オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヒナカマキリ ( 14 ) タグの人気記事


2018年 02月 18日

ヒナカマキリ探しと予期せぬ嬉しい出会い

■天の川撮影後、せっかくなので以前初めて見つけたヒナカマキリポイントチェックへ
5時まで天の川撮影後、撤収方々途中にあるヒナカマキリの生息地を再訪問。
昨年は1度訪問していますが、その際は成虫は見つけることが出来ずにいました。
また以前産卵場所となっていたバランが綺麗に刈り取られていたため、新たな産卵場所も気になっています。

●ヒナカマキリ卵鞘探し
刈り取られたバランですが、新しい葉が若干生えていて、幸いにも卵鞘を数個発見。
近くの古めのバランにも5~6個、葉の表や裏にすぐ見つかりました。
他にも目に付かない卵鞘もあるはずですので、それなりの数があるものと想像です。
f0324026_19310400.jpg

産卵場所になっているバランですが、日当たりが悪いと日光を求めて茎が伸びてしまう様で、何ヶ所かのバランは下の写真の様な状況。

この様な状態のバランを探しても卵鞘は見つからず。
思うに明るい時間帯での産卵時とすると、細い茎を登る際は捕食者に見つかりやすくなる為、避けているのかもしれません。
或いは夜の産卵とすると見つかり難いと考えられますが、今度は卵鞘は見つかり易く、時に食べられてしまうのではないか。
葉には卵鞘跡がいくつかあり、ひょっとしたら捕食された結果なのかもしれません。
f0324026_19335938.jpg

好みは古めの葉が残り、丈が低いバランのある下の写真の様な所。

f0324026_19370071.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

バラン以外も卵鞘を探してみましたが、都下の産地の様に竹には産み付けはなく、内房で見た木の皮の間にも見当たらない。場所場所で生き残りやすい産卵場所があるのかもしれません。


その他、以前探したことがなかった斜面上のバランを探すと、丈の低いバランには卵鞘が見つかり、また更に一番低めのエリアでも卵鞘が新たに見つかったので、やはりこの付近には広く分布している様。

今後もまた訪問して確認していきたい。

●予期せぬ出会い
バランに産み付けられた卵鞘を探していて、ふっと見上げたカクレミノですが、そこに2年ぶりのタテジマカミキリ越冬個体を発見!枝を引っ張っての撮影。

元々このエリアにも何本かカクレミノがあり、程よく育っている木の枝先は沢山の食害が見られ、タテジマカミキリがいるのは確実。ここから近い別の場所もここ以上に食害を受けているカクレミノが多数あるのですが、何故か越冬中の個体は見つけられずにいましたが、ようやく発見です。

▽体半分位が埋まる位、枝を削って自分の隠れ場所を作成
f0324026_07001262.jpg
▽太さは自分の体の倍位が好みの様
f0324026_19501651.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

念のため、もう一ヶ所の食害多数のポイントにも訪問してみましたが、やはりこちらは相変わらず発見できず。
日当たりが良く、過ごしやすい場所で越冬しているのでしょう。

その代わり(でもありませんが)アオバハゴロモの冬虫夏草(?)を発見。
●アオバハゴロモ
f0324026_20011069.jpg
f0324026_20015555.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日はこれにて撤収。



by Nature_Oyaji | 2018-02-18 20:05 | カマキリ | Comments(0)
2018年 01月 21日

内房でヒナカマキリとタテジマカミキリ探し

■内房で初のヒナカマキリとタテジマカミキリ探し
前日の移動時からヒナカマキリを探しながら南下。

江川海岸の夕刻にはまだ早すぎるので、途中GoogleMapで見つけた神社を訪問。
すると、いきなり卵鞘発見!
●神社-1 ヒナカマキリ卵鞘
f0324026_18522018.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この神社は集落に近く、境内はきちんと管理されている場所。
過去卵鞘が見つかったのは、わりと放置された様な人里離れたような場所ばかりだったので(そんな所ばかり探していた結果でもありますが・・)、案外探せば生息場所が見つかるのかもしれない。

