人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ルリボシヤンマ ( 7 ) タグの人気記事


2019年 09月 14日

ルリボシヤンマ 青色型メス(初)

ルリボシヤンマの青色型メス探索
ルリボシヤンマ属のメスには青色型と黄色型があることが知られている。
以前からFさんが秋口に探索されているルリボシヤンマ属のメスの青色型探索に今回も同行させて頂いた。

昨年はオオルリボシヤンマの青色型探索で、Fさんが探索場所として見つけていた新潟の湿原で撮影、また昨年は同時期にルリボシヤンマの青色型探索で長野県の湿原を訪問したが、時期が遅かったようで個体数が少なく、今年に持ち越ししていたもの。

今年は昨年持ち越しのルリボシヤンマの青色型メス探索で岐阜県を訪問。

●7:30過ぎより産卵メス飛来
快晴の日。早朝は14℃と高原らしい気温。
太陽が昇り、日がさし始めた7:30過ぎに1頭目のルリボシヤンマのメスが産卵開始。
f0324026_03492567.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS
その後も何頭か産卵に来るものの、みな黄色型もの。

●青色型メス飛来
そして9:45過ぎに待望の青色型らしい個体が産卵に来たのをFさんが見つけてくれた。
産卵場所も1枚めの個体と同じエリアで、複眼の色が明らかに違う個体。

※写真自体はまた設定ミスでストロボが弱く、ISO AUTOで結果ISO3200まで上がってしまい発色が不十分だが、1枚目の雌の複眼の色とは明らかに異なる事は確認出来た。
f0324026_03585813.jpg
f0324026_04024067.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

2枚めの産卵中の様子を撮影しながら向きが変わるのを待っていた中、探雌のオスが飛来し、運が良いのか悪いのか産卵中のメスに交尾を仕掛け、交尾態になって飛び上がった。
交尾態になる様子を目撃出来た事は良かったのだが、飛び上がった瞬間に二人で「どこかに止まれ」と声を出し願ったものの、すぐ上に覆いかぶさっていた木には目もくれずそのまま更に高い所に飛び上がり、そのまま消えてしまった。
撮影できる場所だったら初の交尾態撮影が青色型の雌となったのだが、それはまた次回・・。

●縄張り飛翔のオス(Photohitoリンク
暖かくなるに連れ、縄張り飛翔するオスの個体が増加。
こちらも先日のタカネトンボ撮影で行ったの置きピンでの連写した結果のもの。
約30cm位にピントを固定しての撮影。
f0324026_04051713.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■今回の結果
●念願の青色型メスを初確認
昨年持ち越していた青色型メスを確認したが、いつもながら全てFさんが場所探しから今回の発見まで行った結果の最後の撮影のみさせて頂いたもので感謝しかない。
いつもありがとうございます。

ルリボシヤンマの青色型については本州ではごく稀なタイプで、今回の発見は貴重な体験となった。


by Nature_Oyaji | 2019-09-14 18:27 | トンボ | Comments(0)
2019年 08月 14日

ルリボシヤンマ 羽化(初)& 産卵

■関東のヤンマ13種のうち、羽化未撮影だったルリボシヤンマの初の羽化撮影
とはいうものの、実は羽化撮影は大失敗していた・・。

前日の21:00に定位固体を見つけていたが、ここではオオルリボシヤンマとルリボシヤンマが生息していて、まだヤゴから同定出来ないため、どちらのヤゴかは羽化してみなければ分からずにいたもの。
まもなくして虫友Iさんが合流。

●定位ヤゴ 13日 22:45
f0324026_00163689.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

21:00時点ではライトを当てると激しく尾部を回転させていたが、22:00過ぎにはライトを当てても動かなくなり、いよいよ開裂を待つのみ・・となったのでカメラをセット。
そして予め後ろの葉(写真のグリーンの葉は3枚ほど)を退けていた所、脅威と感じたのかヤゴが自ら落ちて水中へ・・。やってしまった。

