オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ゴイシシジミ ( 4 ) タグの人気記事


2016年 09月 11日

長野遠征 マダラヤンマなど

今日はいつもの虫友Tさんとミキ♂さんの3人で長野遠征。現場でFさんと待ち合わせ。

●マダラヤンマ
昨年と全く同じ日の訪問でした。
天気予報は晴れで良いのですが、気温が高過ぎると暑さを嫌い飛ばなくなるので、その点が心配。
8:45過ぎ着。到着早々数頭が目の前でホバリング中。今季初ですが、相変わらず美しい。
f0324026_4303558.jpg
f0324026_4304138.jpg
f0324026_19284948.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

撮影から約45分程度は沢山出ていましたが、気温が上がり始めた9:30過ぎ位からはだんだん減少。

時々飛ぶ個体待ちの間に
●セスジイトトンボ
f0324026_538363.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ナツアカネ 標高差のため地元より早い産卵 (逆光で結果は良くありませんが、記録として)
f0324026_4431237.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

早朝からのFさんは交尾態も撮り終え産卵待ちでしたが、飛ばなくなったこともありチョウ撮影へ移動。

暫く待ってみましたがダメなのでこちらもFさんを追って移動。

次のポイント着。キベリタテハやエルタテハ狙いです。
マダラヤンマ池で地元の方から聞いた話では、今年はどこもキベリタテハは極端に少なく、なかなか出会えないという。

皆でさがしてみましたが、その話の通り今回は2度程飛ぶ姿が見られた程度。エルタテハも同様。

ゴイシシジミは多数生息していて、ミキ♂さんが暫く笹の葉にいる幼虫を探している時、予想外のゴイシシジミの蛹を発見。
こういう普段通りの観察行動が良い結果を引き込んでくれます。

●ゴイシシジミ 蛹(初見)
f0324026_57271.jpg
f0324026_573582.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

大きさは測定はしていませんが約1cm程度(ミキ♂さんはメジャーと一緒に撮影。8mm位とのこと。流石です)。
探してみると、数個の蛹を発見。沢山の新鮮な成虫がいるので、今が羽化の時期なのでしょう。

●ゴイシシジミ
f0324026_59816.jpg
f0324026_591341.jpg
f0324026_5102770.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

少し移動。
●スジボソヤマキチョウ(初見)
f0324026_5205673.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●タマゴタケ
f0324026_5122666.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

そしてここを立ち去る寸前、目の前をキベリタテハが通過しましたが残念ながら途中でロスト。
そんな日もあります。
キベリタテハはまた改めて仕切りなおしです。

皆さん、お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-09-11 05:31 | 昆虫 | Comments(6)
2015年 07月 27日

夏真っ盛り

今チョウトンボが群れています。近くの田圃でも争うでもなく集団で飛翔中。
ここでも連結が少々、産卵も所々散見です。

●チョウトンボ
一度Fisheyeでチョウトンボに寄って撮影したいと思っていましたので、今日がチャンスです。
f0324026_21374910.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

ストロボを使おうと思ったのですが、実際発光してもほぼ上からになるのでこの下からのアプローチではあまり役に立たず、下から寄ると丁度ストロボがトンボの真正面になり逃してしまうので外してしまっていました。少しLEDライトで下から当てれば良かったかなと。

●ショウジョウトンボ
f0324026_2141671.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●笹林にはゴイシシジミ 幼虫は唯一の肉食系チョウ
f0324026_21421924.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●朝一ではまだこんな姿
f0324026_21424982.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by Nature_Oyaji | 2015-07-27 21:46 | 自然 | Comments(0)
2014年 08月 17日