境内は多くは杉ですが、一部は太めの広葉樹(落葉樹)があり、その木の下にあった建屋の壁に多く見つかった。
やはり隠れる場所となる広葉樹の落ち葉のある場所が必要。高さは大人の膝程度まで。
この境内ではいくつかの建屋に分散して、計10個程卵鞘が見つかった。

●神社-2 翌日、九十九谷展望公園撮影後、同様にGoogleMapで樹木に囲まれた神社を探して移動

次の神社も民家に近い場所で、境内は明るめで平な境内脇はすぐ山間の斜面で、そこには広葉樹はあるものの、主な木は杉。
その樹皮には深い溝があり、その隙間に産み付けられている卵鞘を発見。
f0324026_19095831.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

根元付近の剥がれた樹皮をそっと剥がしてみると、かなり古い卵鞘が見つかった。
f0324026_19125068.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

残念ながらその他新しい卵鞘は見つからず。
ただ別の場所では樹木に絡みついているツル植物の裏などでも見つけているので、ここでもそんな所も丹念に探せが見つかるかもしれない。

その後、今度は北上しながら同様に探索。

●神社-3 
小さな境内で、山を建屋の形に削って建てた様な場所。
ただ周りは豊かな樹木に囲まれている。
周囲10m程の建屋周りを見て回ると・・
f0324026_19222861.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ぽつんと1個だけ卵鞘を発見。こちらも膝の高さ位。
ここも周りの樹木付近に産卵しているものと推測。

●最後、回った所は小山の頂上にある小さな祠のある場所
頂上ゆえ、ヒナカマキリが生息するには風が強すぎで、隠れる葉も残りにくいので残念ながらヒナカマキリは見つからず(斜面にはいるのかもしれない)。
その代わりと言っては何ですが、山頂付近は嬉しいことにタテジマカミキリの食樹のカクレミノの群生地でした。
斜面にそって約1時間、タテジマカミキリ探しをしてみましたが、やはり相性が悪すぎで結局1頭も見つけられず、撤収。
食害を受けていたり、越冬した跡と思われるくぼみも多数あるのに、どうにも見つかりません。
タテジマカミキリについては、また神奈川方面で再探索予定。

●今回の結果
ヒナカマキリについては、今回の探索条件は、過去行ったように「GoogleMapの航空写真で、林の中にある神社」のみ。

ヒナカマキリ自体は、飛翔しての移動は出来ない種類(元々定地性で移動は少ない)。
そうなると、居そうな場所は
-古くからその環境が守られていて、広葉樹が多い場所
が生き残っている可能性が高いと考え、今回も神社を探索。

結果は3勝1敗。
過去房総で何度か同様の探索を行い、10ヶ所以上探索して見つかったのは2ヶ所のみ。
今回の内房での高確率での発見に驚きです。
今後は訪問地マップを作成し、生息域の観察を引き続き行っていきたい。

タテジマカミキリも同様。
訪問地で一緒に食樹を探して探索予定です。


by Nature_Oyaji | 2018-01-21 19:42 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 18日

ヒナカマキリ 卵鞘確認

気になっていたヒナカマキリの孵化状況。

●5/14撮影
4個あった卵鞘は2個へ。

▼こちらは孵化済(写真下側の卵はこれからの様) これを見ると前幼虫は卵鞘中央から孵化です。
f0324026_04343892.jpg
▼こちらはまだ孵化前 ただ2つ穴が空いているので一部孵化済のよう
f0324026_04342900.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

一つの卵鞘に卵は10~12個程。
孵化する時は卵鞘の中央から出てくるため、向き合った前幼虫同士が同時に孵化ならぶつかって具合が悪い。
その為、出て来る所が重ならない様、少しずらして互い違いに産み付けてあるようにも見えるし、時間差で孵化して同じ場所を使うのかもしれない。あるいはその両方。

普通は無駄が少ない方向へ落ち着くのが生き残りやすいと思われるので(「分子進化のほぼ中立説」が今の考え方のようで、「進化」自体、言葉の学術的な意味をよく理解していないので使いづらい・・。)、
▼互い違いに産み付け(卵鞘自体コンパクトになりそう)
▼孵化する際は初めに出る個体が懸命に穴を開ける
▼反対側の次の個体は時間差で同じ場所から出る(か自分も少しは孔を開けるのかも)。するとエネルギーはさほど使わずに出られる
というのが自然な気がします。

