人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:月 ( 17 ) タグの人気記事


2020年 04月 30日

月齢6の月とスカイツリー

■月齢6の月とスカイツリー
月齢6の月とスカイツリー_f0324026_01560650.jpg
月齢6の月とスカイツリー_f0324026_01563483.jpg
月齢6の月とスカイツリー_f0324026_01571350.jpg
月齢6の月とスカイツリー_f0324026_01582203.jpg
SONY α7RIII+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS



by Nature_Oyaji | 2020-04-30 01:59 | | Comments(0)
2020年 04月 08日

スーパームーン

■スーパームーンに誘われて
緊急事態宣言下ではありますが、野外活動はほぼ一人で三密でもなく移動は車。
ただ夜の活動での睡眠不足は体調面に影響大なので、その点は要注意項目として行動予定。

●墨田公園から
スーパームーン_f0324026_05580218.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

●北十間川から
スーパームーン_f0324026_05585367.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

●月 スーパームーン
SONY α7RIII+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSでの試し撮り。600mmで撮影したものとトリミング済のもの。
スーパームーン_f0324026_06030916.jpg
スーパームーン_f0324026_06000389.jpg
SONY α7RIII+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

●みさと公園から
スーパームーン_f0324026_06033448.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art
スーパームーン_f0324026_06033560.jpg
SONY α7RIII+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(トリミング済)

●沈む頃
スーパームーン_f0324026_06170833.jpg
SONY α7RIII+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(トリミング済)


by Nature_Oyaji | 2020-04-08 05:55 | 風景 | Comments(0)
2020年 02月 09日

スノームーン

■2月の満月はスノームーン
●早朝
スカイツリーと沈むスノ―ムーン(正確には今夜が満月)。
スノームーン_f0324026_02094534.jpg
スノームーン_f0324026_02094533.jpg
スノームーン_f0324026_02094637.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

●夕方
登るスノームーン。
スノームーン_f0324026_06213104.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
 
●満月
α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSSONY とα7RIII+BORG FL71(400mm)比較
スノームーン_f0324026_02171929.jpg
SONY α7RIII+BORG FL71(400mm)
スノームーン_f0324026_02173950.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

やはり同等という結論です。



by Nature_Oyaji | 2020-02-09 22:00 | | Comments(0)
2020年 01月 02日

木更津・江川海岸からの夕焼け

■元旦早々房総へ風景撮影へ
●江川海岸からの夕焼け
到着した頃には既に太陽は沈んでしまったが、きれいな夕焼けとなった。

Photohitoリンク
木更津・江川海岸からの夕焼け_f0324026_20232892.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art
木更津・江川海岸からの夕焼け_f0324026_20232758.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
木更津・江川海岸からの夕焼け_f0324026_20232718.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

●三日月と飛行機(きみさらずタワーより)
21:00過ぎ。沈みかけた三日月に羽田方面からの飛行機が通過。

Photohitoリンク
木更津・江川海岸からの夕焼け_f0324026_23151190.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS


by Nature_Oyaji | 2020-01-02 20:27 | 風景 | Comments(0)
2019年 11月 30日

スカイツリーと三日月-3

■三度目のスカイツリーと三日月撮影
越冬トンボ観察後、三日月がスカイツリーの上に来る時間帯となった。
前回はスカイツリーのトップに三日月が重なった時の撮影を50mmレンズで行ってしまった。
トリミング大で心残りだったので今回は少し余裕を見て待機。

スカイツリーと三日月-3_f0324026_00241398.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
スカイツリーと三日月-3_f0324026_00251674.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
スカイツリーと三日月-3_f0324026_00261564.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
スカイツリーと三日月-3_f0324026_00263451.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
Photohitoリンク
スカイツリーと三日月-3_f0324026_00263434.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
スカイツリーと三日月-3_f0324026_00271590.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
Photohitoリンク
スカイツリーと三日月-3_f0324026_00271449.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

■今日の結果
●月の軌道
沈む際は左上から右下だがしっかり見たことがなかったので、どの程度の角度で沈むのか分からず、スカイツリーに接するであろう場所の予測が難だった。
現場が川の南北に伸びた土手だったのが幸いして、大まかに車で移動したのち、土手を移動しながら調整。

