人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハネビロエゾトンボ ( 6 ) タグの人気記事


2019年 07月 07日

ハネビロエゾトンボ 羽化-3

■ハネビロエゾトンボ 羽化-3
ハネビロエゾトンボの羽化は通常23:00~1:00頃から開始と伺い、前回、前々回はその確認から開始。
結果的にはその時間帯での羽化開始が確認出来た。
その後、別の方から朝方での羽化もあるという事を伺い、今回はその朝方の羽化の確認と自然光での羽化の撮影目的で訪問。

ただこうして明りを点灯して探索すると光を嫌がって登る個体も少なくなるはずで、朝方登ってくるかもしれない個体も羽化を止めてしまう可能性もあり、同じエリアでの確認は不可だろうと思いながら探索。

●2:00過ぎのから探索
既に23:00前後では確認済のため、時間をずらして羽化確認。カトリヤンマの撮影後という事もあり2:00過ぎでの探索開始となった。
その結果はというと・・羽化最盛期に当たった感。
前回と同じ探索流域で定位が5頭、既に体が出て翅が伸びていた個体が1頭、倒垂中が2頭。
またもう少し探索エリアを広げ、更に上流部で3頭の倒垂中の個体を確認。
そして見える範囲で新たに登ってきたヤゴを3頭確認。

▼2:14 登ってきた中の1頭が定位開始
f0324026_08031205.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●4:00過ぎ
この時点で確認出来た羽化個体は15頭ほど。
2:00過ぎに新たに登ってきた個体2頭が撮影し易い場所で定位したため、撮影のため度々光を当てていたため嫌がって羽化出来ず、まだ定位のまま。光を当てる度に体を揺すったり脚を動かしたり等落ち着かず。
f0324026_08123716.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●5:00過ぎ
今の日の出は4:32頃で、空は白白明るくなって来た。多くが翅を広げて羽化最終段階。
撮影予定の2個体はまだ定位状態のまま。

上流部を再度確認。一度確認後ずっと放置のため朝方登ってくる個体がいるかと思ったが、朝方での羽化個体は確認出来ず。ただ夜中に確認出来なかった別の羽化個体(翅は閉じた状態)を1頭確認。

●6:00過ぎ 羽化開始
定位状態だった個体がようやく羽化開始。
自然の状態での羽化開始ではないものの、自然光の中での羽化撮影となった。

▼6:12
f0324026_08252909.jpg
▼6:15
f0324026_08253044.jpg
▼6:17
f0324026_08252988.jpg
▼6:27
f0324026_08270785.jpg
▼6:49
f0324026_08443774.jpg
▼6:51 起き上がりから尾部抜き
f0324026_08450165.jpg
f0324026_08452885.jpg
f0324026_08460176.jpg
f0324026_08461938.jpg
▼7:01
f0324026_08464260.jpg
▼7:04
f0324026_08470642.jpg
▼7:24
f0324026_08485857.jpg
▼7:51
f0324026_10373090.jpg
▼8:20
f0324026_10381394.jpg
▼9:27
f0324026_10411173.jpg
▼もう1頭定位していた個体 同じ頃羽化開始
f0324026_10462572.jpg
f0324026_10484369.jpg
f0324026_21345889.jpg
f0324026_05241146.jpg
全てSONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS


●8:30頃オツネントンボ羽化探し
以前ここで同時期にオツネントンボの羽化も撮影していたので一時ハネビロエゾトンボ撮影を止めて探索。だが羽化個体は確認出来ず。

●その後更に上流部を探索
多くの産卵個体を見ているエリアなどを確認したが、羽化個体は見つけられず。
伺った話ではこのエリアでも羽化しているはずだが、下流部で羽化ピークと思われる時期にもかかわらずいないとなると、今季がおかしいのか・・。
初観察場所なので改めてまた来年確認。

■今回の結果
●羽化開始の時間帯
今回は観察開始の2:00過ぎに多くの定位個体を確認。その後も登ってくる個体も確認出来た。
前回、前々回は23:00過ぎからずっと行ったり来たりの繰り返しだったので、ヤゴにとっては登りづらい状況だった可能性。
登るのは23:00開始だが観察は2:00過ぎ位からが良さそう。

●羽化にかかる時間
今回までの確認でヤゴが登り始めるのは23:00~2:30頃。
飛翔開始は8:00過ぎからだったので、登り始めから飛翔までは8~9時間以上かかる結果。
ただ気温などの影響もあるかと思われるので、今回確認出来た一つの結果。