その後、暫く二人で別のヤゴを探したものの、新たな固体は見つけることが出来ず羽化撮影としては解散(本当に申し訳ない)。

虫友Iさんは別のポイントへ移動し、こちらは翌日またここでマルタンヤンマの産卵目的で居残り。

さて一人になり、そのまま寝てしまうのももったいないので、また近場のオオルリボシヤンマの羽化場所と、ミルンヤンマ羽化場所を再訪問。

●オオルリボシヤンマ羽化場所
前回なかった羽化殻が数個。新たな羽化固体は見つからず。

●ミルンヤンマ羽化場所
新たな羽化殻が2個(下流エリア)と残念な羽化不全が1頭。
8/10以降でも羽化は続いていたことを確認。

その後、またルリボシヤンマ羽化場所に戻り、4:00に探索したが羽化固体は見つからずそのまま車中泊。

●ルリボシヤンマ産卵
6:00過ぎからマルタンヤンマの産卵待ち。
7:15過ぎになにかのヤンマ系が降りてきて産卵開始。あとから教えて頂いたが、当初オオルリボシヤンマ産卵と思っていたが、実はルリボシヤンマだった。
なお、マルタンヤンマについては産卵する固体なし。

f0324026_00461009.jpg
f0324026_00461184.jpg
Photohitoリンク
f0324026_00461159.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

●ルリボシヤンマ 羽化(初)
産卵固体が飛び去り、また羽化個体探しをした所、ようやく1頭羽化を発見。恐らくは場所から言っても昨日撮り逃した個体と思われる。

こちらについても知り合いの方にチェック頂き、オオルリボシヤンマではなく、ルリボシヤンマと連絡頂いた。

▼8:49
f0324026_00535017.jpg
▼10:24
f0324026_00535023.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

■今回の結果
●初のルリボシヤンマ羽化撮影
撮り逃したと思われる個体が翌日羽化(したものと思われる)。
定位している間にヤゴの鰓呼吸からトンボの気門呼吸に変化していると聞いたことがあったので、落ちた時は溺れるかもしれないと思ったりもしたが、そこは過去そうやって生きていたので、簡単には溺れないはず。結果的には案の定、無事に羽化。

ただ初のルリボシヤンマの羽化撮影が、定位から撮影出来るチャンスだったのに、今更ながら残念。

●長期羽化
産卵したメスを撮影した日に羽化したメスの個体を撮影。
夏場羽化するトンボの羽化期間は長いと教えて頂いたが、正にルリボシヤンマも該当。

ミルンヤンマについても7/20からの羽化継続を確認。でももう流石に終盤と思われる。



by Nature_Oyaji | 2019-08-14 06:11 | トンボ | Comments(0)
2019年 08月 11日

ルリボシヤンマ 飛翔

■マルタンヤンマの産卵メスを待っている間、ルリボシヤンマ飛翔撮影
17:00頃から湿地を縄張り飛翔するルリボシヤンマ。
2頭いて時々出会うと牽制。

虫友Iさんがここでのルリボシヤンマ羽化撮影のため、何度か通っていたが羽化殻も見つからずにいたが、今回飛翔していた個体は恐らくはここで羽化したもの。

●ルリボシヤンマ(♂)
光量が少なすぎて現像で上げたため、残念ながらノイズ感大。背景の暗い部分も妙な色になり良くない。

撮影はお試しでAFエリアとして「ゾーン」設定してのAF撮影。
取説には『ゾーンは9個のフォーカスエリアに分かれており、その中でピントを合わせるエリアが自動的に決定される。[ワイド]を縮小し、枠を動かせるようにしたようなもの』とあるもの。

初めからAFでは抜けて後ろにAFが合ってしまうので、フォーカスは「DMF」(AF後MFでの調整が出来る)にして一度半押ししAFを作動(抜けてしまうが)させ、その後MFで追い込み、もう一度半押しし直してAFで撮影の流れ。
これだと割とAFで撮影が出来た。また次回に検証予定。
f0324026_10064287.jpg
f0324026_10065400.jpg
f0324026_11120026.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

■今回の結果
●羽化時期
ルリボシヤンマの成熟期間は知識がないのですが、ヤンマ系では3週間位と聞いたことがある。
それが当てはまるとして、この個体がいつから縄張り飛翔をしているか不明だが、今日から逆算すると7/20位になる。
羽化時期としては7月中旬位からか。
まだ関東のヤンマ13種のうち、ルリボシヤンマの羽化は未達なので、来年はこの頃訪問としてみたい。

