人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ダビドサナエ ( 6 ) タグの人気記事


2020年 04月 05日

春の川 ダビドサナエ羽化

昨日は春らしい昼間は21℃を超えた暖かい日で、こちらの川でダビドサナエ、ホンサナエの羽化が始まったと連絡頂いていた。

今日の天気は朝から予報通り寒気が入り込み、6時過ぎで8℃位。7時半時過ぎからは曇りで気温は正午付近でも15℃を超えるか超えないか位。今季初のダビドサナエとホンサナエの羽化撮影が狙いだが、少し肌寒い日この条件下で羽化するのかも興味がある所。

川岸でさがしていると、昨年同様Kさんが友人の方を伴って来られた。

●8:40過ぎ 気温10℃位 少し太陽光あり
ブロックの水際に外気の様子を伺う様にダビドサナエ、ホンサナエ各1頭ずつ顔を出していた。両個体とも一旦はブロックに登り、静止したり移動したりを繰り返し、結局はブロックを通過しまた川に消えた。

●9:10過ぎ 気温変わらず 探索するとダビドサナエ羽化を確認
気づいた時には半身が出て静止中だった。気温は10℃程で少し風もあり肌寒い中での羽化。

▼9:11
春の川 ダビドサナエ羽化_f0324026_19583295.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS(トリミング済)

▼9:20
春の川 ダビドサナエ羽化_f0324026_19593225.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(トリミング済)

●少し遅れて別の場所でダビドサナエ羽化開始
羽化開始時間を失念したが、Kさんたちが撮影開始。羽化が進んだあと、数カット撮影。

▼11:35頃 気温11℃位 曇り
撮影時気付かなかったが、この写真では少し羽化水が出ていた。
春の川 ダビドサナエ羽化_f0324026_20084305.jpg
春の川 ダビドサナエ羽化_f0324026_20104987.jpg
共に SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●ホンサナエ
数頭水から顔を出したり、中には岸のブロックに登ったりしていたが、結局は気温が低かった事や太陽光がない事が影響したのか羽化しなかった。
一時的でも太陽光が当たると岸のブロックを登ったりと活動する様。

●その後、ムカシトンボ探索
上陸ヤゴ探しと同時に羽化殻探し。
以前一度訪問した沢を再度探索したが、上陸ヤゴは見つからなかった。いつも羽化しているエリアで羽化殻を探してみたが、まだ羽化殻はなく羽化自体はここではまだの様。

■今日の結果
●ダビドサナエ羽化
寒気が入り、最高気温は12℃位の上、曇りのため条件は悪かった。
その中でも2頭の羽化を確認。曇りではあったが一時的に暫く太陽が出た時があり、羽化した個体はちょうど顔を水から出していてスイッチが入ったのかもしれない。

ホンサナエも同様の行動と思える。


by Nature_Oyaji | 2020-04-05 20:38 | トンボ | Comments(0)
2019年 04月 09日

ダビドサナエ 処女飛翔 合成写真

■昨日のダビドサナエの処女飛翔をPhotoshopで合成
ダビドサナエ 処女飛翔 合成写真_f0324026_07060884.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro プロキャプチャーモード

まだまだ柔らかく時々反射する翅の動く様子は、散る桜の花びらの様。
今季の春の桜とのコラボもこれで無事完了。

●以前撮影したネアカヨシヤンマとカトリヤンマの処女飛翔
ダビドサナエ 処女飛翔 合成写真_f0324026_07105788.jpg
ダビドサナエ 処女飛翔 合成写真_f0324026_07105737.jpg

●比較
ヤンマ系は体が重いためか、前後に大きく翅を動かしている。
ダビドサナエは離陸時は大きく動かしているものの、一旦浮いてしまえば体が軽いためか、さほど翅を動かさずに飛翔。

こんな比較もまた楽しい。


by Nature_Oyaji | 2019-04-09 07:08 | トンボ | Comments(0)
2019年 04月 07日

都下 トンボシーズン開幕-2

■昨日に続き同じ河川にサナエ系羽化と桜とのコラボ撮影で訪問
春の1枚を残したく、再び早朝から訪問。

到着した7:30過ぎからダビドサナエの上陸が始まり、次々に羽化開始。
すぐに昨日も来られていたKさんとその友人も来られ一緒に観察。
一度だけホンサナエが登ってきたがその後ロスト。

間もなく昨日同様虫友Iさんも合流。
またこれまたいつもお世話になっているFさんが、こちらの車を通りがかりに偶然見つけて立ち寄り。
賑やかな春のひととき。

●そんなお二人とダビドサナエ
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19462411.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●その手前のダビドサナエ 羽化水落下
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_20153110.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ダビドサナエ別個体 処女飛翔撮影
これも是非残しておきたかった場面
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19571514.jpg
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19572195.jpg
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19572677.jpg
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19573169.jpg
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19573720.jpg
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19574333.jpg
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_19574936.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

