人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ルリモンハナバチ ( 5 ) タグの人気記事


2019年 08月 24日

コシボソヤンマ 交尾態探索&飛翔撮影

■コシボソヤンマ 交尾態探索&飛翔撮影
7/18に2度めの羽化撮影後、初の訪問。
昨日は雨で、今日も朝方若干悪かったものの、9:00過ぎには青空が出始めた日。
雨の翌日の好天気の日には、雨で産卵出来なかったメスたちが一斉に産卵する可能性がある。
またメスが出てくるようになればオスと遭遇する機会も増えるため、交尾態に出会える可能性も高くなる。
はたしてうまく出会えるか・・。

●7:00過ぎから探索
コシボソヤンマ自体は早朝から活動はしないものの、他のトンボたちの観察もあり探索開始。
その頃から活動しているのはコオニヤンマ。他の場所でもコシボソヤンマとコオニヤンマは同様の環境が好みなのか、よく遭遇する。
f0324026_22152404.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

ただその後は全くヤンマ系(ここではコシボソヤンマ以外に過去、マルタンヤンマ、ヤブヤンマ、ミルンヤンマ、オニヤンマを見ている)は姿を表さず。晴れては来たものの、また曇ったりすることもあり思ったほど気温が上がらない。
そのためトンボ自体の活性が上がらないようだ。

トンボを待ちながら、今日のもう一つの目的でもあったルリモンハナバチを撮影。

●ルリモンハナバチ
f0324026_22203266.jpg
f0324026_22203228.jpg
f0324026_22203250.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

12:00過ぎになり、気温は31℃を回ったものの一向にヤンマ系のトンボたちは姿を表さない。

●カワセミ幼鳥
細流にいたカワセミ幼鳥を撮影。まだ幼鳥のためか、極端に人を恐れることもなく近くによって撮影。
f0324026_23043225.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS

●交尾態を目撃
細流脇を行ったり来たりを繰り返し、15:00頃に初の縄張り飛翔のコシボソヤンマを確認。
いざ撮影と思った瞬間、バラバラと音がした。
よく見ると交尾態となったペアが一瞬見え、岸辺の草の下に消えた。息を呑みながら暫く待つと、しっかり交尾態になったまま飛び出し、木に止まってくれるのを念じたものの、そのまま木の枝の間から空へ消えた・・。残念。

●飛翔撮影
16:00過ぎまで待つとまた別のオスが縄張り飛翔開始。
翅の痛み具合からすると、1枚目だけに欠損があり、後のは欠損がなく、少なくとも2頭来ていた事に。

Photohitoリンク
f0324026_22302645.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25(トリミング済)
f0324026_22302674.jpg
Photohitoリンク
f0324026_22302510.jpg
Photohitoリンク
f0324026_22302643.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art(トリミング済)

■今回の結果
●トンボ活性上がらずの日
雨上がりの翌日で太陽も出たものの、午前中は曇りがちで一気に気温が上がらず。
午後は雲はなくなり太陽が出たものの、相変わらず気温は上がらなかった。
そんな気温のためかトンボ自体の活性は上がらず、産卵も交尾態も縄張り飛翔も活性が低かった。
また午後一番気温が高い時でもぶら下がることもなかった。


by Nature_Oyaji | 2019-08-24 23:13 | トンボ | Comments(0)
2018年 08月 19日

ルリモンハナバチ

■久しぶりのルリモンハナバチ
前回のオオセイボウに続き、こちらもブルー系のハチで巷では「幸せを呼ぶ青い蜂 ブルー・ビー」と言われているもの。
生態的にはオオセイボウと同様、寄生蜂の一種で「スジボソフトハナバチに労働寄生すると推測」とある。
毎年、何処かでは見ているのですが出会える数は数頭のみ。

