人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:タカネトンボ ( 8 ) タグの人気記事


2019年 08月 14日

タカネトンボ 産卵確認 & 縄張り飛翔撮影

■昨年も飛翔撮影したものの、イマイチな結果だったタカネトンボ
昨年は一度訪問し、結果に満足できずもう一度訪問したかったが出来ずに終わっていたもの。

●タカネトンボ 飛翔
元写真とトンボ部分のトリミング

f0324026_02033315.jpg
Photohitoリンク
f0324026_02160040.jpg
f0324026_02594626.jpg
Photohitoリンク
f0324026_02572809.jpg
f0324026_19182913.jpg
旋回中 Photohitoリンク
体は縦になっているが顔はしっかり正面を向いている
f0324026_02073097.jpg
f0324026_02090208.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25


■今回の結果
●飛翔撮影はまずまず
皆、SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25+ストロボ+MF置きピン連写。
距離は約30cmでの撮影だったが、トリミングしてもしっかり解像してくれた。
数撃ちゃ当たる的な撮影の中のものなので、また撮れるかというとやってみるしかないと言わざるを得ないもの。

●産卵撮影
たまにメスが入るが少し産卵しただけで待ち構えていたオスに連れて行かれた。
小さい池なので縄張り飛翔するオス固体もほぼ1頭のみで、入ったメスを連れて行くと暫く空いてしまう。
次に入るのがメスなら撮影チャンスだが、オスが先に入るとまた少々厄介。
個体数が少ないので、まだ産卵開始間もない頃かもしれないので、もう少し経ってから個体数が増えるかのチェックも兼ねて再訪問予定。


by Nature_Oyaji | 2019-08-14 14:54 | トンボ | Comments(0)
2019年 08月 10日

タカネトンボとミルンヤンマ それぞれの羽化場所へ再訪問

■羽化の初撮影が出来たタカネトンボとミルンヤンマの羽化場所へ再訪問
タカネトンボの羽化撮影が7/20-21、ミルンヤンマの羽化撮影が7/20で、来年のためその後の羽化殻の状況確認で再訪問。

●タカネトンボ羽化場所
新たな羽化殻は草地に5~6個、また池の隣に生えている木の見上げた所には3個に加え、大きなヤブヤンマの羽化殻が1個。

●ミルンヤンマ羽化場所
羽化殻は8個確認。ヤゴが流れ着くためか細流の下流部に4個、上流部の所々にある少し水の溜まっている場所の近くや、溜り水には関係なく細流途中の脇の斜面などに点在。
皆、水からは高さ的には1.5m前後の高さ。
■今回の結果
●タカネトンボ
梅雨寒の影響もあるかもしれないが、7/20に訪問した際には羽化殻多数で、恐らくは7月上旬から羽化開始の様。それ以降も羽化が続いていていた事を確認。
ヤブヤンマの羽化殻は計3個。昨年産卵していたルリボシヤンマの羽化殻は見つからず。

●ミルンヤンマ
7/20に羽化を撮影したが、その時点で上流部まで確認したが羽化殻はなく、結果的に撮影した7/20が羽化開始だった様。
来年は7月中旬頃から定位からの撮影で活動したい。


by Nature_Oyaji | 2019-08-10 22:48 | トンボ | Comments(0)
2019年 07月 21日

タカネトンボ 羽化-2

■ヒメボタル撮影後2:30過ぎに解散し、そのまま前日のタカネトンボ羽化場所へ
●3:40過ぎ定位個体発見
3:35過ぎに探索開始。前回羽化個体がいた付近を探索すると・・そこには定位した個体が。
昨日願った事が翌日には達成出来、今季はまだツキがありそう。
また光を当てて観察したため羽化自体が遅れ、裂開は5:50過ぎから。

▼5:26
f0324026_05173481.jpg
▼5:51
f0324026_05190202.jpg
▼5:53
f0324026_05193208.jpg
▼5:56 Photohitoリンク
ヤゴから出始めでうっすら黄金色の光沢。複眼をよく見るとまだしわしわ状態で、ゆがんでいるのがわかる。
f0324026_05201058.jpg
▼6:23
複眼は既に丸く膨らんでいる。
f0324026_05213822.jpg
f0324026_05482914.jpg
f0324026_05232749.jpg
f0324026_05241532.jpg
▼6:35
f0324026_05245706.jpg
▼6:40
f0324026_05251104.jpg
▼6:47 Photohitoリンク
f0324026_05253341.jpg
▼6:53
f0324026_05260341.jpg
▼7:16 Photohitoリンク
f0324026_05262127.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●近くで羽化していた個体 Photohitoリンク
f0324026_05292624.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

