人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ホソミオツネントンボ ( 109 ) タグの人気記事


2019年 09月 21日

カトリヤンマ交尾態探しとホソミオツネントンボ

■アオイトトンボ撮影後、カトリヤンマ交尾態探し

●10:30過ぎから以前交尾態撮影したエリアを探索
交尾態探ししたいつものルートを回ってみたもののオスの数が少ない。
ただ少ないながらもしっかり探雌行動を行っていた・・が、メスも見当たらず前回とはかなり状況が変化。
定点観察していないため何も比較出来ないが、メスたちは産卵場所近くに移動したのか、台風で分散されてしまったか・・。

念の為、過去虫友さんが産卵を見ていた場所(水が引いた水路)付近の笹林などもチェックしてみたがカトリヤンマの姿なしなので、移動していないのかもしれない。では何処にいるのか?? 

●カトリヤンマ探索中に出会えたホソミオツネントンボ
この水路でも過去羽化を確認している。ホソミオツネントンボについてはカトリヤンマと同じ林で比較的簡単に出会える。
f0324026_22202484.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

●オツネントンボも行方知れず
オツネントンボもこの水路で羽化しているが、全く出会えていない。
もともと色が茶系なので、緑が多い場所よりは保護色となる林の中の枯れ木などに止まっていた方が良さそうだが、ホソミオツネントンボの様に出会えない。

こちらも今後定点観察として追ってみたい。


by Nature_Oyaji | 2019-09-21 22:24 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 19日

久しぶりのご近所散策

■きちんと定点観察が出来ていないのですが、久しぶりにご近所散策
●ホソミオツネントンボ
今季は産卵自体、しっかり撮影出来ておらずいつものトンボ多産地訪問。
しかしながらここ数年、この場所でのホソミオツネントンボ自体の個体数は激減し、ペアになっている個体も全くいない。
唯一、オスが1頭だけ畦道でメス待ち。

●諦めていつもカトリヤンマの羽化撮影で訪問している谷戸へ
ここは越冬姿を撮影している場所から直線で200m~300m程でこの谷戸と越冬場所を行き来しているのかもしれない。
畦道には一定間隔で数頭のオスの姿。
撮影しようと近づき、飛んだと思ったら妙なことに・・
f0324026_18020493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_18024739.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

慌てていて飛んだ際、近くにいたオスと連結になってしまった。
捕まってしまったオスはそれまで敏感に動いていたもの、連結後はほぼ無抵抗状態。

●アオイトトンボも発生
別の調節池を訪問。この池にはイトトンボ系はアジアイトトンボ、アオモンイトトンボ、アオイトトンボが生息。
昨年は5/13に羽化を撮影していたが、今季は今回が初訪問。

池に近づくと、アジアイトトンボ、アオモンイトトンボはすぐに確認出来、少し探すとアオイトトンボも確認。
昨年は単に5/13にたまたま訪問し羽化個体を見つけたが、例年はいつ頃なのか定点観察が出来ていないので不明。
f0324026_18124873.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今日の結果
●ホソミオツネントンボのオス同士の連結
連結後、ほとんど無抵抗状態に変貌したのが不思議でならない。
何度か抵抗した様子も見られたが、上のオスが放さず、飛んで逃げられる力もなくなり様子が妙。
この連結状態には普通はメスが捕まるわけだが、捕まえられた側の動きをコントロール出来る何か仕組みがあるのかもしれない。
オスが外敵に気付いて一緒に飛ぶ際も、息もピッタリに飛び去る。それもこの連結での見えないやり取りがあるためかもしれない。

●オスの拒否行動について
通常、他のオスが探メスなどで近付いて来ると、止まっているオスは少し翅を開き、尾部を上側に曲げるなどして拒否行動をする。
今回は撮影で近寄った際、慌てて飛んだオスがそのまま近くにいたオスに仕掛けた結果で、仕掛けられたオスは拒否行動する時間もないまま連結されていた。

