人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヒメボタル ( 6 ) タグの人気記事


2019年 07月 20日

ヒメボタル 今期最後の撮影

■今期最後のヒメボタル撮影へ
いよいよ今季のホタル撮影も最後の日。
いつものようにホタル師匠のFさんに同行させて頂いた。
17:00過ぎにロケハン。こちらのヒメボタルの発光開始は約23:00位からで、今回もいつもの様に場所を決め、ベースになる風景写真を撮影したら準備完了。
あとは約5時間程ヒメボタルたちの活動開始を待つのみ。

今回も2台体制で機材は
・SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art(F1.8、ISO1600、10秒撮影)
・Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(F2.8、ISO1600、10秒撮影)

※なお、現像して愕然としたのがオリンパスでの撮影。
F2.8、ISO1600、10秒撮影を行ったがISO感度が足りず、うっすらとしか写っていなかった。オリンパスでの撮影結果は全てボツ。
現場でしっかり確認していれば良かったと反省。

●17:30
f0324026_01511232.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●20:00過ぎ
光りはじめたかどうかの確認中、ごくわずかだが一部の発光を確認。撮影するには数が少ないが今までこの時間での発光は記憶になく、新しい発見とFさんから話を伺った。

●23:00過ぎ
ようやく多くが光始め撮影開始。
開始直後はソニー機をセットした側はなぜか飛んできてくれず、それでも0:00時を回った頃からようやくセットしたエリアを飛翔してくれる個体が少々。
それは少なからずメスの発生がおくれ、発光がなかった事も影響していた様に思える。

f0324026_03525053.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●1:30頃
だんだん光り方が弱くなってきた頃。残念ながらそろそろ今期の最後の時。
改めて自分の目で光り輝く様子を脳裏に焼き付け、ヒメボタルたちに感謝して撤収。

■今回の結果
●新しい発見
まずは20:00過ぎに一部が発光。これは今までここで何度も撮影してきたFさんが気付いた新しい知見。何かが変化してヒメボタルの発光時間に影響しているのかもしれないが、今は何もわからず。
また来年も同様にその時間に光るのか継続観察。

また光り始めた頃、見上げるような高めの木の葉に潜んでいた。こちらも過去見ることが少なかった事のようで、こちらも新しい知見。

Olympusでの失敗
撮影条件はSONYもOlympusも同じだったが、レンズのF値はSONYはF1.8、OlympusはF2.8。実際の撮影を現場で確認して設定変更するのは当たり前だが、それを怠ったツケが回ってきた結果。最後の撮影だっただけに残念でならない。
前回のゲンジボタル撮影でも撮影条件は同じでF2.8,ISO1600だったが、やはりヒメボタルの方が弱い光のため、もっとISO感度を上げる必要があった。


by Nature_Oyaji | 2019-07-20 23:35 | ホタル | Comments(0)
2019年 06月 08日

ヒメボタル

■今季初のヒメボタル
毎年どこかのエリアで撮影しているヒメボタルですが、今季初は数年前訪問した場所。
娘と待ち合わせでの訪問だったため、到着は22:30過ぎで、ちょうど雨上がりのタイミング。
既に数名の方が撮影中で、その横にお邪魔させて頂き、今回は予め背景撮影も出来ないのでそのままオリンパス機でライブコンポジット撮影。
f0324026_12433392.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

先に撮影されていた方から1~2週間前は40~50頭程飛んでいたという事だったが、今日は雨上がりという事と、時期的にピークが過ぎたようで、数頭飛翔する状況。
ただ少数ではあるがいつもの畑等とは少し異なる雰囲気で、人が生活している近くで生きていることがわかる場面となった。出来たら1頭だけでもすぐレンズ前を通過してもらえると良かった。

●撮影場所近くの草地にいたメス
初撮影。クズが一面に生えている場所で数頭が点滅中だった。
ヒメボタルをホタルの光のみで撮影。
f0324026_13112467.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●今回竹やぶでの撮影をと思っていたが、竹やぶ内でも数頭光っていたが撮影撮影断念
場所を移動し以前撮影したポイントで撮影と思ったものの、既に1:00を回ってしまい、飛翔する個体数も少なめ。
諦めかけていた所、少し遠くだったが旧田んぼ周りで約10頭程が飛翔していたため、ダメ元で撮影。