徹夜のため、この後の色の変化と処女飛翔撮影まで待つ元気がなく撤収。

■今回の結果
●定位時間帯
今回は3:40頃発見で、定位自体は3:00以降位か。
まだ一度だけの確認なので、また次回機会を見て確認したい。

●体色について
殻から出た時から光沢のある薄い金色を初確認。これは美しい。


by Nature_Oyaji | 2019-07-21 09:10 | トンボ | Comments(0)
2019年 07月 20日

タカネトンボ 羽化(初)

■ミルンヤンマ撮影後、以前から何度か訪問していたタカネトンボ羽化場所へ
タカネトンボの羽化撮影もここ数年の目標としていたもの。
過去、ここには何度も足を運んでいて、7月に入ると羽化時期と伺っていた。羽化殻も確認済であとは時期を待って訪問すれば良かったのですが、天気などでタイミングを逸してしまっていた。

着後、以前羽化殻があった付近を見たが、羽化殻なし。ただ前回と同じ木の枝には1個発見(前回そのままの様でちょっと驚き)。
斜面に沿って探していくと(リンクの昨年の池の写真を参考にして説明すると右奥側、羽化していた木も同じ)何とか2頭の飛翔前の羽化個体(共にオス)を確認。ミルンヤンマに続き初なので素直に嬉しい。
もう1頭は撮影し辛い場所のため、色の変化を楽しみながら1頭のみ撮影。
その周りには幾つかの羽化殻もあり、今季はこちら方向が何か池から上がる際、良かった様。

●9:20
f0324026_05513167.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●9:39 体の色もだいぶ付いて来た頃
f0324026_05520764.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●9:48
f0324026_05531988.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●10:01
f0324026_05541865.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●10:08
f0324026_05550272.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今回の結果
●初のタカネトンボ羽化撮影
3年越しで達成。
羽化場所は池から3m程斜面を登った辺り。他の羽化殻も池の1m周りは羽化に適当な植物がないこともあり、2〜3m範囲での羽化。
時期的なものは今季の梅雨寒の影響もあるはずなので、来年は7月に入ったら訪問して開始時期を確認したい。

●飛翔時間帯
10:30頃。暗めで処女飛翔は撮れずまた次回。

●お決まりだが次は定位狙い
飛翔は10:30頃だったので、ひょっとしたら羽化自体は明け方近くなのかもしれない。
次回観察時のお楽しみ。


by Nature_Oyaji | 2019-07-20 12:43 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 18日

タカネトンボ

■タカネトンボの産卵撮影目的で訪問
毎年通っている山間の小さな池(というより、水たまり程度のもの)。
今年も先日羽化の様子確認で訪問している場所。
まだオスの飛翔や産卵も撮影出来ていないので、午後また訪問。

●タカネトンボ(♂)
縄張り飛翔しているオスがいたので早速撮影。

▼暫く望遠で撮影したものの、下手すぎて全くダメ。
f0324026_05564942.jpg
f0324026_05564921.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

改めて暗い場所での設定、ピント合わせの未熟さを痛感。まだまだ練習と設定調整が必要。
α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSMでの撮影も試みましたが、どうにもE-M1IIと比べてシャッターが重くストロークが長いので、E-M1IIで身についた感覚で押しても全く撮影にならない。
機種が違う事と、技術が未熟と言えばそれまでなのですが、体の反応はなかなか変更出来ない・・。

▼望遠は諦めていつもの置きピン撮影へ切り替え
ここでもα7II+Carl Zeiss Batis 2/25では押すタイミングが遅れてしまい、ボツ写真のみ。
E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROに変えて撮影ですが、暗い場所ゆえISOを1250に上げ、シャッターを1/640程度、ストロボ使用で撮影したものの、ノイズ大であまりよろしくない。
これも撮影技術を上げてもっとシャッター速度を落とし、ストロボが的確に当たることでISO感度を落とす・・とすればもっと画像が良くなるはずですが、これもまた次回の課題。

次回、もっと良いものを撮影したく自分を奮起させるため掲載。
f0324026_06114441.jpg
f0324026_06114458.jpg
f0324026_06114419.jpg
f0324026_06114383.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

