オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ホソミオツネントンボ ( 94 ) タグの人気記事


2018年 12月 09日

オオムラサキ幼虫とホソミオツネントンボ

■栃木へオツネントンボ探しでしたが・・先週に続きまた見つけられず

●オツネントンボ越冬個体探し
先週の続きでオツネントンボ越冬個体探しで訪問。気温は先週と同様2℃。
今回は木に残っているクズなどの枯れ葉が重なった間や、地面の落ち葉の間の可能性を考え探索したものの、ここも見つけられず今日は断念。

折れた心でまた前回とは違う公園を訪問。

●オオムラサキ幼虫観察
昨年はもっと冬が進んでいて、葉の状態ももっと湿って重なった状態だったが、今年は今まさに落ちたばかりの様な乾燥した葉の状態。強い風が吹けばそのまま飛ばされてもおかしくない。

昨年は初探索な事もあったが、幼虫は積み重なった葉の下の方にいたものをなんとか数頭見つけたが、今回は乾燥している葉を退けるとすぐ見つかるほど個体数が多かった。
思うに昨年はもっと早くに風で飛ばされていて、それでも残った幼虫を探していたためかもしれない。

今季はこれから飛ばされやすい所にいる幼虫たちが、自然淘汰という形で残念なことになると思うと少々切なくなる(そうではない可能性もあるが・・)。

▼エノキの落ち葉
まだまだ乾燥していて不安定。
f0324026_21422401.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▼オオムラサキ幼虫
f0324026_21440819.jpg
f0324026_21440938.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
▼正面顔
f0324026_21440969.jpg
f0324026_21440878.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▼ゴマダラチョウ幼虫
昨年は見つけられなかったもの。
f0324026_21472386.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●アカスジキンカメムシ幼虫
f0324026_22134063.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ホソミオツネントンボ(Photohitoリンク
今回は改めて深度合成でマクロ撮影。
枝になりきるため体をなるべく枝に対し真っ直ぐになるようにしがみついている。
体を支える脚は後ろのものほど長くなっていて、まっすぐ伸ばした状態で1本の枝になってしまう。素晴らしい自然の造形美。
f0324026_21501524.jpg
f0324026_21542547.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

f0324026_21544099.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

f0324026_21550845.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
●オツネントンボ越冬探しは作戦練り直し
どんな所に潜んでいるか、今探しているエリアでは見たという話は聞いた事はあるものの、以前いた場所は変わってしまい別な場所の様。やはり以前思いついた、「移動先追跡」や「這い出してくる個体探し」はまだ完結していないので、改めて実施。

●オオムラサキ(エノキ)
昨年と数日しか違わないのに、落ち葉の様子の違いがこれほどあるとは思いもしなかった。
また個体数が多かったのは、このあと葉ごと飛ばされてしまう幼虫もいれば、鳥に捕食される個体数も多いとも考えられ、いろいろなリスクを織り込んでの個体数なのかもしれない(年の変動もあるかもしれませんが)。
同時期の落ち葉の様子など、今まで観察したこともなかったので今回は全く違う自然の変化を知ることが出来たのも一つの結果。



by Nature_Oyaji | 2018-12-09 22:09 | 越冬 | Comments(0)
2018年 12月 02日

晩秋のホソミオツネントンボ

■晩秋のホソミオツネントンボ。見頃の紅葉とのコラボ。
今日は早朝7時から気温2℃の中、オツネントンボの越冬場所探しでしたがいろいろ探したものの1頭も見つけることが出来ず断念。
またゼロからの探索・・。

すっかり折れた心で虫友Iさんから紹介された場所でホソミオツネントンボ撮影。

●越冬体勢のホソミオツネントンボたち
f0324026_19075033.jpg
f0324026_19075197.jpg
f0324026_19075126.jpg
f0324026_19075056.jpg
f0324026_19075049.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

■今日の結果
●オツネントンボ越冬場所探索
今日は7時過ぎで気温は2℃。
探索場所は先日沢山群れていた伐採した木々を積み重ねてある所。
丹念に探索したものの、とうとう1頭も見つけられず。周りの笹薮や枯れた木の皮の裏、木に空いているウロなども改めて確認したがその姿なし。

一旦ホソミオツネントンボ撮影で離れ、午後12時過ぎに少し気温上昇後、また探索してみたが先週あれだけいた個体は全くその姿なし。

天気は昼前から曇り気味で暖かな日差しがなく、それが出てこない要因かもしれない。
念の為、指標となる建屋周りもチェックしてみたが、太陽が出ていれば日向ぼっこしている時間帯ですが、今日は曇りで気温があまり上がらずその姿はなし。
やはり今日はそんなタイミングの日ということで、また天気が良い日に再訪問。

