人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キトンボ ( 4 ) タグの人気記事


2019年 08月 18日

キトンボ 羽化(初)

■今季の目標の一つ、キトンボの羽化撮影で群馬へ
5月にオオトラフトンボ羽化撮影でお世話になったMさんにまたご案内頂き訪問。
キトンボの羽化については事前にネットで確認したが、時期、時間帯などの公開情報は皆無。
ただ羽化の経過については屋内での撮影されたものがあり、裂開から翅を広げるまで約1.5時間程度とあった。

●21:30頃から羽化個体チェック
21:00待ち合わせ後現場へ移動し、21:30頃から池の岸辺をチェックすると・・驚いたことに数頭羽化済で、しかも翅は伸び切り開いていて、色も既にキトンボ自体の色になっていた。
反対側の岸辺にも5~6頭羽化済で状況は同じ。

羽化の場所は岸近くの水面から約15cm~20cm位。水中から直接生えている植物に登って羽化していて、歩いて陸を移動しての羽化はしていなかった。
f0324026_21161680.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS(写真は23:00の撮影だが見つけた状態と同じ)

見つかった羽化個体の様子が皆同じだったため、ひょっとしたら既に今日の羽化は終わってしまった可能性もあり、観察結果として羽化個体を撮影していたが急な土砂降りとなり一時中止。

●22:30過ぎに小ぶりになり観察再開
多くのトンボでもそうだが、トンボによって一番羽化する時間帯があるがそこから外れて羽化する個体もいる。
また急な土砂降りになった事もあり、小雨になった今、遅れて羽化する個体もいる可能性がある
探索してみると、登っていた2個体を確認。

1頭は羽化殻かよく分からなかったのでそっと触れた瞬間、跳ねるようにして水中へ消えた。
もう1頭は光を当てる度に激しく体を揺すって警戒。暫く放置が必要。

更にもう1頭、倒垂中の個体を発見し撮影。

●キトンボ(♀)
▼23:31
f0324026_03211740.jpg
▼23:43
f0324026_03215675.jpg
▼23:56
f0324026_03220764.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

その後、更に雨が悪化したため、残念ながら今回は解散・撤収。


●解散後念の為写真チェック
少し移動し写真確認した所、大失敗発覚。シャッタ速度を1/3で撮影していたため、ほとんどがブレブレ。
上記写真は何とかその中でもブレが少ないものを掲載したが、定位からの撮影目的もあり、どうしようか迷ったものの、また戻って撮影することに決定。
先程の残りの一頭を確認するとまだそこにいてくれた。

●キトンボ(♂)羽化
裂開を気にしながらカメラ準備をしていると、細かく体をゆすり始めたと思ったら裂開開始。

▼2:23 裂開から00:03
f0324026_03081071.jpg
▼2:24 00:04
f0324026_03083368.jpg
▼2:25 00:05
f0324026_03090885.jpg
▼2:43 00:23
f0324026_03093817.jpg
▼2:47 00:27
f0324026_03101919.jpg
▼2:51 00:31
f0324026_03111114.jpg
▼2:59 00:39
f0324026_03140291.jpg
▼3:05
 00:45
f0324026_03150293.jpg
▼3:13 00:53 (Photohitoリンク
f0324026_03153547.jpg
▼3:46 01:26
Photohitoリンク
f0324026_03161116.jpg
▼3:54 01:34Photohitoリンク
f0324026_03171711.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

更に黄色に色づくまでここから約1時間程度なので、そこまで撮影できれば良かったが、体力的な事もあり今日はここまで。

■今回の結果
●羽化場所
岸近くの池から直接生えている植物に登っての羽化。水面からは約15~20cm程度。岸から遠い場所では羽化殻もないので、池底を歩いて浅瀬に向かい、そこに生えている植物を登っての羽化の様。
体が小さいためか、体に合った細めの植物を選んでいた。近くに太めの水生植物(大人の人差し指程度)が生えていたが、そこでは全く羽化せず。

●羽化開始時間帯
21:30過ぎには翅は開き、色も付いていたこともあり、他のアカネ系より早く19時台から開始したと思われる。機会があれば19時から様子見としてみたい。

●羽化自体の時間
19時台から開始で、明け方には飛翔する様。羽化開始から約7~8時間位。
飛翔自体は明け方だが、翅が開くのは裂開後約2時間程度。

1枚めの写真は23:00の撮影だが、見つけた21:30過ぎには翅は伸び切り、開いていた。他の個体も同様。
今回は突然の雨で翅が濡れて飛ぶことはなかったが、雨が止んだ時には羽ばたいて逃げようとしたので、恐らく濡れていなければ飛べたものと思われる。

●ヤゴサイズ VS 成虫サイズ
ヤゴサイズと成虫サイズの違いが大きいと感じた。でも他のアカネ系でも同じ位かもしれない。


改めてご案内、ありがとうございました。
この池では越冬3種が生息しているということで、遠くでなかなか頻繁には観察出来る場所ではないのですが、他のトンボの観察もありまた来てみたいと思っています。


by Nature_Oyaji | 2019-08-18 22:35 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 08日