次回、また再挑戦。


by Nature_Oyaji | 2018-09-18 06:13 | トンボ | Comments(0)
2018年 08月 05日

タカネトンボ・ルリボシヤンマ、ミルンヤンマの羽化場所確認

■タカネトンボ・ルリボシヤンマ 羽化場所確認
同じ場所に生息しているタカネトンボとルリボシヤンマ(昨年産卵撮影時のブログ)。
今季羽化撮影を考えていたものの未訪問だったので、とりあえず状況確認。

羽化する場所はトンボによりさまざま。
水際だったり、水から上がってからかなり移動するものがいたりで実際の羽化場所を見ておく必要がある。
そして羽化殻が見つかれば、あとは時期と時間を確認すれば羽化撮影出来る可能性大となる。

●ルリボシヤンマ
ルリボシヤンマは過去羽化殻を見つけたことがあり、ほぼ水がら生えている植物を登り、水面からそう高くはない場所。

ところが今回見つかった場所は池には杭はあるものの羽化に適した植物はなかった為か、水から上がり2mほど移動した場所(赤丸)で羽化。
f0324026_19492824.jpg
f0324026_19504512.jpg
f0324026_19510733.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

羽化殻自体まだ新しいもので、ひょっとしたらまだ羽化は続いているのかもしれない。

●タカネトンボ
トンボは科によって水から上がってからかなり移動するものがいる。
タカネトンボはエゾトンボ科。この科のトンボは過去、オオトラフトンボの羽化殻を確認していますが、水場から約5m程移動した場所で確認。
ヤマトンボ科のコヤマトンボは以前、川岸から10m以上離れた場所での羽化殻を確認。

皆脚が長く上陸後は歩きやすい形状(脚が長いのは水中というより、上陸後のためと思われます)。なぜ水場から離れての羽化なのか、理由は不明ですが過去から生き抜いてきた結果として身につけた行動です(どうしてなのかはトンボに聞かないとわからないのですが・・)。

なので先程の水から出ている杭や植物などは登っても先がどうなっているか不明なので、初めから登らないと思われ、確実に移動する為には、水中から空中へ砂地が続いている所から上陸するのが一番良い事になる。

空中に出れば、あとは長い脚で植物の上をひたすら歩くのではないか(草の中では長い脚が邪魔になる)。

そう思いながら池から砂地が見えている場所(ここから登りそうと思える場所)の延長線上を探すと・・案の定見、羽化殻を1つ発見(赤丸)。
先程のルリボシヤンマの場所よりさらに50cm程上側。
f0324026_20160047.jpg
f0324026_20183866.jpg
f0324026_20184898.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

コヤマトンボは木にも登っていた事を思い出し、近くの太い木を見上げると高さ1.8m以上の場所にも羽化殻発見(まるでセミの様)。
f0324026_20200719.jpg
f0324026_20201778.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ミルンヤンマ
昨年産卵撮影で訪問した場所で羽化殻探し。
ミルンヤンマ羽化は川岸の垂直に近い岩場で羽化なので、暫く川を行ったり来たりしてみましたが、羽化殻なし。
ここより少し標高の低い場所では未成熟個体が観察されているのですが、ひょっとしたらここはまだなのかもしれない。

産卵も撮影したいので、水を含んで柔らかい木材を集めてこれからのために設置。

来年羽化探しの際は、こんな場所と思って探せばよいという健忘録として。




by Nature_Oyaji | 2018-08-05 20:25 | トンボ | Comments(0)
2017年 08月 27日

上手くいかない日

8月最後の日曜日。

●色付き始めたミヤマアカネたち
早朝、うっすらさした朝日の中で。縁紋にも色が入り始め、アカトンボたちが主役となる時期もまもなく。
f0324026_06031378.jpg
f0324026_06031719.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●マルタンヤンマ
早朝からマルタンヤンマの産卵を待ってみたものの、現れてくれず。
目の前には滅してしまたオオシオカラトンボ。
f0324026_05475705.jpg
考えてみたら昨年産卵撮影は7月末で、時期的には遅め。
ネットで検索すると9月でも産卵は行っている様なのですが、この場所の個体は滅してしまったのかもしれません。
夕方も待ってみましたが、やはり出会えず、今期はこれにて終了です。

マルタンヤンマについては、羽化と産卵は当初計画していたものの、グンバイトンボ、ハッチョウトンボ、ネアカヨシヤンマ、オツネントンボ、ナゴヤサナエの羽化探しに費やし、羽化・産卵とも未達。