ネットにも孵化の様子を投稿されていますが、見たものは一斉に孵化するというより、数頭ずつ出ている場面のもの。
時間差で少しずつ孵化する感じです。

どうやらここのヒナカマキリは5月中旬頃の孵化の様です。




by Nature_Oyaji | 2017-05-18 04:41 | カマキリ | Comments(0)
2017年 04月 23日

ムカシトンボ羽化 検証を兼ね今期最後の羽化探し

■ムカシトンボ羽化
先週の羽化撮影をした場所より更に山間部の場所へ。
こちらは知り合いのFさんが以前から観察していた場所で、前回上陸ヤゴを探した場所
Fさんは過去のデータからこの場所の羽化時期を計算し、今日が羽化との予測を出されていました。
本日はその検証を兼ね同行訪問となりました。(その時のFさんのブログ:ムカシトンボの羽化までの有効積算温度について

■先週羽化撮影した場所を再チェック
●観察ポイントに行く前に先週羽化を撮影した場所を訪問
昨日虫友Tさんもチェックで訪れていたのですが、先週より羽化殻は増えていないとの連絡を頂いていました(昨日の虫友Tさんのブログ)。
結局は今日も増えていることもなく、先週の2頭に出会えてこの場所は終了の様。

●少し上流のもう一ヶ所のポイントへ移動
こちらは先週は羽化を確認出来ませんでしたが、虫友Tさんのブログにあるように、岩場近くで2つの羽化殻と1頭残念ながら羽化不全の雌を確認(3個のうち1個は昨夜の雨で流れた模様)。

▽羽化不全(♀)
気になりその個体を探すと、連絡頂いた場所で飛ぶことも出来ず静かにしていました。
何かこみ上げるものがあり、その様子を残すことに。
f0324026_20393089.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(10枚撮影して深度合成)

Fさんの羽化時期予測の検証のため目的のポイントへ
今日羽化が確認出来れば計算での予測と一致します。
Fさんと一緒に探索開始したものの、羽化殻や日のあたり初めたエリアで登ってくるヤゴを探すも全く見当たらない。
10時近くになり、上陸ヤゴが見つかったエリアにも日がさし始めましたが、羽化で登ってくる個体はなし。
改めてゆっくり探すとようやく前日羽化した居残りを発見(昨日は曇りで若干気温は低めで、夜はかなりの雨。その影響で居残りとなったものと推測)
この初の羽化個体発見は、同時にFさんが計算・羽化日を予想した日の検証が出来たことに。
今後の楽しみとして、引き続き来年以降も羽化時期の様子は観察していきたい。

●初発見の羽化個体(♂)
この個体は前回上陸ヤゴが見つかった場所から数m、川からは5~6m離れた場所。
f0324026_20483590.jpg
Olympus E-M5II+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT
f0324026_20490170.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

更に11時近くに向かいの川近くから飛ぶ個体1頭と、羽化している雌の個体を発見。
この2頭は先程の雄の場所とは離れていて、別なルートでの上陸で、羽化場所がはっきりしている雌については川岸からは1m程。
岩石は多くは無いため、どんな所にひそんでいるか。
草だらけで探しにくいのですが、来年確認してみたい。

また4月12日に上陸ヤゴで見つけた羽化時割れる部分の盛り上がり。
こちらも定位個体を確認することができなかったので、また来年の確認です。

ここまで確認でき充実した気分で解散。お疲れ様でした。
なお今回の結果はFさんが詳細にまとめられています。

いつものホソミイトトンボ多産地へ移動

■再び先週のポイント訪問
再度念のため、朝寄ったポイントを訪問。
羽化が見つかったポイントは変化なし。
もう一ヶ所のポイントでは先程撮影した羽化不全の個体が行方不明。よくアリなどに襲われることがありますが、そうではなさそう。
また川の上には雄が1頭、餌を捕りながら行ったり来たり。間もなく産卵時期となるので、そちらの観察もしっかりやりたい。