●羽化時期
2:00過ぎで14頭の定位~羽化中の個体を確認。
羽化殻はある場所ではまとまって5個程、その他バラバラに数多く確認。
最終的に当日確認出来た羽化個体は19頭程。これは細流から見える範囲だけだなので、見つけられなかった個体も多いはず。
これだけまとまって羽化するのは今頃が羽化のピークの様に思えるが、その確認はまた改めて来年確認したい。

●次回確認したい事
またブログを書きながら残念に思ったのがオス・メスの割合や時間帯での羽化の進み具合。
通常はオスが先に羽化開始し、メスが遅れての羽化がトンボでは一般的なので、確認しておけば少しは今後の何かの情報となった事と、また羽化の進み具合から定位した時間帯も推測出来たはず。
個体数が偶然多い日に遭遇出来、まとまって多くの情報が得られたのに少々残念・・。


by Nature_Oyaji | 2019-07-07 09:38 | トンボ | Comments(2)
2019年 06月 27日

ハネビロエゾトンボ 羽化-2

■2度めのハネビロエゾトンボ羽化撮影
6/23では羽化後の撮影と定位時間帯の確認が出来たので、今回は定位からの撮影を目的として再訪問。

●ロケハン
夕方まだ日のあるうちに撮影ポイントで羽化殻を探し、3ヶ所で新たな羽化殻を確認。
いずれも6/23のポイントと同じ細流脇で、前回同様水中や岸辺に生えている植物の水面から30~50cm程度の高さの所。葦などの葉裏や、少し密集して生えている植物の茎や葉裏で発見。
f0324026_22414838.jpg
f0324026_22414829.jpg
●探索-1 21:00~22:00
前回23:00頃よりヤゴが登る事を確認したが、念の為時間帯を早めてチェック。
この時間では発見に至らず。

●探索-2 23:00~
探索開始後、23:20過ぎ倒垂状態のオスの個体を発見。
まだ脚が前に出ており、羽化開始したばかりのもの。

●♂
f0324026_23001858.jpg
▼23:44
f0324026_23001901.jpg

▼23:45
f0324026_23001918.jpg
f0324026_23043759.jpg
f0324026_23005395.jpg
f0324026_23005330.jpg
f0324026_23005397.jpg
▼0:19
f0324026_23112626.jpg
▼1:36
f0324026_06421175.jpg
●グリーンメタリックへの変化
羽化間もない頃は、黄色部分と薄茶部分の2色だが、まず薄茶部分からメタリック色に変化し、その後黄色部分が変化。
f0324026_12285777.jpg
f0324026_12285769.jpg
全てSONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
残念ながら時間切れで今日は撤収。

●近くで定位していた♀の個体
♂の体が出る所まで撮影後、また近くを探索すると定位していた♀個体を発見。
まだ脚元を動かして体を揺するなどしていたため、まだ羽化開始には間があると判断し、10分後準備して撮影・・とカメラをセットした所、既に倒垂状態!
定位状態から一連の撮影はまた次回。

■今回の結果
●ようやく目標達成
定位からの撮影は間に合わなかったものの、定位している個体の発見とその時の様子は頭に残っている。
今回、定位はやはり23:00頃からと改めて確認出来、羽化に至る時間、場所などの生態が確認出来たのは嬉しい。

●羽化場所
2頭とも細流脇で羽化しており、岸からの移動は少なく水から直接植物を登った場所や、堆積した枯れ草などの上を移動し、付近に出ている植物をさらに登っての羽化。水面からの高さとしては30~50cm程度。

●定位個体
発見時、体の色は黒褐色だが翅芽ははっきりした黄色系の色で対照的(次回撮影)。
体を揺すっていたので、光が当たり警戒している、或いは足場固めの様にも見えたが、羽化開始直前の状態だった。
すっかりその様に思い込んでしまった為、何も確認出来ず。次回撮影時は要注意。

●今回の目的の一つだった体色の推移
あのメタリックな色がどの様に出現するのか?
体が殻から出た時期を見ると、胸部は黄色と薄茶の色合い。
薄茶部分については、色は薄いながらも近くで見ると既に反射が見られた。その薄茶部分からグリーンメタリックへ変化し、その後黄色部分も変化。
倒垂から約2時間後で、だいぶグリーンメタリックの色がはっきりしてきている。
次回、もっと観察時間が取れる時にもう少し長期観察としたい。



by Nature_Oyaji | 2019-06-27 07:13 | トンボ | Comments(0)
2019年 06月 23日

ハネビロエゾトンボ 羽化(初)