●再びオリンパス機でのライブコンポジット撮影
f0324026_13215599.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artで撮影し合成
今回はSIGMA 50mmでのホタルでのテスト撮影を兼ねていた。
ただ合成枚数が多すぎで、画像的にはだいぶ盛り過ぎ感。
f0324026_13232109.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art(トリミング済)

■今日の結果
●初のメス撮影
飛べないメスが光でオスを待つ様子を初確認。
互いが見つけて交尾に至る際は点滅がシンクロすると聞いていたので、その様子が見られたらと暫く観察していたが、メスのエリアに飛んでくるオスが少なく、シンクロ・交尾はまた次回。
メスが発生しているということは、もう終盤とあとからFさんから教えて頂いた。

●SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artでのホタル撮影
画角的にもちょうど良く、またF1.4は明るいもののややボケ感が強いので今回はF2.2で撮影。
玉ボケも綺麗で重宝しそう。
今回のピントは見えていた遠目のホタルに合わせたため、結果は準備不足そのものの結果で、全体的に遠目過ぎでもう少し手前に合わせれば良かった。
その辺りは昨年行ったように、明るいうちから背景撮影をして準備しておかないと、やはり狙った写真は撮れないなと実感。

●次回
今季は7月に奥多摩方面の初の場所に訪問予定(Fさんは一度クマと遭遇しているという・・)。


by Nature_Oyaji | 2019-06-08 13:26 | ホタル | Comments(0)
2018年 07月 21日

山梨のヒメボタル

■山梨のヒメボタル
2週続けてのヒメボタル撮影。そして今季のヒメボタル撮影最終です。
昨年も同時期訪問撮影していましたが、設定を完全に間違え全く撮影出来ていなかったので、今回が初撮影。

場所的には過去撮影した場所(ここを含めて3ヶ所)ですが、一番木の密度が高く発光時間帯も遅い(21時以降)の為、発光時間帯ではほぼ暗闇状態で、撮影条件が厳しい。

▼1枚めはソニーでマクロ望遠撮影
高さは約50cm程度にしたが、ここのヒメボタルはこの高さから更に高めに飛ぶ事もあり、ほぼ真横からの飛翔撮影となってしまい、広がり感のない結果。
またメスはまだ発生していない様で(数頭このエリアで光ってはいた)、メスの発生時期であれば草地部分での光があることで、オスの飛翔とメスの発光の場所が異なる1枚となったのですが、それはまた次回。

▼2枚めはオリンパスで広角撮影
広角撮影はISO2000でしたが、広角ゆえ光が弱めになり補正した事やオリンパスではこの撮影条件ではノイズが出てしまい、少々残念な結果(こちらの撮影技術の事ももちろんあります)。
f0324026_02064893.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
f0324026_03465474.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

来季も今回の撮影結果を踏まえ、また訪問撮影としたい。

●まとめ
今季はこれにてホタル撮影は全て終了。ヒメボタル観察地としては過去3ヶ所のみですが、その場所について簡単に記載。

▼発生時期と発光時間帯
ヒメボタルは全国に生息地があり、それぞれ発生時期や不思議ですが光る時間帯が異なる。

以前も記載しましたが、メスは飛ぶことが出来ない。生息域でメスの移動が出来ない様な事(自然的あるいは人工的)あった場合、その範囲が生息域として閉鎖された形となると思われる。
オスは飛べると行っても長距離移動しそうになく、オスメスともそのエリアにある意味閉鎖されたため、発生時期、発光時間帯が異なる進化となったのではないかと想像。

観察場所は過去3ヶ所しかありませんが、以下に時期と発光時間帯をまとめると
▼秩父 発生6月上旬 発光時間帯 22時頃~
▼岩手 発生7月中旬 発光時間帯 19時頃~
▼山梨 発生7月中旬 発光時間帯 21時頃~(今回初確認)

●飛翔の高さ
こちらも生息場所が異なることも影響しているためか、それぞれで微妙に異なる
▼秩父 平地 高さ30~50cm
▼岩手 山岳部 高さ30~50cm
▼山梨 山岳部 高さ30~100cm(それ以上も)