■ヒナカマキリ卵鞘確認
また通り道だったのでチェック。
驚いたことにまだ孵化していない。
孵化の時期を知らないので念のための観察でしたが、これが普通なのかもしれない。
f0324026_21393742.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

■ホソミイトトンボ多産地着
風が強く、田んぼ回りを歩き回ったものの何も見つけられず。今日はここまで。










by Nature_Oyaji | 2017-04-23 21:42 | トンボ | Comments(0)
2017年 04月 02日

ヒナカマキリ卵鞘確認とホソミイトトンボ確認

ムカシトンボ観察が終了し、ホソミイトトンボ観察場所へ移動。

■移動途中にあるヒナカマキリ生息場所へ卵鞘の様子を確認
昨年秋に卵鞘の場所を確認していた所へ孵化の様子を確認へ。結果的には4つある卵鞘には変化なし。
f0324026_21374775.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

■ホソミイトトンボ確認へ
久しぶりにホソミイトトンボの確認で訪問。
まずは田起こしや草が生え始めた田んぼへ。いろいろな植物が生え始めましたがまだトンボたちはここには出ていない。
せっかくなのでたまには田んぼ回りの植物とそこで出会えたナナホシテントウとミヤマセセリを撮影。
f0324026_21402787.jpg
f0324026_21402137.jpg
f0324026_21402658.jpg
f0324026_21403299.jpg
f0324026_21403882.jpg
全てOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その後、越冬していた竹林の中も探してみましたが、とうとう見つからず。
竹林から山あいの上側へ移動するとは思えないので、田んぼに出ていないとなると、竹林付近にいるはず。
でも見つからない。また近々訪問して、その時での様子観察をするしかなさそう。




by Nature_Oyaji | 2017-04-02 21:46 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 01月 21日

皇居でヒナカマキリ卵鞘探し

前回、皇居のヒナカマキリ探しは2014年11月8日に実施。
あの年はとうとう成虫には出会えず終わっていました。

今は何とかどの辺りにいそうか少し頭に入り、卵鞘探しにも慣れてきたのでリベンジを兼ねて探索。
前回もご紹介しましたが皇居は多くの自然が残されていて、ヒナカマキリの生息場所も公開されています。
今回もその地図を元に一回り。

探し始めて10分も経たないうちに1個めの卵鞘を発見。

●ヒナカマキリの卵鞘 もちろん樹木や大きな葉の裏などにも産卵するのですが、見つけにくいので探す時はこんな人工物が良いと思っています。
これなら歩きながらでも見つけることが出来ます。
この卵鞘の産卵の高さは約75cm、ヒナカマキリについての報告書などを見るとだいたいその高さに集中しています。
f0324026_16243751.jpg

Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

皇居内の外周近くは立入禁止エリア多数で、こうしたフェンスがあるので逆に生息場所が守られている気がします。
フェンスの向こう側には広葉樹の落ち葉が積み重なった安定した場所が広がっていて、いかにも生息している感じがします。

このエリアを暫く探すと卵鞘は1個、他は卵鞘の跡が2つ。
何かに食べられたのだろうか?? それとも採集者の仕業??
f0324026_15510614.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

じっくり近づくことが出来るフェンスを探しながら一回りしたものの、結局見つかった卵鞘はこの1個のみ。
皇居内は至る所で目撃されているので、恐らくはフェンスの向こう側や葉の裏など、目の届かない所に産み付けられているのでしょう。
秋にはまた成虫探しとしたい。




by Nature_Oyaji | 2017-01-21 15:58 | カマキリ | Comments(0)
2017年 01月 09日

越冬昆虫探し フユシャクとヒナカマキリ卵鞘探し

ホソミイトトンボの興奮が冷めやらぬまま、このまま帰宅する気にもなれず、以前ヒナカマキリ探しをした場所へ。
成虫探しは難易度が高いですが、卵鞘ならある程度どの辺りに産み付けるか分かってきたし、生存している確認にもなります。
で、探し始めて5分も経たないうちに擬木にある卵鞘を発見。
1個見つかった周りをさっと探しただけで計4個見つかり、しっかりここで行きていることを確認。
秋までには成虫を求めて何度か訪問したい。
f0324026_19120754.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