●AF撮影
「ゾーン」+「DMF」設定してのAF撮影は「半押し」⇒「MF」⇒「半押しでAF後撮影」の流れのお試し。
これだと少し微妙に動くホバリングでもカメラに助けてもらえそうな気がする。


by Nature_Oyaji | 2019-08-11 17:01 | トンボ | Comments(2)
2018年 09月 24日

ルリボシヤンマ 青色型探し

■先程のオオルリボシヤンマに続き、ルリボシヤンマの青色型メス探しへ
ルリボシヤンマにも少ないながら青色型メスがいる様で、別な場所で初探索。
ただ時期的には高地ということもあり、ルリボシヤンマ自体が少なく、出会えた個体はオスメスともに2頭ずつ。
この場の青色型メス探しはまた来年。

▼産卵個体
f0324026_11563247.jpg
▼休息
f0324026_11570343.jpg
▼オスの飛翔
相変わらずの飛翔撮影挑戦。今回は風とこのフレンドリーな個体が味方。
f0324026_11580642.jpg
f0324026_11580747.jpg
すべてOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2018-09-24 11:58 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 09日

ルリボシヤンマとオオルリボシヤンマ 飛翔撮影

■共にまだきちんと撮影出来ていないルリボシヤンマとオオルリボシヤンマの飛翔撮影へ
苦手意識のまま、また今シーズンも終盤。しっかり生態撮影の一つとして飛翔撮影としたい。

●ルリボシヤンマ
当初、カトリヤンマ撮影を予定していた虫友Iさんでしたが、天候不順でこちらで撮影することに。
飛翔撮影は一枚も二枚も上手なので、横で見ながら撮影・・でしたが、見た目は単に構えてシャッターを切るのみで、やはり何の参考にもなりません・・。
結果はFBに投稿されていましたが、流石の出来でやはり習得には練習あるのみと実感。
結局はこの1枚のみがなんとか見られるもの。ただそれでも背景も暗く、次回リベンジ。

f0324026_19070544.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ここでお別れし、オオルリボシヤンマ飛翔撮影へ移動。

●オオルリボシヤンマ撮影
現地ではつい先日もお会いしたIさんが先に撮影中。またトンボのあれこれ教えて頂きながら撮影。
この場所は撮影方向を選べば背景も明るめで、ルリボシヤンマのリベンジ。
比較的ゆっくり飛翔+時々ホバリングしてくれる個体だったのでなんとか撮影。♂の写真はトリミング済。

▼♂
Photohitoリンク
f0324026_19181066.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼同じ場所にいたルリボシヤンマ(♂)
f0324026_19194706.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ゆっくり飛翔する個体なら、マニュアルアシストでピント部分の赤色を頼りに何とかなりそう。
Iさん、今回もいろいろご教授頂きありがとうございました。


明日は栃木へカトリヤンマの交尾態撮影。
家に戻ってからの移動は30km以上無駄足なので、そのまま移動しいつもの車中泊。


by Nature_Oyaji | 2018-09-09 19:24 | トンボ | Comments(0)
2018年 08月 05日

タカネトンボ・ルリボシヤンマ、ミルンヤンマの羽化場所確認

■タカネトンボ・ルリボシヤンマ 羽化場所確認
同じ場所に生息しているタカネトンボとルリボシヤンマ(昨年産卵撮影時のブログ)。
今季羽化撮影を考えていたものの未訪問だったので、とりあえず状況確認。

羽化する場所はトンボによりさまざま。
水際だったり、水から上がってからかなり移動するものがいたりで実際の羽化場所を見ておく必要がある。
そして羽化殻が見つかれば、あとは時期と時間を確認すれば羽化撮影出来る可能性大となる。

●ルリボシヤンマ
ルリボシヤンマは過去羽化殻を見つけたことがあり、ほぼ水がら生えている植物を登り、水面からそう高くはない場所。

ところが今回見つかった場所は池には杭はあるものの羽化に適した植物はなかった為か、水から上がり2mほど移動した場所(赤丸)で羽化。
f0324026_19492824.jpg
f0324026_19504512.jpg
f0324026_19510733.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

羽化殻自体まだ新しいもので、ひょっとしたらまだ羽化は続いているのかもしれない。

●タカネトンボ
トンボは科によって水から上がってからかなり移動するものがいる。
タカネトンボはエゾトンボ科。この科のトンボは過去、オオトラフトンボの羽化殻を確認していますが、水場から約5m程移動した場所で確認。
ヤマトンボ科のコヤマトンボは以前、川岸から10m以上離れた場所での羽化殻を確認。

皆脚が長く上陸後は歩きやすい形状(脚が長いのは水中というより、上陸後のためと思われます)。なぜ水場から離れての羽化なのか、理由は不明ですが過去から生き抜いてきた結果として身につけた行動です(どうしてなのかはトンボに聞かないとわからないのですが・・)。