●飛翔速度
ヒメボタルの発光は短時間発光なので、飛翔速度が遅い場所ではほぼ光は円の結果となる。

「飛ぶ=メスを見つけるための行動」なので、メスの数の違い(少ない時期・場所では速く移動して見つける必要がある)だとすると、同じ場所でメスの有無での違いがあるのか、観察出来たらはっきりする。
あるいはメスに関係なく速く飛ぶ個体が多かったら、その場所での進化の結果。ひょっとしたら他の産地のものより、オスは目が良く、速くとんでもメスを見つけられるのかも・・などなどいろいろ頭を巡らすのも面白い。

▼秩父 こちらは2年前の撮影では円状。今回の様な飛ぶ速さに注目して見てないのですが、写真を見る限りゆったり飛翔のものに見える。写真からするとメスは発生済。
▼岩手 わずかですが速く飛ぶ個体が見られる。メスの発生は少数の時期。
▼山梨 速く飛ぶ個体が比較的多めだった。メスの発生は少数の時期。

また来季も楽しみたい。


by Nature_Oyaji | 2018-07-21 20:27 | ホタル | Comments(0)
2018年 07月 19日

岩手遠征-4 ヒメボタル

■今回の一番の目的のヒメボタル撮影

ここ折爪岳のヒメボタルは、その数100万匹と言われ、山のあちらこちらで見られる。Fさんは過去5〜6回訪問済みで、昨年よりお誘い頂いていたもの。

今年の4月に「岩手県天然記念物」の指定を受け、この7月が指定後初の発生時期。
過去、指定前は生息域のある山頂に通じる道は夜でも通行には制限はなかったものの、今回からは19:30〜21:00までは一定の区間は通行止めになった。

言うまでもなく、弱い光で呼応するどのホタルに対しても、光を当てるのは厳禁。当たると暫くは一斉に発光が弱くなってしまう。
こうして繁殖の一定期間だけでも車の制限をするのは良い事と思われる。

●撮影準備
ホタル撮影は過去、E-M1 MARKIIでのライブコンポジットでの撮影ばかりでしたが、今回は初めて画像を重ね合わせるスタンダードな方法で撮影。

先ずは予め明るいうちに場所を決め、どこをどう撮影するか位置決め。
位置が決まったら動かさず、ある程度暗くなったら背景となる一枚を撮影。
そこに真っ暗になってから撮影したヒメボタルの光を重ねて行くもの。

ライブコンポジットでは長時間一発撮りの為、一度でもライトを当てられたらそこで全て終了ですが、今回は15〜20秒の撮影を何十枚か撮影し、問題のないもの、撮影結果が良好なものを選んで仕上げるので、全てダメになる事はない。

ただ背景を初めに決めて撮影して置くので、1日1枚仕上げ。
また三脚を動かした場合は、それ以降は重ねられないため、その時点で終了。

●背景撮影
少し暗めになってから、F22でしっかりパンフォーカス気味での背景を撮影。

●撮影開始
19:30過ぎ頃から徐々に光り始めたが、ただまだ空は明るめ。
20:00近くになり、まだ自分の手はしっかり見えますが、ヒメボタルエリアは木の判別も出来ない程度に暗くなり撮影開始。
セットはα7IIでは90mmマクロで、少し一定範囲を、またE-M1 MKIIでは広角気味にして両日撮影。

設定は共にF値:解放、ISO:1600、撮影時間:初日20秒、2日目15秒。

現像時、それぞれ少し背景の色合いを変えてみました。
また広角撮影は、初日分をなんとか現像(2日目は何故か光の強さがISO1600では不足で、現像は断念、)。

f0324026_22434881.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_06344132.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0324026_07132812.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■まとめ
100万匹と言われるヒメボタルたち。
飛べないメスはできるだけ高い所に登り、見上げなながら上空から懸命にメスを探すオスを眺め光で呼応する様子・・。
暗闇で音もなくこうして毎年行われてきた神聖な生命活動。
そんな健気な様子を目の前にすると、よりホタルへの感情移入が強くなり、また会いに行きたいと感じてしまう・・

幸い今週末もまたFさんのお誘いで、今期最後のヒメボタル撮影に同行させていただくことになっている。
今回の撮影でうまく行かなかったこと、構図やセッティングなど練り直して次回に当たりたい。