擬木にはもう一つの目的だったフユシャクの♀を確認。これは期待していなかっただけに嬉しい。
ただ同定ができない・・。
●シロオビフユシャク(♀)??
f0324026_19155860.jpg
●ウスバフユシャク)(♀)??
f0324026_19161726.jpg
全てOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro+STF8


越冬トンボ探しもあと残すはオツネントンボ。
この冬には作戦を立ててなんとかしたい・・。


by Nature_Oyaji | 2017-01-09 19:23 | カマキリ | Comments(0)
2016年 11月 13日

ムカシトンボ ヤゴ探し

ムカシトンボは小学生の頃、図鑑で見た以来ずっと出会いたいと思っていたトンボ。
昨年ようやく成虫と産卵の様子を撮影し、この春にやっと羽化の様子も撮影出来ました。

この春の羽化撮影の少し前、一度虫友さんとヤゴ探しをしてみましたが、網もない状態で空振り。

そんなこともあり先日のヤンマタケ撮影で茨城に訪問時、ご案内頂いた方にムカシトンボのヤゴ探しの手ほどき(場所ややり方など)をお願いしました。
実際にヤゴを探した場所は、ほぼ川の中央付近で適度な大きさの石(足で動かせる位)が沢山ある川底。
網を置き、その上流で石をガサガサ足で動かし、石にしがみついているヤゴを流して網ですくい取る方法。

せっかく教えて頂いたので、今日は網を用意し羽化撮影した川で実践。12月になると水も更に冷たくなるので、試すなら今! という訳です。

まずは羽化を撮影した少し広めの河原があり流れが緩やかな場所。
ただここの川底の石は足で動かせるものが少ない場所で、1時間ほどあれこれ探してみましたが1頭も見つけられず。

上に草が生えている石が気になりトライ。
f0324026_22140935.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

するとすぐカワトンボのヤゴが。ミヤマカワトンボかアサヒナカワトンボか・・。
f0324026_22150679.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

暫く川を上りながら探してみましたが、川底は同様に大きな石が多い場所ばかり。
動かせるものは手で動かして見たもののヤゴは見つからず。動かすのも大変な位の石ばかりの所は住みにくいのかもしれない。

最後は産卵を撮影した付近の川。
手のひらの半分程の石が結構あり、流れは比較的緩やか。その場所を探すとようやくムカシトンボ(その他)のヤゴも発見。

ヤゴを直径約4cmの容器に入れて撮影。
●ダビド属のヤゴ
f0324026_22312432.jpg
●以下はムカシトンボ
▽通称パンダ柄 約1cm程
f0324026_22330011.jpg
▽上と同じ位のノーマルタイプ
f0324026_22322146.jpg
▽最初のパンダ柄と更に大きなヤゴ(約2cm弱) 最終令か?
f0324026_22363294.jpg
すべてOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ようやくムカシトンボのヤゴも発見。
次は春先の上陸前の個体や、上陸後陸で過ごしている個体を見つけたい。

帰り道、昨年ヒナカマキリ撮影した場所へ立ち寄り。
ダメ元で成虫を探しましたがもうさすがに時期が遅すぎの様。
幸いなことに卵鞘は見つかったので、また来年の9-10月訪問へ。

●ヒナカマキリ 卵鞘 大人の膝位の高さまで。ここには4つ産み付け。
f0324026_23253413.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro








by Nature_Oyaji | 2016-11-13 22:56 | トンボ | Comments(2)
2016年 10月 10日

秋の連休 3日目 房総へヒナカマキリ・ルーミスシジミ・シルビアシジミ探し

秋の連休最終日。
まずは気になっているヒナカマキリを7時過ぎから探索開始。
前回の探索時見つけられなかった悔しさもあり、その時考えた
・ヒノキ回り探し
・探索範囲を広げる
を実施。