なので先程の水から出ている杭や植物などは登っても先がどうなっているか不明なので、初めから登らないと思われ、確実に移動する為には、水中から空中へ砂地が続いている所から上陸するのが一番良い事になる。

空中に出れば、あとは長い脚で植物の上をひたすら歩くのではないか(草の中では長い脚が邪魔になる)。

そう思いながら池から砂地が見えている場所(ここから登りそうと思える場所)の延長線上を探すと・・案の定見、羽化殻を1つ発見(赤丸)。
先程のルリボシヤンマの場所よりさらに50cm程上側。
f0324026_20160047.jpg
f0324026_20183866.jpg
f0324026_20184898.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

コヤマトンボは木にも登っていた事を思い出し、近くの太い木を見上げると高さ1.8m以上の場所にも羽化殻発見(まるでセミの様)。
f0324026_20200719.jpg
f0324026_20201778.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ミルンヤンマ
昨年産卵撮影で訪問した場所で羽化殻探し。
ミルンヤンマ羽化は川岸の垂直に近い岩場で羽化なので、暫く川を行ったり来たりしてみましたが、羽化殻なし。
ここより少し標高の低い場所では未成熟個体が観察されているのですが、ひょっとしたらここはまだなのかもしれない。

産卵も撮影したいので、水を含んで柔らかい木材を集めてこれからのために設置。

来年羽化探しの際は、こんな場所と思って探せばよいという健忘録として。




by Nature_Oyaji | 2018-08-05 20:25 | トンボ | Comments(0)
2017年 08月 20日

タカネトンボ産卵(初)とルリボシヤンマ産卵

■タカネトンボ
ミルンヤンマ探索解散後、近くの別の川を訪問。
川岸近くにある2畳程の小さな池(というには浅く、小さすぎ)にタカネトンボを確認。
メインにここを守っているオスの他にあと数頭いて、テリトリーを必至に守っている状態。

時々メスも来て産卵。産卵中にすぐオスに捕まり、撮影する間もなく高所へ移動。
同じメスかどうかわかりませんが、その後何度かまたメスが来て産卵。

ホバリングや産卵などの写真は数は撮ったものの、光量などがうまく行っておらず、これまた薄暗い場面での撮影について課題山積です。
ひどい写真ですが、証拠写真という事で。

●タカネトンボ(♀)産卵 13:39
f0324026_04093809.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)(トリミング済)

収穫はタカネトンボの産卵時間帯は13時過ぎと確認出来た事。
またキトンボのメスの様に大きな産卵弁があり、尾部を水に付けては岸辺に投げつけるように産卵する様子も観察出来た事。
そんな様子も含めて次回訪問できたら何とか撮影したい。

■ルリボシヤンマ(♀)今季初の産卵撮影
暫く経ち、今度はルリボシヤンマが飛来し産卵開始。相変わらずかなり敏感で、少し産卵に夢中にさせた所で近寄って広角撮影。
f0324026_04205931.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_08482780.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●オオルリボシヤンマとルリボシヤンマの違い 
未だ頭に入って無く、改めて確認。昨年撮影したオオルリボシヤンマを見ながら・・
f0324026_04295418.jpg
1. 胸の斑紋は頭部に近いライン部分、オオルリボシヤンマは翅付け根に四角の紋があるが、ルリボシヤンマにはない
2. 腹部の模様ですが、オオルリボシヤンマのものは楕円に近く、ルリボシヤンマは三角。
3. 写真がないのですが、尾部付け根を上から見ると、ルリボシヤンマには中央に線がある

今回の個体は1.2.からルリボシヤンマと判断。ただこれを現場で動くトンボを見ながらぱっと見で判断出来ないと・・。
生息域や色などを含め、経験知も必要で少しずつ前進。

■マルタンヤンマ産卵 でも不発・・
今日はマルタンヤンマの産卵撮影も目的の一つでした。
朝方6:30~7:30頃まで朝の産卵を待ちましたが不発。

ルリボシヤンマ撮影のあと、再度訪問。
15時過ぎから何度かやってきたものの、いつものようにオオシオカラトンボに追い立てられたり、茂みの中での産卵であったりと、結局何も撮れず撤収。
こちらもまた次回リベンジです。


by Nature_Oyaji | 2017-08-20 19:35 | トンボ | Comments(0)