オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オナガサナエ ( 4 ) タグの人気記事


2018年 06月 06日

オナガサナエ 羽化

■夜羽化するサナエトンボの一つ、オナガサナエ。一度羽化を見たく訪問。
実は2年前に同行頂いた時、多数の羽化殻を見ており、出来たらたら大量同時羽化に月か星のコラボで残したい。
f0324026_23542801.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●羽化時期
今季になって夜観察のたびに何度か確認には来ていましたが、時期が早く出会えず。
ようやく羽化開始の頃の時期になりました。
写真は言い訳ですが、体調が悪く集中力に欠けていた時。
そして三脚も立てず、手持ちでぶれてしまったもので、まさに雰囲気写真。
f0324026_01313385.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

次回は、もっと集団での羽化中の様子を捉えたい。




by Nature_Oyaji | 2018-06-06 01:36 | トンボ | Comments(0)
2017年 07月 25日

オナガサナエ(♀)羽化

■オナガサナエ(♀)羽化(初)
こちらもミヤマアカネ撮影の時見つけたもの。
特徴的な尾部を持つオスは早いものは都下の川では6月頃から出現のイメージ。

▽以前6月に撮影したオナガサナエ(♂)
f0324026_04482532.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

成虫は今の時期、飛んでもいても不思議ではありませんが、今頃の羽化は遅い気がします。
しかもオナガサナエの羽化は夜と聞いていたので、明け方の5時過ぎで飛ばすの居残り羽化は時間的にも遅すぎの気がします。
f0324026_04553741.jpg
f0324026_04563056.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

また体の模様からはオナガサナエと思われますが、尾部先端部分の模様が微妙。
尾部先端から少し離れた大きな黄色の模様はオナガサナエですが、尾部に近い2つの節にある黄色の模様はネットで見るオナガサナエ(♀)にはないもの。
羽化したばかりの個体だからかかもしれません。




by Nature_Oyaji | 2017-07-25 05:09 | トンボ | Comments(0)
2015年 08月 09日

埼玉の夏のトンボ

埼玉の山間部へホソミイトトンボ探しと川でのトンボ撮影を兼ねて訪問してみました。
5月末に訪問していたので、その時との変化を見るのも目的です。
また今日も広角での撮影のお試しと近付いも逃げないようなアプローチの確認です。

例によって夜間移動で、車中泊。5時頃明るくなって活動です。
●ハグロトンボ 5時過ぎ少し川が明るくなってきた頃 春先早く発生するアオハダトンボがこの頃いなくなり、今は遅れて発生したハグロトンボが多数
f0324026_18361729.jpg
●オナガサナエ 6時過ぎのまだ薄暗い川で活動開始。留まった所で近付いてみるも、非常に敏感に反応して、近寄ろうとするとすぐ飛んでしまう。
オス同士のテリトリー争いが活発なこともあるようです(写真はメスと思われます)。
f0324026_18494875.jpg
留まった所へアプローチ 川に座り込み、擦り寄るように動いてだんだん近付けるように
f0324026_18525494.jpg
そんな繰り返しをしている間にメスが産卵開始 この撮影は7時過ぎでしたが、ここでの産卵を見かけたのは6時半頃 少し卵塊が出た時
f0324026_18583418.jpg
そして産卵
f0324026_18574642.jpg
少しトリミング
f0324026_18585067.jpg
12mmでのアプローチ まだ寄れる感覚
f0324026_19105587.jpg
この場所には他にコオニヤンマ、ミヤマアカネを確認。

●コオニヤンマ ここに来た時はこちらも敏感で近寄ることも出来なかったが、最後はなんとか近寄って撮影(でも40mmでの撮影)尾部には卵?なんとダニでした。Atsushiさんありがとうございます。
f0324026_19131081.jpg
ホソミイトトンボ探しの為、別のポイントへ移動。
暫く探してみたものの、とうとう出会えず。5月の訪問時もホソミイトトンボを探したものの、その時も出会えなかったので2連敗。
何やら相性の悪い予感。

●別の場所で再びオナガサナエ 朝方、余り天気は良くなかったものの、昼近くには天候回復。気温も上がり、いつもの倒立開始。
f0324026_19195180.jpg
f0324026_19195986.jpg
何ヶ所か川の場所を変えてトンボを探したものの、今日は他のサナエトンボなどには全く出会えず、妙な日でした。

さてトンボに近付ける感覚が何となくつかめてきました。次はズーム使わず12mmだけでの撮影にトライ。

撮影はすべてOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROにて

by Nature_Oyaji | 2015-08-09 19:38 | 自然 | Comments(0)
2015年 08月 02日

都下の昆虫たち

先週に引き続き、同時刻帯にマルタンヤンマの産卵の撮影で訪問。
この辺りは前日は大雨だったようで、そのような日の翌日は産卵できなかったメスたちが集まりやすいということを伺ったが結果は惨敗。
マルタンは1日2回、朝夕に産卵するので朝がダメだったら今日は夕方の産卵可能性があります。
時間があれば午後訪問したい所ですが、夕方用事があるため残念ながら確認出来ません。

回りの生き物たち

●アマガエル 先週はまだ尻尾が残っていたものの今日はほぼ無し
f0324026_4155974.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●マユタテアカネ 久しぶりの芸達者トンボ ストロボ撮影すると複眼が綺麗でした
f0324026_4303254.jpg
f0324026_4305365.jpg
f0324026_431122.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●キイトトンボ
f0324026_4323564.jpg

Kさんと合流
●オナガサナエ 産卵している個体も確認
f0324026_4331215.jpg
f0324026_437232.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●久しぶりのタマムシ 盛んに産卵
f0324026_43991.jpg
f0324026_4392442.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カトリヤンマ(♂)成熟体 それまで盛んにメスを探していた個体
f0324026_4402659.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤブヤンマ 産卵 木に囲まれた薄暗い小さな人工池。池の縁回りには苔がありそこに産卵に来ていたもの。池自体は浅く、水は雨からのもののみで、餌はオタマジャクシが多数なのでこれを餌にしているよう。
産卵時間は14:30から約45分間、場所を変えながらの産卵、思いのほか長時間でした。
最後にはオスも池の中の枝でぶら下がり。
f0324026_456836.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ヤブヤンマの産卵を撮影して、ふっと昨年地元の神社の小さな池に産卵に来ていたトンボを撮影したことを思い出しました。同様にコケに産卵していたので、昔の写真を出してみると確かにヤブヤンマでした。
撮影日は7/6、時間は11:58と産卵時期と産卵時間帯は共に早いものでした。
伺うとお盆の頃まで産卵が続くという事で、来週お盆休み中要観察です。

暑い中お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2015-08-02 04:47 | 自然 | Comments(0)