トンボ探索中、キツネノマゴが一面に咲いている場所があり、ひょっとしてと思って探してみると、そこここにルリモンハナバチの姿が。
この場所は午前中はそう数は多くなかったものの、午後からは一変。
総数は数え切れないほどのルリモンハナバチ。
撮影中は幸せそのもの。至福の時間を堪能。
f0324026_23353046.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_23352996.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_23352977.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_23352944.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_23352946.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_23353099.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

これほどまとまった数のルリモンハナバチを見たのは初。
生息場所が確認出来ている都道府県では数が減少しているが、ここでは幸いまだレッドデータブックには未記載。
今後も発生時期には撮影したい。


by Nature_Oyaji | 2018-08-19 20:40 | ハチ | Comments(0)
2016年 08月 21日

房総へコシボソヤンマ探し

トンボ撮影も8月お盆を過ぎるともう終盤。
昨年撮影したものとまだ未見のものを考えると、今季予定では
●コシボソヤンマ
●ミルンヤンマ
●マダラヤンマ
●ホソミイトトンボ 越冬型羽化
●ムツアカネ
●マダラナニワトンボ
●キトンボ
●カトリヤンマ
●ナツアカネ/アキアカネ

その他、チョウ、カマキリなどなど・・。

今日は房総へコシボソヤンマ探しとしてみました。

●途中で見つけた怪しげな湿地-1
f0324026_04195788.jpg
常に水が入り込む湿地。深さは膝くらい。すぐ隣は細流。シオカラ系。

●途中で見つけた怪しげな湿地-2
f0324026_04200735.jpg
休耕田。山あいからの湧き水が常に入っている。浅めで下は固め。ギンヤンマ産卵中、その他シオカラ系。

●訪問途中で見つけた湿地でアジアイトトンボを撮影。
f0324026_23015920.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95
f0324026_00252288.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●湿地脇にあった川で久しぶりにハンミョウ発見。
f0324026_06534492.jpg
f0324026_04561964.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0324026_23061280.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

バッタに続き、ハンミョウの飛翔撮影に挑戦。
広角で近寄るのはさほど苦ではないのですが、飛び上がるスピードが速すぎでなかなか捉えられません。
ボケ写真ですが、何とか捉えられたもの。
f0324026_23102579.jpg
もう一枚は静音モードでのもの。いわゆるローリングが出て横方向に広くなってしまった写真を横のみ縮めてみました。
元々この写真は4x3の比率だったのですが、横を縮めた結果、縦長写真となってしまいました。
f0324026_23123587.jpg
●同じ川にいたハグロトンボ
f0324026_23153613.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
複眼には撮影しているオヤヂの姿がうっすら。
f0324026_23160486.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

道草だらけでしたが、コシボソヤンマ探しの川に到着。
約1時間半、川に降りて歩きまわりましたが、結局はコオニヤンマ2頭を見たのみ。しかも天候急変で土砂降り。
仕方なく一旦撤収。

どうにも探せそうにないので、前回新規ポイント探しで訪問した場所を改めてチェック。
家でGoogleMapでチェックしたのですが、前回見ていない池や湿地があるのを確認。それらを見る予定でしたが、笹林などで近付けず。

●ルリモンハナバチ
そしてこの場所でまたルリモンハナバチ(2頭)に出会えました。時間は15時過ぎ。
吸蜜はほぼ午前中のみと思っていましたが、ここの個体だけかもしれませんが、午後からも活発なようです。
f0324026_23285362.jpg
f0324026_23310929.jpg
f0324026_04345443.jpg
f0324026_23303916.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

来週末はコシボソヤンマ産卵とキベリタテハ撮影としたい(お天気次第)


by Nature_Oyaji | 2016-08-21 23:41 | トンボ | Comments(0)
2016年 08月 17日

ルリモンハナバチ

早朝から里山訪問。
7時過ぎから9時頃までマルタンヤンマの産卵を待ってみたものの、またまたフラレて終了。
雨上がりの好天気は産卵に入りやすいと聞いていましたが、今回は一度も姿はなし。
台風一過、時期も遅め。いろいろな条件がからみ合っての結果なのですが今後訪問計画の際のメモとして。