高度については「月の位置計算」というアプリで確認。
19:00前後で撮影したが、19:00では「南西 6.5812」。
次回この場所からの撮影時は、この高度になるタイミングで来れば良い。
スカイツリーと三日月-3_f0324026_06493756.jpg
●次の満月
今度の満月の日は12/12。出来たら撮影しておきたい。
スカイツリーとクロスするのは5:00~6:00の間。沈む方向は「西南西」。前回の撮影方向から北よりにずれ込む。そうなるともっと南側に移動する必要がある。
スカイツリーと三日月-3_f0324026_06493761.jpg


by Nature_Oyaji | 2019-11-30 22:06 | | Comments(0)
2019年 11月 02日

小田代ヶ原

■小田代ヶ原 幻の湖
小田代ヶ原は日光市にあるほとんど水のない湿地だが、時に台風などでの雨により一時的に湖が出現することがある。
今年は上陸して甚大な被害をもたらした台風15号、19号に加え、近くを通過した台風による豪雨により出現した。
訪問した前日は11月には珍しく高温となったがその翌日は冷え込む予報となり、いわゆる放射冷却による気温低下で霧氷も出来る条件となった。

小田代ヶ原での霧氷は昨年の3月に訪問し、初めて撮影出来た。
今回は初の小田代湖に加え、霧氷も出現する可能性もあり、Fさんのお誘い頂き訪問。

●11/1 夕刻の三日月
小田代ヶ原_f0324026_05371467.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

●翌朝 -5℃程の中、早朝出発
撮影者多数と予想されるため、バスが動く前に徒歩で移動。風もなく、天気も晴天で気象条件としては最上の状態。
現場には同様に早めに撮影場所確保のため、既に10名ほど待機。
貴婦人と呼ばれる白樺の木を正面から撮影出来るエリアはほぼ三脚で埋め尽くされており、かろうじて最後の2人分の場所を確保することが出来た。

●5:30頃 白白してきた頃
小田代ヶ原_f0324026_05041752.jpg
小田代ヶ原_f0324026_19581916.jpg
小田代ヶ原_f0324026_19391801.jpg
●5:40頃の貴婦人
小田代ヶ原_f0324026_19472641.jpg
●6:30頃
うっすら朝日が差し込み始め、背景のカラマツにはまだ光が当たらず、手前の貴婦人の白さが際立った場面だった。
周りの木々には予想通り霧氷も付いていた。
小田代ヶ原_f0324026_05102890.jpg
●6:32頃
太陽が昇り一斉に明るくなった頃。
小田代ヶ原_f0324026_05203756.jpg
●パノラマ的に貴婦人を右、中、左に置いての場面
小田代ヶ原_f0324026_05250901.jpg
小田代ヶ原_f0324026_05220707.jpg

小田代ヶ原_f0324026_05221728.jpg
小田代ヶ原_f0324026_20033958.jpg
ここまで全てSONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
●全体
小田代ヶ原_f0324026_05271019.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

■小田代湖
小田代湖としたが水はかなり減っていて小田代池といった感じだが、過去見ていた風景とは全く異なり、貴婦人が水面に映る姿など訪問出来た事が嬉しい。

改めてお誘いいただきありがとうございました。




タグ:

by Nature_Oyaji | 2019-11-02 05:36 | 風景 | Comments(0)
2019年 10月 31日

スカイツリーと三日月-2

■沈みゆく三日月とスカイツリー
前回は朝方三日月が登ったが、今は逆に西に沈む様に変化。

●まずは広角で撮影
スカイツリーと三日月-2_f0324026_21201658.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●パール月
撮影は出来たものの、望遠で撮影せず50mm撮影で大失敗。
スカイツリーと三日月-2_f0324026_21215512.jpg
SONY α7RIII+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

●望遠での撮影
少し時間を置いて、スカイツリー脇に三日月が来た所を撮影。
スカイツリーと三日月-2_f0324026_21231051.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS


by Nature_Oyaji | 2019-10-31 21:23 | 夜景 | Comments(0)
2019年 10月 26日

スカイツリーと三日月

■明け方登ってきた三日月とスカイツリー
●地球照
スカイツリーと三日月_f0324026_19580634.jpg
SONY α7RIII+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

●明け方
スカイツリーと三日月_f0324026_00532191.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25(トリミング)
スカイツリーと三日月_f0324026_19504986.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25




by Nature_Oyaji | 2019-10-26 05:52 | 夜景 | Comments(0)
2019年 09月 15日

スカイツリーと中秋の名月(1日遅れ)

