0324026_19511264.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ 本日出会えた唯一のトンボ。
f0324026_23141202.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(接写リング付き
f0324026_19525469.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8



by Nature_Oyaji | 2016-11-19 19:58 | 自然 | Comments(4)
2016年 11月 03日

久しぶりの晴天の秋の日を魚眼で楽しむ

今日の活動はホソミイトトンボ探しと、晴天となったので宿題だったカトリヤンマと青空の撮影。
同時に今日は魚眼での条件ぎめが出来たらと、意識的に逆光で撮影。
特に今まで逆光での撮影時、ほとんどストロボを使っていなかったこともあり、今回は使用してどうなるか試してみました。
わざと太陽を入れているので、見ていると少々しつこいですがご容赦。

●オオアオイトトンボ
f0324026_20593270.jpg
今日は魚眼を試しながら8:00~10:00頃までホソミイトトンボを探したものの、見つからず。
いつもより早い時間帯なのでどこかに潜んでいた可能性。

●ルリタテハ
f0324026_20595952.jpg
●モンキチョウ
f0324026_2112082.jpg
f0324026_2134559.jpg
f0324026_2131395.jpg
●モンシロチョウ
f0324026_2153152.jpg
f0324026_2153924.jpg
●ヒメアカタテハ
f0324026_2173336.jpg
●ヤマトシジミ
f0324026_21164812.jpg
●コワモテとアキアカネ 真下から撮影していたら偶然・・眩しくて目付きが悪い(^^;
f0324026_21281658.jpg
●コスモス
f0324026_2182020.jpg
f0324026_2182689.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK(モンキチョウペア撮影のみOlympus E-M5II+NOKTON 10.5mm F0.95)

宿題のカトリヤンマ撮影。
前回と同じ田んぼを探索。結果は2頭ほど来たものの、前回同様なかなか近づけずでようやく撮影出来たものの、ストロボが強すぎという設定ミスで白飛び。
今日は結局この一枚のみ。青空もうまく入れられずでまた来年へ宿題持ち越し。
f0324026_2114081.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

夕日を待っての撮影。
●アキアカネ
f0324026_22262413.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_21181852.jpg
f0324026_21184181.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日のまとめ
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●光芒を出すにはSAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYEではF11程度。光芒以外は欲しい被写体深度で絞りを設定(これは自分の好みとか何をどう表現するかなのですが、まだまだ自分の中でイメージが固定しません)
●ISO200~500
●F値、ISOを固定としてシャッター速度はカメラ任せ。今回はPモード(結局は絞りはマニュアルでしたのでAモードと同じ)
●一度、対象を撮影してみて背景の明るさを確認。明るさはISOとシャッター速度で調整なのですが、ISOは簡単ですが、シャッター速度はMモードに移してやる必要があります。
●その時のストロボの強さを確認。被写体の明るさはストロボで調整。

う~ん、これで良いのか。ただまとめにも書きましたが「何をどう表現するか(素人がおこがましい表現ですが)」が有っての設定決めなので、まずは色々なものを撮影したり、プロの方の写真を見たりで自分に響くものを見つける事が一番。

今はそれが見つかった時のために、じゃあ設定はどうする?に対応するためのテスト中ということで、まずは撮れる条件を探しました。

by Nature_Oyaji | 2016-11-03 21:34 | 自然 | Comments(2)
2016年 09月 22日

4連休の初日 嵐の一日

金曜休みを頂き、4連休としたもののどうにも天気がよくありません。
今日は秋雨前線の影響で千葉方面は土砂降り。
それでも雨の中、出会いがあればと思い出撃。

7月にカトリヤンマとホソミオツネントンボ、オオアオイトトンボ羽化を撮影した場所へ。
晴れていればカトリヤンマは産卵の頃なのに残念。出会えたものたちは雨の中、晴れを待つ。

●ノシメトンボ
f0324026_20341874.jpg
●オオアオイトトンボ 
f0324026_20304367.jpg
f0324026_20325009.jpg
ホソミオツネントンボも探してみたものの見つけられず。

別の場所へ移動。こちらもカトリヤンマ羽化撮影と、この場所では初見のホソミイトトンボを撮影した場所。

そのホソミイトトンボ。撮影後何度か探してみたものの、それ以降は見つけられないまま。
19日の観察からだと、うまく繁殖して越冬型がいるなら田んぼ近くの草原にいる可能性があるので、田んぼ回りにある草原を探索。広い草原を暫く探してみたものの、見つかりません。
f0324026_21244544.jpg
なおあとで知ったのですが、ここのホソミイトトンボについてはどうやらこのエリアの別の所にいるらしい。
そこが普段過ごしている場所で、1頭ここにいたのはそこから飛ばされてきた(?)個体なのかもしれません。
いずれにしろ、また探索が必要です。

他の面々
●マユタテアカネ(♂)
f0324026_22051061.jpg
f0324026_22055986.jpg
●ナツアカネ(♀)
f0324026_22074731.jpg
●ノシメトンボ なぜか同じ枝に止って
f0324026_00473785.jpg
全てOlympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


連休、残り3日の予定。
明日はまた天気が悪いので足立区生物園へチョウ撮影にいってみようか。
土曜は茨城のSさんがヒナカマキリ撮影に来られるというので、一緒に撮影。
日曜は山梨の山間部へキベリタテハなど久しぶりのチョウ目的で訪問予定。





by Nature_Oyaji | 2016-09-22 22:14 | トンボ | Comments(0)