人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:霧氷 ( 3 ) タグの人気記事


2018年 03月 11日

小田代ヶ原 霧氷撮影へ

■昨年11月に霧氷撮影で訪問した小田代ヶ原。残念ながらその時は全く見られずに撤収。
今回はリベンジで再訪問。

霧氷が出来るには色々な気象条件が上手く重なった時のみ、形成されます。
それらに加え、サラリーマンの休日が重なる事が要求され、正に何が欠けても見ることが出来ません。

今回は以前ご案内頂いたFさんが思い描いていた形成条件が全て重なり、且つそれが週末とも重なり、訪問決行でした。

●戦場ヶ原での星撮影。
夕方移動し、夜は星撮影。
光害もなく、オリオン座と冬の大三角形、スバルもここでははっきり確認。
2枚目、3枚目にはうっすら冬の天の川。
f0324026_20460677.jpg
f0324026_20460549.jpg
SONY α7II+SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

f0324026_20460534.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

3時には半月が上がってくるので、その前に東の空に昇る天の川撮影も考えていたのですが、そちらはタイミングを逸してしまい断念。

●小田代ヶ原の霧氷撮影
4時起きして移動。移動当初の気温は-10℃位でしたが徐々に明け方にかけて冷え込み最終的には-14℃まで降下。
Fさんから週の中間に大量の雨が降り、湿度は十分。加えて週末は高気圧に覆われ、放射冷却で気温が下がることが予想され、また無風でもあるので霧氷が出来る条件は全てそろっているという言葉を胸に湿原へ。

そして空がしらじら明るくなる中、周りの木々を従えるように立つ貴婦人の枝という枝には見事に霧氷が付きうっすら白化粧、また周りを取り巻くカラマツにも霧氷が付き素晴らしい世界が広がりました。

Photohitoリンク
f0324026_20574922.jpg
Photohitoリンク
f0324026_20575042.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_20575025.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_20575017.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
●初見のゴジュウカラ
f0324026_05182367.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

念願だった小田代ヶ原での霧氷撮影も無事終了。
今回の撮影で取り敢えずこの冬の風景撮影は終了です。

これからはいよいよ本格的な昆虫撮影シーズンなのですが、まだまだ風景撮影と星の撮影は続きますので、しっかり目的を定めて用意周到で撮影に臨みます。



by Nature_Oyaji | 2018-03-11 21:06 | 風景 | Comments(0)
2018年 01月 28日

開田高原へ

■Fさんとまた風景撮影へ。
今回はまた星の撮影と、条件次第ですが初の霧氷撮影が出来るかもしれないという事でまた同行させて頂きました。

●開田高原にて
牧場の中のコナラ。遠くには御嶽山(Photohitoリンク)。
気温は関東では考えられない-15℃。顔面は麻酔をかけられた様に感覚麻痺。
月齢11でしたが、光害が無いためか沢山の星が見られました。
f0324026_20020679.jpg
SONY α7II+SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

●コナラから見た北極星を中心とした
スタートレイル撮影Youtube)
●コナラを中心としたスタートレイル撮影Youtube)
※残念ながらあまりの寒さでバッテリーが持たず、短時間で終わっていました。

■朝の
御嶽山
f0324026_20044511.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

末川での霧氷撮影Photohitoリンク
ようやく霧氷撮影となりました。ここは川からの水蒸気が川岸の植物に付着したもの。
f0324026_20051195.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今回も色々お世話になりました。


by Nature_Oyaji | 2018-01-28 20:06 | 風景 | Comments(2)
2017年 11月 10日

霧氷撮影に臨む

先週は土曜午後から日曜朝にかけてFさんと初の霧氷撮影で奥日光を訪問。
結果は気象条件が悪かったようで、全くの茶色の世界のままで残念ながら撮影は叶わず・・。

昆虫撮影は時期、生息場所、天気が揃い、且つちょっと幸運があれば何とかなります。

ただ大自然の織り成す風景写真となると、これはいくつもある条件が全て揃わなければ思った現象が起きず、撮影は出来ません。

そんな風景撮影ですが、経験がないこともあって、いつもお膳立てして頂き、観光ツアーのように同行させて頂いては自分は撮影するのみ・・では進歩がなく申し訳ないことと、そもそもどうしてそのような自然の芸術品が出来上がるのか、知らずして撮影するというのも自分の主義からちょっと外れます。

昆虫探しも同様ですが、出現の条件を知っていれば、仮に行ってみてダメだった時、どの条件が良くなかったのか、次回にはどのポイントに気をつけたら良いのか少しは肌で感じることが出来そうな気がします。

そこでその「霧氷」。
気象に関する知識はないので、ネット検索で発生条件を探してみると・・

■気温:-5℃以下が好ましい
■湿度:高い方が良い。ネットによっては95%以上などとなっているものも。霧が出ていること。冷え込んで、且つ湿度が高いとなると、やはり今頃ということになります(真冬はカラカラに乾燥してしまいます)。
■風:無風が良いという記載と、強風が必要との記載があるものも。これは霧氷自体、どうやら種類があるようで、その元になる水分の発生の仕方、凍り方の違いがあり、そこに風の吹き方が絡んでくるようです・・。難しい。

と、単にネットから拾った文言を書いてみたものの、気温にしろ風にしろ、湿原内に百葉箱があるわけでもなく、実際の所はやはり行ってみなければ分かりませぬ。

なので、晩秋から初冬の頃、低気圧や寒冷前線が通り、その後西高東低(あるいは高気圧)の冬型の天気になったら、祈りながらとにかく訪問してみる・・という事しかなさそうです。

●天気:念のため現在の天気予報図(2017年11月10日 19時00分 発表)
 ▽11日9時予報
f0324026_20434611.jpg
寒冷前線が朝方通過。通常前線の前は雨が降り、寒冷前線の後ろ側には冷気。西高東低へ。
6時頃が見頃ですが、その頃寒冷前線通過中のようですが、どんな結果になるのか。
恐らく明日の夜には土曜朝の様子がネットで見られると思います。
こんな天気図の時の結果がどうなるか、楽しみです。

▽12日9時予報 1日経ってさてどうなるやら。日曜は急激に冷えこむようなのですが。
f0324026_20442781.jpg
土曜は家の用事もあるので、夜中出かけて行って祈ってみましょうか。


日曜朝はFさんも訪問予定・・とも聞いていて、その後以前連れて行って頂いた美人林の紅葉が見頃という事で、そちらにも回られる様。ネットで見る美人林、美しすぎてやはり気になります。

 




by Nature_Oyaji | 2017-11-10 20:59 | 自然 | Comments(0)