■中秋の名月(1日遅れ)
スカイツリーと中秋の名月(1日遅れ)_f0324026_05101840.jpg
スカイツリーと中秋の名月(1日遅れ)_f0324026_22225562.jpg
SONY α7RIII+FE 70-200mm F4 G OSS


by Nature_Oyaji | 2019-09-15 05:08 | | Comments(0)
2019年 04月 21日

ムカシトンボ 羽化-2

■今季目標のムカシトンボの定位個体探しへ
先週は倒垂状態からの撮影だったため、今回は今季目標の定位からの様子確認を目的として訪問。
月の撮影も兼ねて、夜出発。

●平成最後の満月(の翌日)
4/19が平成最後の満月でしたが、登り初めた頃のピンクムーンを撮影。

▼19:30過ぎ
ピンクになるのは夕日と同じ原理。
波長の短い青い光は空気で乱反射してしまう。波長の長い赤い光はそのまま通過するので、結果的に赤い波長付近のものが届き、ピンク色に見える。
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21215102.jpg
SONY α7RIII+BORG FL71(400mm)

▼0:49
ほぼ真上に来た月。この時点では通常の月の色。
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21214127.jpg
SONY α7RIII+BORG FL71(400mm)

●途中でヤンマの羽化場所訪問
昨年羽化を確認している「アオヤンマ」「ヤブヤンマ」「クロスジギンヤンマ」の生息地を訪問。
時間的には羽化しているのですが、3ヶ所ともまだ時期的にも早く何も変化なし。

「ヤブヤンマ」の生息場所はライトを照らすと池底(水深約30cm程)には幾つものヤブヤンマの終齢ヤゴの姿。

3種ともGW突入後に羽化開始。サラサヤンマ、ムカシヤンマなども羽化。

●ムカシトンボ定位個体探しへ
そのままムカシトンボの羽化場所へ移動し車中泊。
朝6:30過ぎから活動開始。まずは支流側の羽化殻さがしから開始。

▼7:00過ぎに低めの場所にいる定位ヤゴを発見
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_00193034.jpg
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21345281.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼裂開から少し経た頃 7:53
定位からここまでかなり遅め。
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21353302.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●周りを少し探すと、数頭羽化開始中
先程の個体を撮影中、その時間に定位していた模様。

▼8:41 Photohitoリンク
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21411417.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

この個体の横には少し遅れて羽化している別個体
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21422920.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

9:30頃定位に気付いた個体。
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_20322885.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

足元にはまた気付かなかった別個体。
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_06182495.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21270134.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼13:02 Photohitoリンク
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_21440079.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼13:03
ムカシトンボ 羽化-2_f0324026_20391880.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

■今日の結果
●本流側と支流側の羽化時期のズレ
本流側は支流側より標高も少し低く、体感的には本流側で羽化開始した頃は2~3℃支流側より高い感じ。
そのためか、ここでは本流側より1週間遅れて支流側の羽化が始まる事を確認。

支流脇の道には羽化殻が5つほど。
その他今日の羽化が7頭で、支流側での羽化は今頃が本格的な羽化開始の様。

●ここでの羽化はほぼメス
7頭羽化したが、撮影していた5頭はメス(残り2頭は残念ながら注意不足で記憶になし)。
先週は5頭羽化のうち、4頭がオスだった

観察した場所は近くですが、気温差の為か羽化開始時期に1週間のズレはあるものの、それぞれ今期の羽化開始の頃。

不思議なのは先週はオスの比率が高く、今週はメスの比率が高かった事。たまたまなのか、何か理由があるのか…。これについては来年も同様なのか確認したい。

※メスが多くてこのエリアの羽化終盤と記載しましたが、同じ場所で日々オスメスの比率を確認しなければ言えない事なので修正しました。

●成熟について
GW中にも産卵開始となる。成熟する期間は他のトンボより短いのかもしれない。
気付かずもっと早くに羽化開始しているとは考えにくい。

●ヤゴの色について
3/31に上陸ヤゴを探した際、黒系と茶系を確認していた。
4/14での羽化観察での確認でオスは黒系、今回の羽化観察では撮影したメスはみな茶系だった。
オスは黒系、メスは茶系と言い切れるかはもう少し観察が必要で、来年再度確認したい。

●定位時間について
今日は7:00過ぎに定位個体を確認。移動は6時台から開始する個体もいるという結果。

8:00頃には更に何頭か倒垂中だったので、ここでは6〜7時台に定位。
また以前、別のポイントでは倒垂は9:30頃を確認していたが、ここでは多くが8時台と場所により違いがある。

今回は9:30にも定位個体を発見。
日当たりの状態にもよるかもしれないが、遅い個体もいるようなので、9:30過ぎまでは定位する個体を探せるものと思われる。


来年はそれを踏まえて活動計画としたい。



by Nature_Oyaji | 2019-04-21 21:58 | トンボ | Comments(0)