■今季の目標の一つのハネビロエゾトンボの羽化探索、ようやく時期となり初探索
昨年より羽化場所(残されている羽化殻やヤゴ探し)や、情報収集を行い準備。
今回は金曜夜~土曜にかけて、また土曜夜から日曜にかけて2度実施。

●初日
羽化時間帯は23:00~1:00頃から開始が多いと情報を頂いていたので、まずはその時間から探索。
この日は23:00~2:00頃まで細流を歩きながらの探索や、昨年羽化殻を見つけた細流脇の林の縁辺りも丹念に探してみたが見つからず、疲れのためそのまま車中泊。

7:00過ぎ虫友Iさんが合流。別々に探索していた所、8:00頃に夜探していた場所で飛翔寸前の個体を見つけてくれた。感謝!!
どうやら探索した時間の後に羽化したもの。

処女飛翔は撮影出来なかったが8:30過ぎだった。

▼♀
羽化していた場所は割と深めの流れのある場所。
岸近くの水中から出ている草の水面から約20~30cm位の位置。
長い産卵弁が見える。
f0324026_22135424.jpg
f0324026_05523768.jpg
f0324026_06020080.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼産卵弁
f0324026_06404666.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

▼今後のため羽化殻の大きさ、背棘(はいきょく)を撮影
f0324026_17454703.jpg
f0324026_17454738.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

その後も探索したものの、新たな発見には至らず。

●2日目
前日の反省から何度か繰り返しての探索実施。
23:00より探索開始したが、ここで残念結果・・。
昨日見つかった場所近くで新たなハネビロエゾトンボのヤゴが見えたものの、既に蜘蛛に襲われて絶命していた。
その後は何度か行ったり来たりを繰り返し探索したが、またまた発見出来ず3:00過ぎに終了。
収穫は撮影した場所近くでもう一つ羽化殻が見つかり、羽化場所が確認出来た事。
⇒あとで羽化殻を見たら全く違う種類のものだった・・。

早朝、また虫友Iさんが合流して探索したが見つからず解散。

■今回の結果
●羽化時期と開始時間
かなり広いエリアを二人で探索したが、撮影出来た個体と羽化殻1個だったので、おそらくちょうど羽化開始時期だったものと推測。
また今日の残念結果からも23:00頃には登ってくる個体がいることを確認。
また羽化期間は約1ヶ月程とも伺った。その間に撮影出来るまで何度か通いたい。
次回も同時間帯より探索。

●次回確認
・羽化から飛翔までの時間
8:00過ぎには写真のような状態まで羽化が進んでいた。
羽化した前日(金曜)は23:00には雨は上がっていたが、その影響で羽化開始が遅れていた可能性がありそう。処女飛翔は8:30過ぎ。
次回、定位から確認出来たら飛翔までの推移をしっかり確認しておきたい。
・色の変化
エゾトンボ科の光沢のある色合い。次回は羽化からの変化を確認したい。

●ヤゴの背棘
他のエゾトンボ科との区別として背棘の違いがある。
特に「9節のものは余り湾曲せずに立っている」(「日本のトンボ」より引用)とあり、他のネットでの写真でもその部分を見ているのだが、確かにたのエゾトンボ科のものより立っている。
が、この個体のものはどうにも少し寝ている様にも見える。以前羽化殻探しをした際に見つけたものも同様だった。
エリアでの違いがあるのか、個体差、あるいはヤゴの状態ではなくなっているからか。
今一度ガサ入れして確認するのが良さそう。

●待っている蜘蛛たち
探索時、多くの蜘蛛が草に止まっているのを見ていたが、先程の捕食の様子を見ていると羽化で登ってくるヤゴを待っているのかもしれない。
アオヤンマも羽化後襲われている個体を見ているが、そこではここより大型の蜘蛛が多数いて待ち構えているようにも見える。


by Nature_Oyaji | 2019-06-23 18:47 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 09日

ハネビロエゾトンボ

■交尾態も未観察で、また飛翔も不十分なハネビロエゾトンボの撮影
今回は画質にこだわり、SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSMでの飛翔撮影テストも兼ねて(昨日、オオルリボシヤンマ撮影でもテスト)。

●ハネビロエゾトンボ
f0324026_20394556.jpg
f0324026_20394670.jpg
f0324026_20394500.jpg

f0324026_20394521.jpg
f0324026_22033388.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

こちらも昨日のオオルリボシヤンマ撮影時と同じ、マニュアルアシストでの赤色を頼りに撮影。
慣れの問題でしょうが、だんだん歩留まりが良くなってきたのを実感。


by Nature_Oyaji | 2018-09-09 20:46 | トンボ | Comments(0)
2018年 08月 05日

栃木遠征 羽化探索

■栃木遠征 羽化探し訪問

●マダラヤンマ羽化確認 結果は全く見つけられず
長野では1週間前位から羽化が始まったようで、虫友Iさんが先週栃木に訪問されていましたが、羽化殻も見つからずの連絡。
1週間遅れですが、こちらも気になっていたので訪問。