今期最後の遠征 オオルリボシヤンマ 青メスとの出会い

■今期最後の遠征へ
Fさんと新潟方面へ。途中、ご案内頂いた棚田やブナ林は追って公開です。

■2年前キトンボマダラナニワトンボの産卵、そしてこの夏、マダラナニワトンボ羽化で訪問した池へ
実はオオルリボシヤンマの青メス産卵を知合いの方が同じ池で撮影済。
今期、茨城方面で計画していたものの予定を逸していたため、出来たら今期やり遂げておきたい。
青メス産卵を撮影された方も現地で合流。

●キトンボ産卵(広角)
9時半頃から産卵開始。以前ここで観察した際は10時半頃でしたので、1時間程度早め。
f0324026_18170352.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●マダラナニワトンボ
こちらも同じ頃から産卵開始。通常なら11時過ぎからですが、こちらも今日は早め。
ナツアカネと同様、連結打空産卵なので卵が落下した場面が必須ですが、なかなかうまく行かず。
広角でピンが比較的来たものと、ピン甘ですが何とか卵が落下中の場面のものです。
f0324026_18215236.jpg
f0324026_18220305.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
●3連結
あっと驚くオオアオイトトンボ連結にアオイトトンボ(♂)が連結した形。
f0324026_18283430.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●オオルリボシヤンマ 青メス産卵撮影
この青メスだけはここまではるばる来たものの、あとは現れてくれるか、そして撮影可能な近場で産卵してくれるかは運次第。
今年の出会いの引きの運がまだ残っているかどうか・・。
待つこと1時間超、ついに現れてくれました。同行のFさんが発見。

以前、Fさんが撮影されていた関西でのものは複眼まで青色でしたが、この個体は体のみ。
また青メス自体は西日本では割合は圧倒的に高く、東日本では逆な様です。
そんな地域的な割合の違い、青メスの部分的な違いなども興味深いです。
f0324026_18304418.jpg
▼♂が来ましたがルリボシヤンマの様に産卵中でも強引に連結することなく、見守るかのように上でホバリングしていました。
f0324026_18311653.jpg
f0324026_18313427.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

最後に皆さんのご好意で、逃げても良いからと背中を押して頂き、広角撮影をトライ。(共に撮影角度が水平ではなかったので、現像時調整。そのため本来の画角より拡大された画像になっています)
▼オオルリボシヤンマ 青メス産卵 広角-1(Photohitoリンク)
f0324026_18324983.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
▼オオルリボシヤンマ 青メス産卵 広角-2(Photohitoリンク)
f0324026_18331216.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

最後の遠征で、撮影したかったオオルリボシヤンマ 青メス産卵を残せました。
背中を押して頂いた皆様、ありがとうございました。


by Nature_Oyaji | 2017-10-08 18:42 | トンボ | Comments(0)
2015年 10月 17日

新潟遠征-2 キトンボ

新潟遠征-2です。
マダラナニワトンボの撮影場所にキトンボもいました。
キトンボも先日初撮影したばかりのトンボで、美しい黄色をしています。成熟体はややオレンジ色が強くなっています。
当初この場所ではキトンボ撮影は予定になかったので、嬉しい限り。

●キトンボ
▽ホバリング
f0324026_23345537.jpg
f0324026_23372360.jpg
▽交尾態
f0324026_2333406.jpg
▽産卵 敏感で近寄れず、望遠での撮影となりました。
盛んに行っていましたが、肝心な打水時が残せていません。⇒ 後で調べて分かったのですが、キトンボの産卵は打水産卵ではなく、尾に水を付けてその水と一緒に卵を水際の土手などに投げつけるように産卵するとありました。
ですので、この尾に水がある状態は土手に投げつける直前の姿になります。
f0324026_2339412.jpg
f0324026_2341548.jpg
f0324026_23412186.jpg
f0324026_2341294.jpg
f0324026_23443794.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

同行させて頂いた皆様、お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2015-10-17 23:45 | トンボ | Comments(4)
2015年 09月 23日

シルバーウィーク 4日目-1 キトンボ

シルバーウィーク 4日目。

黄色いアカトンボの類、キトンボのポイントへ。
本当なら交尾態などの観察時期はまだ1ヶ月以上早いのですが、今日の目的のホソミイトトンボ探しで近くまで行くので、現場下見を兼ねて訪問。
今朝は曇り空でなかなか日が出ません。その後7:15過ぎに雲が晴れて、ようやく日が指しました。
Tさんから「日が差すと劇的に活発になる」という話の通り、いつの間にか現れていました。
ただ今日は昼近くまでいて、2頭のみ。

●キトンボ
f0324026_202369.jpg
f0324026_2024296.jpg
f0324026_20306.jpg
BORG FL71(400mm)

1頭だけで他のポーズも撮影出来ず、図鑑みたいな写真で今日の所は終了。この撮影後、何処かへ飛び去りました。

次回紅葉の頃、交尾態や産卵の様子を撮影してみたい。

追記
●ヒメアカネ こちらも初見。
f0324026_781654.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミヤマアカネ
f0324026_79188.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_793822.jpg
BORG FL71(400mm)

by Nature_Oyaji | 2015-09-23 20:05 | トンボ | Comments(0)