●アオイトトンボも無事発生
定点観察が出来ていないので、今季どの位平年とのズレが発生しているのかは不明。
ただ今日の結果も今後の定点観察時のデータとなるので、訪問して見つけた事は重要。


by Nature_Oyaji | 2019-05-19 18:20 | トンボ | Comments(0)
2019年 05月 04日

GW-7日目 その他昆虫たち

■サラサヤンマ撮影後、付近の昆虫たちを撮影

●サラサヤンマエリアの隣の田んぼのホソミオツネントンボたち
田んぼの畦には約10頭程のホソミオツネントンボのオスたち。
朝方はメスを待ってオスたちが一定間隔に止まり、互いに牽制し合う状況。
11:30過ぎにはペアを確認。
f0324026_17445727.jpg
f0324026_17445733.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●キイロサナエ 羽化殻
川を探索中、気付かず飛ばれてしまったもの。その他には羽化殻がないので、ようやくキイロサナエ羽化も始まった様。
f0324026_17484207.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●ホンサナエ(♂)
ホンサナエも川に戻っていた。メスも数は少ないが時々やってきて産卵。その後はまたオスに連れて行かれた。
f0324026_17501347.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●ギンイチモンジセセリ(春型)
羽化したばかりだったのか、弱々しく飛んできて止まった途端、翅を開いた。
翅サイドの銀のラインが美しい。
f0324026_17533296.jpg
f0324026_17533237.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●ベニシジミ
久しぶりに正面からの撮影。少し斜めになりまた画角的にも狭かった。
f0324026_17541536.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS


by Nature_Oyaji | 2019-05-04 18:57 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 03月 31日

ホソミオツネントンボ 春先の変化

■越冬観察していた千葉の自然公園訪問
ホソミイトトンボとホソミオツネントンボの現在の色の状況確認。
ただやはり寒の戻りの日。気温は結局10℃を少し超えた程度で終了。

●10:30近く、10℃を超えた日当たりの良い斜面で探索
越冬していた場所を回ってみたが、ホソミイトトンボもホソミオツネントンボもやはり移動済。
産卵までまだまだ1ヶ月近くあるため、今は越冬付近の近くの南向きの暖かい斜面で摂食中の可能性と思い、そんな場所を探索。

斜面をゆっくり探してみたものの、暫く見つからなかったが、越冬していた木に近づいた所で1頭、ホソミオツネントンボが木の上から舞い降りてきた。

●ホソミオツネントンボ(♂)
写真は同じ個体。色はだいぶ青みが増している。
f0324026_21003351.jpg
f0324026_21003385.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●別の♂の個体
だいぶボケ写真ですが、色の変化は先程の個体と同等
f0324026_21034153.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
●その近くにいた♀
こちらはまだ色の変化なし。
f0324026_21073822.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

午後まで待ってみたものの、天候は晴れたり曇ったりで気温は15℃を超えることがなく、ホソミイトトンボについては活動は見られず。

今回はホソミオツネントンボのみで終了。

■今日の結果
●改めてホソミオツネントンボの活動温度は10℃位からと確認
探し始めた10:30過ぎで約10℃位。
その気温でも飛んで舞い降りてきたことからも、活動温度は10℃位と確認。

●色の変化
だいぶ青みが増しているが、まだまだ茶色部分が多い。
下草は所々緑が増えてきたが、まだ枯れ草が多い状態なので、暖かくなり緑が多くなれば同様に変化すると思われる。

●ホソミイトトンボについては姿なし
今日は15℃を超えることがなく、結局姿を見せることがなかった。
こちらも改めて気温が15℃を超えないと活動しないという確認となった。

地面や目の届く範囲で木の周りを探したものの、姿は見つけられず。越冬前と同様、もっと木の高い場所にいるのではと思われる。


by Nature_Oyaji | 2019-03-31 21:17 | トンボ | Comments(0)
2019年 03月 09日

越冬トンボ観察-25 今季最後の越冬観察

■今シーズンも春の足音が聞こえ始め、そろそろトンボシーズンの開幕間近
それに伴い、越冬観察もとりあえず今回で終了。
本日訪問地の気温は予報では午後15時で16℃まで上昇。

●早朝7時過ぎから確認
到着時は-1℃で田んぼやあぜ道は真っ白。動き出すとすると気温が15℃を超える昼近くか。

改めていつもの面々を確認。
●♂ 一番初めに尾部の色の変化に気づいた個体
ただその後の体の色の変化はまだ見られない。
f0324026_22344920.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
●杉にいた2頭並んでいる♀たち(一方は左のボケているもの)
f0324026_22353857.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼別の♀
f0324026_22503032.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼太めの枝にいた♀
近くの小枝に移動済。
f0324026_22512975.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

それ以外にも数頭残っていることを確認。

▼ホソミオツネントンボ
ホソミイトトンボの近くにいた個体も既に見つからずで、飛翔したものと推測。
実際に伐採した木々を積み上げた場所で飛んでいる個体を確認、しかも活性が高い。
f0324026_22550894.jpg
f0324026_22550862.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●12時近くで気温は16℃。再度越冬中の個体を確認
ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボともに飛翔している所を目撃。

