オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ショウジョウトンボ ( 4 ) タグの人気記事


2016年 08月 06日

暑い一日 ウチワヤンマと遊ぶ

今日は昼過ぎに家の用事がありそれまでにもどらなければならない日。
それまでどうするかとあれこれ考え、やはりここはマルタンヤンマ産卵のリベンジに決定(前回、少し薄暗い中、設定ミスのためどうやら手ブレを起こしていたよう(Tさんご指摘ありがとうございます))。

5時過ぎに現場到着。準備をする前に既に産卵していた個体がいたようで、目の前を通過。
結果的にはこの朝はこの1頭を見たのみで、9時頃まで粘りましたがとうとう出てくれませんでした。

●ここでの今日の獲物 アカハネナガウンカ いつもの正面顔を撮影
f0324026_1914130.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●春先、沢山交尾態が見られたホソミイトトンボ(♀)先週はこの場所で産卵が見られていたようです。今日は時間が早かったのかメスのみ(Tさんのアドバイスで現像し直し。明るく鮮やかに)。
f0324026_2051477.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

9時近くになり、泣く泣く撤収。

昼過ぎ、空いた時間でいつもの自然公園へ。
●ショウジョウトンボ 正午近く。この暑さでオベリスク倒立
f0324026_1982838.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●1年ぶりの昼間のウチワヤンマ撮影。いつもながら青空とそれを反射した水面にはトンボは良く似合います。
広角で翅が触れんばかりに近づいても何とか逃がさずに撮影完了。
f0324026_1910156.jpg
f0324026_1910989.jpg
f0324026_19101525.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-08-06 19:11 | トンボ | Comments(0)
2015年 07月 27日

夏真っ盛り

今チョウトンボが群れています。近くの田圃でも争うでもなく集団で飛翔中。
ここでも連結が少々、産卵も所々散見です。

●チョウトンボ
一度Fisheyeでチョウトンボに寄って撮影したいと思っていましたので、今日がチャンスです。
f0324026_21374910.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

ストロボを使おうと思ったのですが、実際発光してもほぼ上からになるのでこの下からのアプローチではあまり役に立たず、下から寄ると丁度ストロボがトンボの真正面になり逃してしまうので外してしまっていました。少しLEDライトで下から当てれば良かったかなと。

●ショウジョウトンボ
f0324026_2141671.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●笹林にはゴイシシジミ 幼虫は唯一の肉食系チョウ
f0324026_21421924.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●朝一ではまだこんな姿
f0324026_21424982.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by Nature_Oyaji | 2015-07-27 21:46 | 自然 | Comments(0)
2014年 07月 26日

アカハネナガウンカ

市川のN公園訪問。
先週のチョウトンボの飛翔とメスの撮影をもう少ししたい。

●チョウトンボのオスしか見当たらず、テリトリーを往復するオスのみ撮影
f0324026_18533361.jpg
f0324026_18535287.jpg
f0324026_18540491.jpg
●ショウジョウトンボ 羽化後間もない個体 ここにはかなり多い個体数
f0324026_18552287.jpg
日中の日差しは強く、見ているうちに自然にオベリスク姿勢開始
f0324026_18560202.jpg
f0324026_18584818.jpg
●ヒマワリ 拡大するとハート型のような雄しべ
f0324026_19001988.jpg
●ミソハギ
f0324026_19013554.jpg
そして感動! ひまわり畑の脇のススキの中にいたアカハネナガウンカと目が合った!
昆虫の本などの表紙などによく取り上げられている昆虫。ここで出会えるとは思ってもみなかった。

●アカハネナガウンカ
この昆虫の特徴であるニタッと笑っているかのような眼をずっと撮影してみたかった。眼の黒は偽瞳孔とよばれるもので、複眼なので黒目ではない。
撮影中どこかに飛び去り、暫く回りを探してみたものの別個体を含めて二匹目は見つからず。成虫幼虫ともススキを好むとのことなので、ゆっくり探せばまた見つけられるかもしれない。それにしてもなんともユニークな昆虫。
f0324026_19042010.jpg
f0324026_19055756.jpg
f0324026_19083842.jpg
f0324026_19084696.jpg
f0324026_19085575.jpg
f0324026_19090268.jpg
f0324026_19131188.jpg
f0324026_20525148.jpg
f0324026_19132367.jpg
●ニイニイゼミの抜け殻 セミの中で唯一泥付きの殻になるので泥が付いていたらニイニイゼミ、これは区別しやすい
f0324026_19133915.jpg

午後からは入院した番犬くんの見舞い。検査で急性白血病との診断結果で急遽抗がん剤投与開始し2日目。人の完治を目指す治療とは異なり、現状維持を目指す治療で薬はさほど強くはないらしい。ただ薬の種類は多くなく、犬によって効く効かないがあるので、上手く効いてほしいと祈るのみ。餌はよく食べるし、散歩も嫌がらない。このまま今までの普通の日常が続いてくれればと思うばかり。

フィッシュアイでデカ鼻撮影。足には固定された点滴用チューブが痛々しい。
f0324026_19190955.jpg
f0324026_19202430.jpg


by Nature_Oyaji | 2014-07-26 19:21 | 自然 | Comments(4)
2014年 05月 18日

カミキリムシ探し

昨日に続き、天気が良いので朝からご近所散策です。

今日はカミキリムシ狙いで散策。初めはいつもの一番近場の池。一時カワセミカップルで毎日のように人が来ていましたが、残念ながら抱卵中にアオダイショウの襲撃を受け、巣を放棄してしまい今は観察者もほとんどなし。

▽ショウジョウトンボ(のおそらく未成熟のもの) 数はだいぶ出ています。新しく購入したシグマの18-250mm、広角側では歪みがありますが、中望としての昆虫撮影には十分な性能かと思います。
f0324026_16440418.jpg
f0324026_16442808.jpg
大町の自然公園に移動
▽エゴノキの開花 中央にはカメムシ。 エゴツルクビオトシブミの揺籃も多数見かけますが、肝心な作っている場面には遭遇できません。
f0324026_16465069.jpg
▽エゴノキで吸蜜するクマバチ
f0324026_16542570.jpg
▽アトジロサビカミキリ 擬木で見つけました
f0324026_16545669.jpg
f0324026_16563149.jpg
▽シロスジカミキリ エゴノキを貪っています。少し遠くで枝の中
f0324026_19343651.jpg
▽カラスハエトリ(♂)
f0324026_16565753.jpg
▽ネコハエトリグモ(♀) 獲物確保中
f0324026_16572971.jpg
f0324026_19314413.jpg
▽マガリケムシヒキ(と思われ) ムシヒキ類は強力な脚と翅、刺のような口で襲う所は昆虫最強とも言われます
f0324026_17000442.jpg
f0324026_17001281.jpg
▽アリグモ(♂) 
f0324026_17021073.jpg
少し場所を移動。自然公園から近場、畑脇が自然の山間のままの場所でアカガネサルハムシ探し。実は昨年ここでセイボウも見たのですが、止まっていたのは野ぶどうの葉。そこに来ている可能性があり行ってみました。

▽ビンゴ! アカガネサルハムシ 初見です。1cmに満たない昆虫ですが、輝きはそれ以上に大きく見せます。タマムシにも負けず劣らずの色、うれしい出会いでした。
f0324026_17114637.jpg
f0324026_17050562.jpg
ただよく見ようと枝を引っ張った際、振動が伝わりあっという間に雑草の間に落下。オトシブミやハムシ系は落下で逃げる虫であることを忘れていました。次回再会を楽しみに。




by Nature_Oyaji | 2014-05-18 17:16 | 自然 | Comments(4)