越冬場所としては「木の皮のめくれた裏」での報告があるが、この付近に多数あるニセアカシアは木の種類のためか、めくれてくるとなぜか内側が埃っぽく綺麗な状態の場所がない。

また「落ち葉や枯れ葉同士が重なっている隙間」での発見も報告されていて、今一番怪しいと考えている場所。
何度か、過去かれ葉が重なっているような場所の探索も行ったのですが、今の所見つかっていない。
次回は改めて枯れ葉・落ち葉周りの探索実施。

●ホソミオツネントンボ越冬場所
よく整備された広い公園で、木々も豊富。
コナラ、クヌギなどひこばえがある木も多く、探せばすぐ見つかる程個体数は多い。
次はまた地元のホソミオツネントンボ観察予定。



by Nature_Oyaji | 2018-12-02 19:24 | トンボ | Comments(0)
2018年 11月 25日

オオキンカメムシとホソミオツネントンボ

■連休最終日は房総遠征
その前に・・昨日は近場のヒヌマイトトンボのヤゴ探しでしたが、結果は見つけられず。
大潮で干潮は11:30過ぎだったので、12:30過ぎに訪問した時はヒヌマイトトンボの生息場所はすっかり水が引いた状態。

それでも残っている水場にヤゴがいるに違いないと思って何度も網を入れてみたものの、どうにも見つからなかった。

ヤゴは水に落ちている枯れた葉の裏などにしがみついて生活している様で、そのため葉ごとすくい取ったり、水底部分も改めてすくい取ってみたもののダメだった。
次回、また挑戦・・・


さて今日は房総へルーミスシジミ撮影と、その後はネアカヨシヤンマ羽化撮影した場所でヤゴ探しを計画。

6:30から活動開始。ルーミスシジミは暖かくなる9:00過ぎからが良いので、その前に前回同様、オオキンカメムシやホソミオツネントンボ探し。

●オオキンカメムシ
前回と同じ場所にざっと見て約10頭程葉の裏に点在。
ここでは同じ場所に沢山まとまって越冬する姿はなく、ほとんどがツバキなどの葉の裏に1頭ずつ単独で越冬。

え込んだ早朝の朝日の中、そんな姿をまたいつものように光芒を入れて撮影。
f0324026_21093002.jpg
f0324026_21093030.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●ルーミスシジミ撮影場所にいた個体
この場所にも何頭も越冬中だった。
暖かくなり、活動開始。歩き始める個体や、飛ぶ個体も。
f0324026_21130252.jpg
f0324026_21130274.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM(トリミング済)

●ホソミオツネントンボ
前回もいた場所を探すと1頭発見。この付近にはクヌギもあり越冬場所になりそう。
f0324026_21194664.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

撮影に夢中になり気がつくと9時過ぎ。ルーミスシジミ撮影へ移動。



by Nature_Oyaji | 2018-11-25 20:20 | トンボ | Comments(0)
2018年 11月 03日

ホソミオツネントンボの一年間の様子

■ホソミオツネントンボの一年間の様子
各月すべて撮影出来ていませんが、過去の写真から1年間の様子を並べてみました。
その年によって気温差があるので、時期がずれることはあると思いますので大まかな生態として。

■撮影場所:市川市(越冬)、船橋市(産卵、羽化、越冬地移動前)、栃木

※11月下旬、いつもの越冬場所に移動しているのを確認。(2015/11/23撮影)
※残しておきたかった雪の中のホソミオツネントンボの場面を追加(2018/1/23撮影)

●3月 越冬からの目覚め  
暖かい日には越冬場所から飛んで、また越冬姿に戻る生活
▽3/5 色がほんの少し青色に変化 
f0324026_16430693.jpg
▽3/19 だいぶ青色へ まだ枝で擬態
f0324026_16454362.jpg
▽3/31 越冬していた枝からは離れて盛んに餌探し
体はさらに青色になりましたが、尾部はまだこれから 
f0324026_16461403.jpg
●4月 産卵
産卵場所への移動と産卵 産み付けられた卵は2~3週間程度でヤゴへ
この越冬場所へはどこから来るのか、そしてどこへ戻るのか謎で、どこの越冬場所でもなかなか明確になりません
過去この場所でマーキングして、追跡調査された方がいたようですが、結局分からずと聞いています
▽4/30 交尾態
f0324026_05572107.jpg
▽4/30 産卵 実際にはもっと早くから行っているかもしれませんが未撮影ですので、また来年確認の予定。
f0324026_16510025.jpg
●5月 産卵
▽5/17 終了時期も未確認ですが、今回の撮影で5月中旬までは産卵することを確認
f0324026_08015601.jpg
●6月 
ヤゴ 1ヶ月半~3ヶ月程度 (来年水中のヤゴ撮影予定)