■今日の結果
●ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボともに飛翔を確認
今日の観察場所は昼近くには予報通り15℃を超えた。
以前の観察からホソミオツネントンボは10℃位、ホソミイトトンボは15℃位で活発に活動。

なおオツネントンボは越冬後は5℃位から活発に活動。
今シーズン、オツネントンボの越冬場所での観察では、冬場の温かい日にも越冬場所から出てくることを確認したが、条件としては10時位に気温が10℃を超えていること。
冬場に出てくるということは、ときに急激な温度変化の可能性もあり、その為安全な越冬場所に戻ることができなくなる可能性がある。なので活動は危険を伴うため、活動する気温としては10℃以上が必須。3月などまだ寒い日があるものの、真冬ほど気温差がない時期では5℃以上あればリスクが少ない為・・と思える。

●色の変化
初めに尾部が青いと感じた個体は今日の午後になっても飛翔せずで、越冬状態のまま。
尾部が青いと確認したのが2/16なので、体色も約3週間は変化がない。
理由としては、自然環境の変化に合わせている・・というよりトンボも自然の一部なのでこのエリアの季節の推移はまだ体色変化の時期ではないという事で、今後の推移をまた観察していきたい。

●改めて今季の越冬観察の成果
今季の越冬観察では
▼オツネントンボ
-初の越冬場所確認(越冬場所へ潜り込む様子など)

▼ホソミイトトンボ
-新たに千葉での越冬場所を発見
-過去心が折れながら何度も探し歩いた場所で、ようやくリベンジ発見

▼ホソミオツネントンボ
-念願だった降雪の中のホソミオツネントンボの撮影

を達成出来、まずまずの成果だった。


by Nature_Oyaji | 2019-03-09 23:48 | トンボ | Comments(0)
2019年 03月 09日

星とホソミオツネントンボ

■土曜日、夜明け前のホソミオツネントンボを星の軌跡とともに撮影
数年前に一度トライしていたもの。
そろそろ越冬も終盤。
暖かくなれば越冬状態から目覚め、活動開始。
そうなると冬に観察していた場所から移動してしまうので、 こんな撮影が出来るのも今のうち。

Photohitoリンク
f0324026_21365166.jpg

Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■今日の結果
●そろそろ越冬状態から目覚めの頃
朝方は-1℃まで下がり、近くの畑は真っ白。
そんな中、以前いた場所から移動している個体も出始め、そろそろ越冬状態から目覚めの頃。

●星とホソミオツネントンボのライブコンポジット撮影
オリンパス機であれば、簡単に撮影できるライブコンポジット撮影。
2017年の冬に同様の撮影を行っており、今回改めてまた撮影。

なお星の軌跡撮影用にISO1250で設定していたため、LEDライトでのホソミオツネントンボ自体の明るさ調整が難しく、オリジナルの写真ではかなり明るくなってしまった。せっかくなのでその写真をPhotoshopでなるべく自然な明るさに調整。
出来ればストロボでしっかり調光した形でまた撮影したい。


by Nature_Oyaji | 2019-03-09 22:10 | トンボ | Comments(2)
2019年 03月 07日

越冬トンボ観察-24 近場のホソミオツネントンボ -3

■3月になり1週間、その後のホソミオツネントンボたち
あと2週間ほどで色づいた姿となる時期ですが、冷たい雨の中で過ごすホソミオツネントンボたち。

●♀ 
以前は♂-1と一緒の枝にいた個体。少し上の枝に移動。
f0324026_18042675.jpg
●♂-1 (Photohitoリンク
f0324026_16585297.jpg
▼少しトリミング
f0324026_17034562.jpg
●♂-2
f0324026_16585158.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
●越冬場所から周りに散らばり始めた頃
前回、♂と一緒にいた♀が移動。また以前撮影した2頭は移動済。
近くの木のやや高い場所に1頭と、気温上昇に伴いおそらく捕食のため飛翔し、夕方は別の場所で過ごし始めた様子。

ある程度水滴が付くと、一旦越冬状態を解いて体を枝に対して垂直にして、水滴を落とす行動を確認(一番下の♂はその水滴落としの姿)。


by Nature_Oyaji | 2019-03-07 18:05 | トンボ | Comments(0)
2019年 03月 03日

越冬トンボ観察-23 近場のホソミオツネントンボ -2

■昨日のホソミオツネントンボの色の状態の確認で訪問
色自体はまだまだ茶色が強く、昨日明け方の撮影は色温度で青系が強く出たためで、やはり明るい時での比較が必要(当然ですね)。