羽化自体はネット等で探しても情報がなく、時間帯は恐らくは他のヤンマ系と同様真夜中。また場所は水面からさほど高くなく、岸に近い場所と思い、池の周囲を探索したものの見つけられず断念。
羽化自体がもっと遅いのか、池の岸から遠目の所で羽化しているのか、見つけられなかった要因はまた今後。

●翌朝はオツネントンボ羽化確認
こちらは池周りの草地でも成虫は移動したのか、あるいは早朝なのであまり動かず見つけられなかったのか、姿が見られない。
羽化の時間帯を過ぎてもその姿もないのでさすがに羽化自体は終了の結果。

●アジアイトトンボたち (Photohitoリンク
明け方日が昇る頃、たくさんのアジアイトトンボたちも活動開始。
見ていると盛んにオスはメスを探索し、うまく見つかると移精・交尾態へ。
移精の初観察は出来ましたが、短時間の為撮影出来ず、交尾態を撮影。
f0324026_19005785.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●ハネビロエゾトンボバトル撮影
ハネビロエゾトンボは早朝からバトル中。
今回は広角にこだわり、置きピンで目の前を通る個体撮影としてみましたが、相手もこちらを察知し、カメラを構えた場所を避けたり、急に速度を上げたりして撮影出来ず。

時に近くでバトル開始となり、その最中は油断するのか近くに寄って来る事があり、以前行ったムカシトンボのバトルでのセッティングで撮影。
ピン甘ですが、オス同士が絡んだ所を偶然撮影。
f0324026_19031737.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

1頭が急にバトルを止め休息開始。
朝からのバトルに流石に疲れたのかもしれない。
その個体は他の個体が近づいても無反応、また通り過ぎる相手も見えているのでしょうが、戦意喪失中とわかるのか一切手出しせず。
Photohitoリンク
f0324026_19053510.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カトリヤンマ(Photohitoリンク
まだまだ産卵時期は先ですがだいぶ色づき、美しい色へ。
f0324026_19075786.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

新たな発見等はなかったものの、今回はここまでで撤収。



by Nature_Oyaji | 2018-08-05 19:19 | トンボ | Comments(0)
2015年 07月 19日

茨城~栃木 トンボ探しの遠征

まだ出会っていないトンボがまだまだいます。しかもトンボのシーズンは短く、またサラリーマンにとっては週末のみの活動のため、出会える種類や機会は限られてしまいます。
そんなこともあり今日はまたSさんの訪問先にお付き合いさせて頂きました。
いつもありがとうございます。

茨城の某所でタカネトンボの羽化探し。
今日は出会えず。過去産卵していることは確認しているので、時期的な問題かも知れないとの結論。

別の沼に移動。
●コバネアオイトトンボ 関東付近では残念ながらここだけでの存在。♂♀の順。
f0324026_2135940.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_216791.jpg

Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この付近のポイントを説明頂き近くの別の沼に移動。

この沼にもエゾトンボ系が発生するが今日は全く見られません。
今日は少々運がない(いいや、この時期には居ないのかもしれないないという事が分かった)
のでこのあとの撮影をどうするか・・近場のナゴヤサナエはピークは過ぎているもののまだ見られるはず。栃木のハネビロエゾトンボは発生確認済・・で思い切って栃木へ移動することにしました。(10:30頃出発)

栃木の細流着。見事な色のハネビロエゾトンボが何頭も川のそれぞれの場所でテリをはっていました。
●ハネビロエゾトンボ 日影が好みの様で直射日光下にはなかなか来てくれませんが、テリ移動中に日光が当たった複眼には緑の他に赤系も見られ本当に美しい。実はハネビロエゾトンボの撮影は二度目。昨年訪問時は全く撮影出来ませんでしたが、ようやくリベンジ出来ました。
f0324026_19442171.jpg
f0324026_2044797.jpg
f0324026_2023071.jpg
f0324026_20342028.jpg
f0324026_19302714.jpg
f0324026_19582746.jpg
f0324026_2003064.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●カトリヤンマ 成熟体も見られました。
f0324026_206572.jpg
●オオムラサキ(♀)
f0324026_207383.jpg
●ゴイシシジミ
f0324026_2075648.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

by Nature_Oyaji | 2015-07-19 20:11 | 自然 | Comments(2)