先週、産卵の様子を観察することが出来ましたので、結果的にはその時が今期最終でした。

マルタンヤンマは未達でしたが、その分挙げたネアカヨシヤンマ、オツネントンボ、ナゴヤサナエについては無事撮影出来ましたので、また来年です。

●ミルンヤンマ
先週の場所へ。9:30頃、探メスの個体を一度見かけたのみで、昼近くまで沢を探してみましたが出会えず。

その後、ムカシトンボ羽化撮影した沢に移動し、こちらも改めてロケハン。
羽化場所に近い所に丁度産卵に良さそうな朽木が何ヶ所かあり、こちらも引き続き観察へ。

10月頃まで見られるので、千葉の観察場所開拓も含め、生態写真撮影が全く出来ていないのて、残り何とか来年に続くきっかけを作りたい。

●タカネトンボ
こちらも今日しっかり撮影したかったのですが、どうにも技術的な問題で飛翔も産卵撮影も上手く行かず。

産卵は別な場所では午前にも行い、オスに連れて行かれる所を見ることが出来たので、自分の知識をリセット。

先週訪れた小池では到着後、4回ほどメスが産卵に来ましたが数分も経たないうちにすぐオスに連れ去られてしまい、撮影もままならずまたまた終了。
取り敢えず証拠写真、しかも設定ミスでJPEGのみ。
f0324026_06222113.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらも不完全燃焼です。

今週で天候不順に泣かされた8月も終了。
9月初めの週末は羽化し始めたホソミイトトンボ越冬型観察から開始予定。


by Nature_Oyaji | 2017-08-27 18:40 | トンボ | Comments(0)
2015年 09月 05日

オオルリボシヤンマ その他トンボ

今回はオオルリボシヤンマの産卵の様子の撮影。

オオルリボシヤンマも過去一度位は見たことがある位で、ほぼ知識もなにもゼロの状態。
事前に教えて頂いた事もあるのですが、この場所の早朝からの様子の観察などを含めて今回も夜中移動の車中泊をして、日の出の5時すぎから現場で地味に観察。
この場所は前日の午後は雨模様で、また雨上がりの翌日なので産卵集中に期待です。気温は19度程でやや肌寒い状況ですが、天気は回復して今日は久しぶりに気温が上がりそう。

ネットで調べてみると8月に活動を終えたネアカヨシヤンマより一回り大きいトンボで、腹長比較でオスは53-67mm(ネアカ54.0~59.0mm)(メスはオスに比べて約2-4mm程大きい)とあります。

10時前位
オスがメスを待って池の上を行ったり来たりし始め、その後10:40頃メスが産卵に入りました。
産卵場所を探しながら水面ギリギリを飛ぶメスの上に、オス2頭が重なるようにホバリング。あとで別の方のブログを見た所、このオスメスがホバリングしている様子も絶好の撮影ポイントでした。しっかり撮りそこなっていました。
その後メスがもう一度入った際、オスがしつこくメスを追いかけて結局何処かへ行った所も目撃。

昼近く、一斉にオスもいなくなりました。真夏時のぶら下がりの為いなくなった時の様。
探してみるとテリトリー近くでぶら下がっています。メスも同様の行動をするためでしょう、この時間帯は活動停止です。

14:30頃
ようやくまたオスがテリ張り始めましたがその後、ずっとメスは出てきません。
そして待つこと、1時間。ようやくメスが入り、産卵開始。場所を変えながら約20分ほど産卵。
真横からの撮影やアオメス撮影は出来ませんでしたが、産卵の様子が見られ満足の嬉しいひと時。

産み付けられた卵はそのままの状態で越冬。ヤゴで1~3年の生活。
f0324026_6291012.jpg
f0324026_6292440.jpg
f0324026_6404552.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

静止のオス
f0324026_702757.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8

今年はトンボについて色々な方に教えていたながら、春先から羽化の様子、そして産卵の様子などを撮影することが出来ました。お付き合い頂いる方々、いつもありがとうございます。

そんな今年のトンボ中心の活動もそろそろ終盤の9月。今月はカトリヤンマの産卵やマダラヤンマ飛翔の撮影を予定しています。

追記 その他トンボなど
●アジアイトトンボ
f0324026_8335055.jpg
●タカネトンボ
f0324026_8381410.jpg
●ヤブヤンマ(遠くでトリミング大)
f0324026_834182.jpg


by Nature_Oyaji | 2015-09-05 16:00 | トンボ | Comments(0)