お二人は別の場所へ移動。Fさんも蝶撮影で今日の目的地へ移動。
処女飛行撮影後、離れた所で一人で撮影していた虫友Iさんからホンサナエ羽化との緊急連絡・・(また今日も見つけて頂き、ありがとうございます!・・)

●ホンサナエ(♀)Photohitoリンク
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_20082076.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
リンク先の写真で拡大するとかなり毛深い。
都下 トンボシーズン開幕-2_f0324026_20475296.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS


●その後、念の為ムカシトンボ羽化確認へ
結果的には羽化殻もなく、羽化開始はまだだった様(と一安心)。

今日もお疲れ様でした。

■今日の結果
●改めてダビドサナエの上陸観察
昨日伺った様に7:30過ぎから上陸開始。
見ていたエリア(約30m程の護岸)で早朝から昼近くで約10~15頭程羽化。

●ホンサナエ
昨日はメス1頭。
今日は1頭が上陸してきたがロスト。その近くでは気づかなかったがオスの羽化不全が1頭。
更に撮影出来たメスが1頭。
大量羽化とは行かなかったが、ホンサナエも羽化開始。

●ムカシトンボ
羽化殻を探したが見つからず。
誰かが持ち帰った可能性もあるが、ここは今日は羽化しなかったと思いたい。
上陸ヤゴについては皆移動済。今週は水~金まで気温が低く雨模様。
土曜は晴れなので、土曜には期待。



by Nature_Oyaji | 2019-04-07 21:01 | トンボ | Comments(2)
2019年 04月 06日

都下 トンボシーズン開幕

■都下方面で羽化探し
●まずはムカシトンボ羽化探し
神奈川西部方面ではムカシトンボの羽化開始。
都下方面は神奈川西部に毎年少し遅れてから羽化開始ということで、虫友Iさんと朝から今季初のムカシトンボの羽化探し。

前回上陸ヤゴを見つけた付近を丹念に探してみたものの、結果は羽化なし。
虫友Iさんは追加で上陸ヤゴ2頭発見してくれたものの、じっと動かずのままの状態。

支流脇探索ではまだ気温が低いと感じたが、本流側へ降りた所ではやはり山間部とは異なり低めの場所なので一気に数度上がり、これなら本流の脇の道でも見つかるかと思われたがこちらも羽化殻も見つからず終了。

●諦めて川へサナエ羽化探しへ変更
知り合いのSさんが先に探索中。今日は朝7:30過ぎからダビドサナエが羽化していたとの事。
時間的に少し遅いのでどうかと思いながら上流部に向かいながら探索。
2頭ほどのダビドサナエに気づかず飛ばれたり、ホンサナエの羽化殻1個確認まで。

撮影出来ずスタート場所に戻ったら、虫友Iさんが手招き。
ダビドサナエの定位個体を見つけてくれていた(この所、発見はいつも虫友Iさん。ありがとうございます!)

近場にもう1頭羽化開始したので、別れて撮影。

●ダビドサナエ(今季初の羽化撮影)(Photohitoリンク
都下 トンボシーズン開幕_f0324026_20532278.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼撮影したかった桜とのコラボ(Photohitoリンク
都下 トンボシーズン開幕_f0324026_05544255.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

今季羽化初撮影で、またようやく念願だった桜との撮影も出来、まったりしている所へいつもお世話になっているKさんが到着。
今日はやはり早朝から観察されていたとの事。

●ホンサナエ(♀)14:00過ぎ(Photohitoリンク
Kさんの同行の方が定位しているホンサナエを見つけてくれ、最後に少し撮らせてもらった。
千葉ではまだ羽化していないので、ホンサナエも今季初撮影
都下 トンボシーズン開幕_f0324026_20594982.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

気温20℃の中でのウェーダーでの撮影は気持ちよく、川からの桜も愛でることが出来た。
こうなると少し欲が出てきてしまい、桜満開も今だけなのでもう少しサナエと桜のコラボを撮影したくなり、明日再訪決定。
また今日も気温上昇。明日はムカシトンボも羽化するかもしれないのでそちらももう一度訪問予定。

■今日の結果
●ムカシトンボは持ち越し 明日再訪問
今日も気温は20℃まで上昇し、そろそろ羽化しても良さそう。
過去4月第1週目での羽化も確認している。
支流側は急な上りで本流とはだいぶ気温差があり、新たに見つかったヤゴも動き出す様子もなかったが、今日の気温で羽化のスイッチが入った可能性もあり、明日再訪問。