●7月 羽化
▽7/2 定位からの羽化の様子
f0324026_18264996.jpg
f0324026_16522456.jpg
f0324026_17345544.jpg
▽7/10 まだ前年の個体が生存(栃木)
f0324026_17111074.jpg
●8月 羽化近くの場所にて生活
▽7/24 茨城での撮影ですが、ほぼ8月ということで。
尾部の黒部分の模様が光沢のある色。
越冬中には感じたことの無い色で、夏場の活動中には何か擬態などに役立つものか??
f0324026_18294571.jpg
▽拡大 グリーン系のメタリック色 この写真で気づいたのでまた来年確認。
f0324026_19141964.jpg
●9月 羽化近くの場所にて生活
▽林の中で
f0324026_04550429.jpg
▽9/23 雨の中、枯れ枝に止まって 時々飛んできた昆虫を捕食
f0324026_16554900.jpg
●10月 羽化近くの場所にて生活 
▽10/18 暖かい場所なので活性が高く、夏場と変わらない動き
f0324026_17015245.jpg
●11月 越冬場所への移動の頃
▽11/15(船橋市) 
夕刻 羽化場所回りで過ごしている個体
f0324026_13385649.jpg
▽11/23(市川市) 越冬場所にて 移動している事を確認
f0324026_06312814.jpg
●12月 越冬開始
▽12/2 
f0324026_05331395.jpg
▽12/7
f0324026_17044188.jpg

●1月 越冬中

▽1/11
f0324026_17054184.jpg
▽1/23 雪の中で
いつかは雪が降った後の場面を残したいと思っていたもの
f0324026_05285316.jpg
▽1/30 冷たい雨の中で
f0324026_17060842.jpg
●2月 越冬中
▽2/14 1月と同じ個体 暖かい日に飛んだのか、枝を移動したのか場所が変化
f0324026_17262647.jpg
▽2/14 別の場所 ここは越冬場所ではないので近場の越冬場所から飛んできたもの 
2月でも暖かい日は活動するという事を確認
f0324026_13460710.jpg
ようやく1年間を通しての観察がほぼ出来ました。




by Nature_Oyaji | 2018-11-03 06:39 | トンボ | Comments(2)
2018年 09月 16日

カトリヤンマ産卵開始

■近所のカトリヤンマ多産地の定点観察で訪問
昨年は9/24過ぎに訪問し、産卵を確認。
先週別の多産地で交尾態を撮影しているため、こちらでも交尾態が観察できたらという事と、産卵時期の確認での訪問。

●11時過ぎから田んぼ脇の林をチェック
何度か往復したが、11時~13時近くで探メスのオスは2頭見たきり。
羽化数からするともっと飛翔していても良さそう。
一昨年は田んぼ脇の薄暗い林の中で見つけたものの、すぐ高所へ行ってしまった事があり、ここではその様な暗めの林の中で交尾態になっている可能性大。

●カトリヤンマ探索時に出会えた面々
▼ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボもそれなりに羽化しているはずですが、確認出来たのはこの1頭のみ。
たまたま田んぼ脇の目につく所にいたのがこの1頭のみで、栃木で見た様に多くは林の中で過ごしているものと推測。
f0324026_19453600.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼オオアオイトトンボ
未だ産卵には早すぎで、こちらもまだ産卵場所である細流付近には見当たらない。
f0324026_19481507.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼アオイトトンボ
いつも産卵している池からはかなり離れている所にいたもの。
複眼は美しいブルーになっており、そろそろこちらも産卵間近。
こんな所で過ごしてから産卵場所へ移動するということを確認。
f0324026_19500756.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼ノシメトンボ
こちらは産卵開始。ただ産卵ペアはまだ少なく、撮影で追った数は5組ほど。
これから本格化と思われる。
ピン甘のうえ、稲の裏に入ってしまい、いずれまた撮影したい(ピントが比較的合ったのはこれのみ)。
f0324026_20141163.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