初の背景写真+20秒撮影を重ねる方法での撮影でしたが、フリーソフトStarstaXでの合成は簡単であっという間に完成。
しかも撮影順に1枚ずつ重なっていくので、どの写真を抜いたらよいか、どこまで重ねたらよいかなどが目の前でわかるので便利。
現像自体も個別に納得の行くまで行うことができる点も良い。

この3連休は初の天然記念物指定ということで、観光客の出入りが多く、先に書いたとおり自動車自体の通行止めは良いが、通るたびに蛍光灯やスマホの明かり、中にはスマホでフラッシュONのまま撮影を開始したりするなど、ホタルに対してやってはいけないことばかり。
観光地化しての悪影響が出ないことを願う。


by Nature_Oyaji | 2018-07-19 06:24 | ホタル | Comments(0)
2017年 07月 23日

ヒメボタル 今期最後の訪問

■ヒメボタルに会いに・・
山梨某所。東京から近場で観察出来るヒメボタルも今期最後。
生態についてはネットに多くの方が書いているし、自分で観察・知見を得たものではないので控えますが、知り得た知識の中でヒメボタルについて不思議であるとか、生態などについて思えるのは、

●生息地域により恋の時間帯(光る時間帯)が異なる(地域特性なのか)
●水場ではなく山に生息。ただ幼虫が何を食しているのかまだまだ未知の部分が多い様です。
●現場で撮影中に伺った中では、飛び始めると大方のオスたちは山の上部から下部へ飛んでいくが、逆方向に飛ぶものはあまりなく、いつ上部へ移動するのか(撮影中、確かに上方ヘ飛んでいく個体は少ない事を確認)。
●メスは飛ぶことが出来ないので、生息域を広げるにはメスの行動範囲のみ(どの位動くものなのか、案外遠くまで行動するのかもしれない)。
過去太古には山々に広く生息していたのでしょうが、開発により生息域が分断、その中で取り残された様な場所で、何かの偶然が重なり生き延びて来たというイメージ。
今後生息域が広がるという事は難しい気がするので、今生きている場所は聖域としか言いようがない。(でも案外数億年を生き抜いてきているので、思うほどヤワではない?)

今回の訪問地は夜はほぼ人からの光が届かない山頂付近の場所。
久しぶりの光のない静かな山の中で、暫しヒメボタルたちの光による恋の呼応する様子を観察。
この場所の光り始める時刻になり、だんだんとあちらこちらから淡い光を放ち始め、やがて包まれるような状況へ。
f0324026_04213393.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO(トリミング済)

写真に残せたのはこの1カットのみで、地面に近い場所からライブコンポジットで撮影したもの。
フィッシュアイでの撮影のため、ホタルたちが小さめに写り、やや微妙な結果でしたが、ご案内頂いたFさんに見て頂いた所、メス目線での写真になっているのではとのコメントを頂き、自分でも納得。

メスたちは地面に近いさほど高くない場所で光りながら、上を見上げて見つけて呼応してくれるオスを待つ・・。


言葉にならない位の感動的な光りに出会えました。いつもご案内頂きありがとうございます。


by Nature_Oyaji | 2017-07-23 19:01 | ホタル | Comments(2)
2016年 06月 05日

ヒメボタル

秩父方面に念願のヒメボタル撮影に行ってきました。
19時位から光り始め、やがて♀を探す♂たちが飛び始め、それが夜中2時頃まで続きました。

生命を繋ぐためのごく淡い光で呼び合う様子、その点滅の中で静かにその光を見つめていると、色々なものがその光の中に見えるような気がします。

▽1頭の♂が♀を探す15秒間の軌跡。重ねた光も美しいですが、生物学的な観点から♂が懸命に命を繋ぐために♀を探している個々の姿、愛おしく感じられます。
f0324026_155327.jpg
f0324026_1554199.jpg
f0324026_210487.jpg
▽以下の撮影はすべてライブコンポジットでのもの。
f0324026_21495046.jpg
f0324026_21495920.jpg
f0324026_215063.jpg
f0324026_21501418.jpg
f0324026_2150224.jpg
f0324026_21503061.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

by Nature_Oyaji | 2016-06-05 20:00 | ホタル | Comments(2)