改めて朝方撮影のもの ♂
f0324026_14370282.jpg
▼以前3/19に撮影した個体
現在茶色が強い背中、尾部も上側部分から青系に変化。
f0324026_14424930.jpg
●♀
f0324026_14375448.jpg
●♂♀を上から
♂の方が茶色でも黒みが♀より強く、黒い印象。♀は♂に比べて明るい茶色。
f0324026_14384916.jpg
●別の♂ シルエット気味に
f0324026_14403776.jpg
▼拡大
かなり体毛があり、横からはやはり肉食生物の様相
f0324026_14403779.jpg
すべてSONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
●♂の色はこれからの様
色は青系が出ているように見えるがまだまだ茶色が強く、これから変化の様。
昨日のものは撮影時間からも比較するものがなく、見誤りで訂正です。

●ひこばえの個体は減
1月時は7〜8頭いたものの、今回はひこばえには数頭のみ。まだ繁殖地への移動には早く、付近の落ちている枝や、もっと高い場所などにいる可能性。


by Nature_Oyaji | 2019-03-03 14:51 | トンボ | Comments(0)
2019年 03月 02日

越冬トンボ観察-22 近場のホソミオツネントンボ

■早朝のホソミオツネントンボたち
今朝は撮影した5時前後は0℃近くまで冷え込み。
今季何度か訪問している越冬場所ですが、以前夜中に訪問した際はダランとしていましたが、今回撮影した5時前後ではしっかり擬態した状態。
今日の日の出は6:10頃。擬態した状態に戻る時間帯も気になる所。

●三日月の明かりを入れて Photohitoリンク
f0324026_17430212.jpg
こちらのオスはうっすら青みが増した状態 ⇒ 訂正 オスの色味はまだ昼間見ると茶系が強い状態 Photohitoリンク
f0324026_17430236.jpg
同じペアを少し引いて撮影 Photohitoリンク
f0324026_17430294.jpg
●日の出後
f0324026_17430396.jpg
●2枚め、3枚めと同じオスメスペア
f0324026_17430393.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
オスは少し婚姻色へ変化
家に戻って写真を見て色の変化に気づいた。この時期の色の変化は確認していなかったので、明日もう一度チェックしておきたい。
⇒ 翌日確認すると色はまだ茶系が強く、色の変化はこれからの様。

●5時前後では越冬状態
以前夜中に撮影した際はダランとしていたが、5時前後ではしっかり擬態状態。
これも過去観察していなかったので新たな結果。


by Nature_Oyaji | 2019-03-02 18:00 | トンボ | Comments(0)
2019年 02月 16日

越冬トンボ観察-19 千葉の自然公園でホソミイトトンボ越冬場所探索-5

■先日の大雪の後の千葉の自然公園でホソミイトトンボ越冬場所探索
2/9にはこちらの越冬場所にも大雪が降り、その影響が気になる。またこの所気温も上昇気味で移動の可能性も。
本日も午後12時過ぎの訪問時で10℃を越えており、しかも来週は10℃を越える日が続く予報で、より移動しやすい状況になるため今の様子を確認しておきたい。

●5~6頭いたエリアの個体はみなどこかへ・・
雪で落ちたのか、捕食されたか、移動したか不明だが、みな元の場所にはおらず、付近を探すと別の木に数頭確認。

その1頭をよく見ると、尾部先端が茶色からうっすら青くなり、婚姻色の様相。

●♂(Photohitoリンク
f0324026_21310261.jpg
▼尾部先端
f0324026_21345222.jpg
●♀ こちらも若干青みかがった尾部(Photohitoリンク
f0324026_21310235.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●3頭いたエリア 1頭のみ確認(Photohitoリンク
こちらはまだ茶系。
f0324026_21384809.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●♀ 斜面の木に3頭いたエリア(Photohitoリンク
残念ながら1頭は絶命していた。
f0324026_21410174.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●以前いなかった(見つけていなかった?)木の個体(Photohitoリンク
ホソミオツネントンボと一緒に越冬。
f0324026_21445429.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今日の結果
●婚姻色への変化を確認
昨年の観察場所ではこの変化は記憶になく、いつ頃から青系に変化するのかは未確認だったが、今日少し変化していることを確認。

越冬色への色の変化は胸周りから始まり尾部が最後だったが、婚姻色へは逆で尾部から変化。周囲はまだまだ冬の様相なので体色は最後まで保護色のままが必須。


by Nature_Oyaji | 2019-02-16 22:15 | トンボ | Comments(0)