市川市内公園と練馬区公園訪問

天気予報は晴れ。
日中は33度にもなるということで、昼過ぎにはもう一度トンボのぶら下がり撮影を予定。
午前中は朝露の中の昆虫たちの撮影とゴイシシジミの続き。

市川市内のO自然公園
●アオハナムグリ(?) 少し小型のハナムグリ
f0324026_20163275.jpg
●アジアイトトンボ
f0324026_20115059.jpg
f0324026_20122403.jpg
●イナゴ 「アイアイサー?」
f0324026_20130162.jpg
●ヤマトシジミ かなり傷んでいるがこの姿も美しい
f0324026_20222017.jpg
●スギナに水滴
f0324026_20142050.jpg
f0324026_20142995.jpg
●アカスジキンカメムシ この公園では3度目 赤い部分がややくすんでいるので成虫になってから暫く経ているもののよう
撮影しやすいよう葉っぱを引っ張った途端、俊敏に飛び立ち(これは今後撮影時に注意)
f0324026_20155397.jpg
●クワカミキリ
f0324026_20384155.jpg
●アリグモ 擬態の典型
f0324026_20184932.jpg
ゴイシシジミ撮影のため別の公園に移動
●ゴイシシジミたち
f0324026_20264967.jpg
産卵中
f0324026_20265778.jpg
f0324026_20270996.jpg
f0324026_20371356.jpg
f0324026_20271724.jpg
練馬区公園に移動
気温も高くなりぶら下がりに期待して暫く探しまわるものの、とうとう見つからず。(atsushiさん、ありがとうございました)
●リスアカネ いつもの公園には少なく、撮影出来て嬉しい
f0324026_20310431.jpg
f0324026_20350951.jpg
●オオアオイトトンボ 
f0324026_20355740.jpg






by Nature_Oyaji | 2014-08-17 20:40 | 自然 | Comments(0)
2014年 08月 16日

市川市 トンボ探しとゴイシシジミ

昨日のマルタンヤンマの興奮がまだ収まらない状態。
知り合いの方にネアカヨシヤンマなど県内の様子をお尋ねした所、いつもいくO自然公園やJ池などにもいることはいるらしい。
数年前まではあったヤンマ系が好む水辺の林が少なくなり、トンボも少なくなってしまったとお知らせ頂いた。

ただ8月上旬にこのJ池と思われる所でネアカヨシヤンマを撮影された方がいるので、普段の行いの良い方には出会える感じ。

そこで早朝からぶら下がりの可能性もあるので、J池へ訪問。

カワセミで人気のポイント、いつもの知り合いの方々が朝から撮影中でそんな中、一人トンボ探し。
ひと通り回ってみたがぶら下がり中のものは見つからなかったものの、すっとオニヤンマが横を通り過ぎたと思うと近くで産卵開始。
これは嬉しい。時間を見ると朝7時過ぎ。こんな時間なのかとインプット。

●上からの撮影
f0324026_18402237.jpg
f0324026_18404269.jpg
●ほぼトンボ目線から撮影 上下を繰り返し、泥の中に産卵
f0324026_18414896.jpg
f0324026_18422996.jpg
●産卵終了間際 それを見計らったようにこの後オスが来て連結して連れて行きました
f0324026_18433594.jpg
f0324026_18434227.jpg
●ノシメトンボ
f0324026_18453342.jpg
●セミの抜け殻集団 何か夏の終わりが近いようで少し寂しい
f0324026_18454744.jpg
●ゴイシシジミ
午後、ゴイシシジミが出ているとの情報を頂いていたので出かけてみた。
笹がひとかたまりになって群生している場所に小さなチョウが多数散見。
ただ途中で天候が変わりアリマキからの蜜を吸っている所などを撮影したかったものの早々に退散。
f0324026_18464054.jpg
f0324026_18464814.jpg
明日天候が回復するようなら、ゴイシシジミ再訪問とマルタンヤンマ再訪問としたい。

そして明日で休みも終わり。ジョンがいなくなり気を紛らす意味でいつもと同じようにフィールドに出るものの、帰宅時にいつも出迎えてくれた顔が出て来ないのでやはり思い出してしまう。


by Nature_Oyaji | 2014-08-16 18:57 | 自然 | Comments(0)