▼ギンヤンマ
刈り取られた田んぼの中を飛翔中。
こちらもピン甘過ぎ。
f0324026_19563951.jpg
f0324026_19563990.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●カトリヤンマ産卵
15時近く。交尾態も見られず、ノシメトンボの産卵も終了してしまったので撤収として、最後に良く産卵する田んぼに入った所で産卵個体を発見。今季初見。
飛び上がった途端にこれまた今季初のクリーニング行動確認。
慌ててカメラをセットして撮影してみると、眼のみ雄型の青眼型メス。
初物が青眼型メスというのも何か嬉しい予感。
ただ、まだまだ敏感で容易には近寄らせてもらえず、約30分ほど追ってみたが数カット撮影出来たのち何処かへ。
f0324026_20020734.jpg
f0324026_20020729.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


●今日の結果
昨年はもう1週間遅く訪問し、産卵は活発だった。今日は産卵個体は2頭のみ確認。
これから本格的な産卵シーズン。今日はちょうど開始の時期だったのかもしれない。

それにしても今季に限ったことでは無いものの、探メスのオスが見当たらない。1週間後ではもっと成熟したメスが田んぼ脇に来るはずで、交尾態の姿を確認出来るチャンスは多くなると思われる。

初日として青眼型メスを確認出来たのは幸先良いスタート。
次は体も青い色のあるオス型メスを探してみたい。更にクリーニング行動の撮影も更新したい。

ノシメトンボの産卵も是非更新したい。






by Nature_Oyaji | 2018-09-16 20:09 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 09日

夏の終わりのホソミオツネントンボ

■観察しようと思えば1年中、観察することが出来るホソミオツネントンボ
カトリヤンマ撮影で訪問した竹やぶで発見。
改めてこの6~7月に羽化した個体が見つかったので9月上旬の姿として撮影。
色は以前書きましたが、羽化後茶系のまま越冬し、春先に婚姻色へ。
この場所での越冬場所は未確認。オツネントンボの越冬場所探しの際、この冬は探してみたい。

●ホソミオツネントンボ(♀)
f0324026_19425006.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM



by Nature_Oyaji | 2018-09-09 19:48 | トンボ | Comments(0)
2018年 05月 06日

GW-9日目 ホソミオツネントンボ

■GW最後はホソミオツネントンボ
まだ今期産卵撮影出来ていないホソミオツネントンボ。いつもの多産地訪問。

●いたのはオス数頭のみ
3年前一昨年昨年までは4月末で既に田んぼに水があり、産卵場所となる植物も水田回りに多数あったのですが、今期は田んぼの準備が遅く、水が不十分で産卵場所となる植物の育成もまだ先。
産卵個体を探したものの、いたのは数頭のオスのみで、これまでの賑わいはどうなってしまったものか。
少し離れた場所も探してみたものの、そこにも1頭だけオスがいたのみ。時期的に遅いわけでもなさそう。
f0324026_21463259.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_21580610.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

いつも産卵が見られた場所ではなく、別の場所で産卵しているのかもしれませんが、今回はそこまで確認出来ず。

●足元のアマガエルを撮影して撤収
f0324026_22030641.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



by Nature_Oyaji | 2018-05-06 22:05 | トンボ | Comments(0)
2018年 04月 30日

GW-3日目 近場のフィールドでの変化

■GW恒例のアオヤンマ羽化探し
GW3日目。夜の探索は羽化後の姿を捉えられていますが、朝方昇るものではないと羽化の自然の色での姿が残せません。
その早朝観察ですが過去2度出会えていますが、一度目は2015年での初訪問時のビギナーズラックで2頭同時羽化。その後はなかなか出会えず、2度目は2017年にやっと出会えました。

●今季初の探索でしたが・・

毎年GWになると早朝訪問で通っているわけですが、夜に比べて圧倒的に昇る個体数が少ないので、難敵中の難敵。
そんな今季初の訪問でしたが、今日は出てくれる日ではなかったようで、また次回。

●シオカラトンボ羽化
代わりという訳ではありませんが、一緒に探してくれていた方がシオカラトンボ(♀)の羽化個体を発見。こうしてみるとやはりこの状態はいつも美しい。

Photohitoリンク
f0324026_19114315.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

●別な場所へ移動
東京昆虫記の小島さんが先に撮影中。
ヨツボシトンボの飛翔撮影会となりました。が相変わらずの腕のため、ボケ写真のみ。
f0324026_19140911.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