▽ヒノキ回り探索
ヒノキ回りは思った通り、ヒノキの皮の裏にも卵鞘発見。ただ成虫は潜んでおらず発見に至らず。
f0324026_18364941.jpg
iPhone6での撮影

▽林床等環境確認
改めて樹木の様子を確認したものの、広葉樹が密集している場所はなく、竹林と点在する針葉樹と広葉樹の環境のまま。
なのでふんわりした林床場所はなく、竹の葉、針葉樹、少ない広葉樹の重なった状態。
隠れにくい林床ではあるものの、やはりこの林床のどこかに隠れているに違いない。

▽範囲を広げての探索
色々場所を変えて探索をしてみましたが、やはり見つけられずでしたが、それでも個数は少ないですが新しい場所で卵鞘を確認出来たことが収穫。

今日は日も差さず暗いまま気温が低いので、出てこなかったものと推測。
また次回天気が良い日に再訪問です。

そのまま房総へ移動。
まだ早いとは思ったのですが、ルーミスシジミのポイントの様子を確認に訪問。
既に撮影されている方がおられて、様子を見ると1頭ルーミスシジミが降りていました。
ご一緒させて頂き撮影。

●ルーミスシジミ 今季初 独特の翅裏の模様が美しい
f0324026_18570014.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

天気は一時良くなり、日差しが差す時もありましたが、ルーミスシジミに当たることもなく、開翅ならず。
それでも今の時期に出会えたこと自体、嬉しい。
ご一緒させて頂いた上越のNさん、ありがとうございました。

その後昨日確認出来たシルビアシジミ探しとしてみました。
何ヶ所かポイントの場所を探索してみましたが、どこも見つけられずの結果。
また次回、作戦をねって再訪問です。
探している最中、確認のため撮影したヤマトシジミ。改めてみるとこちらも美しい姿。

●ヤマトシジミ
f0324026_19132404.jpg
f0324026_19133062.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


虫友Tさんは今日はホソミイトトンボ観察でしたが、驚いた事に今日は全くいないという連絡をもらいました。
前回10/1にはまだ潜んでいましたが、この一週間程で一斉に移動してしまったようです。

昨年はいつ越冬開始なのかも分からず、もっと寒くなってから越冬個体探しを開始しました。
今年は初の定点観察場所として様子を見ていた場所で、越冬開始への移動の頃が特定出来たのが嬉しい。
Tさん、お疲れ様でした。越冬個体探し、がんばりましょう。




by Nature_Oyaji | 2016-10-10 19:28 | チョウ | Comments(2)
2016年 10月 02日

ヒナカマキリ探し その2

今日は以前卵鞘を見つけた場所に茨城のSさんとその友人の方、Fさんも集まり皆でヒナカマキリの成虫探し。
天候が少し悪く曇り空のため活性が低いと思われるのでどうなるか・・。

探索開始!
皆でそれぞれ思い思いの場所で探すもどうにも見つかりません。
卵鞘は既に20個以上産み付け済。成虫が既に死滅したとも思えません。
実際、以前訪問した都下の生息場所では、別の方々が10月下旬に観察しています。
なお、産卵について調べると一匹の♀は数回産み付けるらしい。
3回としても7匹程度はここに産み付けたことになります。

探した場所は地面や産み付けられたバランの回り。結局1時間ほど探したものの、誰も見つけられず残念ながら解散。
オヤヂはともかく、3人も昆虫探しに長けたメンバーでも探せないとなると、ひょっとしたら地面ではなく木の上?なのかもしれません。
生態を検索した所、どうやら樹上生活は行わないようで好地性、常緑広葉樹林の林床を離れないとあります。

また別の論文にはヒノキの樹皮の内側にも産卵するとありました。思い出してみると今日の場所には大木のヒノキがあり、かなり樹皮はめくれて隙間が空いていたので、隠れている可能性があります。