●サナエ類の羽化
昨日虫友Iさんが羽化殻を探したものの見つからなかった状況。
今日は一変。7:30頃からダビドサナエの羽化開始だったと伺い、ここでの羽化開幕の日。

▼遅い時間帯での羽化
ダビドサナエは12:30過ぎでの羽化。
ホンサナエは14:00過ぎでの羽化。
こんな遅い時間帯でも羽化するという事、生態の一つの観察結果として覚えておきたい。


by Nature_Oyaji | 2019-04-06 21:41 | トンボ | Comments(0)
2015年 05月 23日

ヤマセミ ヒナの巣立ち

前回訪問したヤマセミのペア、無事にヒナが巣立ちました。現場で聞いた話では昨日6羽が巣から出て、もう1羽はまだ巣穴から出てこないという。確かに親が時折巣穴近に留まり、呼ぶ姿が見られました。
ヒナたちは写真で見る限りほぼ親と同じ大きさで区別がつかないほど大きくなっていました。
同行の皆様、お疲れ様でした。
●ヤマセミたち どれが親かもうわかりません
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4362556.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4364896.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4365972.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_437871.jpg
▽ホバリングから見事にアユを捕らえました
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4372468.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4373582.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4374653.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_5225862.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_445237.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_4452125.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL
(遠い事とほぼ置きピン撮影のためいつもながらピント甘々写真多数となってしまいました)
時折、ヒナに餌を与える様子が見られました。暫くは給餌は続くようで親たちはまだまだ多忙です。

●近場にいたトンボたち
▽ダビドサナエ (複眼のすぐ後ろの部分に黄色の点が左右に見られるので)
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_56163.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_561248.jpg
▽コヤマトンボ(置きピンでピントが合うのを見計らっての撮影)
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_563024.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_563956.jpg
ヤマセミ ヒナの巣立ち_f0324026_565028.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

by Nature_Oyaji | 2015-05-23 21:00 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 15日

都下林道訪問 オオトラフコガネを探して

梅雨の合間、天候も回復したので 都下の林道にオオトラフコガネを探しに行きました。2日前の大雨がウソのように気温30度超、夏の様相です。
朝5:30に出発し、現場には7時過ぎ着。自宅からはカーナビ表示で約60km弱、一般道を走ってもこれくらいで到着するので高速使わずに節約方々ゆっくり通りを楽しみながらドライブ。

最初の昆虫はダビドサナエ(と思われます)。自分にはトンボはなかなか同定は難しい。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18462033.jpg
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18480843.jpg
殻のサイズ、数mmのヒダリマキマイマイ。朝日に透ける様子を目の前にして、ここに至る時間を想像してしまいました。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18495929.jpg
これも自信はないのですが、アサヒナカワトンボと思われます。翅が透明と茶系があるとのこと。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18503793.jpg
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18512996.jpg
林道はさすがに涼しげです。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18520151.jpg
山間なのでいつも行く近場と違ってテングチョウが大量発生中。なかなか開いてくれなかったのですがようやく一枚撮れました。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18530124.jpg
サカハチチョウ
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18550418.jpg
途中にある湧き水場所で滴下する水を一枚。手持ち撮影でしっかりボケ気味。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18563474.jpg
空ではコミスジがランデブー
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18565530.jpg
カシアシナガゾウムシ 家で調べると前脚中脚が揃って長い事が分かりましたが、上からの写真を撮りそこねていました。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_18573922.jpg
昼食時、リュックに付いた汗のミネラル分に引き寄せられたのか、ウラギンシジミがしきりに寄って来ました。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19003409.jpg
さてさて目的のオオトラフコガネは今まで行ったことのない先まで歩きましたが見つかりません。ひょっとしたらまだ時期が早かったのかもしれないと思いつつ、見上げた木にラミーカミキリを発見。初めて出会い。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19010240.jpg
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19031984.jpg
次の場所にも行く予定なので、ここから引き返すことに。キイロトラカミキリを発見。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19044177.jpg
かなり戻ったところで、昆虫撮影されている方に様子を伺うとこの先でオオトラフコガネを撮影したとの事。その方の話ではこれから本格的に発生するらしい。探しながら歩くこと数分、ようやく見つかりました。
日本にはいないような模様と配色。箱根の寄木細工のようで、腹部も自然は手を抜かずしっかり作りこんでいました。
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19101797.jpg
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19102890.jpg
 都下林道訪問 オオトラフコガネを探して_f0324026_19103817.jpg
来週末以降も晴れたらまた訪問です。



by Nature_Oyaji | 2014-06-15 18:39 | 自然 | Comments(0)