飛翔撮影もただ闇雲に追ってもそこはトンボなのでやはり困難。
ただトンボの生態を知るとその中には撮影できるチャンスがある・・ということを教えて頂いた。

●アオモンイトトンボ 雄型雌での交尾態
昨年も撮影していますが、割りと個体数が多いのか今日も撮影。

Photohitoリンク
f0324026_22343307.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

その他、クロイトトンボは羽化真っ最中。時間的には訪問時は羽化は終了間際の時間帯で、知らずに寄るとまだ乾ききっていない翅で飛び上がる状況。ただゆっくりその付近を探しても目が出来ていないため、羽化殻すら見つけられない。
また驚いたことにベニイトトンボ(♀)が羽化していたとの話。4月は初という。

いろいろトンボ情報交換後、解散。お疲れ様でした。

●ホソミオツネントンボ産卵観察へ
ホソミオツネントンボは交尾態撮影なら午前中から。
ただ産卵自体は午後からで間に合うため、前回水が入り始めた多産地の田んぼへ2度めの訪問。

一昨年などはGW中に田んぼは出来上がっていて、産卵は多数見られましたが、今期は農家の方の都合なのでしょう、今日代かき中なので、あぜ道などはまだ産卵に適した植物がない。
これでは予定していた広角での産卵撮影はもう少し先。

近場にいるであろう個体を探すと休耕田の中に1頭のみ発見。
f0324026_19314922.jpg
f0324026_19315036.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

Photohitoリンク
f0324026_22382950.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

GW終わりに再訪問予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-04-30 19:37 | チョウ | Comments(0)
2018年 03月 21日

三寒四温の寒の日 ご近所のホソミオツネントンボ ようやく再発見

■大雪以来、見失っていたホソミオツネントンボ 再発見
急に冬に戻った日。
春の婚姻色への変化を追うため何度か探索していたホソミオツネントンボでしたが、ようやく再発見。
ヒコバエではなく、以前と同様落下していた枯枝で発見。同じ枯枝にもう1頭。

●ホソミオツネントンボ(♂)
f0324026_13114711.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ(♂)別個体
f0324026_13133803.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

両方ともまだ色の変化は見られず。
明日また18℃まで回復、その後も暖かい日が続く予報なので次回訪問時はこの枝からは移動していると予想です。

■ミドリシジミ 孵化チェック
前回3/11訪問で孵化開始を確認。それからもう10日過ぎての訪問。

●卵

やはり既に全て孵化済(雨の中、高感度にしたものの手ブレ大)。 
f0324026_13262662.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

●ハンノキ
もう硬い芽から芽吹き済。ここには既に幼虫がいるものと思われます。
f0324026_13300362.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

雨の中、自然公園内を一周りしてみましたが、特に目新しい変化はなく撤収。



by Nature_Oyaji | 2018-03-21 13:56 | トンボ | Comments(0)
2018年 02月 24日

2月下旬のホソミオツネントンボ

■2月も終盤。最後の週末に定点観察場所のホソミオツネントンボを確認
今日はオツネントンボの多産地の気温は12℃越え予報でしたので、前回不発に終わった定点観察場所へ・・と思っていたのですが、都合で残念ながら訪問できず。
昨年の今頃も訪問していました
が、また次回産卵までに改めて訪問したい。

さてホソミオツネントンボですが、昨年末には数頭いたものの、今日探した限りでは木にいた個体は1頭のみしか見つからない。
ひょっとしたら別の場所のように、落下した枯枝にいるのに気付かなかった可能性大です。

●♀
色はまだまだ変化なし。2枚めは深度合成での撮影。
f0324026_15093937.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_15101543.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(深度合成撮影)


●明日は久しぶりにホソミイトトンボ観察へ
先日計画した2月の予定で
▼オツネントンボ観察 達成(新たな越冬場所(仮 発見)
▼タテジマカミキリ探し 達成(2年ぶりにようやく発見)
▼ムカシトンボ上陸前ヤゴ探し 済 見つからずでしたが、その時期付近ではひょっとしたらまだ上陸場所に来ていない?? 次回はもう上陸後ヤゴ探しへ。
▼ムカシヤンマヤゴ 済 こちらもまだ斜面の穴にいる所は見られず。継続。

で唯一、ホソミイトトンボ観察が未達。
今日は気温も上がり、残りの1頭の様子も気になるので明日は早朝から訪問予定です。


by Nature_Oyaji | 2018-02-24 15:12 | トンボ | Comments(0)