●ルリモンハナバチ
もう一つの目的のルリモンハナバチ撮影へ切り替え。少し待つと9:15頃から訪花開始。
訪花時間帯も気になっていたので、どの位まで来るか確認すると約12:30近くまで・・というより出が悪くなったことと、猛暑でTシャツがびっしょりになり危なくなってきたこともあり、ここで切り上げ。
午前中に頻繁に来ることは間違いありません。
ハチはある程度吸蜜すると近くの日影へ移動し休息する行動を確認。

大失敗はすべて60mmマクロで追ってしまい、望遠を使わなかったこと。
結果が思ったより小さくトリミングしないと見られずどうにもいけません。
またFisheyeも試しましたが、何が悪いのかなかなかうまく撮影出来ず結果を見て愕然。
いつもの置きピンのノーファインダー撮影なのですが、言い訳ではありませんが暑さで何か勘がおかしくなっていたのかもしれません(座間でのセイヨウミツバチのようなイメージを残したかった)。
f0324026_04445554.jpg
f0324026_04450283.jpg
f0324026_04450954.jpg
f0324026_04454337.jpg
f0324026_04455230.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_04462490.jpg
f0324026_04462809.jpg
Olympus M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

この後、ヤブヤンマ産卵撮影へ。一度姿を見せたものの産卵に至らず撤収。
すでに8月中旬。ヤブヤンマ自体の産卵活動は7月末頃までがピークと聞いていたので、来年は7月中の訪問としたい。
これにてヤブヤンマ産卵については終了です。

もう一つ、朝フラれたマルタンヤンマ産卵。
前回も朝フラれ、別の日ですが夕方産卵が見られたので、こちらも今期最後として見届けに再訪問。
17:30着。前回産卵していた場所ですでに産卵していました。
池の草の中での産卵で気付かず近づいたため、産卵中止。
近くでもう一度産卵しそうでしたが残念ながらそのまま飛び去り。経験不足による機会喪失・・でもこれも経験。
撮影は出来ませんでしたが、最後に姿が見られたので満足、これにて今季マルタンヤンマ産卵追っかけも終了です。

ネアカヨシヤンマももう時期的に終了。
課題未消化ですが、また来年のお楽しみ。

またすぐ週末。キベリタテハも気になりますが、曇りということなので活性が低いかもしれないのでまた次回。
今が活性が高いまだ未見のコシボソヤンマ探しとしてみたい。








by Nature_Oyaji | 2016-08-17 21:00 | ハチ | Comments(0)
2015年 08月 29日

ルリモンハナバチ

去年、オオセイボウを撮影した際、オオセイボウについて調べていた際、このハチの事を知りました。体長は13mm程度で、九州地方には多く「幸せを呼ぶ青い蜂」と呼ばれているらしい。
同時にいつも撮影に行く方面の「地名」と「ルリモンハナバチ」でググると、いくつか撮影したブログが見つかったので、これは来年の夏には是非撮影したいと思っていたもの。

朝からの天候不順が気になったものの、この場所をよく知っている地元のKさんに連絡した所、まだ撮影したことがないのでということで、現場で待ち合わせ。

現場でもう一人カメラを持った方がいたので話を伺うと、同じルリモンハナバチ狙いの方でした。
その方からオオセイボウはオミナエシに、ルリモンハナバチはキバナコスモスに来るということを教えて頂きました。ありがとうございました。

天候が回復せず、昼近くにはお二人が帰宅。
14時頃、ようやく雨が止み、気温上昇とともに昆虫達の活性が上がり、静かだったセミたちがまた鳴き始めました。同時にようやくルリモンハナバチが現れました。
●ルリモンハナバチ 
f0324026_4435068.jpg
f0324026_18592526.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_442273.jpg
f0324026_4421556.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_4533771.jpg
f0324026_1972021.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

次は天候の良い日に再訪問したい。

by Nature_Oyaji | 2015-08-29 18:00 | 自然 | Comments(2)