■次回訪問計画
▽ヒノキの樹皮回りのチェック
▽もう少し探索範囲を広げる
 ・生態的には広葉樹の落ち葉の林床が好みなので、そんな場所がないかどうか 
 ・探索した場所の地面は竹の落ち葉ばかりでペタッとしているので隠れることが出来ない ⇒ バランには産卵のみに来ている可能性
▽夜行性らしい ⇒ 夜の探索実施もしてみる 産卵も夜なのかもしれない
▽どうしても見つからないようなら気温がもっと低めになる月末まで待って、天気の良い日に日なたぼっこするために草の上に出てくるのを待つ

他の場所を探すのも平行して行うが(卵鞘探し)、活動期間の11月のうちにこの場所をじっくり探索しておきたい。

●探している時見つけたトウキョウサンショウウオ
たまたま朽ちた竹を退けた所、その下に潜んでいました。
f0324026_19280211.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

サイズから10年以上生きている個体との説明。

あとで虫友Tさんに聞いた所、
▽サンショウウオは産卵の時のみ水場に降りて来て、それ以外は山で過ごす
▽山ではこのように何処かに潜んでいて、夜などに出てきて餌探し
▽脈拍等新陳代謝が低いため、10年以上の長寿命
との事。サンショウウオは子どもの頃から見てはいましたが、生態についての知識が抜けていました。
それにしてもここは結構高い山の上。産卵場所と思われる下の水場からは相当の距離と標高差。驚きです。


さて今日はそんなわけで残念ながら解散となりましたが、悔しいのでもう少し探してみる事に。
実はどうせ行くならと、その近くの別の神社を3ヶ所ほど訪問予定地として探してありました。
結果は
▽2ヶ所は集合場所に来る前に確認してみましたが、両方共卵鞘は確認できず。
▽残るもう一ヶ所を解散後訪問してみましたが、こちらもダメ。

もう一ヶ所、以前タテジマカミキリ探しで訪問した神社を思い出し、そこへ移動。

移動途中に大きめな神社があったのでダメ元で探索。 
すると鐘つき堂の脚部分に一つだけありました!
●ヒナカマキリ 卵鞘 どうにも卵の数が通常の半分程度 あとで生態について調べていた所、卵の数はその時の栄養状態によるらしい
f0324026_18493603.jpg
f0324026_18503975.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

回りを念入りに探してみましたが、成虫は見つからず、卵鞘もこの場所ではこの一つだけ。

それでもこの山にはいることはわかったので、色々な所をチェック。
●石灯籠にあった古い卵鞘(孵化済)
f0324026_18531097.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●別の建物の裏にあった卵鞘 これも数が足りない
f0324026_18535141.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

産卵しそうなツワブキやバランに似た植物の葉の裏もいろいろ調べて回りましたが、植物への産卵は見つけられず。
場所が違うのかもしれません。こちらも遅めの時期に、日当たりの良い所に出てくるのを待つのが良さそうです。

タテジマカミキリ探しの神社到着。
夏を過ぎたカクレミノの新芽部分を見ると、かなりの確率で食害されている跡が。
タテジマカミキリの幼虫は確実に潜んでいます。幼虫はこのまま3年ほど過ごす様です。
f0324026_19034031.jpg
f0324026_19034657.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽タテジマカミキリとカクレミノの関係(妄想)
食害を受けるカクレミノですが、長年の共存共栄による進化で実は枝を増やすのに役立っている・・のかもしれないなと。実際、食害を受けるとその部分からはしっかり次の枝が伸びるようになっており、時には同時に2つの枝が出る場合もある。(下の写真は食害の後、同時に2つ枝が出て、更に一方は食害されているもの)
f0324026_19110347.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

さて改めてこの神社でヒナカマキリ探し。
卵鞘がありそうな場所を見て回りましたが、とうとう見つけられず終了。

▽カエルとヒナカマキリ(また妄想)
撤収時、結構な数のアカガエルを目撃。越冬のために山に登ってきたものでしょうが、ここでまた妄想。
こんなカエルが徘徊していたら、ヒナカマキリは格好の餌。
卵鞘が沢山あった山にはカエルは登っておらず、過去捕食者がいないため生息場所として残されていたものではないかと推測。


皆さん、お疲れ様でした。
次回は何とか見つけたい。







by Nature_Oyaji | 2016-10-02 19:22 | カマキリ | Comments(0)